BBの覚醒記録 

無知から覚醒に至る一つの記録です。「是々非々」がモットーで必要なら、
支持する政治家や弥栄を願う皇室への批判も厭わず。

皇太子殿下のカタカナ仏語とニッポン英語

2018-09-13 11:16:22 | 皇室問題

 

本日もご訪問、ありがとうございます。

  • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村

皇太子さま 全文フランス語で挨拶

英語がお出来にならない皇太子殿下が、なんでまたフランス語でしょうか。

雅子妃のなんちゃって英語と、どっこい。
「愛子は私より正確な発音の英語を話す」?????
日本語すら怪しいのに。

底上げご一家。

 

皇太子さまが国連でビデオ講演 水害に関する会合(17/07/21)

 

いきなり「ぴーぽー」で尻もちつきました。眼の前のカンペを無表情に読み上げるだけ。

皇太子さまが国連本部で演説 皇族で初めて(13/03/07)

今度は原稿を目の下に置き、「ざ ひゅーじ つなみ まっち でばすてーしょん」

wwwwwww

たぶん、「デバステーション」はeにアクセントを置くdevastation(荒廃」だと思うのですが。「出刃ステーション(出刃駅)」にしか聞こえないです。

見栄張ったらあかん。日本語で通訳をつければ済むことなのに、日本語すら怪しいお方が、なんで英語、ましてなんでフランス語やねん!?

皇族が進むべき政治学科に学力足らずで進めず、おまけにビリから二番目の学習院内密かな当時のあだ名が「ケツに」が、国連で英語で基調講演など無理。家庭教師につけられたnative languageの教師にも「ヒロちゃん、頭が悪い」とお手上げ状態だったのに。

 

「ヒロちゃん、頭が悪くて単語を覚えない」と外で漏らしていた英語教師、
アンドルー・アークリー。

フランス語の家庭教師もつけてもらったのに、挫折。

 小坂部 元秀氏(東宮の高等部時代の担任)がその著書「浩宮の感情教育」で、皇太子殿下のフランス語の出来無さ加減についてこう書いています。

美智子妃は「二年になってフランス語をやめてしまいましたが、苦手と申しましょうか、ちょっと不安があったようなのです」と、浩宮のフランス語の選択放棄について触れた。浩宮は高等科一年で第二外国語として選択履修していたフランス語を、二年になるに当たって放棄していた。
私がこの件について、五月はじめのホームルームのあと、浩宮に雑談風に「フランス語をやめたんだね」と訊くと、浩宮は少し眩しそうな目つきをして「ええ、いろいろ事情がありまして……」と曖昧な応え方をした。私はそれ以上深く追求しようとは思わなかった。

宮中の大事な皇霊祭に、ご夫妻で欠席しつつ国連やフランスで、稚拙なカタカナ英語やフランス語を披露されても、恥さらしなだけです。

皇太子殿下と、戦勝国連合国連の潘基文ssiとつないだのは、小和田恒ssi。
水の名誉大使の称号を皇太子殿下に与え、水のイベントにひっかけ韓国に呼んで謝罪させようと企んだのが潘基文(パン・ギムン)ssiと、韓国首相として初めて竹島に不法上陸した韓昇洙(ハン・スンス)ssi。安倍総理が皇太子殿下の韓国での水のイベント出席を阻止しました。

 

 

  

国連で基調講演中。

人と水「より良い関係を」 皇太子さま、国連で講演

共同通信 / 2015年11月19日 2時2分

 

【ニューヨーク共同】皇太子さまは18日、米ニューヨークの国連本部で開かれた「水と災害に関する特別会合」で基調講演をされた。「人と水の関係」をテーマに、英語で「世界の水問題の解決が図られ、人と水とのより良いかかわりが構築されることを期待する」と話した。

BB:人と水とのよい関わりなら、チッソ水俣について触れたらいかがでしょう。
ご自身に最もご縁が深い水汚染問題なのに?

