オーナーズルーム

仲間内のPOGブログ

6/26付レギュラーPOGランキング

2022-06-27 15:07:31 | POGランキング情報
☆概況
・第4週は9頭のPO馬が出走、未勝利戦も始まり多数勝ち上がり馬が出るかと思いきや、6頭がポイント獲得したものの勝ち馬は無く、前期は年間通じて2回しか無かった未勝利週の回数に開幕1か月で早くも並んでしまう結果に内容も超抜スタートだった前年同時期(開幕4週で29戦10-7-1-5-2-4・総獲得賞金9750万)と比較すると今期は(開幕4週で39戦4-5-4-9-2-15・総獲得賞金5982万)という成績で、個人成績を見ても開幕4週で2勝PO不在なのは4年振り、首位POの獲得総賞金が1000万に到達していないのは現行ルール採用となった第17回(2011年)以降で初めての出来事となり、過去最低のスロースタートと断言せざるを得ない状況にこれも今まではある程度計算通り走っていたディープインパクト産駒激減の影響
・首位のフ・ルメール氏は出走馬がいなかった為、2~4位の面々に勝てば首位浮上のチャンスがあったものの揃って勝てず上位順位には変動無し
・とぅうぇんてぃ氏、4頭のPO馬対決となった日曜阪神新馬戦でドラ1予告指名馬チャンスザローゼスがPO馬最先着となる2着、初勝利はお預けも初ポイント獲得で8位浮上
・そして残ってしまった未だ0ポイントのその他2名、奇しくも前期ブービーと最下位の2人なのは如何なものかと…

☆第28回レギュラーPOG成績
(第4週終了、残り48週)
  PO     総賞金 獲得比率 ポイント
1 フ・ルメール    980 16.4% 229,355
2 TEMPEST      920 15.4% 215,313
3 南の細川      880 14.7% 205,951
4 孤高の谷さん    810 13.5% 189,569
5 タケノベルベット  590 9.9% 138,081
6 Ha-lllo       500 8.4% 117,018
7 アストラぽん太   302 5.0% 70,679
8 とぅうぇんてぃ   280 4.7% 65,530
8 ももな@俺の嫁   280 4.7% 65,530
10 母母母ー母母ー母母 220 3.7% 51,488
11 アマランサス    110 1.8% 25,744
11 奈良のパチカス   110 1.8% 25,744
12 その他2名      0 0.0%    0
合計         5982
平均値        427 7.1%
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

6/19付レギュラーPOGランキング

2022-06-20 09:49:51 | POGランキング情報
☆概況
・第3週は11頭のPO馬がデビュー、6頭がポイント獲得、2頭が新馬勝ちしかし超抜スタートだった前年同時期(開幕3週で20戦8-5-0-4-1-2・総獲得賞金7510万)と比較すると今期は(開幕3週で31戦4-3-3-8-1-12・総獲得賞金5130万)と出走数5割増しにも関わらず勝利数半減、着外6倍増、獲得賞金3割減という低調な滑り出しに尤も前期は後半尻すぼみで全体的には低レベルな結果だったので、逆に今期は後半巻き返す展開になるのか、それともこのまま前期をも下回る低レベルなのか…
・フ・ルメール氏、PO馬3頭の対決となった土曜阪神新馬戦にドラ1ピヌスアモリスが出走、4番人気ながらもPO馬最先着となる2着に入り、今週2頭出しも共に6着と奮わなかった孤高の谷さん氏に替わり首位へ
・TEMPEST氏、ナイトキャッスルが日曜阪神新馬戦で1着となり今期初勝利、続く東京新馬戦でマスグラバイトが3着以内に入れば首位に立てる状況だったが4着止まりで僅差の2位に
・南の細川氏、ウンブライルが土曜東京新馬戦を快勝し今期初勝利、3位タイに浮上
・母母母ー母母ー母母氏、今期初出走となった日曜東京新馬戦に2頭出しで臨むもスカイラー4着・ショウナンマラマ11着という結果で、その他勢から抜け出すに留まる
・とぅうぇんてぃ氏、POGデビュー戦となる土曜阪神新馬戦にユハンヌスが出走も、6着に終わり初ポイント獲得とは成らず、まだその他勢からは抜け出せず

☆第28回レギュラーPOG成績
(第3週終了、残り49週)
  PO     総賞金 獲得比率 ポイント
1 フ・ルメール    980 19.1% 267,446
2 TEMPEST     920 17.9% 251,072
3 南の細川      810 15.8% 221,053
3 孤高の谷さん    810 15.8% 221,053
5 タケノベルベット  460 9.0% 125,536
6 Ha-lllo       290 5.7% 79,142
7 ももな@俺の嫁   280 5.5% 76,413
8 アストラぽん太   250 4.9% 68,226
9 アマランサス    110 2.1% 30,019
9 奈良のパチカス   110 2.1% 30,019
9 母母母ー母母ー母母 110 2.1% 30,019
12 その他3名      0 0.0%    0
合計        5130
平均値       366 7.1%
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

