BBの覚醒記録 

無知から覚醒に至る一つの記録です。「是々非々」がモットーで必要なら、
支持する政治家や弥栄を願う皇室への批判も厭わず。

朝日新聞・惨敗 VS 水間政憲氏

2018-06-28 06:00:52 | 売国奴

コメント欄に読者からお知らせを頂戴し、水間政憲氏のブログを拝見したら、
「緊急拡散」ということなので、転載させていただきます。

 

〇緊急拡散希望《朝日新聞が『WiLL』8月号発売前日に「全面降伏」を編集部に申し入れ》

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2848.html

2018年06月26日 18:41

〇緊急拡散希望《朝日新聞が『WiLL』8月号発売前日に「全面降伏」を編集部に申し入れ》

■朝日新聞は、慰安婦問題訂正文を2014年8月5日、紙面に掲載後、
謝罪を求める要求を無視してきたにも拘わらず、何故か、
『WiLL』7月号拙論文「朝日新聞東京本社『国有地取得』の裏技」に対して、
『申入書』を送付してきましたので、その回答を『WiLL』8月号に寄稿しましたが、
発売前日に全面降伏したようです。

実際、朝日新聞の「申入書」で訂正を要請してきた部分は
「ご指摘の土地の取得価格は、17億円余ではなく約42億円です。
 …弊社保管の契約書の数字も同様です。……すみやかな訂正を求めます。」とあり、
同「申入書」の要点は、この一点につきます。

ところが、朝日新聞は、私の回答が掲載されている『WiLL』8月号に
「朝日新聞『申入書』に答える」が、発売される前日(6月25日昼過ぎ)に、
編集部に下記の申し入れがあったと連絡がきました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
昼過ぎに朝日新聞より連絡ありました。
契約書の公表を検討していますとのこと。
財務省のOKがあれば公表に踏み切りたいとのことです。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

要するに、同25日午前中に朝日新聞に届いた8月号を見て、
私が繰り返し「丁重」に「契約書」の公開を求めていることの正当性を理解し、
慌てて財務省を言い訳にして「財務省のOKがあれば公表に踏み切りたい」と、
連絡してきたのが真相と思われます。

これまで散々財務省を攻撃していたのに、
財務省の許可などと言い訳に使っているのが笑えます。

朝日新聞も申し入れに素早く対応できるようなったようです。。

『WiLL』8月号の新聞広告は左端に大きくでていますが、
目次ではどこにあるか目立ちませんが、「ことば遊び」に辟易してして、
最近オピニオン誌を手にしない方にも満足していただけると存じます。

実際、『WiLL』7月号→「申入書」→『WiLL』8月号と通読していただければ、
抱腹絶倒間違いないのですが、
情緒的な扇動のことば遊びに満足しているレベルの読者層には、
朝日新聞が恐れる論文の価値が理解できないでしょう。

いずれにしても『WiLL』発売前に、
訂正してない回答文に朝日新聞が全面降伏した事実は、
画期的なことですので、興味のある方に一読をお勧めします。



・・・・・・・・・・ここまで
 
久々に小気味のいい話ですね。
捏造の慰安婦問題を広めてしまったり、とにかくろくな新聞では
ありません。
売国ぶりが、いよいよ知れ渡り、
最近、朝日の記者は名刺を出すのに、恥ずかしくはないのでしょうか。
 
次はNHKだと思いますけどね。
GHQの広報局だった分際を知らず、その左傾した売国番組の
多いことに気づかないひとがまだまだ、います。

 

        打倒朝日新聞、撲滅NHK!!




祓え給い、清め給え、神(かむ)ながら守り給い、幸(さきわ)え給え 

無記名Unknown は読まぬままハネます。

内容要約のタイトルを入れ他とかぶる可能性のないHNを記名の上、ご参加ください。 

文章の一部をHNに代用すること禁止。「匿名」「通りすがり」など
極力受け付けません。

異論反論歓迎、しかし一定の知的レベルに満たないコメントは、最初は極力公開しますが、それ以降は読まぬままハネます

ジャンル:
ウェブログ
コメント (13)   この記事についてブログを書く
« 絢子さまご婚約で、いよいよ... | トップ | 三島由紀夫vs東大全共闘 <<... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
断末魔? (ごぼう茶)
2018-06-28 09:11:08
水間政憲氏といえば、youtubeのアカウントが消えてしまっていましたね。他にも保守の動画やアカウントが攻撃されていて、水間氏の件も反日勢力によるものだと想像していましたが、この会社も関係していたのかと考えたりしています。
そういえば反日でしたね。
報道する資格 (伊藤知昭)
2018-06-28 09:19:28
BB様、皆様

