BBの覚醒記録 

無知から覚醒に至る一つの記録です。「是々非々」がモットーで必要なら、
支持する政治家や弥栄を願う皇室への批判も厭わず。

昭和天皇独白録自体への疑問

2018-05-30 00:07:17 | 売国奴

高須院長の寄贈受け入れ=米で落札「昭和天皇独白録」-宮内庁

宮内庁は28日、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が米国のオークションで落札した「昭和天皇独白録」の原本とされる文書について、宮内公文書館で正式に寄贈を受け入れると発表した。
 独白録は昭和天皇が終戦直後に語った内容を宮内省(当時)御用掛で昭和天皇の通訳などを務めた元外交官の寺崎英成氏がまとめた。原本とされる文書は高須院長が昨年12月に約3000万円で落札し、宮内庁に寄贈を申し込んでいた。
 宮内庁によると、寄贈された文書は寺崎氏の直筆で、国内で出版された昭和天皇独白録と同内容だが、頭注の有無や仮名書き表現に差異があった。同庁には当時の記録が残っていないため、昭和天皇がこの文書の通りに話したかどうかは確認できないという。同庁は今後、インターネットを通じて全ページを公開する。(2018/05/28-17:07)

まず最初に拙ブログの立場から、貴重な資料を落札していただいた高須克弥さんには敬意を払います。それとこれから書くことに関しては全て「BBの感じた素朴な疑問」であり、筆者の寺崎氏を貶めたり、糾弾するものではありません。歴史のうねりに巻き込まれた外交官夫婦と娘について考察してみたいと思っております。

まず筆者の寺崎英成氏について色々と調べてみました。Wikipediaには奥様であるアメリカ人のグエンドレン・ハロルドさんの経歴が無く、英文サイトで彼女について検索して、娘のマリコさんのインタビュー記事を見つけました。

ノンフィクション作家の柳田邦男の「マリコ」という小説のモデルになった女性です。NHKでもドラマ化されて放送されたので案外有名な本ですね。

A Child of Two Empires in an Age of Nuclear Warというブックレビューのようなもので両親について詳細を語っています。

母親であるグェン寺崎さんが1957年出版の自伝Bridge to the Sunという書籍を出したあとの2015年インタビューです。

そこのインタビューに非常に気になる文言が。英語全文はこちらで読めます。英語の得意な方は是非原文を読んでみてください。マリコさんの息子がインタビュアーのようです。

まず娘のマリコさんは母方の祖父がテネシー州の牧師だったと語っています。あと当時外交官である寺崎さんは外国人の妻を娶ることがタブーであったと書いてありますよね?1931年にワシントンD.Cで寺崎氏はグェンさんと結婚し、1932年にマリコさんが生まれています。ただし出生は上海です。1931年は昭和6年です。いくら外交官とはいえ、身重の妻を連れて『その後、上海、ハバナ、北京など在外勤務を経て』などということがあるのでしょうか?当時は航空機なども無く、長い船旅であったろうと思われます。左遷という形で行かされたにしては『1941年に再びワシントンの日本大使館に赴任。情報担当の一等書記官として、野村吉三郎・来栖三郎両大使を補佐して日米交渉に当たった。』という不思議で堪らない経歴の持ち主なのです。しかも極秘情報を「マリコ」という暗号名で流したという寺崎太郎が英成の実兄です。太郎はのちに私家本でれいめいと言う書籍を出していますが、どう考えても真っ赤っ赤な思想の持ち主です。

しかも日米開戦直後の1942年に夫婦と娘を連れて日本に帰国できるという、ある意味強運の持ち主。

悲壮感もさほど無い写真が変だと言っているのではありません。マリコさんのインタビューの「Today, most have forgotten the rage against the military that swept Japan after the war. A new generation of nationalist militarists led by Prime Minister Shinzo Abe is undermining Article Nine of Japan’s Peace Constitution.」という部分に私は激しい違和感を覚えているのです。

