BBの覚醒記録 

無知の淵から覚醒に至るまでの一つの記録です。「是々非々」がモットーで必要なら、
支持する政治家や皇室への批判も厭わず。

和歌の素養もない新皇后になられる雅子さん

2018-06-01 21:03:45 | 皇室問題

雅子さま 25年ぶりご訪問にあった皇太子さまとの思い出の歌

「雅子さまは、25年前と変わらずおきれいでした」 

5月25日、滋賀県米原市の福祉施設「ふくしあ」で、皇太子ご夫妻をお出迎えした藤原紅美さん(35)が笑顔で話す。ご夫妻が同県を訪問されたのは、26日に長浜市で開催された『全国「みどりの愛護」のつどい』ご臨席のため。雅子さまにとっては、半年ぶりとなる地方ご公務だ。 

「お二人はご成婚から2カ月後の'93年8月にも、滋賀県を訪問されています」(皇室担当記者) 

実はそのときも、お出迎えしたという藤原さん。当時は10歳の少女だったが、現在は3歳の長女と生後3カ月の長男、2児の母親である。 

「雅子さまはスヤスヤと寝ている長男をご覧になって『お体に気を付けてくださいね』と、いたわるように声をかけてくださいました」 

「ふくしあ」では、発達支援を受ける子どもたちと交流された皇太子ご夫妻。リハビリに励む子どもが、3歳を迎えたばかりとお聞きになると、雅子さまが「ハッピーバースデー」をお歌いになり、皇太子さまも追いかけられるようにハーモニー。室内がハッピーで、温かい空気に包まれた。 

「このあと、皇太子さまお一人で『ヤンマーミュージアム』をご訪問予定だったのですが、雅子さまもご一緒だったので驚きました。雅子さまは今回のご訪問を、ひそかに楽しみにされていたのだと思います。というのも、お二人が新婚当時に訪れた場所のなかでも、滋賀県には特別な思い入れがあるからです」(宮内庁関係者) 

'94年1月、雅子さまにとって初めての歌会始で、皇太子ご夫妻はそろって、前年の滋賀県の場面を歌に詠まれている。 

皇太子さま 《我が妻と旅の宿より眺むればさざなみはたつ近江の湖に》 

雅子さま 《君と見る波しづかなる琵琶の湖さやけき月は水面おし照る》 

25年前、皇太子ご夫妻はご宿泊になったホテルのお部屋から、暮れゆく琵琶湖をご覧になった。今回のご訪問中も、お二人は「琵琶湖が美しかったね」「あの夜、満月がとても綺麗で、心に残っています」と話されていたという。そして、6月9日に迎えられる銀婚式を前に、皇太子ご夫妻は再び琵琶湖を望むホテルにご宿泊されたのだ。 

「思い出の湖畔を訪れる“追憶の旅”で、雅子さまは皇室での25年間を振り返られたはずです。その中には、おつらい記憶も少なからずあったでしょう。それでも雅子さまが、2日間ずっと明るいご表情でいらっしゃったのは、まさに“新婚時代のように”前向きなお気持ちで、お代替わりを見据えていらっしゃるからにほかなりません。初日にお召しになっていた純白のパンツスーツが、そういったご心境を象徴しているようでした」(前出・宮内庁関係者) 

