BBの覚醒記録 

無知から覚醒に至る一つの記録です。「是々非々」がモットーで必要なら、
支持する政治家や弥栄を願う皇室への批判も厭わず。

三島由紀夫vs東大全共闘 <<転載ご自由に>>

2018-06-28 14:13:30 | 売国奴

三島由紀夫vs東大全共闘(字幕版)

三島記事が続いたので、参考までにどなたかが上げておいてくださった動画をアップしておきます。

昭和天皇に関してかなりリスキーな発言がありますが、三島の言っているのは昭和天皇個人への攻撃ではなく、敗戦によりGHQが歪めて、これからも歪み、弱体化して行くであろう皇室体制への懸念表明だと受け止めるべきでしょう。

東大生の「国籍不在論」が左翼に共通する幼稚さです。

時間が出来たら、所感は書き継いで行くかもしれません。

続き

それにしても、東大生の語彙の貧困。語彙の貧困は論理の希薄からも来ているのかもしれません。三島も、手持ちの多彩な言語は出し惜しみして、彼らのレベルに降りて語っているようです。意外に大人の対応です。持ち上げることすらしています。

国籍不在論の学生は、この世界が相対論で出来上がっていることすら知りません。
国籍が何だ、と中国と北朝鮮で言って来たらいい。今、この学生もいい年齢でしょうが、いまだに稚拙な論者なのでしょうか。ゲバ棒はどこに置いて来たやら。
三島の声は半世紀を超えて今に届きますが、あなた方の革命も言語も雲散霧消、何も生み出しはしませんでした。

現実遊離の国籍不在論は、左翼とスピ系ですが、鳩山夫妻は左翼とスピ双方兼ね備えていたルーピー夫婦でした。国境を否定するなら、自宅の庭の塀を壊しなさい。鍵をかけるのも、止めなさい。

三島の天皇に関する発言は激越ですが、学習院の卒業式において昭和天皇が3時間もの間、微動だにせず端然と座られていたご様子を称賛しています。
今上は、皇太子殿下は・・・・・?
3時間微動だにせず、これぞ天皇でしょう。思うに、天皇とは畢竟「様式」なのではないでしょうか。この国の民の精神性を担われた理想の様式であり、「平和憲法大事に」などという政治発言は、様式には無用です。
象徴という貶め方をGHQにされる前に、天皇とは極めて抽象的存在なのでしょう。
それが「人間」として語り始めたら、単なる超特権階級です。英国王室の模倣です。
まして皇后ごとき(敢えて)が「わたくしは、こう思いますの」って一体、なんですか。個人的意見というものには、必ず反対者がいます。
天皇皇后は、国民の意見を二分する如きご発言は裡に秘めておくべきです。
天皇は国旗です。無言で翻って、ただ翻っているそのことで国体を維持するための、国民の意識の集結がそこに生まれます。
改憲反対とかアンチ安倍政権とか、そんな下世話な問題は民にまかせておおきになればいい。
俊敏な頭脳であれば自らの地位へのご自覚がおありでしょう。おありでなければ、昔は忠臣が命を賭して陳言申し上げていました。今は政府さえ言いなりで「生前退位」やら「生前退位に伴う儀式」やら言われ放題で右往左往。でもそれは政府のせいのみならず、国民の意識の浅さの反映でしょう。政府も国民の意識の総体には勝てません。
結局の所、採決権は民にあるのですが、多くの民がその自覚を持ちません。
基幹の国策、天皇家への対処をあなたまかせにしておいて、自らの暮らしに直接降りかかることに対してのみ、文句をかしましく言い立てるだけ。俯瞰で眺めた国体は脳裏に、かけらも無し。

皇室批判をする者を、国民に非ずという言い方をする人がいますが、三島ほど日本に恋着し、天皇と国体大事の男がいますか?
その男があろうことか天皇陛下(というより、敗戦後のそのありよう)を批判したからと言って、三島が非国民なのですか?

