BBの覚醒記録 

無知の淵から覚醒に至るまでの一つの記録です。「是々非々」がモットーで必要なら、
支持する政治家や皇室への批判も厭わず。

特攻隊員たちも、「戦犯」と言い捨てられるや皇后陛下 《転載ご自由に》

2018-04-09 06:54:08 | 売国奴

 

 

時間がない方は、最初の動画だけでもどうぞ。短いです。

沖縄と沖縄の人々を護るために散華されたみたまの供養と、歴史の真実を知るためにも、どうぞ。

 

坊ノ岬沖海戦(沖縄特攻)/昭和20年4月7日

 

1945年(昭和20年)4月7日、386機と言われる米艦載機に猛爆を受け、坊ノ岬沖で轟沈した戦艦大和. 戦艦「大和」 巡洋艦「矢矧」 駆逐艦「磯風」

坊ノ岬沖海戦(沖縄特攻)/昭和20年4月7日

 

皇后陛下お誕生日に際し(平成26年)


宮内記者会の質問に対する文書ご回答

今年8月に欧州では第一次大戦開戦から100年の式典が行われました。第一次,第二次と2度の大戦を敵味方として戦った国々の首脳が同じ場所に集い,共に未来の平和構築への思いを分かち合っている姿には胸を打たれるものがありました。

私は,今も終戦後のある日,ラジオを通し,A級戦犯に対する判決の言い渡しを聞いた時の強い恐怖を忘れることが出来ません。まだ中学生で,戦争から敗戦に至る事情や経緯につき知るところは少なく,従ってその時の感情は,戦犯個人個人への憎しみ等であろう筈はなく,恐らくは国と国民という,個人を越えた所のものに責任を負う立場があるということに対する,身の震うような怖れであったのだと思います。

 

 中略

 

最近新聞で,自らもハバロフスクで抑留生活を送った人が,十余年を費やしてシベリア抑留中の死者の名前,死亡場所等,出来る限り正確な名簿を作り終えて亡くなった記事を読み,心を打たれました。戦争を経験した人や遺族それぞれの上に,長い戦後の日々があったことを改めて思います。

 

第二次大戦では,島々を含む日本本土でも100万に近い人が亡くなりました。又,信じられない数の民間の船が徴用され,6万に及ぶ民間人の船員が,軍人や軍属,物資を運ぶ途上で船を沈められ亡くなっていることを,昭和46年に観音崎で行われた慰霊祭で知り,その後陛下とご一緒に何度かその場所を訪ねました。戦後70年の来年は,大勢の人たちの戦中戦後に思いを致す年になろうと思います。

 

世界のいさかいの多くが,何らかの報復という形をとってくり返し行われて来た中で,わが国の遺族会が,一貫して平和で戦争のない世界を願って活動を続けて来たことを尊く思っています。遺族の人たちの,自らの辛い体験を通して生まれた悲願を成就させるためにも,今,平和の恩恵に与っている私たち皆が,絶えず平和を志向し,国内外を問わず,争いや苦しみの芽となるものを摘み続ける努力を積み重ねていくことが大切ではないかと考えています。

 

・・・・・・・・抜粋ここまで(全文は宮内庁のHPにあります)

「まだ中学生で,戦争から敗戦に至る事情や経緯につき知るところは少なく」ということを前提にしたお言葉であろうと、そしていかなる文脈でおっしゃられたにせよ皇后陛下が、我が国の保守たちが決して首肯では使わない「A級戦犯」という言葉を使われたことは、拭いようもない事実です。

勝利した連合軍側の一方的裁判で、単に「戦争犯罪」の「種類」としてA、B、Cと分類上の便宜として用いられたA級戦犯という言葉を皇后陛下が無造作にお使いになられた現実に慄きます。

そもそも、A級戦犯という戦勝国側の一方的区分けのたった一つのみを取り上げ、B,Cを看過なさったことから、ひょっとして皇后陛下のご認識も第二次世界大戦における最大の罪人というごとき誤認識である可能性をも感じます。

A,B,Cという区分けは単なる区分けであり、罪の重さではありません。
A級戦犯で処刑を免れた軍人もいれば、B級戦犯として死刑になった軍人もいます。

 

        条例では、a.平和に対する罪、b.(通例の)戦争犯罪、c.人道に対する罪の3つの罪が記載、
   
英語原文でこれらがabc順になっているため、項目aの平和に対する罪で訴追された人を
  
A級戦犯」と呼ぶ

 