 

 講演の冒頭では、東日本大震災など世界で発生した近年の災害を挙げ「一日も早くより良い復興がなされることをお祈りする」と述べた。

BB:被災地訪問もろくにしないお方が。
やっといらっしゃれば、被災民の高齢者を外に長時間並ばせておいて、
あれ言うな、これ訊くなの事前通達、やっと現れて10分間、
現地のグルメ食事には2時間。

後は目抜き通りの交通を遮断させ「皇太子ご夫妻が、いらっしゃいました!!」の宣伝パレード。

 

超反日潘基文ssiと韓昇洙ssiに見下されながら、内容の希薄なスピーチを終え、
反日韓国人にお辞儀をする皇太子・・・・。

カタカナ英語で、原稿を読み上げるだけの"講演”。

反日韓国人 潘基文 前国連事務総長と。雅子さまの父、小和田恒氏の手引きです。

 

 

 

 

 

習近平氏以来のガラガラ会場でした。皇太子殿下のご講演。

 

 

 海外からの賓客にも会おうとなさらない雅子さまが、父親つながりの反日韓国人にはご挨拶に出ていらっしゃる不埒。

首相として初めて竹島に不法上陸した韓昇洙ssi。こんな超反日者がなぜ
皇太子に接近しているのか、皇太子殿下は判断がお出来にならない。
李明博ssiが国連を去ったと共に、韓昇洙の皇太子への謝罪訪韓アプローチも
下火になったようですが、まだ油断できませんね。

というより、上皇、上皇后なる方々が「現職」(皮肉です)を退職(皮肉です)されてから、私的ご訪問としてやる気まんまんでいらっしゃる。

 

 

相手が竹島に上陸、「独島は韓国領土」の碑文を打ち込んだ名うての反日の人物であることさえ、皇太子殿下は理解されていなかったと思います。

皇太子殿下の謝罪訪韓を実現させるべく、各所に根回ししていた韓昇洙ssi。

皇太子殿下ご本人は訪韓なさりたいでしょうね。両陛下がお望みだし。

 

それにしても、仏ご訪問の皇太子殿下のお迎えのさまが貧相なことは書きましたが晩餐会も貧相、招いた側も投げやりな衣装。

 

思えば、スイスでもそうでしたね。ガーベラ2本に招いた側の質素な衣装と、どーでも良さげな表情。

 

 

レッドカーペットを敷いてもらえず。扱いの余りの粗雑さに、来年の即位を前の打ち上げ花火として皇室から仏訪問を持ちかけたのではないかと邪推。

来年のローマ法王来日も、水面下で皇室が(カトリック教徒皇后陛下のお望みで)お金を使ってお呼びしたのでは、と邪推。内実を少し知っているのだけど法王もお金で動かれます。(そこへの否定でもないのですが)新興宗教の教祖が信者に見せて権威付ける法王との握手や謁見など、それです。

Quirinale, Mattarella riceve il Principe Akishino

デンマークでも。

それに引き換え、秋篠宮両殿下は。どちらが由緒正しく格上なのか、海外のほうが心得ているようですね。海外へはやはりカップルでなくては。皇太子殿下ただでさえ貧相でいらっしゃるのに。

相手国からのご招待というのは、本来こういうものでしょう。

秋篠秋篠宮同妃両グアテマラ御訪問(2014年) 両殿下のグアテマラ御訪問(2

014年秋篠宮同妃両殿下のグア

 紀子妃は蕃塀(ナイト)の家柄の扱いで最初からprincess表記。
皇后陛下と雅子妃は、長いこと「天皇の妻・正田美智子」「皇太子の妻・小和田雅子」表記でした。要するに「貴賤結婚」(卑しい家の娘が高貴な家に嫁いだ)扱い。

 

 

 

 デンマークでは腕組みされるし。

 

 

間もなく天皇陛下と皇后陛下におなりの方々。

 脅威の吸盤唇(๑˙❥˙๑)で、ぶっちゅー。

 