ざっと翻訳しますね。今日、ほとんどの人が戦後、日本を襲った軍隊に対する怒りを忘れてしまった。安倍晋三首相が率いる新世代の軍国主義者たちは、日本の平和憲法第9条を弱体化させている。

マリコさんが日米の架け橋になりたいと思っているなら、何故アメリカに憲法9条を入れる運動をなさらないのでしょうか?しかも彼女は軍国主義者という言葉を日本人に向けて発言しています。

マリコさんの境遇は日本とアメリカのダブルの国の価値観の持ち主のはずです。それならば決して上記のようなパヨク発言などしないでしょう。安倍さんは戦争をしたいから9条を変えたいのではありません。自国を自国の手で護れるために変えたいだけです。それこそが真の意味での終戦になるからです。

さて本題の「昭和天皇独白録」に戻ります。『1947年2月、宮内省御用掛(通訳)に任命され、昭和天皇とマッカーサー元帥との会見の通訳を数回務めると共に、GHQ側と戦犯関係を含む情報を交換提供した。』これが寺崎さんの正式な経歴です。1952年、昭和27年にサンフランシスコ講和条約が発布されるまで、日本はGHQの統治を受けていました。

統治と言うと言葉が綺麗ですが日本は国家扱いされていずGHQに隷属していた時代です。

その時の昭和天皇独白録なるものはマリコさんによって1991年に文藝春秋社から出され、ベストセラーになりましたが本当に昭和天皇のお言葉を再現したものだったのでしょうか?寺崎さんの立場はGHQ側の駒だったのではありませんか?しかも奥様が牧師の娘。そういう立ち位置で宮中言葉を理解出来るほどの逸材だったのでしょうか?

寺崎さん自体は1951年に50歳の若さで脳梗塞で亡くなっています。それからたった6年で奥様は自伝を書いてアメリカで出し、映画化もされて相当なお金を稼ぎ出しました。

この映画は丹波哲郎とかが出ていますが、日本では公開されたのでしょうか?三船敏郎の「太陽にかける橋」とは全く別の映画のようです。どなたか映画にお詳しい方、教えていただけませんか?

追記:コメント欄で教えていただきましたがどうやら日本でも公開されたようですが、邦題が見当たりません。

オリジナルの予告編を見つけたので貼り付けておきます。

Bridge To The Sun (1961) - (Original Trailer)

マリコさんには非常に申し訳無いのだけれど、マリコさんの編纂したお父上の「昭和天皇独白録」は真の昭和天皇のお気持ちを書いたものだと私には思えません。たかだか通訳として数年そばにいて、あの本のようにプライベートなことをGHQ絡みの寺崎さんに喋るほど、昭和天皇は愚かだったとも思えないのです。

本来なら紙質からインクの鑑定などでいつ書かれたものか科学的に解明出来たと思いますが、宮内庁に寄贈されて伏魔殿入りしたらそれも無理なことですね。

インターネットで宮内庁が全文公開という事ですからしっかり元の書籍との違いを読んでみたいものだと思っています。

祓え給い、清め給え、神(かむ)ながら守り給い、幸(さきわ)え給え 

 

無記名Unknown は読まぬままハネます。

内容要約のタイトルを入れ他とかぶる可能性のないHNを記名の上、ご参加ください。 

 

文章の一部をHNに代用すること禁止。「匿名」「通りすがり」など
極力受け付けません。

 

異論反論歓迎、しかし一定の知的レベルに満たないコメントは、最初は極力公開しますが、それ以降は読まぬままハネます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (111)   この記事についてブログを書く
« 日大が隠し通したかった裏の... | トップ | 美智子さんと養蚕ファッション »
最近の画像もっと見る

111 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (瓜奈良きむち)
2018-05-30 01:09:33
ドラマ マリコ | NHK名作選
https://www2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009010264_00000