・・・・・に過ぎません。

いずれにしても、インドのパール判事が喝破したごとく、以上は戦勝国側の「でっち上げ裁判」の結果に過ぎません。当のアメリカ側にも、不当裁判であることを指摘した人もい、マッカーサーその人が日本が追い詰められ、自己防衛のために立ち上がった戦争である、と証言しています。

いかなる文脈による文書であれ、皇后陛下が「A旧戦犯」という言葉を使われるのは、国民に対して不当です。
私たちの曽祖父、祖父、父たちが浮かばれません。

「まだ中学生で,戦争から敗戦に至る事情や経緯につき知るところは少なく,従ってその時の感情は,戦犯個人個人への憎しみ等であろう筈はなく」

幼くて無知であったために「戦犯個人個人への憎しみであろう筈はなく」とお書きです。これは「戦犯個人個人」が邪悪な存在であるというご認識がなければ、お書きにはなれないことです。

文章にいくらか敏感な人であれば、上記に異論はないはずです。

ヴェトナム戦争のトンキン湾事件はアメリカの自作自演という説がありますが、日本がルーズベルトの嫌日政策の流れで戦争へと駆り立てて行かれたというのは説ではなく、事実です。

沖縄に慰霊に行かれたばかりですが、皇后陛下の胸のうちにいったい沖縄を守ろうとして散っていった4千人の軍人たちの思いは響いていたでしょうか。

特攻隊員の慰霊祭にもご出席を、などと無謀はいいません。国の外交がからむことに対しては、靖国参拝を含め出来ないことは出来ない、ということは理解しています。

しかしながら、仮にそれが可能として両陛下は特攻隊基地への慰霊、靖国神社参拝をなさるでしょうか?
そのご思想において。

 

天皇皇后は国歌と国旗、自衛隊がお嫌い。その1

 2017-10-08 14:20:04 | 皇室問題

天皇皇后は国歌と国旗、自衛隊がお嫌い。その2

2017-10-08 14:33:39 | 皇室問題
 

天皇陛下の行幸される時、自衛隊のヘリコプターが使われるが、警察の施設から離発着される。
阪神淡路大震災の時、両陛下が、自衛隊の施設から陸自の航空機で神戸に赴かれた。
その時、『隊員は隊舎の中で待機せよ』という命令が下った。
その基地の司令官は、処分覚悟で全員に整列させて、両陛下をお見送り申し上げた。

自衛隊には殉職者が最も多いのに、慰霊行事に、陛下のご臨席を仰いだことは無い。

【平成24年08月28日 参 - 外交防衛委員会 - 9号】

陛下のご臨席云々が不可能としても、政府専用機を使用なさる時の自衛隊員の姿排除は、あまりにも
あからさまです。両陛下のご意向でなくて、何でしょう? 折りに触れ「平和憲法護持」を説かれる両陛下のご思想は明らかです。

 

 

皇后陛下は「世界のいさかいの多くが,何らかの報復という形をとって」と仰せです。

先の大戦が「いさかい」ですか? OSSに始まる日本と日本人憎悪のルーズベルトの奸計により全ては始まり、そこにABCD包囲網が敷かれ、追い詰めに追い詰められた挙げ句の日本の開戦です。

また、その本当のご意志が那辺にあろうとも、開戦の詔勅は昭和天皇です。
その兵隊たちを「戦犯」と呼び捨て為さることは、昭和天皇への不敬ではありませんか?

そうした大義名分的物言いは避けるにしても、お国のためわが祖国、家族と大事な人を護るために、として
「天皇陛下」の御名のもとに死を覚悟で赴いた国民の親たちを祖父たちの心を、残された私たちの心を踏みにじることではありませんか?

実質自衛隊機である政府専用機をお用いになる時すら、自衛隊員の一人たりと画面に写り込まぬよう排除されている悲しさ。これで士気が上がるでしょうか。

 

天皇陛下お誕生日に際し(平成25年)宮内庁HP

 

会見年月日:平成25年12月18日

会見場所:宮殿 石橋の間

 

 


「戦後,連合国軍の占領下にあった日本は,平和と民主主義を,守るべき大切なものとして,日本国憲法を作り,様々な改革を行って,今日の日本を築きました。戦争で荒廃した国土を立て直し,かつ,改善していくために当時の我が国の人々の払った努力に対し,深い感謝の気持ちを抱いています。また,当時の知日派の米国人の協力も忘れてはならないことと思います」

 ・・・・・・抜粋ここまで

 

「 平和と民主主義を,守るべき大切なものとして」という記述を枕にすれば、当然日本国憲法の賛美です。
保守がGHQの押しつけであるとする現憲法の。当然、九条を含めてのご発言です。
「当時の知日派」とは、GHQか少なくともその流れにある米国人達のことでしょう。
これはいかに、擁護しても無理。
天皇という立場で憲法遵守は当然のこと、と見当はずれのことを言ってくる人がいますが、遵守するのは
皆同じ。しかし遵守することと、その憲法がまっとうだから守らねばならぬとことさら主張する(しかもお誕生日という節目に!)こととは、全く別です。