救国のブログ、有り難う御座います。

目に付いた記事を貼らさせていただきます。
入力ミス等は後日対応させてください。

[  緊急拡散 転載フリー 《 海軍経理学校跡地を「 疑惑取得 」して本社を建てた朝日新聞は森友問題を報道する資格はない 》  -  【 水間条項 ― 国益最前線ジャーナリスト 水間正憲のブログです。 】  ]  2018年03月21日 21時40分  水間 正憲
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2775.html

敬称略で申し訳ありません。

海軍経理学校と言えば中曽根元首相と無関係とは言い難いところです。

[ 「 もりかけ報道 」で " 主役 " だった朝日新聞 重視した国有地問題、それなら築地本社の土地取得経緯は?  -  zakzak by 夕刊フジ  ]  2017年09月13日 配信  産経新聞社
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/170913/soc1709130010-n1.html

取り急ぎ、不十分ではありますが関連記事を貼らさせていただきました。


日本大事、天皇大事、万世一系の秋篠宮御一家による宮中祭祀が大事。

ただし、このままでは眞子内親王を除く。

文仁親王と悠仁親王の御代を目指して。

御多忙中、大変失礼致しました。
スレッド違いで恐縮ですが (Pon)
2018-06-28 09:31:03
文春オンラインで、黒木 亮さんと言う方が小池都知事のアラビア語の酷さを暴露した記事を書いています。お読みになった方も多いかと思うのですが、都知事にはそこまで具体例を出して揶揄するのに次代皇后候補には口をつぐむところが日本のマスコミの正体ですね。学歴の中身もいい加減で、本当の語学力を誰も知る機会のないのをいいことにもう、無茶苦茶ですがな〜
水間政憲さん、小和田恒の悪事もグッサリ指摘。 (らむ子)
2018-06-28 12:58:49
この1週間、水間さん無双でして…

本社敷地で朝日新聞にKOパンチ👊💥の数日前に、
小和田恒の「法の支配」をひっくり返した悪事の数々も、歯に衣着せず指摘されています。

最悪が「日本は東京裁判を受け入れた」という意図的誤訳。

転載フリー《人格は人相に現れますが、国際司法裁判所判事を退任するにあたり小和田恆氏は自らを戒め「法の支配」を謳い挙げていましたが》2018年06月24日 11:42
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-2846.html

国会質疑における、土井たか子との茶番劇議事録が掲載されています。
小和田は答弁する度に「裁判を受け入れた」と執拗に繰り返しています。

翌日6/25の『◯《梅雨明けしたかなぁ~》』という記事には、上記内容の補足として、
「東京裁判を受け入れた」ことにより、法治主義の基本である不遡及すら認められず、
事後法である「平和に対する罪」を認めることになってしまい、東京裁判の批判を一切できなくなることも指摘されています。



これを国際法学会 安達峰一郎記念賞第一回受賞者 佐藤和男 青山学院大学名誉教授が、
外務省和訳は「judgments=判決 」を「裁判」と誤訳していると指摘しました。

以下にその原文をご紹介致します。

サンフランシスコ平和条約の正しい解釈 青山学院大学名誉教授 佐藤和男
一 平和条約第十一条についての誤解 平成20年11月11日
https://www.nipponkaigi.org/opinion/archives/862
〜一部抜粋〜
ところで、十一条の日本文では「裁判を受諾する」となっている点が問題です。サンフランシスコ対連合国平和条約(昭和二十六年九月八日調印、翌二十七年四月二十八日発効)は、日本語のほかに、等しく正文とされる英・仏・西語で書かれていますが、アメリカのダレス国務長官が原案を起草したという歴史的事実にかんがみ、まず英文の十一条から検討してみましょう。初めの部分は次のとおりです。
Japan accepts the judgments of the International Military Tribunal for the Far East and of other Allied War Crimes Courts both within and outside Japan,and will carry out the sentences imposed thereby upon Japanese nationals imprisoned in Japan.
これで見ますと、日本文で「裁判を受諾する」となっている箇所は、英文では accepts the judgments です。英語の judgments は法律用語として使われる場合、日本語の「判決」の意味に用いられるのが普通であり、「裁判」を通常意味する trial,proceedings とは区別されるべきことは、例えば権威ある法律辞典 Black´s Law Dictionary の説明からも明白です。そこでは judgment は、The official and authentic decision of a court of justice upon the respective rights and claims of the parties to an action or suit therein litigated and submitted to its determination.(司法裁判所が、同法廷に提起されてその判定が求められている訴えないし訴訟の当事者の、それぞれの権利ならびに請求に関して下す、公式かつ有権的な決定)と説明されています。以上から、英語の本文では、問題の箇所は「判決を受諾する」意味であることが明瞭です。
〜抜粋終わり〜