京唄子妃。きれい・・・・・お召し物が。

 

西欧では下層階級とみなされるガチャ歯。

           THE 左翼

 

右端のお子、どなたでしたっけ?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皇室関連記事に関するコメントの内容は、きちんとしたものであれば
賛否を問わず公開しますが、皇族への最小限の敬意はお忘れないようお願いします。
怒りは解かるのですが、呼び捨ては避けてください。

 

また投稿に当たっては【内容を要約したタイトル】を入れてください。

 

祓え給い、清め給え、神(かむ)ながら守り給い、幸(さきわ)え給え 

無記名Unknown は読まぬままハネます。

内容要約のタイトルを入れ他とかぶる可能性のないHNを記名の上、ご参加ください。 

文章の一部をHNに代用すること禁止。「匿名」「通りすがり」「ななし」「あ」など
極力受け付けません。

異論・反論は歓迎しますが一定レベルの語彙とロジックに達していないコメントは、不毛なので原則として公開しません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (49)   この記事についてブログを書く
« ガハハ笑いの新皇后 庶民的... | トップ | 強制労働の大嘘 朝鮮人鉱夫 »
最近の画像もっと見る

49 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
外国訪問禁止 (桜吹雪)
2018-09-13 13:06:17
他国の首相と軽々しく自撮り写真をツーショットで撮ったり、注意すべき
中国・韓国の政治がらみの人々と、考え無しに会ったりと、日本の立場を考えないのでしょうか。

皇室外交をしているつもりでしょうが、聞くに耐えない英語とフランス語で、優雅な立ち振舞も出来ず、ただのニタニタ笑い。
もう恥ずかしくて、恥ずかしくて、日本国民として耐えられません❕
自分を知る ことなど期待できない方々への お願いは? (黄金の海。大和タイ)
2018-09-13 13:21:43
ポチいたしました。前は、ポチの箇所の前に
前文が在って、ポチした方々が
秋篠宮様の御代の到来を希望していることが
推測出来て心強く感じられました。

 本文の写真を見て……次期とされるお方と奥様には
どこに 高貴さ を求めれば良いのでしょうか?

 一刻も早く 皇位継承二位様とそれに続く
皇位継承三位様の御代の到来を 
強く強く祈念申し上げます。
己を知る (みぃ)
2018-09-13 13:25:59
「身の程を知る」ってよく言いますが、自己否定ではないですよ。


自己を客観的に判断できる成熟した自我があってこそできる内省の結果ですから。

実際、高度な知識や技術を習得している方程、謙虚です。

それだけ目標とする理想も高いのだと思いますが。


皇太子殿下には、ないでしょ。
努力しなくても、「最高の地位」が得られその地位によって無条件で尊敬されるとでも思っていらっしゃるのでは。

そのように美智子様がお育てになられたのですから。

『天皇』という「存在」に、自らを厳しく律して至るのではなく、その地位におさまることを目的としてこられたのです。


「浩宮」の頃から、弟の礼宮様に対する嫉妬が強かったと言う方もいらっしゃいますが。


もっともこの皇太子殿下に自らを内省する能力があれば、天皇に相応しいのは秋篠宮殿下だと分かりますけど、天皇という地位への我欲はとても強いのだとか。

その真逆で、昭和天皇は、とても自己に厳しく謙虚な方でした。

ある国の大使が昭和天皇に就任のご挨拶で会われた時、とても感激され、「(昭和天皇に対して)本当に偉い人は、偉そうにしないんだと生まれて初めて知りました」と仰られたそうです。
このような話は昭和天皇には沢山あり、各国の、多くの大使から慕われたみたいです。
もう嫌 (ラハイナ)
2018-09-13 13:39:41
皇太子様・・・フランス語ご堪能だと思ってました。中学時代から学校や個人教授で熱心に学ばれてって、前から報道されてましたから。
辞めてたんだ、とっくに・・・。

