BBの覚醒記録 

無知の淵から覚醒に至るまでの一つの記録です。「是々非々」がモットーで必要なら、
支持する政治家や皇室への批判も厭わず。

やはり腑に落ちない「生前退位」

2018-04-02 14:57:59 | 皇室問題

沖縄に行かれたばかりで、このお元気。

 

 

両陛下がお忍び散策4/2(月) 10:39配信

天皇、皇后両陛下は2日朝、皇居周辺を「お忍び」で約10分間散策された。天皇陛下は皇后さまと腕を組んでゆっくりと歩き、ときおり笑顔で言葉を交わしながら、桜の咲く春の風景を楽しんでいた。

・・・・・・・・ここまで

「お忍び」なのに、なぜ報道カメラが入っているのですか?
一体、何をアピール、広報なさりたいのやら。

憲法違反の「生前退位」という言葉に皇后陛下は異を唱えられましたが、「生前」に退位という
憲法違反をやられたのだから、「生前退位」が最もふさわしい言葉であり、「譲位」などという
言葉の美化に拠る言い換えは姑息です。

それに「譲位」は大日本帝国下の皇室典範でも禁じられていました。

 

 

生前退位って何なんですか?
明確に憲法違反なのです。
お誕生日談話で「平和憲法護持」を訴えながら(これ自体が政治発言でNGなのに》
ご自分に都合のいいところだけは、憲法違反なさって平然。

摂政を立てるほどの状態ですらないのに、いきなり生前退位とやら掟違反で
要らざる出費を国民に強いられることへの痛みはおありではないのでしょうか。

 

 

祓え給い、清め給え、神(かむ)ながら守り給い、幸(さきわ)え給え 

 無記名Unknown は読まぬまま はねています。

 きちんとしたしたHNを記名の上、できればタイトルも入れて
ご参加ください。 

 他と重ならないようなHNでお願いします。

 文章の一部をHNに代用すること禁止。「匿名」「通りすがり」など
極力受け付けません。

  一定の知的レベルに満たないコメントは、最初のひとつふたつは極力公開しますが、
それ以降はハネます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「拝啓 天皇陛下さま皇后陛... | トップ | 「生前退位」がなぜ違憲なのか »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お忍びもしっかりと・・・ (都鳥)
2018-04-02 16:51:05
BBさま、皆さま、こんにちは。

天皇皇后両陛がお忍びで散歩をされたニュース
私も拝見致しました。
どうしてマスコミがバッチリと?まあ、大概の
ことには驚かなくなりましたが。

ご自身がこれほどの憲法違反をなさるのですから、眞子内親王のご結婚に関する裁可なども、その手をお使いになり取り消すことなど可能な事なのではないでしょうか。裁可の重みは勿論ですが、生前退位に比べると数段の軽さと思われます。

そもそも裁可ですが、その内容を詳細に理解を
された上の事なのでしょうか。
初孫さまですよ。相手の男性についての資料
家系図を含め身上書等を何枚も熟読玩味された上でのものなのか本当に疑わしくまさか紙一枚に、これに判を押せばいいの?との経緯だった訳ではないのでしょうねと、畏れながら考える
不敬な国民でございます。

眞子内親王は日本テニス協会の総裁でいらっしゃいます。世界に向け東京五輪でのご臨席を誇らしく思っておりました。

もっとも東京五輪はあまり賛成ではないのですが。札幌の冬季五輪の立候補も如何なものかと

ところで、渡辺みどり氏が寄せた記事を見つけ
ました。そんな意図ではないとは思いますが。
面白いと言えば面白いです。少し古いのですが

http://www.jprime.jp/articles/-/7967?display=b

天皇皇后両陛下につきましては策士策に溺れるということは起きないものでしょうか。
もう、思いのままでいらっしゃいます。



乱文長文お許し下さいませ。
安倍晋三首相は、アメリカの指示に従って宮内庁を解体する! (正しいマスメディア)
2018-04-02 17:56:54
やはり、筆者も同様、天皇陛下の生前退位は納得がいきません。天皇陛下は現在も元気です。安倍晋三首相は宮内庁にも手をつけこんで天皇陛下そのものを蔑ろにしようとしています。
もし、天皇陛下及び宮内庁そのものが日本国から消滅すれば、その時点で日本国がこの世から完全に消滅して、日本国そのものが完全に植民地になってしまいます。
筆者は恐らくアメリカ合衆国の思惑通りだと思います。アメリカ合衆国は我が日本国民にとってとても恐ろしい国家です。アメリカ合衆国は最終的に我が日本国家を完全に解体して、我が日本国家をアメリカ合衆国の一部(植民地)にする事です。
筆者は反日・売国奴である安倍晋三首相が大嫌いです!一刻も早く反日・従米派の安倍晋三首相が官邸から、永田町から「排除」されて、自民党そのものが日本国から完全に「亡くなりますように」。宜しくお願いします。
生前退位は憲法違反です。 (日本国民)
2018-04-02 18:09:08
安倍晋三首相は天皇陛下及び宮内庁を蔑ろにしました。今上天皇陛下はまだ元気なのに無理矢理引きずり下ろされました。僕は反日・売国奴の安倍晋三首相を絶対に許せません!
僕の、そして日本国民の願いは、今すぐ、年内(平成30年・2018年)に、反日・売国奴の安倍晋三首相が「他界」する事です。
反日・売国奴・安倍晋三首相が「他界」する事によって、日本国家及び日本国民は「滅亡」から完全に免れます。
今すぐ、年内に、反日・売国奴・安倍晋三・内閣総理大臣が「他界」しますように。宜しくお願いします。
どうも…? (haruru)
2018-04-02 18:42:02
BB様、更新ありがとうございます。