6/12付レギュラーPOGランキング

2022-06-13 22:15:50 | POGランキング情報
☆概況
・第2週は5頭のPO馬がデビュー、全馬ポイント獲得も、3頭が1番人気になりながら勝ち鞍は挙げられず、早くも開幕2週目にして未勝利に終わるちなみに前期は開幕以来34週連続勝利、年間でも未勝利週は2回しか無かったのですが…
・Ha-lllo氏、1番人気と2番人気の2頭出しも4着・3着、初ポイント獲得も4位浮上に留まる
・TEMPEST氏、今期初戦を1番人気で臨むも4着、初ポイント獲得も6位タイに留まる
・ももな@俺の嫁氏、POGデビュー戦でいきなりドラ1ダノンザタイガーが登場、『ここでドラ1が某氏に負ける様なら引退します』(あまり伏せる意味無いけど一応WEB上なので)と宣言し背水の陣で臨むも、レースは出遅れが響き断然人気に応えられず2着惜敗で5位浮上に留まる幸い某氏には先着出来たのでデビュー即引退だけは回避出来ました
・アストラぽん太氏、今期3戦目で何とか初ポイント獲得、その大勢からは抜け出し10位浮上

☆第28回レギュラーPOG成績
(第2週終了、残り50週)
  PO     総賞金 獲得比率 ポイント
1 孤高の谷さん   810 26.6% 371,803
2 フ・ルメール   700 23.0% 321,311
3 タケノベルベット 460 15.1% 211,148
4 Ha-lllo      290 9.5% 133,115
5 ももな@俺の嫁  280 9.2% 128,525
6 TEMPEST    110 3.6% 50,492
6 アマランサス   110 3.6% 50,492
6 南の細川     110 3.6% 50,492
6 奈良のパチカス  110 3.6% 50,492
10 アストラぽん太  70 2.3% 32,131
11 その他4名     0 0.0%    0
合計       3050
平均値      218 7.1%
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

6/5付レギュラーPOGランキング

2022-06-06 10:15:24 | POGランキング情報
☆概況
・第28回大会が開幕開幕週としては史上最多となる15頭のPO馬がデビュー出走全レースで上位独占の可能性もあるかと思われたが、土曜日こそ東西で新馬勝ちを収めたものの、日曜日新馬戦3鞍は未勝利に終わり、終わってみれば勝ち馬2頭含むポイント獲得馬8頭、ポイント未獲得馬7頭と明暗分かれる悲喜こもごもの結果に
・今期初勝利を挙げたのは、4頭のPO馬対決となった開幕戦の土曜中京新馬戦を1番人気ダイヤモンドハンズで制したフ・ルメール氏『某氏に負ける様なら今期で引退するわ』(あまり伏せる意味無いけど一応WEB上なので)と宣言したとか言う噂が伝わって来てますが、まずは引退回避へ一歩前進片や喧嘩売られた形となるその他大勢の中の某氏(伏せた意味無いけどまだその他大勢なんで)は2頭デビューも共に掲示盤に載れない厳しいスタートとなってしまいましたが、まだ先は長いのでまだ挽回のチャンスは幾らでもあるよと、同じく初戦で掲示盤に載れなかったその大勢仲間の一人として慰めておきます(お前も)
・首位発進を決めたのは、3頭出しの攻勢でこちらも4頭のPO馬大切となった土曜東京新馬戦を1番人気ノッキングポイントで制し、翌日中京新馬戦ではナゲットモンスターが4着に終わったものの賞金加算には成功し単独トップに立った孤高の谷さん氏、今期初勝利こそタッチの差で逃したものの5年振りの開幕首位スタート

☆第28回レギュラーPOG成績
(第1週終了、残り51週)
  PO     総賞金 獲得比率 ポイント
1 孤高の谷さん   810 35.2% 493,043
2 フ・ルメール   700 30.4% 426,087
3 タケノベルベット 460 20.0% 280,000
4 アマランサス   110 4.8% 66,957
4 南の細川     110 4.8% 66,957
4 奈良のパチカス  110 4.8% 66,957
7 その他大勢     0 0.0%    0
合計       2300
平均値      164 7.1%
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