「敢えて発言する」ことの意味を考えましょう。

しかも「平和憲法」を護れ、と明らかにアンチ安倍政権を表明している事自体が、憲法違反に抵触しかねない矛盾。公共放送を私物化なさり、「生前退位」という「お気持ち」で政府を動かした(政治関与)ことも。

皇后陛下はあからさまなまでに、九条の会の皆さんとのお付き合いがひんぱんで深く、天皇陛下はそれをお止めになりません。

自称保守の人たちは、かくも如実に両陛下の左翼的思想は見て取れるのに、いつまでだんまり、どころか擁護でしょうか。
天皇皇后両陛下が反対なさる憲法改正をして、左翼元首を誕生させれば満足でしょうか?(皇太子殿下も口移して両陛下のご思想の継承者です)

両陛下の、自虐史観ベースの談話は英訳され世界に発信されています。

 

特攻隊の遺書

 

 

表層的反戦主義の人たちは、大日本帝国が沖縄と沖縄の人々を見捨てたなどとホラを吹きますが、事実ではありません。
最後の最後まで沖縄のために、死ぬと解っている負け戦でも最後の最後まで戦い抜きました。

本来は、坊ノ岬沖で大和その他が撃沈された4月7日にアップすべき記事でしたが、ブログ主の
知識と力量では手に余り、やっと本日になっての記事アップであることをお詫びします。

末尾ながら、そして日遅れで申し訳ないことながら坊ノ岬沖海戦(沖縄特攻)で、尊い命を祖国と沖縄のために捧げ散った方たちへ、感謝と哀悼の念を捧げます。

ありがとうございました・・・・。

残された私たちは、この国を守るため情報戦という名の現代の戦争を戦います。
天皇皇后さえGHQ由来の自虐史観の継承者であるというこの国の現実。戦勝国の思うままの国に成り果てました。

微力で力尽きたと思うときもありますが、旗色悪しといえど諦めることなく、ひるむことなく営々と戦い続ける
根気と勇気を持ちたいと思います。

 

 

無記名Unknown は読まぬまま はねています。

 

  きちんとしたしたHNを記名の上、タイトルも入れて
ご参加ください。 

 

 

 

  他と重ならないようなHNでお願いします。 

 

  文章の一部をHNに代用すること禁止。

 

「匿名」「通りすがり」など
極力受け付けません。

 

 

 

   一定の知的レベルに満たないコメントは、最初のひとつふたつは極力公開しますが、
それ以降はハネます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ペンタゴン・ペーパーズ』... | トップ | 朝鮮人がこき下ろす大谷翔平 »
最近の画像もっと見る

29 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
GHQによる差し金なのでは。 (かな花)
2018-04-09 09:12:27
BB様、皆様。おはようございます。

 私なりに調べ、勉強し、最近になってようやく、先の大戦がルーズベルトにより陥れられたものであること、そして開戦を余儀なくされた過去の日本の立場を理解することが出来ました。
米国は、定期的に戦争を起こすことにより景気回復させ、軍事産業で潤う国。決して自ら手出しはしないが、ターゲットを挑発し、追い詰め、自国の国民をも理由をつけて奮い立たせて戦争に導くことを幾度も行った国であることを認識しました。

 自衛隊を厭う天皇陛下は、GHQによる洗脳教育により誕生したように思います。
GHQは公的な教育機関から日本神話を奪い、天皇陛下を要とした国民の帰属意識を時間をかけて消しました。
同時に、ジミーと呼ばれた当時の皇太子に恐怖と共に左翼教育を行った。
ここに陛下が自衛隊を忌避なさる理由があると思うのです。
GHQにしてみれば、再び日本が先の大戦のように立ち上がり、お国の為家族の為、天皇陛下の御名のもとに死を覚悟されることを回避せねばなりません。

昭和天皇への不敬であっても、都合の良い時だけ自衛隊を使おうとも、軍の士気を上げてはならない。
共に映像に写ることすら避け、先の大帝に似た姿を自分が再現してはいけないと教育された。
それこそが陛下と国民の絆を断ち、二度と日本が立ち上がれないように仕向けたGHQの狙い。
今も実は本当の意味での終戦は迎えていないと思います。
Unknown (sumirehodo)
2018-04-09 09:26:27
戦艦大和が沖縄を攻撃するために出撃したなどとクレージーなことを言うパヨクがいる。大和がもし沖縄へ到着することが出来たらという可能性に掛けて沖縄で不足していた生理用品、歯ブラシを塩野義製薬に発注し大量に船首空き空間に積んだことは有名な話。
ありがとうございます (雪勇気)
2018-04-09 10:19:48
BBさま、こんにちは。連日の記事のアップ、本当にありがとうございます。読むのが遅く時間がかかりますが、一つ一つの記事を大切に読まさせて頂いております。

