バイユー ゲイト 不定期日刊『南風』

ブルース、ソウルにニューオーリンズ!ソウルフルな音楽溢れる東京武蔵野の音楽呑み屋バイユーゲイトにまつわる日々のつれづれを

嵐の夜のブルース・コバーン

2018-10-01 | 音楽
強力台風によりJR全線が運転取りやめた夜のブルース・コバーン。沁みました。
この20数年ライブを観たい人の最上位に位置し続けていた人をついに目撃。73歳にしてあの素晴らしい演奏。幸せな時間でした。


とにかくこれだけは!と願っていた Last night of the world を歌ってくれて感無量。
後できくとこの最終公演まで1度もやってなかったとのこと…行って良かった。

もう1曲!の It's going down slow はアンコールでお客さんが口々にリクエストをせがむ中、僕もはっきりと伝えられたので(聞き流されましたが笑)満足です。



至近距離のブルース・コバーン、最高でした。

"8時を持ってJR全線運行取りやめ"という史上初の決定が午後1時前には出され、早々に帰り道が絶たれる中ライブは決行の知らせ。
もうどうにでもなれ!と六本木まで駆けつけたのですが、帰りはちょっとした冒険気分でした。
幾人かの方からありがたいアドバイスを頂き、悩んだ末地下鉄を乗り継いで渋谷まで出て、運行中止間際の井の頭線でなんとか吉祥寺まで。
ここまででもしょうがないか!と思っていましたが
「少し中央線が動いている」との情報通り動く電車を目撃!
JRの予告の8時を過ぎてのちらほら運転に感謝。
ホームに上がるとまさに次が最終。なんとか乗って最寄駅に着いた時には既に暴風の序章、帰り道少し怖い瞬間もありました。
必死で帰り着き、ようやくビールにありつくと家が激しく揺れる暴風雨開始。
吉祥寺や渋谷に取り残されなくってよかった〜。
思い出に残る夜となりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 木村翔vs田中恒成、名勝負で... | トップ | 台風が去った今夜、オーティ... »

コメントを投稿