寺崎英成・・・「日米大戦を阻止しようと努力した外交官」、、、とかの肩書きは、戦後のプロパガンダかもしれませんね。
そもそも、当時の国際状況下で、外交官が、外国人を嫁にするなんて、軽率すぎるんですよ。
いや、確信犯だったからかも知れません。
開戦(真珠湾)前日に、米国日本大使館の連中が仲間の送別会して飲んでたなんて事後話ありますが、それ、この寺崎英成の送別会のことなんでしょうか。この重要時期に人事異動出してること自体も異常。
そして、NHKのドラマでヒーロとなってるクズっぷり。
戦前のNHKの総裁職って、あの近衛文麿だったんですね。
こいつらの物語も、仕込みだったのかもしれません。
映画「マリ子」 (Shizu)
2018-05-30 01:36:33
Bridge to the Sun 日本で公開されてます。

制作=Cité Films(France) & MGM (USA)

Release dates(封切り)
USA 17 October 1961 (New York City, New York)
Finland 23 February 1962
Japan 12 May 1962
Spain 11 June 1962 (Madrid)
Mexico 16 August 1962
Sweden 1 October 1962
Denmark 3 August 1964
2012年 DVD 発売


太陽にかける橋 (ラベンダー)
2018-05-30 08:44:24
中央公論社から「太陽にかける橋」という著書をグエン・テラサキ(新田満里子 訳)さんが出しております。ご参考までに。
OSS の末裔 (伊藤知昭)
2018-05-30 11:19:38
BB様、皆様

救国のブログ、有り難う御座います。

栗栖三郎はドイツの経験があり、妻はアメリカ人でした。
野村吉三郎はフランクリン・ルーズベルトとは軍人時代の昔から親交があった、との事。

ウィキペディアを見た限り、直接の証拠は得られませんでしたが、フランクフルト学派とは両者共に接触があって不思議はありません。
ネットから、ワイオミング州のスター・トリビューンの2016年 9月13日の分にマリコ・テラサキ・ミラーの記事があり、親しい友人から当人は「 マコ 」と呼ばれていたそうです。

極力、書き写させていただきます。


          ・・・・・〔 ここから 〕

CASPER
Star Tribune

Casper , Wyoming

August 23 , 1932 - September 7 , 2016

Mariko Terasaki Miller ( best known to her friends as Mako ) was born August 23 , 1932 . She graduated from East Tennessee State University in 1952 , and married Mayne Miller , an attorney , in 1953 . The couple moved to Wyoming in 1959 , and she became active in state and national politics . Mako was the first woman appointed Honorary Consul-General of Japan . She brought Japan Arts Day to Casper , and organized many cultural events . Mako also lectured frequently in the United States and Japan . In 2006 , Mako was awarded the Order of the Rising Sun , one of Japan ' s highest honors , during a ceremony attended by Emperor Akihito . 

Mariko was preceded in death by her father , Hidenari Terasaki , a Japanese diplomat ; her mother , Gwen Harold Terasaki , author of the bestselling war memoir , Bridge to the Sun ; and two sons , Rush and Terry . 

She is survived by sons , Cole ( Ann ) and Timothy ( Ranola ) ; six grandchildren , Rush ( Laura ) , Sara , Christie Cothran , Aaron ( Heather ) , Alyssa , and Benjamin ; and two great-grandchildren , Kaeda and Graeson . 

In lieu of flowers , the family requests donations to www . nomorevictims . org . 

Memorial services will be held Saturday , September 17 , 11 : 00 am at First United Methodist Church , 2nd and Durbin , Casper . 

       ・・・・・〔 以上、ここまで 〕


偶然でしたが、愛称が「 マコ 」。
命名に際して眞子内親王との関係は不明。

先程の著書。
ウィキペディアを貼らさせていただきます。

[ Bridge to the Sun ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Bridge_to_the_Sun
(日本語版はありません)

同様に関連記事を貼らさせていただきます。
申し訳ありませんが日本語版は省略。

[ Frankfurt School ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Frankfurt_School
[ Franklin D . Rooseveld ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Franklin_D._Rooseveld

[ Gwen ( given name ) ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Gwen_(given_name)
[ Office of Strategic Services ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Office_of_Strategic_Services

[ Kichisaburo Nomura ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Kichisabur%C5%8D_Nomura
[ Saburo Kurusu ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Sabur%C5%8D_Kurusu