以下、条文のフランス語正文 では
"Le Japon accepte les jugements prononc s par……"
フランス語では prononcer un jugement と使った場合、「判決」を下す(言渡す、宣告する)の意味であって、この場合 jugement は裁判を意味しません。

スペイン語正文 も
"El Japón acepta las sentencias del......."
スペイン語の sentencia は、判決、または宣告された刑を意味しますが、裁判を意味する言葉ではありません。



余談ですが…
ついこの間、「米朝首脳会談 共同声明」でも意図的誤訳をメディアがやっていますね。
"President Trump committed to provide security guarantees to the DPRK,"
「北朝鮮の体制を保証する」とNHKなどが報道していました。
どう見ても「安全を保証する」でしょ⁉︎
確実に、北朝鮮工作員がNHK報道局にいるという事です。
らむ子さま (BB)
2018-06-28 14:31:25
小和田恒氏の意図的か、錯誤か悪辣な誤訳に関しては、(僭越ですが)BBも過去記事にアップしたことがあり、たまたま水間さんの同趣旨の記事を拝読、水間さんのが転載可ならそうするのがいいのか、BBの過去記事を推敲して再アップするのがいいのか、考えているところでした。

記事にはしょせん書けないのですが、小和田氏はこのところちょこまか、卑小な動きをしています。
国際裁判所で撮った写真とか、あれ大嘘。あの日付に小和田氏は都内にいました。これは記事で指摘しておこうと思います。どこそこで、誰と何時に何の目的で・・・・まで掴みました。書けませんが。
悪人ですよ。誤訳を含め日本を決定的に、国際社会の中の悪者に仕立て上げたこと含め、もろもろ。

ところで、次の記事のため探そうと思いながら、何しろ時間を縫い、縫いしながらのアップなので、まだ探していない記事があります。小和田氏がケンブリッジだか、オックスフォードだか・・・・卒論を船の中で紛失したという、胡散臭い逸話。どこにあるかご存知なら教えてください。どなたでも。
ひと手間でも省きたくて、すみません。ほんとに、時間がなくて・・・・。記事アップに、あっぷあっぷ(すみません)
取り急ぎ (美しい日本)
2018-06-28 15:31:02
BB様  こんにちは

小和田さんが、 “ 船便で送った学位論文の原稿が入ったトランクが紛失したため ” 、博士号を取る機会を失ったとかの件は、こちらに載っています。

小和田恒 | Dosuko Wiki |
http://ja.dosuko.wikia.com/wiki/%E5%B0%8F%E5%92%8C%E7%94%B0%E6%81%92


〈以前ご紹介した記事ですが〉
水俣病-江頭豊のしたこと
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/4444/surf18.html
これでよろしいいでしょうか (しらべ♪)
2018-06-28 16:26:21
暑いのにありがとうございます。

船便紛失 ドス子h t t p://ja.dosuko.wikia.com/wiki/%E5%B0%8F%E5%92%8C%E7%94%B0%E6%81%92
意図的な異訳、犯罪です。
文字放送で英文そのまま挙げてほしいです。
英語ならまだよいのですが、ハングルだとお手上げ!!
今週の確か虎8のどこかで(曜日は失念)
Mr小泉の時の交渉記録文書が抜き取られていたとか
触れられる人が抜いた?
美しい日本さま しらべ♪さま (BB)
2018-06-28 16:57:47
ありがとうございます。
ひと手間省け大助かりです。
.......にしても (BB)
2018-06-28 17:02:16
小和田恒氏のケンブリッジも、雅子妃のオックスフォードと同じく、いぶかしいかも・・・・・。単に「いた」レベル? かも?
・・・・・というのも (BB)
2018-06-28 17:05:28
このところの、小和田恒氏のちょこまかしたコマネズミみたいな、頭の悪い動きを掴んだから・・・・
高齢でぼけたから、と言われればそれまでのことだけど。
ものすごく頭の悪いことなさってます・・・・。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

売国奴」カテゴリの最新記事