第27回レギュラーPOG最終ランキング発表

2022-05-31 19:49:13 | POGランキング情報
参加者の皆さん、1年間お疲れ様でした。
遅くなりましたが、改めて今期POGの総括及び寸評付き最終成績発表しておきます。

☆第27回レギュラーPOG最終成績(全日程終了)

・全PO総獲得賞金 20億2645万円(1PO平均2億0265万)
最終週に辛うじて平均値が2億円に到達したものの、現行ルールが施行された第16回以降では過去最低値(第18回2憶0780万)を下回る低レベルでした

・全PO出走頭数 140頭(出走率93.3%、1PO平均14.0頭、未出走PO馬は10頭)
・全PO勝ち馬数  90頭(勝馬率64.3%、1PO平均9.0頭)
・全PO出走回数 588回(1頭平均4.0回、1PO平均58.8回)
・全PO勝利回数 119勝(1PO平均11.9勝)
いずれの数値もほぼ平年並みでしたが、前年より勝馬率が約5%上がったにも関わらず、GI馬(3頭→2頭)・重賞馬(10頭→6頭、牝馬に至っては重賞馬0)・勝利回数(127→119)は減少した辺りにレベル低下が見て取れます
特にクラシックが低調で、当PO馬のダービー連勝は11年でストップ、桜花賞・皐月賞・オークス・ダービーに延べ12頭が出走も、1頭も掲示板に載らないという結果に終わりました


では優勝者から発表します。

優勝 Ha-lllo氏
総獲得賞金  48145万
賞金獲得比率 23.8%
獲得ポイント 237583P
46戦14勝
出走12頭/勝ち馬7頭

最後は脚が止まった後続を尻目に悠々と逃げ切る形となり、前年屈辱の最下位からのV字回復で第14回以来13年振り2度目の優勝を果たしました
前年最下位から翌年優勝したPOは自身を含め3人目ですが、前回優勝時も前年最下位からの巻き返しだったので、2度の下剋上を成し遂げたのは史上初の快挙でした。
勝ち馬は7頭に留まり、未出走馬・登録抹消馬はメンバー内ワーストの各3頭を数えるにも関わらず、メンバー中唯一となる重賞ウイナー2頭を輩出し、そのダノンスコーピオン・セリフォスが賞金ランキング1位2位を占め、ダノンスコーピオンが事実上の優勝決定戦となったNHKマイルCを制し、早々に独走優勝を決めてしまいました
他POの不調に助けられた感もありますが、獲得賞金は絹の牙の前年時(45012万)を上回っており、堂々の内容を伴う優勝でした

2位 フ・ルメール氏
総獲得賞金  26421万
賞金獲得比率 13.0%
獲得ポイント 130381P
55戦14勝
出走14頭/勝ち馬10頭

7年振りに勝ち越しましたが(途中3年休場含む)悲願の初優勝は成らず、2度目の2位フィニッシュでした
キラーアビリティがホープフルSを制し10年振りにGIを勝利、プルパレイがファルコンSを制し一時首位に立ったところまでは良かったのですが、そこで脚がバッタリ止まってしまい、ラスト2ヶ月で800万しか加算出来ないという急ブレーキで最後は大差を付けられてしまいました

3位 南の細川氏
総獲得賞金  25030万
賞金獲得比率  12.4%
獲得ポイント 123516P
66戦15勝
出走15頭/勝ち馬11頭

初の負け組となった前期から巻き返し3位フィニッシュでした
序盤から好調な出足を見せ8月までは首位キープ、その後もキングエルメスが京王杯2歳Sを制す等、何時でも首位を窺える位置に付け、今期最多勝を挙げ最多の勝ち馬を輩出しながらも、4頭が延べ10回GIに駒を進めながら1度も掲示盤に載れなかった事が痛く、フ・ルメール氏同様最後は息切れしてしまいました
来期は全て現時点で既にJRA登録済の馬で固めて来ましたが、これは意図的な作戦なのでしょうか

4位 アマランサス氏
総獲得賞金  19556万
賞金獲得比率  9.7%
獲得ポイント 96504P
58戦13勝
出走13頭/勝ち馬10頭

早くもここからは負け組となります
初期メンバーにも関わらず、これまで優勝経験も無ければ最下位になった事も無いという妙な安定感を誇る同氏ですが、前期の微差勝ちから今期は微差負けという如何にもな結果でした
抽選の末に獲得した予告1位指名馬ディーンズリスターが開幕直後にリタイア、最終週に何とかデビュー勝ちを果たしたもののこれが最大の誤算で、ジャスティンパレスがホープフルS2着からクラシックへ駒を進めたのがほぼ唯一の見せ場でしたが、皐月賞・ダービー共に9着という結果で勝ち組に転じる事は出来ませんでした