国思い皇室大事だからこそ、もの申し上げるのです。

 

祓え給い、清め給え、神(かむ)ながら守り給い、幸(さきわ)え給え 

無記名Unknown は読まぬままハネます。

内容要約のタイトルを入れ他とかぶる可能性のないHNを記名の上、ご参加ください。 

文章の一部をHNに代用すること禁止。「匿名」「通りすがり」など
極力受け付けません。

異論反論歓迎、しかし一定の知的レベルに満たないコメントは、最初は極力公開しますが、それ以降は読まぬままハネます

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 朝日新聞・惨敗 VS 水間政憲氏 | トップ | こりゃ、やっぱりダメだ、小... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この時三島氏は (普通のおばちゃん)
2018-06-28 17:01:53
BB様、皆様、こんにちは。
三島由紀夫氏の御尊父様、平岡梓氏の書かれた
「倅・三島由紀夫」には、この時の描写を
>腹に白晒を巻いて、しかも身に寸鉄もおびずに乗り込んで行ったとは思いませんでした。
と、書かれています。
たったひとりで行く事を主張されてニコニコしながら平然と会場に入られたそうです。

御尊父様も後で知ったそうですが、私服の刑事や楯の会会員も三島氏に気付かれぬように、
会場に入り込んでいたそうです。

けれども全共闘の学生達が命を張って居ないことにがっかりしたのか、
論争が終わって出てきた時に憮然とした面持ちだったそうで、
居ないはずの楯の会会員に出会ってもお咎めはなかったそうです。

この時の対決の速記録が新潮社から出版されて、
印税を全共闘と折半したところ、普段一応無収入の全共闘の
学生達はあまりの多額に大喜びをしたそうです。

論争といっても小理屈を言うばかりの頭でっかちの彼等は、
今、これを見て何を思うでしょうね。

未だに沖縄でお金を貰って反対運動に精だしているのなら、
情けないと思います。
全共闘との対話集会 : その1 その他の発言と当事者の回顧 (らむ子)
2018-06-28 17:31:43
2015年のNHK BSのドキュメント番組
『昭和の虚無を駆け抜ける〜三島由紀夫 〜 日本人は何をめざしてきたのか 知の巨人たち 第7回 』
に、この全共闘との対話集会も取り上げられていました。

記事ご掲載の動画に無い部分と、オジサンになった(2015年現在)動画中の全共闘が、当時を振り返って発言しておりましたので、ご参考に三島の発言も合わせ番組の書き起こしをし、3つに分けて掲載致します。最後の落ちが何ともはや…

〜同年同月 新宿駅騒乱事件 700人以上逮捕〜
〜昭和44年1月 東大安田講堂 占拠 解放〜

〜昭和44年5月(1969) 東大全共闘から 対話を求められる。
三島を「近代ゴリラ」と揶揄するイラスト入りの対話集会ポスターも貼られ…〜

「2015年現在」
演劇家 芥正彦=全共闘C
学問の独立は絶対不可欠だろう。汚れた政府で、アメリカとくっついた政府のコントロールの中で我々は学ぶんじゃないんだぞと。自己の現存を土台に学んでいかなかったら意味がないだろう。じゃあ、全然反対の立場で生まれ、反対の立場できたやつと一回会おう。お互いに相手を鏡にすればもっと分かるかもしれない。ということになった。

〜右翼と左翼の最高の知識が対決すると言う触れ込み。凡そ千人の学生が集まる。〜

〜冒頭、三島は秩序維持に向かおうとする社会状況に対して考えを述べた。〜

「対話集会VTR」
三島
私は一人の民間人であります。私が行動を起こす時は、結局諸君と同じ非合法でやる他ないんだ。そうなったら自分もお巡りさんに捕まらないうちに、自決でも何でもして死にたいと思うんです。しかしそういう時期がいつ来るか分からないから、そういう時期に合わして、身体を鍛錬して、近代ゴリラとして立派なゴリラになりたい。
そういう気持ちでいるわけです。

全共闘A
三島先生が、三島さんが。ここで先生という言葉を思わず使っちゃったのですが。若干問題がある訳ですが。(場内大爆笑)

〜学生運動が沈静化する中、戦後の日本のあり方を改めて問いたいと考えた。〜

「2015年現在」
木村修=全共闘A
議論とすれば、日本という…それはコミュニズムというのは、もっと広い日本語翻訳をやれば共同体論ですよね。共同体主義。日本という共同体議論はどうあるべきか相談しましょうというので三島さんに持ちかけた。「それはいいよ」ということでね。
なんか話が通じそうなのは彼しかいなかったというかなぁ〜。
逆に、その進歩的…全共闘を支持するなんて言っている進歩的文化人では駄目なわけです。
彼等はもう、本当に古臭い旧来の左翼右翼の感覚で物考えてたから。
あんな風に答えてくれないもの。だから僕は先生って言っちゃった訳よ。

