BBの覚醒記録 

無知の淵から覚醒に至るまでの一つの記録です。「是々非々」がモットーで必要なら、
支持する政治家や皇室への批判も厭わず。

この男、ブサヨにつき。愛媛県知事、 中村時広

2018-04-11 23:28:43 | 売国奴

 

 

 

 

 中村時広 愛媛県知事

この男、元々は日本新党の出自。
あのとんでもない細川護煕が1992年に設立した政党。 新進党に合流するが、現在は存在しない。

元々、反原発安倍政権アンチのブサヨ。

2009年8月には大阪府知事だった橋下徹らとともに、「首長連合」としてで民主党を支持すると表明。

あの民主党を支持した時点で、お里が知れる。

2014年11月の愛媛県知事選挙では、自由民主党から支援を受けるも他に民主党の県連の推薦、みんなの党・社会民主党の地方組織の支援を受け、愛媛県知事に再選された。

まぁ、ほぼ左翼路線を泳ぎ渡って来た男。

始まりは「朝日新聞特報」天下り斡旋で辞めさせられ、売買春酒場に出入りしていた前川喜平が反安倍プロパガンダ、それに乗っかりたかがs一職員の口頭報告のための備忘録という名のメモ書きを「文書」と言い換えたこの男の記者会見に呼応するように、打てば響くで朝日がメモを麗々しく「文書」として全面公開。

首相案件」など問題にすることではなし、国家戦略特区は「首相案件」なのだから。

 

 

ブサヨの連携プレー。

官民協力して同和運動「愛媛方式」

↓優秀な頭脳の高級官僚が、共産党の頭の悪さに失笑。

 

森友学園問題 佐川宣寿氏の証人喚問で前代未聞の喜劇が発生!低レベル質問に思わず吹いた!!

 

 

しかし、共産党並みに頭の悪い人たちがいまだロッテのニセチョコを買い続け
SoftBankを使い続け、反日SMAPを応援しています。
確たる理由も述べられずSMAP擁護したブロガーも、口を拭って知らん顔、
事務所とキムタクを悪者として血祭りに上げたバカファンたちとアホブロガー、
事務所を出るはずだった急先鋒、中居正広が居残って、いい面の皮。
日本人ならSMAPの反日言動にも目を向けよう。

 

      確かにクソ野郎達。 

       事務所に居残った中居正広は蛆虫野郎か。

      SMAP擁護ブロガーは、便所バエ。

 

祓え給い、清め給え、神(かむ)ながら守り給い、幸(さきわ)え給え 

無題・無記名Unknown は読まぬままハネています。

タイトルと他と重ならないHNを記名の上、
ご参加ください。 

文章の一部をHNに代用すること禁止。「匿名」「通りすがり」など
極力受け付けません。

 一定の知的レベルに満たないコメントは、最初のひとつふたつは極力公開しますが、
それ以降はハネます。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 頑張れ安倍政権!さらば反日... | トップ | 誰が愛子内親王と信じる? ... »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
反安倍こそ犯罪人たちの群れ (5)
2018-04-12 00:21:54
それを取り締まる事が出来ないのは悪魔教と言ってもよいローズベルトを取り巻く一派のせい。戦後はGHQとして皇室に魔女を送り込んだ。マスコミと教育現場にZとBを取り込んだ。
ローカルに占拠する (窮余迷彩)
2018-04-12 01:12:02
知事にけっこうおかしな人物がいたりしますね。過去にもね。市長選などもです。
そして、ちまちまとローカルにおかしなことをします。条例とかあまり注目されませんから。油断しているとやられますね。
地方から崩されます。

なにか国会議員の小選挙区の悪い面が地方選で出ている感じがします。
小選挙区制を望んだのは、小沢さんとかマスコミさんでしたっけ。地方分権を所望していた人たちともダブりそうです。
実は危険な小選挙区みたいな地方選。気を抜けません。
大根役者中村の登場です (えりこ)
2018-04-12 02:57:54
ホントかウソかわからない”メモ”で安倍内閣を倒せると思ったら大間違い。

ここにきて野党と、自民の虫たちの最後のあがきだと思います。
ホント、往生際が悪い。
捏造して出すのかどうかわからないけど、速記でもあるまいし、メモ程度が何を証明できるのでしょう。(速記が正確ということもありませんが。)

この倒閣策謀チーム、大根役者まで用意して必死ですが、必死過ぎて、それって何かすごい利権がありそうですし、売国奴チームと言いたい。

地方が危ない (雪乃)
2018-04-12 08:11:31
知事選・市長選・県議会選・市議会選と地方の選挙の場合、政治色を隠すためか本人の政党を隠して選挙に立つことが多いようです。せいぜい推薦政党を見るしかないのですが、相乗りのようにされては判断できなくなります。