美智子皇后の本当に無造作な「戦犯」発言、これは慈愛の象徴であったお美しい美智子さま伝説に違和感を持つきっかけでありました。この女性はただ天皇の嫁であるだけだと、ふと気づきました。今上のGHQ女史による教育と同様に、美智子さまには将来の天皇となる皇子の教育など決してさせてはならなかったのですね。

当時は特殊な状況下であり、米国は昔も今も自分達の望むまま攻撃する国です。なぜ日本だけが責められるのか…。無差別に日本国民を大量殺戮したのは、米国の方です。昭和帝の詔にも、今上陛下のような自虐史観はなかったと思います。

今上陛下には思春期の敗戦にGHQによる教育、誕生日の刑執行等、今の惨状に至る経緯には大いに同情の気持ちがありました。日本と皇統を守るためには米国の意向に背けなかった、そうかもしれないと思っていました。
ですがこの記事を拝読し、その気持ちは甘かったと思っています。
仕組まれたであろう美智子さんとの出合いも、年を経るにつれ美智子色に深く染まっていった今上陛下。今では、女房の趣味に付き合い、女房の趣味に口を出さない良き旦那さまにおなりです。

特攻隊だけでなく各地から出征した名も無き兵士達、遠い地での戦いの中で祖国の地がこうした戦場にならんことを祈ったかもしれません。先の大戦で、国のために命を捧げるという大義名分、日本を守るということは日本に住む愛する人達の未来を守るこということでもあったのですね。
天皇陛下万歳!と散った心の中には、「天皇陛下、私亡きあとの国家と国民を御守り下さい」、という気持ちも含まれていたのこもしれません。私はそう受け止めました…。
今上陛下はその責任を負うていらっしゃる。責任を投げ捨てそれでいて権威を手放さず、無能で他国に利用される素質の者に次代を譲られるのですね。お気持ち一つで国をも動かすくせに、女系天皇を否定なさらないし…。

今回の記事は、涙なくしては読むことができませんでした。
かつてに比べれば格段に平和で豊かな日本ですが、日本であるということを守ということがどれ程大変なことか実感しました。守る以前に大切なものが奪われたままであり、それをどうやって取り戻すのか途方に暮れます。

BBさま、いつも大切なものに気づかせていただいています。ありがとうございます。
雪勇気さま (BB)
2018-04-09 11:59:56
いつも、ありがとうございます。

少年期の洗脳から解き放たれぬままGHQ差金の
女性に、うまうまと捉えられ第二次洗脳が
他ならぬ伴侶から、いそいそと刷り込まれたという
成り行きでしょう。
婉曲話法 (ひげ坊主)
2018-04-09 12:28:54
美智子さんの誕生日談話は、皇室独特の婉曲話法ですね。

今上の生前退位のように。
「天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし、この場合も、天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であることに変わりはありません」
→「摂政は、ダメよ」(堂々の憲法違反宣言)

「・・・戦争から敗戦に至る事情や経緯につき知るところは少なく,従ってその時の感情は,戦犯個人個人への憎しみ等であろう筈はなく・・・」
→「・・・戦争から敗戦に至る事情や経緯につき知るところが多い今、戦犯個人個人への憎しみはますます激しくなっており・・・」(堂々の国民と昭和天皇、皇祖神への宣戦布告)

悠仁様のお誕生祝いに、片方の靴を用意して「堂々の○害予告」をするくらいの
根性の座ったタマですよ。美智子さんは。

「上皇后」とやらになって、そろそろ「最後の仕上げ」にかかるのではないでしょうか。
戦犯? (haruru)
2018-04-09 12:31:32
BB様、皆様 こんにちは。

私は何年か前にyoutubeで特攻隊に関するビデオをいろいろ見ました。

あの空から落ち行くゼロ戦に乗った若者、相手の戦艦にまさに突撃し落ちるゼロ戦、その前に迎撃され落ちていくゼロ戦、
また大和に乗船し応戦した方たち、回天に乗り海から迎撃する若者、また遠い地で戦い散った方たちも
みな気持ちは遺書に見るように
ひとつであったと思います。

