言の葉収集

思ったこと、感じたこと、出逢ったこと
いろいろ気ままに書きたいと思っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

委員長がいない教室

2009-02-14 17:27:17 | ニュース
知りませんでした。遅れてます。

小学校の運動会で順位をつけないところがあるって話は聞いたことがあったが、鳥取の小学校では「学級委員長」がいないそうだ。→ニュース
理由は、「なれない子供が傷つくから」。
コントのような話だが、リーダーを決めれば差別につながる、との抗議を人権団体などから受け自粛した結果なのだそうだ。

「…」

やっぱり変、どう考えても変。「なれない子供」のことを考えてやるのはいいが、ずっとその子を守ってやれるのだろうか。
傷つけないように、悔しさも経験させずに、ずっと保護してやれるのだろうか。
数年後、「競争」の中に身を晒す子供の方が圧倒的に多いのではないか。
そういう出来事をバネにすればいいわけだし、それを教えてやるのが大人の役目ではないのだろうか。何より委員長になれなかったことは恥ではないわけだし、なぜそんなに過敏になるのだろう。子供がそう言っているのだろうか?

今回、この春から鳥取市の1校だけが「学級委員長」を復活させるとのニュース。
拍手を送りたい。

時代遅れなのかなあオレ…。
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 若き日の自分へ | トップ | チョコレート »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

学級委員長を知らない子どもたち (ひめナビブログ)
小学校に学級委員長がいないという話題。小学校に「学級委員長」不在の鳥取県、20年ぶり復活へ(asahi.com)鳥取県内の19市町村の教育委員会によると、いずれの自治体も全校調査はしていないものの、クラスを代表する学級委員長はいないという。その代わり、図書委員...