皇太子さまと寄り添われ、雅子さまは明日へのご決意を胸に“新たなスタート”を誓われたに違いない――。

女性自身 2018年06月01日 06:00

復興の住宅に移りし人々の語るを聞きつつ幸を祈れり

那須の野を親子三人で歩みつつ吾子に教ふる秋の花の名

スペインの小さき町に響きたる人々の唱ふ復興の歌

恩師より贈られし本ひもとけば若き学びの日々のなつかし

悲しみも包みこむごと釜石の海は静かに水たたへたり

十一年前吾子の生れたる師走の夜立待ち月はあかく照りたり

春あさき林あゆめば仁田沼の岸辺に群れてみづばせう咲く

吹く風に舞ふいちやうの葉秋の日を表に裏に浴びてかがやく

池の面に立つさざ波は冬の日の光をうけて明かくきらめく

制服のあかきネクタイ胸にとめ一年生に吾子はなりたり

ともさるる燭の火六つ願ひこめ吹きて幼なの笑みひろがれり

月見たしといふ幼な子の手をとりて出でたる庭に月あかくさす

輪の中のひとり笑へばまたひとり幼なの笑ひひろがりてゆく

紅葉ふかき園生の道を親子三人なごみ歩めば心癒えゆく

寝入る前かたらひすごすひと時の吾子の笑顔は幸せに満つ

いちやう並木あゆみてであふ町びとにみどり児は顔ゑみてこたふる

生れいでしみどり児のいのちかがやきて君と迎ふる春すがすがし

君とゆく那須の花野にあたらしき秋草の名を知りてうれしき

七年をみちびきたまふ我が君と語らひの時重ねつつ来ぬ

摩文仁なる礎の丘に見はるかす空よりあをくなぎわたる海

ルワンダへ長くつらなる土の道あゆむ人らに幸多くあれ

大地震のかなしみ耐へて立ちなほりはげむ人らの姿あかるし

もろ手もちてひたすら花の苗植うる知恵おそき子らまなこかがやく

夕映えの沙漠の町にひびきくる祈りの時をつぐる歌声

君と見る波しづかなる琵琶の湖さやけき月は水面おし照る

これが平成6年から30年までの雅子さんの歌会始めの御歌。昨今のTV番組のようにランクを付けたくなるような駄作揃い。

掛詞とか枕詞とか、序詞とか縁語だのの基礎知識が全く無いのも凄いと思うけれど、皇居の和歌や短歌の先生にきちんと習っていないのが、歴代の御歌を並べたら丸見えですね。娘の愛子さんを「留学」に出す前に「正しい日本語教室」にでも親子揃って通ったら良いのに。

クワガタクワガタからどう進歩しているのでしょうね?雅子さんは病気を理由にずっと単独会見は行われていないので、来年皇后になって挨拶出来るのか、とても心配しておりますのよ。日本国民は。

赤十字に十何年ぶりで出席したそうで、帰り際の挨拶を美化されているようだけど・・・。

皇后さま、雅子さまにサプライズ演出 腕に手を添えて

いつも思うのだけれど、美智子さんってなんでいつも人の肘をガッツリ押さえるのでしょう?国際的なマナーで賓客の肘を掴むとか聞いたことも無い仕草なんですけれど?ベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席夫妻の出迎え時にもこの始末。

露骨に嫌がっていませんか?ベトナムでも肘つかみなんて習慣はございません。

これが今上と美智子さんのベトナム訪問でのレッドカーペット。奥方はアオザイを着ていらして笑顔ですし。

雅子さんと美智子さんって案外似たもの嫁姑なのかもと思いますの。場の空気を読めない鈍感さと愚鈍さ。美智子さんの皇太子妃時代は、ばれない演技とマスコミの持ち上げで「虐められながらも健気に耐えているあたくし」を演じきったけれど、近年老化のせいかその演技力も衰えて「自愛のあたくし流」を押し通しているようですし。

雅子さんも皇后になられたら同じような人になられるのでしょうね。皇室の存在意義は「神道の祈り人」の一言に尽きるんですけれど、美智子さんも今上さんも「職業としての天皇」という不思議な感覚をお持ちで、もう平成も終焉を迎えようとしてますね。

贅沢の限りを尽くして「天皇皇后両陛下」でございますというのは違うと思うのですけれど。不敬以前の問題で。せめて伝統的な公務くらいはこなしてくださいね。ご優秀な雅子さん。東大にハーバードで怖いもの無いくらい高学歴の包装紙に包まれているのですから。日本国民からのお願いです。


 

祓え給い、清め給え、神(かむ)ながら守り給い、幸(さきわ)え給え 

 

無記名Unknown は読まぬままハネます。

内容要約のタイトルを入れ他とかぶる可能性のないHNを記名の上、ご参加ください。 

 

文章の一部をHNに代用すること禁止。「匿名」「通りすがり」など
極力受け付けません。

 

