BBの覚醒記録 

無知の淵から覚醒に至るまでの一つの記録です。「是々非々」がモットーで必要なら、
支持する政治家や皇室への批判も厭わず。

緊急祝 眞子さまご婚約行事大幅延期

2018-02-06 18:32:30 | 売国奴

皇室を浄化、本来の皇室に立ち戻るべきと思う方は、
ポチ参加で意思を表明してください。

 

 

篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんの婚約に関連する行事が、再来年に延期されることがわかった。宮内庁が近日中に正式に発表すると見られる。2月8日(木)に発売される女性セブン(2月22日号)が報じる。

 眞子さまと、国際基督教大学(ICU)時代の同級生で法律事務所勤務の小室圭さんは、昨年9月3日に婚約内定会見を開いた。おふたりの結婚に向け、今後のスケジュールとしては、今年3月4日に、一般の結納に当たる「納采の儀」が行われ、11月4日に「結婚の儀」が行われることが発表されていたが、それらの行事が再来年の2020年に見送られることになった。

 関係者の話では「婚約に関連する行事の準備にしっかり時間をかけたいから」という理由だという。来年には天皇陛下の退位と、新天皇の即位も予定されていて、皇室関連行事のスケジュールが過密だという面もあるが、異例の延期となった。

 前週の女性セブン(2月1日発売)では、小室さんの“異変”を報じていた。小室さんがパラリーガルとして勤務する弁護士事務所の関係者の次のコメントを紹介している。

1月下旬、小室さんが急に何日かまとめて仕事を休んだんです。同僚がわざわざ自宅まで仕事関係の書類を届けに行くほどでした。体調を崩したのか、それとも“報道”に関して何かあったのか…」

 小室さんの欠勤に前後して、いくつかの週刊誌で「小室家の過去」を指摘する報道が相次いでいた。

 まずは1月23日、『週刊女性』が「眞子さま義母が養っていた“彫金師の恋人”」と題した記事を掲載。小室さんの父・敏勝さんが2002年に自殺した後、小室さんの母・佳代さんが、アクセサリーなどに装飾を施す男性Aさんと2007年頃まで交際し、Aさんの生活が苦しくなると、自宅マンションにて住まわせていた時期もあったと伝えた。

 続いて1月25日、『週刊文春』と『週刊新潮』が、佳代さんの“借金問題”を報じていた。皇室記者が解説する。

 

「佳代さんが、Aさんの後に交際した外資系商社マンのBさんに400万円以上の援助を受けたというものです。Bさんとは婚約もして、佳代さんは“圭の父親代わりになってください”とまで言っていた。しかしその後、婚約を破棄した後にBさんが返金を求めると、“贈与を受けたものだ”と佳代さんは主張。小室さんも同様の考えだったそうです」

 Bさんは、その400万円以上のお金は小室さんのICUへの入学金や授業料、留学費用やアナウンススクールの授業料にあてられたと主張しているという。

「それらの報道を受けて1月25日、宮内庁長官会見で記者から“長官は“答える立場にないし、答える必要もない”と報道が眞子さまのご縁談に悪い影響を与える可能性は?”という質問が飛びました。長官は“答える立場にないし、答える必要もない”と応じましたが、周囲が結婚への影響を案じていたことはたしかです」(前出・皇室記者)

・・・・・・・・・・・・ここまで

ここまで来たら、今度は婚約破棄運動開始です。

しかし、

 

>来年には天皇陛下の退位と、新天皇の即位も予定されていて、皇室関連行事のスケジュールが過密だという

 

最初から、分かっていたこと。

おそらく大幅延期で、小室側からの辞退狙いではないか、と。
バッサリ、やればいいのにね。

小室さん側は自ら言い出すほど、やわじゃなさそうな?

 

>長官は“答える立場にないし、答える必要もない”と

宮家の内親王も、公費が費やされるお立場、答える必要もない、とは。

宮内庁、本来国民に土下座して謝罪すべきところ。
民間でさえ、婚約相手の調査ぐらいしますよ。

それに、小室圭さんの場合は問題点はお金を上回って「出◯」にあります。

 

 

 小室圭는 조선인입니다

 

週刊女性PRIME 2/6(火) 6:00配信

2月2日の早朝、雪が降る中で都内の法律事務所に出勤する圭さんを直撃するも無言

美智子さままでもが小室家の借金問題を案じられる中、圭さん本人が“新たな動き”を見せたという。

「借金トラブルについての記事が出て間もないころ、圭さんは、秋篠宮さまに“この件はまったく知らなかった。直接、説明したい”と申し出ました。

 しかし、秋篠宮さまは申し出に対して“結構です”と、はっきり断られたんです。その際の秋篠宮さまは、圭さんのことを信用しているから断ったというご様子では、なかったそうです」(宮内庁関係者)

・・・・・・・・・・・ここまで

 >“この件はまったく知らなかった。直接、説明したい”

はい、嘘つき。

お金を融通した母親の元愛人が、小室さんからもはっきり「贈与だ」と言われたと証言しているし、
家の経済状態と母親の愛人との存在から、お金の出処がどこからかぐらい小室さんも、承知
していたはず。

アナウンサーを目指したかと思えば(おそらく試験に落ちたか、学校で不適正だった)、銀行、
弁護士事務所といったい、どこに何の一貫性?