当時の外交官は情報機関の工作員だと思って間違い無いのではないでしょうか。
万が一、日本の外交官が米国大統領とグルだったら、戦後の訝しさの理由が見えて来ます。

印象操作と洗脳工作。
欧米は昔から多重スパイの十八番。

[ Haile Selassie ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Haile_Selassie
[ Reza Shah ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Reza_Shah

エチオピア皇帝とパフラヴィー朝イラン皇帝の記事も貼らさせていただきました。
欧米の情報機関にとっては大日本帝国の昭和天皇がどの様に認識されていたのか。

証拠を残さないのが情報機関の鉄則。

現代でも外交官と接触する中国人のハニートラップ、この戦前版を否定するのは、逆に不自然。
欧米列強が代々にわたって工作員を潜入させて外部から操った結果国家がどうなったか、平成日本とイラン・エチオピアを比較すれば明白。


日本大事、天皇大事、万世一系の秋篠宮御一家による宮中祭祀が大事。

ただし、このままでは眞子内親王を除く。

文仁親王と悠仁親王の御代を目指して。

御多忙中、大変失礼致しました。
気になる続き (まゆゆファンMM)
2018-05-30 12:14:18
BB様、そして皆様、失礼致します。

BB様が翻訳された文章の続きが気になり、読んでみました。確かにBB様が翻訳なさった部分も強烈でしたが、その続きもまた強烈でした。


……私達は広島と長崎の(原爆投下)70周年記念日に注目したが、軍国主義者の太鼓が再び日本で鳴り響いている。そして(アメリカ)合衆国は地球(全土)に(数多の)基地と共に軍隊をさせるのと同時に事実上全ての大陸の国々で軍事行動を企て、この恐るべき発展を助長している。日本国民の中では強い抵抗が有り、私は誠心誠意それを支援する。
※()内は私の補足です。


彼女はアメリカの軍事行動が憲法第9条の「弱体化」を「助長している」として非難していますが、内心では日米の強固な連携を恐れているものと思われます。或いはチャイナマネー漬けになっているのかも知れません。

それにしても「nationalist militarists」とは穏やかではありません。直訳すれば「国家主義的軍国主義者」となり、日本や安倍政権の実像とはかけ離れています。中共や北朝鮮の指導者達こそがその言葉に相応しい筈なのですが、彼女はそれを充分に理解した上で煽っているのでしょう。確信犯だと私は思います。

長々と駄文を連ねてしまった失礼につきましてはどうかご容赦下さいませ。それではこれで失礼致します。
OSS の末裔 訂正と追加 (伊藤知昭)
2018-05-30 13:50:42
BB様、皆様

救国のブログ、有り難う御座います。

前回の投稿で " t " を " d " と誤入力があり、大変御迷惑を御掛け致しました。
恐れ入りますが、改めて打ち直させていただきます。

[ Franklin D . Roosevelt ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Franklin_D._Roosevelt

この場を御借りし、深く御詫び申し上げ致します。


ところでマリコの母親の名前ですが、資料によってはウェールズ系の Gwen の後にブルガリア系と思われる Dolen になっているのと、古英語由来と見られる Harold の二通り、若しくは Gwendolen のものがありました。
判断が付かなかったので、見当たり次第幾つかの記事を貼らさせていただきます。

[ Gwendolen ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Gwendolen
[ Dolen ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Dolen

[ Harold ( given name ) ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Harold_(given_name)

そう言えば、ハル・ノートのコーデル・ハルもテネシー州出身の模様。
順不同で失礼致します。

[ Cordell Hull ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Cordell_Hull
[ Hull note ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Hull_note

[ Johnson City , Tennessee ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Johnson_City,_Tennessee
[ Pickett County , Tennessee ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Pickett_County,_Tennessee
[ Tennessee ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Tennessee

[ Casper , Wyoming ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Casper,_Wyoming
[ Wyoming ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Wyoming