「対話集会VTR」
三島
これは真面目にいうんだけれども、安田講堂で全学連の諸君が立て籠もった時に、天皇という言葉を一言彼等が言えば、私は喜んで一緒に閉じ籠ったであろうし、喜んで一緒にやったと思う。これは私はふざけて言っているんじゃない。常々言っていることである。

「2015年現在」
芥正彦=全共闘C
(三島が)自分が命を賭ける絶対というものがあるのかお前達。もっとはっきり言わなきゃいけなかった。だったら天皇万歳と言うのと同じだから、一緒にやれるじゃないかというところなんだけど。そうなるとまた、特攻隊だの、二・二六だの出て来る訳ですよ。
我々がやりたいのは、国体の変革じゃないからね。
歴史も国家も全部…原爆が破裂した荒れ地で、ゼロの地平からもう一回全部検証し直す所から生きて行くことなんだから。
最初から絶対があって、それに合わせて行動して命賭けるってえのじゃないんだ。
そういうヒロイズムじゃないんだ。

〜天皇、自然と人間など、対話は二時間半。〜
全共闘との対話集会 : その2 三島が解析した全共闘の思想 (らむ子)
2018-06-28 17:32:47
三島の古巣 大蔵省での記念講演にて、対話集会を述懐しています。

「大蔵省百年記念講演」
三島
私が中で一番面白かったのは、「解放区=バリケードで占拠した空間」を彼等がどう考えていたか。非常に私は疑問に思って聞いてみた訳であります。

「対話集会VTR」
三島
それ(解放区)が持続するしないということは、それの本質的な問題ではないわけ?
全共闘C
時間がないのだから、持続という概念自体、おかしいのじゃないですか?
三島
そうすると、それが3分間しか持続しなくても、或いは1週間、或いは10日間持続しても…
その間の本質的な差は全然次元としての差すらないですか?
全共闘C
だってそれは、比較すること自体がおかしいわけですよ。
これはナンセンスでしょう。おそらく。
三島
ところがだね。俺の作品は、何万年という時間の持続との間にある一つの持続なんだ。
僕は空間を意図しないけれども 、時間を意図している。


「大蔵省百年記念講演」
三島
彼等(全共闘)の考えは、一種の空間主義というものを持っているわけです。
そういうような方式をとっていけばですね。当然そこに彼等の一番嫌いな、歴史と伝統の問題も時間の経過と共に絡んでくる。
ところが、そのもの(歴史と文化)は、みんな空疎なものである、偽善である。そのものからいろいろな腐敗だとか、差別が生じてきたんだから、そのものを弾圧するというのが彼等の考えらしい。
従って時間というものを一切考えないで行動したいというのが 、彼等の考えらしい。


〜国の変革を日本の伝統の中で捉えようとする三島。戦後生まれの全共闘とは埋めがたい溝があった〜

「2015年現在」
木村修=全共闘A
ただちょっと気になったのは、目が異常に輝いていたね。それは感じた。
だから〜三島さん、いずれ何かやるんだとは、その前から言ってたから。ちょっと、あのねぇ光り輝いてた目というのは、僕にとっては怖かったなぁ〜。
全共闘との対話集会 : その3 出番に不在の全共闘諸君に、思わず笑う三島 (らむ子)
2018-06-28 17:35:11
全共闘対話集会の後日談。威勢良く屁理屈捏ねていた彼等は…

〜昭和45年6月(1970) 安保条約 自動延長〜

〜その夜、ドナルド・キーンと国会議事堂の前を通る〜

ドナルド・キーン
その日、自動車かタクシー その前通りましたら、お巡りさんがたくさん並んでいましたが、学生は一人もいなかったんです。誰もいない。
彼は笑った。どんな笑い? 分からないです。自分の失望を隠す笑いかもしれない。
或いは、彼はニヒリスト※として これもゼロだ。学生達の情熱も夢だと。

〜そして…〜

サンケイ新聞社 昭和45年7月
「果たし得てゐない約束」三島由紀夫
このまま行ったら「日本」はなくなってしまふのではないか という感を日ましに深くする
日本はなくなって その代はりに 無機的な からっぽな ニュートラルな 中間色の 富裕な 抜け目がない 或る経済的大国が 極東の一角に残るのであらう
私の 中の二十五年間を考えると その空虚になる今さらながらびつくりする 私はほとんど「生きた」とはいへない