異論反論歓迎、しかし一定の知的レベルに満たないコメントは、最初は極力公開しますが、それ以降は読まぬままハネます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛子さん短期留学? | トップ | 皇室に関する覚醒への3step »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
BB様は (憂国)
2018-06-01 21:44:07
文学部でてらっしゃるのですか?和歌の事はよくわからないので良し悪しがわからないです。。。
素養としてです。 (BB)
2018-06-01 22:08:51
大学の専攻は文学部ではありません。
和歌や短歌の良し悪しは「詠んだときのリズム感」と語彙の選択で解りますよ。
万葉集や古今和歌集など、中高できちんと学んでいれば自ずと歌の素晴らしさが解るかと思います。
良い御歌はさらっと耳に入ってきますから。
情景を詠みつつ心情を吐露した御歌は胸に響きます。
雅子さんの御歌に解説を入れなかったのは、読者の方が判断していただければ良いと思ったからです。
自称コーゴーが写っている写真は何故か暗い (5)
2018-06-01 22:21:56
写ってしまうものなんだね。
Unknown (眠り猫)
2018-06-01 23:59:23
>両陛下、日越交流行事にご臨席 外交関係樹立45周年記念で

45周年って、普通、記念しますかね?
50周年、55周年・・・
外交したいミテ子が、呼んだのかもしれません。
しかもリョーヘーカが明治記念館まで出張ってきたって、まさかの押しかけ?

そういえば、天安門後に天皇が朝貢外交しに行った時も、日中国交正常化二十周年だから、ということでした。
リハビリ? (桃美)
2018-06-02 02:54:22
>リハビリに励む子どもが


自分たちの子と、自分たちの更生が先じゃね?
難癖すぎません? (SMAP)
2018-06-02 03:04:44
和歌が得意でなくても問題ないと思いますけど。安倍応援団は本当に雅子さまバッシングが激しいですね…それにしても不思議です。紀子さまのご先祖は会津の方、それに比べ雅子さまのご先祖は佐賀。会津のほうが長州の敵なのになぜ、安倍応援団は紀子さまの味方をするんですかね?
マーキング? (乱歩)
2018-06-02 03:38:46
挨拶以外でむやみに人の体にさわることは、マナーとしてNGでしょうに。
しかも海外の賓客に。
犬のマーキングみたいな意味があるのかなと思いました。
おしっこをかけることで「ここは自分の縄張りだ」と示すような…。
「あなたは私の配下の者よ」みたいな感じなのでは?
相手は不快に決まっています。
SMPさま 憂国さま (BB)
2018-06-02 04:11:41
SMAPさま

>和歌が得意でなくても問題ないと思いますけど。

得意不得意の次元ではなく、雅子妃のは「和歌のていをなしていない」のです。
和歌は皇族の嗜みでもあれば、日本の伝統を大切につなぐという観点から、とても大事なものです。
最大の問題点は歌会始めに「出もしない」「出る気もない」ということです。
「必要だから」歌会始めはあるのですよ?
皇族として必要な教養の一つなのです。

安倍応援団と雅子さまバッシングと、どういう相関関係があるか、論理的に述べてください。
会津と佐賀の比較も笑止です。
江頭は穢多頭、小和田のほうの血筋は三代前を遡れず、朝鮮系の可能性があります。朝鮮系は抜きにしても、三代前の家系なら普通の家でも「ちゃんとした家」は辿れます。


憂国さま

補足

だめな和歌というのは、お解りになりませんか。
典型的なのが「十一年前~」で始まる駄歌として、吹き出されたお作ですが。

全部の解説は無理なので、一つだけ試みてみます。
雅子さまは、素人でも分かるミスをしておいでです。

>月見たしといふ幼な子の手をとりて出でたる庭に月あかくさす

「月」で始めた歌を同じ「月」という言葉で収める幼さ。これ、基礎です。

僭越ながら添削させていただくなら、




添削してみます。

>月見たしといふ幼な子の手をとりて出でたる庭に月あかくさす



月見たしといふ幼な子の手をとりて出でたる庭に露しげくあり

添削後も駄作に変わりはありませんが、「月を見たい」と子が言うのだから、すでに屋内にいても月の明るさは感知しているわけです。それが外に出て見れば、やっぱり明るかったよ、と。それがどーした的な歌なわけです。
それ以前に、頭の中でこさえた嘘っぽさ。

