ホトケの顔も三度まで

ノンフィクション作家、探検家角幡唯介のブログ

『探検家、36歳の憂鬱』本日より発売

2012年07月20日 10時00分20秒 | お知らせ
探検家、36歳の憂鬱
角幡唯介
文藝春秋


新刊エッセイ集『探検家、36歳の憂鬱』が、早ければ本日より書店に並びます。

人を食ったようなタイトルですが、これで中身は案外、真剣です。

原稿用紙に換算すると40~50枚程度の作品が八本並んでいます(冒頭のコンパでもてない作品は短いですが)。個人的に一番面白いかなと思うのは、雪崩に遭って生き埋めになった体験記でしょうか。いずれの作品も、普通の人にはなかなか体験できないことを元手に書いているので、オリジナリティーの高い思索記になったと自負しています。

『空白~』『雪男~』より読みやすいし、値段も手ごろなので、ぜひ読んでみてください。


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ノンフィクション作家たちと... | トップ | 宮崎美子のすずらん本屋堂 »
最新の画像もっと見る

お知らせ」カテゴリの最新記事