前回触れた Mariko Terasaki Miller の記事。

[ Memoir Terasaki Miller ]  2016年09月13日  CASPER Star Tribune
http://trib.com/lifestyles/announcements/obituaries/mariko-terasaki-miller/article_583eb4eb-44dd-5f2b-b1b5-0ce7e31929e2.html

[ Gwendolen Terasaki ( 1906 - 1990 )on IMDb ]
https://www.imdb.com/name/nm0855420/?ref_=tt_ov_wr

[ Gwendolen " Gwen " Harold Terasaki ] Find A GRAVE 
https://www.findagrave.com/memorial/113058754/gwendolen-terasaki

映画からマリコ寺崎の母親の分でした。
呼び名は墓標に依存しているのでしょうか。

件の昭和天皇独白録。
日本語版になります。

[ 昭和天皇独白録 ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%AD%E5%92%8C%E5%A4%A9%E7%9A%87%E7%8B%AC%E7%99%BD%E9%8C%B2
(英語版はありません)

恐れ入りますが、入力ミス等は後日対応させてください。


日本大事、天皇大事、万世一系の秋篠宮御一家による宮中祭祀が大事。

ただし、このままでは眞子内親王を除く。

文仁親王と悠仁親王の御代を目指して。

御多忙中、大変失礼致しました。
側近日誌 (普通のおばちゃん)
2018-05-30 17:25:07
BB様、伊藤様、皆様、こんにちは。
伊藤知昭様が御紹介下さった記事の中で興味深い本を見つけました。
「昭和天皇独白録」にも携わられた木下道雄侍従次長の
「側近日誌」です。
読んでみようと思います。
BB様や伊藤様や皆様からも何時も学ばせて戴き感謝にたえません。
ありがとうございます。
木下道雄侍従次長とフロジャック神父 (らむ子)
2018-05-31 00:31:46
普通のおばちゃん様が伊藤知昭様ご紹介の記事から見出された、
「昭和天皇独白録」に携わられた木下道雄侍従次長の「側近日誌」。
これは興味深い本ですね。

木下侍従次長は、フロジャック神父を昭和天皇に紹介した人物でもあります。

「英国機密ファイルの昭和天皇 徳本栄一郎著 新潮社 2007年」によると…
1945年11月25日、木下の自宅にフロジャックが訪れ、国民の極度に悪い栄養状態改善のために上野駅近隣に診療所を作りたい。土地が入手できないか。そして改善には動物性たんぱく質を摂るべきで、肉食を多くしたいので牧畜を盛んにしたい。地方に牧場とカトリック村を作り、日本再建の一助にしたい。と申し入れた。
熱心なフロジャックに木下は検討を約束し、昭和天皇に伝えると、天皇は即座に「助けてあげなさい。」と答え、翌年那須の御料地の一部を貸与した。フロジャックは精力的に務め。
木下は侍従次長退職後、フロジャックに導かれ熱心なクリスチャンとなった。とのこと。

この辺の経緯の一次資料を読めるかもしれません。

フロジャック神父についてはBB様が何度も記事にされているように、
館林の正田家(正田きぬが最初)をカトリックに導き、正田美智子入内は私の最高傑作と、死の床で言い残したと言われる人物です。

さらに、昭和天皇は1948年1月23日にフロジャック神父を密使としてバチカンのローマ教皇の元に送っています(ローマ教皇には3月30日に拝謁)。福祉活動といえ、面識浅い一神父に早々の那須御料地の貸与は些かお人好し過ぎるように思えますが。昭和天皇はバチカンの協力を得て、GHQの横暴を抑えようと考えておられ、その交信の駒と成り得る人物を求めていたようです。

フロジャック神父が、打診する相手に侍従長ではなく木下道雄侍従次長を選んだこと。
木下氏は1045年10月に侍従次長に就き、僅か7ヵ月で退職しています。
この短い侍従次長時代の1946年3〜4月に昭和天皇独白録の聞き取りを行い、5月に退職。
その後はフロジャック神父に付きカトリック教徒に。