子供が「ママー お月さまがみたいおー」
「まーそーなの? じゃあママとお庭に出ましょーね」
「わーいうれしいなあ」
「ほーらやっぱり明るい月だことねー」

という感じ?
ありえねーわ、というのが最も的確な評でしょう。


雅子さま、愛子さまの母娘を頭に置くと、余計ありえへんわ・・・・
「得意」「不得意」の使い方は、、 (乱歩)
2018-06-02 06:04:29
短歌について。
既にBBさまが疑問を投げかけた者に鉄拳を食らわせておいででしたので、十分と思いますが私からも一言。

歌会始は何千という応募の中から、10首が選ばれます。
皇后さまのお歌は最後から二番目。すなわちトリである天皇のお歌の前に披講されます。
天皇のお歌披講の時は、場に会する全員が立ち上がります。皇后さまのお歌は、それより仰々しくないけど、まあ特別ですよ。どんなお歌でもね。

このお立場で「得意でない」というのは、「ある程度は詠めるけれど、そんなに…」という場合に使うお言葉のように思います。
それに皇室に入られ3年くらいでもなく、また、この立場ではないと、とても相手にしてもらえないような特別な歌人から教えてもらえる機会も存分にあるわけです。

素人でも、月1で半日(私の場合はそうでした)3年学んだら36回になり、よほど言葉のセンスがなかったり、頭の悪い人以外、皆さん、基本は踏まえるようになられますよ?
上でBBさまが挙げておられるように、三十一文字でより多くの情感や情景を表そうとしたら、同じ文字を二度使うのはあり得ないですね。
もったいなすぎます。他の字を当てます普通。

BBさまが挙げておられた雅子さんの歌は、添削を受けていないか、受けていても「まぁ、5・7・5・7・7になっただけでも良いか、あとは放っておこう」と匙を投げられたのか、どちらかわからないです(;^_^A

>君とゆく那須の花野にあたらしき秋草の名を知りて【うれしき】

うれしいことを「うれしい」と書いちゃ終いでしょ?と思います。
「うれしい」という言葉を使わず、「うれしさ」を表すことに意味があるのに…。

>恩師より贈られし本ひもとけば若き学びの日々のなつかし

上句からいくと「なつかしき」は当たり前すぎて幼稚。

>摩文仁なる礎の丘に見はるかす空よりあをくなぎわたる海

海が「あをい」のも当たり前。

あと「あかく」×2「明かき」「あかき」が好きですね。
25首の中に4つも(;^_^A。
無視したいけど・・ (和菓子好き)
2018-06-02 06:31:10
SMAPさんへ
>和歌が得意でなくても問題ないと思いますけど。
の次にどうして安倍応援団は・・がくるのでしょうか?
その考え方こそが最初から偏見に満ちていませんか?
雅子さんの今までの言動のほとんどがとても皇后になれる人の姿ではないうえに、お粗末で幼稚な和歌しか歌うことができないのでは日本の皇室の質がもっと貶められ日本の伝統が壊れていくのが目に見えるからこその憂いから私たちは心配しているのです。
そして紀子様を引き合いに出してくるやり方。
安倍首相、紀子様の日ごろの立派な行動、業績を見ようとしないで「味方」という言葉でしか表現できないなんて・・・
雅子さんの今までの見苦しい行いを少し垣間見るだけでもどれだけ恥ずかしい人物か、公平にものを考え見ることのできる人には一目瞭然わかるはずです。
紀子様の家柄、品性、教養の高さは同じ民間出身と言いましても雅子さんとは雲泥の差ですよ。
雅子さんの下品な過去を紀子様にスライドさせてさんざん紀子様を貶めている一団がいるようですが、SMAPさんはその一味の方かその一団(マスゴミも含めて)に洗脳されているのですね。
雅子さんは出自があまりにもひどいだけではなく結婚してから今に至って怠け病の陰で税金を湯水のように使う皇室特権利得者としか思えない行動しかとっていません。
そのうえ、下品で和歌ができないのでは一国民の私はとてもとても雅子さんなどの味方にはなれませんよ。
今からでも廃妃になるように心より天にお祈りしております。
BB様、いつも日本のためにいい記事、情報をありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

皇室問題」カテゴリの最新記事