TVで「おべんと箱の歌」サンドイッチバージョンを某大学の保育科の学生がやってました。この子たちが今後園児を指導すれば、おにぎりバージョンが廃れていくのではないでしょうか。日本の伝統破壊のための地道な教育をブサヨは頑張ってきたのだなと痛感しました。恐怖です。
在日カルト創価学会統一教会撲滅祈願 (宮内庁皇室浄化大作戦)
2018-04-12 09:27:09
それにしても支那朝鮮風味のマスコミには、本当にウンザリさせられます。

公序良俗を守るために、愛国者のためのテレビ局を増やして欲しいですね。

NHKを始めとしてテレビ局の劣化がドンドン進んでいます。

コメント妨害がある様な感じなので、皆様も気をつけてください。

卑劣な組織や人達を日本の舵取り役にさせないためにも、国民によるマスコミ見張り番が必要ですよ。

例えば番組採点制度を導入して、国民が一致団結して下らない番組にはNOと言える制度が有れば良いなあと思います。
Unknown 2018-04-12 09:26:26 Unknown (BB)
2018-04-12 10:08:19
無記名Unknown は読まぬまま はねています。

きちんとしたしたHNを記名の上、タイトルも入れて
ご参加ください。



他と重ならないようなHNでお願いします。

文章の一部をHNに代用すること禁止。

「匿名」「通りすがり」など
極力受け付けません。



一定の知的レベルに満たないコメントは、最初のひとつふたつは極力公開しますが、
それ以降はハネます。
知事と同和運動 (まゆゆファンMM)
2018-04-12 11:58:08
BB様、そして皆様、失礼致します。

先ずは早速中村時広氏についての記事を掲載頂いた事に心より御礼申し上げたいと思います。

本題に入りますが、最初に愛媛県人権対策協議会のホームページ(?)をお知らせ致します。
エチティティピィ://ww4.enjoy.ne.jp/~aidoutai/
(都合により頭文字のみ片仮名に置き換え)

どうもこの団体の役員は愛媛県知事であれば必ず歴任するようで、かの加戸守行氏も愛媛県知事当時に会長として役員名簿に名を連ねていたようです(ネット記事では中村氏が先頭に立って運動に参加していた旨の記述あり)。

ただ、先の衆院選に先立つ解散も中村氏は批判しており、政治家としての立場は加戸氏とは大違いのようです。このような人物を事実上の後継候補として選んだ加戸氏の眼鏡違いもまた、批判は免れないでしょう。

駄文につきましてはどうかご容赦下さいませ。それではこれで失礼致します。
本音が出る議会 (しらべ♪)
2018-04-12 13:51:46
市議会,区議会レベルからどんどん汚染されて行く現状に強く怒りを覚えます。

愛媛といえば、宇和島高校の〇国訪問 〇村知事 〇国 と検索しましたら
下記のようなものをみつけました。

中村知事への県議会での質問 から抜粋
 私自身、二十数年にわたり、政治家のライフワークとして韓国との交流に力を尽くしてまいりました。
 愛媛地球市民の会という交流団体を足場に、民泊交流、文化交流、テーマを設定してのフォーラムなどを続けてまいりましたが、当初は、白人ならよいけれど、韓国人を宿泊させるのはだめとの声も民泊などではある中でのスタートでした。その後の韓流ブームによるヨン様、チェ・ジウへの憧れの時代ということを経て、今はまた嫌韓ブームと申しますか、非常に冷めた関係になりつつあるのが残念でなりません。

■本会議質問平成29年3月7日(火) 一般質問 森高議員(自民)
ttp ://www12.plala.or.jp/reimei/gikai.htm
もう今さら、、、 (かつこ)
2018-04-12 15:29:07
安倍総理を擁護するの虚しくなりません?
嘘に嘘を重ねてもうどうにも身動き出来ない状態になってますよ。笑
ネトウヨさんたちが躍起になってる姿が滑稽すぎます
愛媛県知事のことまで悪く言うのはおやめなさい!
頭の悪いかつこさまへ (黒薔薇姫)
2018-04-12 15:50:42
>安倍総理を擁護するの虚しくなりません

擁護はしてませんでしょ?
非は非として批判しつつ、他にいるかという問いかけでしょうに。
ネトウヨなどといういまどき、朝鮮人かブサヨしか使わない頭の悪いディスリ語で、批判したおつもり?


記事の具体記述に批判があるなら、具体的にどうぞ、
あなたにその能力と知識があるなら。

>愛媛県知事のことまで悪く言うのはおやめなさい!

指摘を「悪く言う」としか捉えられない貧弱IQ.


あなたは誰ならこの日本を今引っ張っていけるとお思い?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

売国奴」カテゴリの最新記事