何だかトントン拍子で、出来過ぎのように思えて…
み〜んなグルだったりしてぇ😭
英国機密ファイルの昭和天皇 (普通のおばちゃん)
2018-05-31 07:51:50
BB様、らむ子様、皆様、おはようございます。
らむ子様がご紹介下さった「英国機密ファイルの昭和天皇」は、
文藝春秋の2005年 10月号掲載の「昭和天皇『占領二四〇〇日』の戦い」を
追加取材し加筆したものだそうですね。

調べて行くうちに、「天皇のロザリオ」や「神々の軍隊」等、
興味深いものが出てきました。
読みたい本が沢山あるけれど、「木を見て森を見ず」になりそうです。
凡人の私はどこまで理解できるのでしょうか。orz
5718 こんな(の)いや
独白録と OSS の末裔 (伊藤知昭)
2018-06-01 03:11:11
BB様、皆様

救国のブログ、有り難う御座います。

御礼が遅れて申し訳ありません。

普通のおばちゃん 様、らむ子 様、貴重な情報を有り難う御座います。


今回、オークションに出品されたのが「 昭和天皇独白録 」が日の目を見る切っ掛けになりました。
そもそもの執筆が寺崎英成でしたが、本人の主観がマリコ・テラサキ・ミラーに受け継がれた結果、後世の読者が昭和天皇の真意を読み取る上で、その点を念頭におく必要に迫られております。

聞き書きや記憶を書き留めたのであれば、寺崎英成本人による脚色も有り得る訳で、それを娘が更に加筆する機会も皆無では無かったでしょう。
マリコ・テラサキ・ミラーは日本語に疎い、若しくは寺崎英成本人に家族との会話が影響を与える隙は無かったとしても、公文書ではありませんから、昭和天皇を公務員が速記したのとは違います。

天皇自身による一次資料とは異なります。
故に BB様 の疑問が生ずるのは至極当然。


寺崎英成文書がオークションに際して公表されましたが、鑑定にあたったゴードン・マーク・バーガー( Gordon Mark Berger )名誉教授の方向性等についは情報が少なく、何故かウィキペディアが取り上げておらず詳細は調べられませんでした。

元々の目的は極東国際軍事裁判への提出だったと言われる独白録ですから、只の個人的な備忘録と言うよりは読み手や聴衆を意識している筈で、最初から日本語で書き込まれたのではなく、英語で執筆したものを日本語に訳した可能性も考えられるので、成立の経緯は軽視出来ません。


底本が新潟県出身の稲田周一による「 速記録 」で、それを寺崎英成版とボナー・フェラーズの英語版、この記述は重要です。
稲田周一の存命中、小和田恆との接点が有ったか無かったか、それにマリコ・テラサキ・ミラー本人や寺崎家との関係の有無。

[ 稲田周一 ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%B2%E7%94%B0%E5%91%A8%E4%B8%80
(英語版は省略)

宮内省内記部長には 1946年 2月から、侍従次長には同年 5月から 9月に公職追放されるまで。
侍従次長には 1950年10月まで公職追放されて居ましたが、解除後は復帰。
その後 1965年 3月から1969年 9月まで侍従長。
そして退官、となって居ました。


[ Bonner Fellers ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Bonner_Fellers
(日本語版はありません)       

陸軍の彼が退役したのは 1946年11月30日の模様。
尚、上の記事では ヴァイニング夫人を投入したのは ボナー・フェラーズ の様に読めます。

関連記事。

[ 終戦のエンペラー ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%82%E6%88%A6%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%A9%E3%83%BC
(英語版は省略)
[ 奈良橋陽子 ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%88%E8%89%AF%E6%A9%8B%E9%99%BD%E5%AD%90
(英語版は省略)

国際基督教大学の卒業生が企画した映画を貼らさせていただきました。
フィクションなので何処まで歴史的事実に迫ったかは不明ですが、速記録から派生したボナー・フェラーズの参考資料。


日本大事、天皇大事、万世一系の秋篠宮御一家による宮中祭祀が大事。

ただし、このままでは眞子内親王を除く。

文仁親王と悠仁親王の御代を目指して。

御多忙中、大変失礼致しました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

売国奴」カテゴリの最新記事