メガ銀行の丸の内支店など、檜舞台抜擢の学歴もない、人事のいかがわしさからして
背景はミエミエ。

 

 

早い話、読者の内1万人が宮内庁に電話して、反対の狼煙を上げたらこの呪われた縁談、
破談に出来ますよ。

宮内庁に電話・・・・などと、思う人もいるかもしれないけれど、一回電話したら
、なんだ、こんなものか、と思う程度の所です。

代表に電話したら、「どういうご用件ですか」と訊かれます。
「眞子さまのご婚約についての質問です」とか「天皇陛下のご退位は憲法違反なので
抗議したいのです」とか伝えると、担当者につながります。

個々、さして意見が反映されるとも思いませんが「反対としての総体」が数で
押し寄せると、それは何らかの形で伝わらざるを得ないようです。

 

 宮内庁:
〒100-8111 東京都千代田区千代田1-1
電話:03-3213-1111(代表)

メールも出せます。http://www.kunaicho.go.jp/

           祓え給い、清め給え、神(かむ)ながら守り給い、幸(さきわ)え 給え

ジャンル:
ウェブログ
コメント (95)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天皇による韓国謝罪訪問を許... | トップ | 「韓国料理好き」とかバカ発... »
最近の画像もっと見る

95 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (sugar)
2018-02-06 19:16:01
前略

ブックマークから読むことが出来ず

gooトップからと…
なぜかトップではなく
50位70位

とにかく入れませんでした


ご報告まで
とりあえず良かった (日本人主婦)
2018-02-06 19:20:02
ですが、婚約破棄まで気が抜けませんね。
記事書かせた人、良い仕事をしてくれました。
Unknown (日本)
2018-02-06 19:23:12
今、テレビの速報で流れてました。
何を今更…と言う感じですが。
皇族が結婚相手を調べない訳がないのに。

いつも情報ありがとうございます。
まずは良かった (さゆり)
2018-02-06 19:27:58
ヤフコメもガルチャンも大炎上ですからね。
普通の神経なら日本にいられないくらいです。

今速報も出ました!。
皆さんの民意が実を結びましたね。
この延期 (招き猫)
2018-02-06 19:29:57
女性宮家創設のため!? 破談に向けての延期なら良いのですが。
延期を喜んでばかりいられないよ〜に思えてきました。
キム小室圭さんとの破談、眞子さまに相応しい誠実な方とご縁組み決まるまで、しっかり経過見ていこうって思います。
とりあえず嬉しいです (都鳥)
2018-02-06 19:30:34
BBさま、皆さま、こんばんは。

これまでの皆さまの力の賜物と思います。
油断することなく、メールやはがき頑張りましょう。

あんな家に眞子さまを嫁がせることなど絶対に
許せません。

眞子内親王殿下をお守りしましょう。

とりあえずコメントさせて頂きました。
良かった(^^) (Mako)
2018-02-06 19:30:38
破談に一歩前進や!
腐れ報道達よ、もっともっと叩けや!
コレに関しては応援しまっせ〜(笑
大変な春が始まるのかも (暗雲漂う)
2018-02-06 19:31:48
神先の千代田に響く霹靂か

案じても案じても尚豪雪の
春のスキーを鶴首する家
やった! (シルビー)
2018-02-06 19:35:15
とりあえず良かったです。
私はNHKの7時のニュースででた速報テロップで知りました。
そしてアナウンサーが眞子さまの談話?を読み上げました。

BBさまの、
>バッサリ、やればいいのにね。

まったく同じ事思いました。

貴乃花が宮沢りえに対して言い放ったように、
「もう愛情がなくなった」でもいいのにね。

コムロ側はあきらめないでしょうが、秋篠宮家は事を進めなければいいのだから持久戦覚悟で粘りましょう。

それにしても・・・やはり女性セブンは「ミテコセブン」・・・。

祝! (KK)
2018-02-06 19:36:48
お疲れ様です。
先日の名護市市長選に続き朗報が続きます。(アパッチヘリの墜落は極めて残念でしたが。。 合掌)
大事な秋篠宮家の内親王眞子樣には、どうか本当の日本人と幸せな結婚をしていただきたいと切に願います。
失礼します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

売国奴」カテゴリの最新記事