バイユー ゲイト 不定期日刊『南風』

ブルース、ソウルにニューオーリンズ!ソウルフルな音楽溢れる東京武蔵野の音楽呑み屋バイユーゲイトにまつわる日々のつれづれを

荒川仁人選手引退。

2019-10-09 | ボクシング
起きてPCを開いたら…
荒川仁人選手引退の報が。
思わず「ああ」と声が漏れそうになるがデビュー15年、近年は「大きな怪我をしないで欲しい…」と心配しつつ眺めていた現役生活でもありました。

僕の高校の大先輩である八王子中屋ジム中屋会長の元でグローブを握った荒川選手。その縁で初めて試合を見たのは10数年前、八王子京王プラザホテル特設会場での試合でした。
攻防一体型の左ボクサーファイター。丁寧で真摯なボクシング。そして穏やかな人柄。
日本王者、東洋王者、世界ランカーと地位が向上するほどに激闘型のファイターとなっていったけれど基本最後まで持てる技術を駆使して戦う丁寧なボクシングが持ち味だったと思います。
そこにソウルフルな闘いぶりと穏やかな人柄が加味されるのだからボクシングファン的にはたまらない選手でした。
キャリア前半の所属ジム会長さんとの縁でバイユーゲイトに顔を出してくれたこともありました。
そしてバイユーのお客様グループでホールに応援に行ったこともありました。

アメリカで戦うようになってからの激闘の数々には普段の荒川選手に接したことのある人は皆驚いたことだったと思います。ただ「激闘」だけにここ数年は打たれることが多くなっていました。41戦32勝(18KO)7敗2分

うーん。うまく言葉が見つからないけれど。お疲れ様でした。俺はファンでした。
コメント   この記事についてブログを書く
« 関西人による良き音楽宴でした! | トップ |   

コメントを投稿