※ニヒリスト 番組最後のシーンより

ドナルド・キーンは、「豊穣の海」という(小説の)題名の意味を三島に聞いた。
手紙で返事を受け取った。
三島
「豊穣の海」は、月のカラカラな嘘の海を暗示した題で、強いていえば、宇宙的虚無感と豊かな海のイメージとをダブらせたようなもの。

ドナルド・キーン
豊穣の海は一種の皮肉です。豊穣の海…水が無い。水がなければ人がいない。
そしてそれは完全なニヒリズムになります。
(その手紙を読んだ時に、どう思いましたか。)
ゾッとしました。

三島の弟分と云う詩人の高橋睦郎もキリスト教信徒で。
これは感覚的に分からないんでしょうね。真空妙有のようなこと。
東大全共闘、関連記事 (伊藤知昭)
2018-06-28 17:57:10
BB様、皆様

救国のブログ、有り難う御座います。

恐れ入りますが、薄っぺらで有害、との御指摘がありましたが、全体把握の必要上、使い方次第では検索等の出発点として役に立つ場合があるので、敢えてウィキペディアを貼らさせていただきます。

思考仮定の道案内、あるいは出典や参考文献等、あくまでも是々非々であることを御了承ください。

[ 楯の会 ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%AF%E3%81%AE%E4%BC%9A
[ Tatenokai ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Tatenokai

楯の会について成書は幾つかありますが、ザックリ俯瞰する観点でウィキペディアを貼らさせていただきました。
以下、レポート作成や課題の報告が目的ではなく、該当項目の状況把握が主旨ですので御容赦ください。

[ 森田必勝 ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E7%94%B0%E5%BF%85%E5%8B%9D
[ Masakatsu Morita ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Masakatsu_Morita

ところで、敢えてウィキペディアの説明記事を貼らさせていただきます。
フェイクニュースや印象操作をウィキペディア空間で巧妙に展開された場合、悪意で書き込んだ勢力の本心や目論見を見透かす必要が有り得るかも知れません。

[ ウィキペディア ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%AD%E3%83%9A%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2
[ Wikipedia ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Wikipedia

御存知のように、巷の書籍でも、出版社次第では分野によっては洗脳装置になります。
岩波書店の辞典や専門書も無批判に読み漁るとどうなるか、著者にもよりますが、同様に鵜呑みにすれば反日売国運動家の製造機に取り込まれる場合が想定されるでしょう。

[ 全学共闘会議 ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E5%AD%A6%E5%85%B1%E9%97%98%E4%BC%9A%E8%AD%B0
(英語版はありません)
[ 東大安田講堂事件 ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E5%AE%89%E7%94%B0%E8%AC%9B%E5%A0%82%E4%BA%8B%E4%BB%B6
(英語版はありません)

三島由紀夫は世界規模の器。
反日左翼勢力は、言わば流行り病の熱病に感染した病人。

[ 「 学生運動 」時代における一般社会の受け止め方を世論調査から確認する  -  ( 不破 雷蔵 )  -  個人  -  Yahoo ! ニュース  ]  2015年08月30日(日) 09時35分 配信  不破 雷蔵 「 グラフ化してみる 」「 さぐる 」ジャーナブロガー 検証・解説者
https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20150830-00048908/
[  学生運動時代、警察の対デモ行動を一般市民はどのように見ていたのか  -  ( 不破 雷蔵 )  -  個人  -  Yahoo ! ニュース  ]  2015年08月31日(月) 09時21分 配信  不破 雷蔵 「 グラフ化してみる 」「 さぐる 」ジャーナブロガー 検証・解説者
https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20150831-00048982/

グラフが出ていたので貼らさせていただきました。
三島由紀夫と楯の会が、街宣似非右翼や学生運動との間でどう見られていたのか。

東大生でさえ、幼稚。

恐れ入りますが、入力ミス等は後日対応させてください。


日本大事、天皇大事、万世一系の秋篠宮御一家による宮中祭祀が大事。

ただし、このままでは眞子内親王を除く。

文仁親王と悠仁親王の御代を目指して。

御多忙中、大変失礼致しました。
Wikipediaについて (BB)
2018-06-28 18:12:07
非難をする人がいますが、あらゆるネット記事と同様、御本人のリテラシー・・・・読解力と知識、勉強量に帰することであり、全否定は不当です。
もし誤謬があるなら、引用された内容を具体的に指摘、具体的に反論すべきです、然るべき論拠と資料を添えて。