雅子様がご両親のパリ宅へ頻繁に、オックスフォード留学時代に通われて、本場仕込みのフランス語を話されると、婚約時の報道にあったから、勝手に皇太子ご夫妻は揃ってフランス語は堪能って思い込んでたわ。

だから今回雅子様は是非フランスへ同行して、「カゴの中の皇太子妃」「鬱病の皇太子妃」等の海外メディアの印象を、お2人で得意の流暢なフランス語を駆使して一掃したらいいのに、名誉挽回って思っていたの。

いや、勝手にがっかりしただけですけど。
お笑いかホラーの新天皇・皇后 (猫パンチで日本再生)
2018-09-13 14:09:33
BB様、皆様、こんにちは。

私が前から「最悪だな」と思ってた写真を掲載して下さって、ありがとうございます。

国連にて、あろうことか下段で反日藩基文にお辞儀する写真。この人物が来年、我が日本国の天皇陛下ですって⁉️ なんの冗談なんでしょうか💢

マタコさんの笑顔相変わらずコアイ…😨💦

「脅威の吸盤唇💋」
「京唄子妃」

に、またブハッといかさせて頂きました(苦笑)

そのおぞましき父親も見事な悪代官顔💢



秋篠宮両殿下のお写真見ると、
安心してホッとします😌✨


記事下側ランキングボタンのすぐ下、

あなたにオススメ(他サイト)
「紀子さま焦燥! 悠仁さま帝王教育また先送り」

…開く気にもならない(苦笑)
海外に学べ (ふらん)
2018-09-13 14:44:52
大変お世話になったはずのオランダの即位式に招かれながら出席の返事を中々出来なかったことがありましたね。
雅子さんのご体調次第だと、招く側はうんざりしたはず、それは欧州に伝聞されたはず、フランスが、当初から雅子さんを呼ばなかったのは合理的な国民性、当たり前の判断です。
そして、次代の天皇とされている皇太子の扱いの雑さ。
解ってらっしゃるのではないでしょうか、徳仁殿下は国民に支持されてないことを。
日本と言う国に対してリスペクトがあるから招待はしたけど、もはや皇室は尊敬に値しない。
フランス国のなされように、そのように感じました。
何とも言えない・・ (乱歩)
2018-09-13 15:15:48
ナルちゃんて英語の構造わかっているのかな?
文節には切れ目を入れたほうがいいけど、全単語ゆっくり読みなので、全部に切れ目が入っているみたい。

中学生でもスピーチコンテストに出るような子のほうがよほど上手です。

フランス語も高等科二年で放棄。
いくらでも最高級の家庭教師を雇える身分で…。

今、フランス語を習い直したい(もともと大して習ってないです)と思っているのですが、月謝を考えることなく家に最高級の先生が来て、一対一で教えてもらえるなら、むせび泣くくらい嬉しくて一生懸命頑張ります。
それができるナルちゃんが羨ましいのですけれど。
時間をやりくりするほど、お仕事(公務)もないでしょうし。
週に一度でもナルちゃんの年齢まで習ったら、結構な蓄積でモノになってる頃ではないでしょうか。
でも英語がアレなら、フランス語なんてとても無理かもしれませんね。


それに食卓のガーベラ、あれはなんですか?
たった二本? 日本だから二本というギャグなわけないですね。発音が違うから。
前衛的な活け方というものでもなさそうですし。
「適当にしといてもわかる感性の人物じゃないから」とお達しが出ているでしょうか?


