バイユー ゲイト 不定期日刊『南風』

ブルース、ソウルにニューオーリンズ!ソウルフルな音楽溢れる東京武蔵野の音楽呑み屋バイユーゲイトにまつわる日々のつれづれを

ゴカメ企画に感謝でいっぱいです!

2018-05-09 | ライヴ報告
4月29日日曜日はゴトー&ザ・カメレオンズ企画でした。
還暦過ぎのミュージシャンから20代の若手バンドマンまでとにかく幅広く交流して対バンしている通称ゴカメにライブの企画を初めてお願いした私バイユー店主。
当日を楽しみに待っていました。
常日頃からそのロックンロール愛の強さと造詣の深さに感銘を受けていたゴカメの後藤さんのバンドマン交流の特徴は、若手との付き合いの方が多いような印象があること。こんな人ってなかなかいません。この人に企画をお願いしたらどうなるんだろう?予測のつかない期待感だけで待っていました。
そしてフタを開けたら。

素晴らしかった!

期待以上に楽しませて頂き、驚かされることとなりました。
正直参りました。バイユー、いや俺にはこんなブッキング不可能です。
一見、バイユーと接点がなさそうな若手バンドのバイユーで演奏する姿をしっかりと想像して組んでくれたであろうこのブッキング!
しっかりとハマっていましたし。バイユーの新しい可能性や魅力を感じさせてくれました。
良い若手バンドでバイユーで楽しくやることってできるんだなぁ〜と今さらながら驚きです。

まずはグライダー。

一聴するとあまり自分には馴染みのないロックバンドかな、と思ったけどキャッチーで歌や言葉がクリアですぐに引き込まれました。
パワーポップなんかが好きな人たちなんですね。近田に教えてもらいました。

言葉の輪郭やメロディをしっかりと生かすバンドサウンド。これは歌を生かす良いアレンジがされているということですね。
バンドの一体感とキレと押し引き。申し分ない感じ。スピード感覚も自在な、真っ当に良いバンド!という印象を持ちました。
終盤には思わず「やるなぁ〜」と声が漏れました。

続いてクララズ。

ボーカルのクララの歌世界をサポートする的確なバンドサウンド。皆が良いプレイで応え、歌に寄り添う意思がはっきりしていてとても良い。
客席をじわじわ熱くしてゆく充実のライブでした。

個人的にはドラムが良かった。リハ時やライブの序盤は(もちろんイイのですが)特に飛び抜けて印象に残るって感じじゃなかったんだけど
ずっと聴いているうちにシンプルで小気味良いビートが耳に残るようになってきた。これは気持ちいい。
凄いプレイってわけじゃないんだけど軽快でツボを抑えたビートがなんとも良い感じ。

近田も感じていたようで、終演後自然に「ドラム良かったね」と話題になりました。
こういうドラムもいいねー、シンプルなロックンロールを叩いてもらったら楽しそうだね。バイユー忘年会ライブに来てくれないかな(笑)
片付けながらそんな会話が弾んだ終演後でした。
ボーカルクララ嬢も気持ち良さそうに歌っていました。ギターもベースも好プレイでした。

最後はゴカメ。
なんと始まるタイミングジャストでまた漏電ブレーカーが落ちて真っ暗になってしまいました。応急処置だけで漏電ブレーカーの交換をしてもらえない中また起こってしまったトラブルに正直気持ちが折れそうになりましたが、前回トラブル時を踏まえての復旧をなんとか果たし無事に最後までライブを終えることができました。
始まるまさにそのタイミング、気勢を削がれたような形になったというのに復旧して再開するやいなやいつものゴカメ節で軽快全開のロックンロールショウ!

初めて観る若いお客さんも配られた歌詞カードを片手に笑顔で引き込まれていました。
ついさっきトラブルがあったのがウソみたいな光景。

この夜の素敵なブッキングだけでも感謝なのに、トラブルを吹き飛ばす熱演に感謝でいっぱいでした。

「トラブルがロックンロールだからね」言い回しは忘れてしまったけど終演後そんな言葉をかけてくれた後藤さん。
ありがとうございました。

俺は「サラリーマンは散々だ〜♪」が数日アタマから離れませんでした!笑

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 本日 | トップ | サンダンス企画!大満足!! »

コメントを投稿