ニューヨークの想い出

ニューヨーク生活20年間の想い出を書いていこうと思います。

2047、がっかり

2013年10月22日 | Weblog
朝晩の気温が下がってきて、柿も甘くくなってきました。


昨朝畑に行ったら1つもありませんでした。
泥棒も食べごろを知っているようです。
2029、畑の秋」では鈴なりでした。
収穫直前に全部持って行かれると「がっかり」。


クリも全部無くなっています。
毎朝クリ拾いに来るようです。


ブロッコリーも盗られました。
手で折ったようです。
農家の人は包丁やハサミでスパッと切ります。


あと1週間ほどで収穫できますが、これは食べることができるか?


白菜やキャベツも膨らんできましたが、心配。

この時期になると収穫直前のリンゴや収穫して保管していた米が盗まれるなどのニュースがあります。
私の場合は趣味程度で「がっかり」で済みますが、農家の人は死活問題です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 2046、あと1回 | トップ | 2048、古き良い伝統 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (口之津のおじさん)
2013-10-22 20:05:06
ひどいことをする人もいるのですね
どんな脳を持っているのでしょうか
人間としてはずかしいですね。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事