皆様、こんばんは。

ミテコに腕を掴まれてニコニコしている今上。
どのような時も 凛とされて立っておられた昭和天皇、
一歩下がって いつも微笑みを絶えさなかった香淳皇后。これこそ、THE皇室!だったのに…
いつからこのような俗っぽい皇室に
なったのか。情けないの一言です。
それを受け継ぐどころか
ご病気の嫁に仕切られ、最後尾の席に座らせられてもニコニコの徳仁。

今上が天皇陛下になるのかと思ったら
世も末、のような同年代の方の
話が以前、載ってましたが、
今、徳仁と同年代の私でさえも
世も末どこではなく、もはや日本もこれまで、と思わざる得ません。

この老人二人からは威厳など
全く感じず。生きてる間は税金を
湯水のように使い、あちこちの ご旅行、
国民のことなど、絶対考えてない。
写真から、ありありと見て取れます。

退位なのか、退職なのか知りませんけど
いつまでも我が世の春があると思うな!

神風が吹くことを心より願っております。
違憲の意味わかってます? (永遠のハゲ)
2018-04-02 19:09:12
憲法をどう解釈すれば譲位が違憲になるという結論になるのか?何回もしつこいですがなぜ違憲訴訟をおこさないのか?BB様はきちんと大学で憲法の単位とりました?
ため息のみ (もうすぐ春)
2018-04-02 20:15:30
私も報道見ました。
おしのびでも門から出てくるのがバッチリ撮影されていました。
どう考えてもおかしい。

しんどいから退位するなら静かにしてほしいものです。
永遠おハゲちゃん (黒薔薇姫)
2018-04-02 22:26:41
>違憲の意味わかってます?

憲法の意味、お解りかしら?
名だたる憲法学者が憲法違反を指摘してるのに
まず答える語彙と論理をお持ちともあなたの
コメントの知性からは感じられないのだけど??

違憲でないなら、なぜ安倍内閣が特措法でごまかしてあげたかを述べてくださらない?
まっとうしてください (窮余迷彩)
2018-04-02 23:16:21
お元気でなりより・・・ですが、確かに生前退位は必要なのか?
尊敬出来ない。認めない。 (5)
2018-04-03 00:04:15
国民の意思とは関係ない所で中国傀儡NHK主導で決まって行く。認めない。私は日本国民として堂々と言う。正式な手続きを経ない皇后は皇后ではない。上皇后と名乗るとしたら後々まで悪鬼として語られるだろう。
うっとおしいんが、湧いとんのお。 (中野)
2018-04-03 00:39:43
上から2番目の「正しいマスメディア」と3番目の「日本国民」は同じ奴やろ。
しょーもないHN使いやがって。

安倍首相に対する批判にもなってないやないか。
まあ、わざと馬鹿ぶって書いたんやろけどな。

行政の長として今 、外交がまともに出来る首相が安倍さん以外に誰がおるんや。
米国のみならず、ヨーロッパ、アフリカ、西アジアにまで存在感を示した首相がおったか?
議院内閣制の下、アホの国会を運営出来る与党リーダーが他におるか。

『憲法改正』と『日本を取り戻す』という事を明言したのも安倍首相だけや。
憲法改正準備委員会みたいなものは昔から自民党内にあるが、それは党是を実現しようとしない自民党の言い訳、アリバイ工作みたいなもんやった。
今やっと真剣に動き出したのも安倍首相のリーダーシップや。

真に国を思えば、安倍首相の3選は応援すべきだろう。


それと、ハゲ。
ここでBB様のみならず、常連読者様が何度なく、ほんまに数度じゃない、数十回以上、
現行日本国憲法と、その下にある皇室典範 の条項一つ一つを精査し、今上の生前退位が、明白な憲法違反である事を実証されてきた。
読めよ。
まあ、こいつも分かって言うとんやろけどな。

うっとおしいのお、ダボよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

皇室問題」カテゴリの最新記事