無論、自力での検証の積み重ねであるべき卒論のたぐいにWikiをそのまま使用するのは、怠惰のそしりを免れません。
樺美智子さん (都鳥)
2018-06-28 18:33:05
BBさま、皆さま、こんにちは。

正直、三島由紀夫は私などにはとても難解な方
で、別に差別の意識も全くないのですが作品も
例えば『仮面の告白』すら理解の他なのですが


東大全共闘と聞くとまず「人知れず微笑まん」
で有名な樺美智子さんを思い出して胸が痛くなります。黙っていれば、何不自由ない聡明な
女性として一生を過ごされたものを。
純粋すぎたのでしょうか。

共産党に入党していらしたので、亡くなられた際に中国共産党より二千万円ものお金が追悼金として贈られたのに、彼女の元に届いたのは五万円だったというのは、本当なのでしょうか。

「本気になれば国民は何でもできるのだ。」
と言った樺さん。

一ついのち億のいのちに代わるとも涙はながる
我も親なれば

歌人、土屋文明氏が彼女の死を悼んで詠んだ
歌です。

もちろん私は子供で何も分からず、大学生に
なってから読んだ本です。
高校生の時に知り、背伸びをして買い読んだ本ですがお母様の言葉ひとつひとつを悲しく思いました。


https://blogs.yahoo.co.jp/satomikimuraoffice/30562771.html


共産党を出て、生きていて欲しい方でした。
あの全共闘とか安保闘争とは何だったのかと
思います。

乱文お許し下さいませ。
Unknown (紀ちゃん)
2018-06-28 23:28:56
いつもながらの本日のブログもすばらしい。
ありがとうございます。
皇室、存在するだけでありがたいもの。
そこに意見、思想など、あってはならぬもの。
心に響く記事 (雪勇気)
2018-06-29 22:55:13
BBさま、今晩は。今回の記事には、本当に胸が熱くなりました。
東大全共闘とのやり取り、また「文化防衛論」のなかに収められた各大学の学生とのテーチイン、どちらも三島の真摯な受け答えに感激しました。
BBさまのブログは、「蝕まれた日本精神を覚醒させるべく、一死以てこれに当たらなければならぬ」という三島の精神と似かよったところがあると、勝手ながら思っております。いつも記事のアップありがとうございます。

皇后ごときが…!
確かに、確かにそうなのです!

皇后ごときが、日本の政治に特に国土と国民の生命と財産を守る国防に関する事柄に、口出しは無用です。また、皇后の賛美する日本国憲法は矛盾にみち、前文からすでに破綻しています。
皇后ごときが、日本の伝統に自分勝手に立ち向かい、しかし、その殆ど全ては完璧に失敗。大きな歴史を背負う将来の天皇に自らのちっぽけな子育て論を施し、国を混乱させてまで即位させるという過ちを犯そうとしています。

BBさまのブログを読み覚醒する国民がいる限り、皇室革命は成功しないと思います。
勿論、願うだけでなく小さいことかもしれませんが各所へのメールや拡散を続けます。
船坂弘氏 (普通のおばちゃん)
2018-07-03 11:17:36
BB様、皆様、こんにちは。
三島由紀夫氏関連の本を色々読んでいます。

三島氏が介錯に使われた「関の孫六」は、大盛堂書店の社長で剣道仲間でもあられた船坂弘氏が、
「英霊の絶叫」という本を出版する際に三島氏の指導を仰ぎ、
原稿用紙二十枚もの序文を書いて戴いたお礼にと差し上げたもので、
御子息の良雄氏は居合道にも優れ、三島氏に介錯の仕方も含め居合道をお教えしたそうです。

三島氏は最終的に剣道五段、居合道初段を極められました。
剣道四段に合格した時から居合道も学ばれたそうです。
「文を捨てて武士として生きた」三島氏の戒名は
彰武院文鑑公威居士。文の上に武を配置されています。

船坂氏はまた「英霊の絶叫」の他に「玉砕」等多くの戦記物を書かれていたことを知りました。
読んでみようと思います。

知らないことばかりの私ですが渋谷の大盛堂書店に近々上京する機会がありますので、
行ってみようと思います。

皆様の御存知のことばかりかもしれませんが、感動を新たにまた、
護国の為の活動をしたいと思います。
お目汚し失礼致しました。
ありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

売国奴」カテゴリの最新記事