男ゴコロと旅の空 rainbow in my heart

出張に行く。食事する。女を抱く。酒を飲む。仕事する。丸裸の俺?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

馬車道 M's bar で コンビーフ談義

2009-09-07 00:51:59 | コンビーフ

横浜・馬車道のM's bar。

もう創業26年目ですか。
すっかり老舗Barになってしまいました。
僕がこの店を初めて訪れたのは、
店がオープンしてスグのこと。
横浜スタジアムの傍にあった、ケープC.O.DというBarの
マスターに誘われてね。

そのとき、僕はまだ23歳だったかな。
○町の床屋の娘と付き合っていたんだけれど、
些細なことで振られて落ち込んでいたんだ。
で、マスターが
「今日は客も少ないから、早仕舞いして飲みに行こうぜ。
 今度馬車道に新しく出来た店があるから」
と、まぁ僕を励まそうと気を使ってくれたわけだ。



初代オーナーがマモルさん。その頭文字でM's bar。
このM's barが、僕が一人で飲むようになった最初の店です。

いつの間にか、常連になっていた。
その頃僕は菊名に住んでいて、勤務先は横浜西口。
電車だとわずか7分という、通勤時間は理想的なんだけれど、
学生時代は通学の電車の中が読書タイムだったのが、
電車7分じゃ、本を読む場所がなくなっちゃって、
「俺はどんどん馬鹿になっていくのか!?」と
本に飢えていた時期でもあったんだ。

で、定期券を桜木町まで買って、
毎日夜はM's bar通い。
ここのカウンターの片隅に、読書には丁度いいスタンドがあって、
いつもそこで、AA飲みながら本を読んでいた。



それから26年か。
うちの奥さんとの初デートもこの店だったな。
これまた今は亡き「ブーフーウのスペアリブス」という店で
スペアリブ食べて、ここに流れてきたんだった。

店長も何代か変わり、経営者も変わり…
でも、店内はほぼ、昔のままです。
僕自身、最近は3年くらい来てなくて。
でも、いつものとおりに迎えてくれます。
「いらっしゃい、お久しぶり」
「三年ぶりくらいかな?」
「そうですか?」
なんて会話しながら、ふと気付いたのは、
前回もやっぱり転職したときに顔出したような…

今度横浜勤務になったから、また顔出すよ、
なんて言いに行って、それっきり来てなかった(笑)

で、この日は最近入れたばかりという、
恵比寿の黒生を一杯。
その後、ジムビームのロックを二杯。

茅ヶ崎で手に入れたハム工房ジローの
その日出来立てのコンビーフ。
惜しいことに、僕が顔を出す前に、
瞬間冷凍マイナス30℃に入れちゃったということで、
入手時はカチンカチン。
この店に着いた頃、やっと解凍されつつあるという…



「みんなで食べようか?」

店の客も店員も、皆、コンビーフファンらしいと判り、
それじゃ一緒に、ということになりました。



まだ芯の方は凍っている。



スライスしてもらって…

いやぁ旨い!余分な脂はほとんど落としてあって、
ジューシーかつヘルシーなコンビーフです。



なんか、皆で分けたことを後悔したりして(笑)
プリティにも食べさせたかったけれどね…
缶詰と違って、こいつは日持ちしないし。

でも、こういう無理言って持ち込みコンビーフ食える?店が
そこここにあるということは、有難いことです。



残った分は、後で馬車道のベンチで、一人で独占!



いやぁ旨いっす!

さて、この日のM'sのお客様。
なんと「家に帰ると5年もののコンビーフ缶があるかもしれない」
って、それ、プレミアム付けるから、譲って欲しい~!!

にほんブログ村 グルメブログへ
ということで、1日1回、ポチッとお願い!ピェ~!

人気ブログランキングへ
↑こっちもポチッと押してね。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 今日は久々、コンビーフを語... | トップ | 銀座 萬福 で ポークライス »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いつも (プリティ)
2009-09-08 09:33:09
思い出してくれてありがと!

食べられなくて残念だったわ。
家には… (b)
2009-09-08 12:44:01
持ち帰れないので、その場で食べるしかないのです。

コメントを投稿

コンビーフ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事