このようなビデオがあったのかと、当時見た時はYoutubeには、ある意味感謝でした。戦後生まれの私たちが知り得ないものを 見ることが出来、またそこに至るまでの経緯は
自分で調べればいろいろわかりますが
映像で見ると自然に涙がこぼれてきたのを覚えています。何度見ても涙が出ます。
父や母、幼い弟や妹たちを守るため、日本本土を戦場にしないために散って逝かれた方たちに対して
「戦犯」などと言う言葉を使う時点で 皇后は日本人ではない、と思います(日本人だとしても日本人の心は持っていない)。
今上に至っては あの凄まじい戦いの中であっても安泰なところへ疎開し何も不自由なく過ごしたと思いますが戦後GHQの洗脳教育を疑うことなく聞き入れ(その方が楽?)国を守る英霊に対する感謝など思うことすらなく、また露ほどもなく洗脳は解かれぬまま。

私の祖母の兄が海軍兵であったと九十になる母から聞いたのは最近の話です。
それまで戦時中のことは聞いても「忘れた」としか言いませんでした。戦後の食糧難のことや闇市の話はしてくれていました。思い出すのが嫌だったのでしょう。
当時 高等女学校に通っていた母も途中からは 軍需工場通いだったと聞きます。
そんなわけで卒業証書も貰えぬまま、終戦の日を迎えたと聞きました。
やはり玉音放送を聞いた時は泣いたと言ってました。
年老いた母から断片的に話を聞き、なんとか戦後を
日本人は生き延びて 今の私たちがあるのだ、ということは本当に奇跡に近く、英霊の方々には感謝しかないです。
戦犯呼ばわり等 持っての他。

そんな英霊の方々に参拝もせず、他国へ行っては
「先の大戦で迷惑をかけた」などと言って回るこの方たちこそ 断罪すべきであると思います。
特アを除いてはアジアの国々の植民地解放に対して
立ち上がった日本人を誇りに思い敬って下さる国がたくさんあると言うのに。
日本は知っての通り ABCD包囲網とハルノートにより、座して死を待つことをしなかった。そこに
武士の魂然り、国を思う気持ちと民を思う天皇陛下がおられればこそ、身を賭して日本を、日本にいる家族を守った方々、それが英霊です。

皇后には戦犯と言い放ったことを謝罪して欲しい。

今上には皇后の掴む手を振り払って、ご自分の足で(または杖で)歩かれ、生前退位などと寝ぼけたことを言ってしまった代わりに ナルマサには後継しないと
死ぬ前に犬HKででも言って欲しいです。
さすれば 死後 今上の汚名は少しは回復するのでないか、と思いますが・・・ないでしょうね・・・。
(文章が前後し、駄文をお許し下さい)

皆が知っておくべき動画を有難うございました (えりこ)
2018-04-09 12:34:16
この年で初めて戦艦大和が撃沈させられたシーンを拝見しました。
米機100機が海上を出撃するシーンで涙が溢れました。

特攻隊員の手紙、なんと健気な手紙でしょう。
辛過ぎて辛過ぎて、私も母親の一人です、この18歳の若者の母上の心情を思い、若者の決意と選びに選んだ言葉をかみしめ、動画を見られなくなりました。

全ての特攻隊員の父母様、ご家族の慟哭が聞こえてきます。
これ程の涙を流したのは、知覧特攻基地以来です。
BB様、有難うございました。
なるほど (年増右翼)
2018-04-09 12:40:54
BBさま、あんたさいつまでそんな事に拘ってんの?笑 ねとうよは目の付け所が違いすぎる笑 ここの覚醒信者らには耳障りがいいんかもだが一般の国民はこんなことに興味ないから~笑 あんたたまにコメント公開してくれるけどさその時にご丁寧に反論等々書き込みしてくれる信者さん達が本当に面白い笑 今回のコメントも公開お願いします! あ、あとね、皇室の芸能人化はもう止まらないのあんたらねとうよの期待の星の秋篠宮もこのざまでしょ いらないよもう笑
笑える (ピンカートン)
2018-04-09 12:52:55
汚いツバを吐き散らしわめきながらも、毎回記事を読みに来ているらしい年増よやらw 反論?w

反論するほどの「論」を書いてからねw
あんたのは幼稚な罵りと言います。
公開処刑されてなはれ。
興味ないなら読まなきゃいいのに (ひまわり2号)
2018-04-09 13:09:16
必死なのね


ところで、こちらで時々秋篠宮貶めの二人組の顔写真と最新情報がアップされてます。短時間なんで、運が良くないと見られないかも。

https://andyalonso.livejournal.com/386.html?page=6

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

売国奴」カテゴリの最新記事