お勉強が嫌いだったとしても、自頭の良い人はいます。
そういう人は、学歴はよくなくても起業したり自営業を始めて、普通のサラリーマンより経済的に成功してたりする。

ナルちゃんは悪いけどどちらでもないですね。
それに気が付かないことはある種、幸せかもしれません。
悩むことはないから。

でも気づいて、せめて祭祀を心を込めて…と言っても、それもできない身体的身の上だしなぁ。

浜尾侍従が「ごゆっくりさん」を覆ってくださっていた頃は、おかしな面が外に出なかったんだなと思います。
成年の儀はテレビで見ましたけれど、所作も堂々たるもので、目つきもしっかりしておられよい印象を受けましたから。
お笑い屁カテ (銀魂満堂)
2018-09-13 16:29:28
雅子妃の母、優美子しか妹の礼子さんが営んでいると思われるブログが、抱腹絶倒。

列外派星くず日記

h
ttp://retsugaiha.blog.fc2.com/

>ヘーセー30年の間には一度も来なかった歴代のローマ法王

徳仁天皇の時代にお見えになる

エリザベス女王もローマ法王も来日しなかったヘーセー

ヴァチカン市国も馬鹿じゃないから誰が聡明で誰がバカか分かるんだよ。

新しい時代、日本の皇室外交は輝くぞ!!



皇太子のナンチャッテフランス語に対しては、

>次の時代の天皇陛下がこのようなお方で本当に良かった!!
政治利用される危険性 (saki)
2018-09-13 16:33:50
今年の3月、ブラジルに水関連で私的旅行した際、案の定というか
韓国首相が皇太子に接触したようです。
即位したら、中韓などの反日勢力に政治利用される恐れがあると思います。


韓国首相 日本皇太子に朝鮮半島平和への理解と支持求める 2018/03/20 08:54

【ブラジリア聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は19日(現地時間)、
ブラジルの首都ブラジリアでの「第8回世界水フォーラム」開会式前、日本の皇太子徳仁親王に対し、
南北対話をはじめとする朝鮮半島情勢の変化への理解と支持を求めた。また、韓日関係の改善へ力添えを求めた。
徳仁親王は、歴史を学ぶ人として過去を反省した上で良い関係が築かれることを願うと応じた。

韓国訪問の要請に対しては、両国間に良い環境ができることを願うと答えた。
韓国料理を好んでいるという話もあった。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2018/03/20/0200000000AJP20180320000300882.HTML
雑なおもてなしですね (都鳥)
2018-09-13 16:51:18
BBさま、皆さま、こんにちは。

皇太子殿下、フランスでずいぶんな接待を受けられてはいないでしょうか。レッドカーペットの1枚2枚、用意できたでしょうに。
しかし、たいして腹も立たないこの気持ち。

秋篠宮殿下と紀子さまは最上のおもてなし。
安倍首相も。皇太子殿下が次の天皇陛下になられるくらいはあちらもご存じでしょうに。

日本大使館もありますから、欧米諸国もお花畑の日本人より色々と分かっていらっしゃるのかもしれませんね。

皇太子殿下の葉書の宛名を見て、思い出したことがあります。ご紹介のものはまだ、ご幼少の
折のものと思われますが、もう成人されてから
何かに署名されていらっしゃる手許を見たことがあります。それが、ペンの持ち方があまりにも何と申しますか、えっ?というもので見てはいけないものを見てしまったような、これは何かの間違いだわ、忘れなくてはと思ったことが
ございました。

人間だもの、苦手な事は誰にでもと無理に思うように致しました。しかし、ああいう立場の方はお小さい頃から厳しく躾けられてはいないの
かしらと、つい。人前で筆を持つこともおありでしょうに。たとえ、字がお上手でなくても持ち方は大切です。
お箸は正しくお持ちになられるのでしょうかね

晩餐会、ナイフとフォークで良かったですよ。
こちらはどこも、お箸など使用しないですから

ところで皆さま。
9月11日は紀子妃殿下のお誕生日でした。52歳におなりです。眞子様の現在のご真意は分かりかねますが、裁可はそのままですし一番のプレゼントは眞子さまご婚約内定の裁可取り消しと
存じます。プレゼントをして差し上げたいものですね。

BBさま、場をお貸しくださいね。

紀子妃殿下、お誕生日おめでとうございます。💐

乱文長文お許し下さいませ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

皇室問題」カテゴリの最新記事