5位 孤高の谷さん氏
総獲得賞金  17035万
賞金獲得比率  8.4%
獲得ポイント 84063P
72戦14勝
出走15頭/勝ち馬10頭

シーズンを通してほぼ中団のまま5位フィニッシュでした
15位指名馬アートハウスが忘れな草賞を快勝し2番人気で挑んだオークスが最大の見せ場でしたが、7着に沈み勝ち組へ転じる事は叶わず終戦となりました
来期は既に入厩馬8頭を揃え、従来のロケットスタート作戦に戻して来た様ですが、開幕ダッシュの可否に注目です

6位 TEMPEST氏
総獲得賞金  15598万
賞金獲得比率  7.9%
獲得ポイント 78734P
65戦10勝
出走15頭/勝ち馬9頭

あのN氏と並ぶ7年連続負け越しからの脱出を目指した今期でしたが、遂に新記録達成となる8年連続負け越しを喫してしまいました
最後見せ場は作りかけたのですが、オークス出走パーソナルハイは16着に沈み、ダービーに出走予定だったサウジアラビアロイヤルC勝ち馬コマンドラインはまさかの除外という結末で、一発大逆転とは成らず終戦となりました
来期は長いトンネルから抜け出すべく、前幹事さんの出資馬プレドミナルを1位で獲得しましたが如何に

7位 ミギミミミギミミ氏
総獲得賞金  14842万
賞金獲得比率  7.7%
獲得ポイント 73972P
66戦10勝
出走15頭/勝ち馬8頭

僅かに初出場初優勝の快挙に届かなかった前年から一転、2年目のジンクスにハマる形となり7位フィニッシュでした
今期は白毛馬・静内農業生産馬・豚の角煮等、多彩なラインナップで臨みましたが、リューベックの若駒S勝ちが唯一の見せ場でした
来期は開幕前からドラフトで抽選4連敗を喫する波乱のスタートとなってしまいましたが、ふざけているのは登録名だけ(笑)という一見真面目な指名が功を奏するのでしょうか

8位 タケノベルベット氏
総獲得賞金  14842万
賞金獲得比率  7.3%
獲得ポイント 73241P
67戦13勝
出走15頭/勝ち馬10頭

派手な活躍で勝ち組だった前年から一転、ミギミミミギミミ氏同様2年目のジンクスにハマる形での8位フィニッシュでした
予告1位指名馬ダノンフォーナインが開幕直後に早々のデビューを果たしながら不発、何とか初勝利を挙げたのが閉幕直前だったのが最大の誤算で、それならばと2位指名馬ダノンギャラクシーが青葉賞で逆転を狙うも感冒で取消、最後は今期PO馬牝馬賞金女王に輝いた(?)コラリンが葵Sに出走も出遅れ惨敗、といった感じで成績がまとまっている割に内容が伴っていない1年だった様に思います
来期は懲りずにまた予告指名して来ましたが(笑)今度は結果が伴うのでしょうか

9位 絹の牙
総獲得賞金  11708万
賞金獲得比率  5.8%
獲得ポイント 57776P
48戦10勝
出走13頭/勝ち馬8頭

ディフェンディングチャンピオンとして連覇に挑むも、過去3度の優勝翌年は全て大敗(うち2度は最下位)というデータをまたしても覆す事が出来ずブービーに沈みました
ドラフトでは1位も2位も連続抽選勝ちし手応え充分だったものの共に1勝止まり(シルクの当たりは超高額馬にあらずというのは判ってるんやけど)、ターニングポイントはシンザン記念1番人気で臨んだラスールが惨敗した所で、多分あそこからは勝てない流れだったと思われ、POGスタリオンのグラフを見れば一目瞭然ですが、8月末から閉幕までずっとブービーのまま終戦となりました
来期は1位抽選勝ち・ダービー馬の半妹を獲得・キズナ馬鹿にもなって2位抽選に敗れた以外はほぼ万全の布陣で臨む事に加え、勝つ順番の年なので多分大丈夫かと

10位 トゥッティー氏
総獲得賞金  8355万
賞金獲得比率  4.1%
獲得ポイント 41230P
45戦6勝
出走13頭/勝ち馬6頭

前期はPOG連覇こそ逃したもののダービー連覇を果たし僅差の3位でしたが、今期はダービー3連覇はおろか2勝馬すら輩出出来ない惨敗で自身6年振り2度目の最下位に沈みました
1位指名馬コントレイル全弟サンセットクラウドがよもやの7戦未勝利に終わったのを筆頭に思うように勝ち鞍が増えず、メンバー中唯一の1桁勝利・賞金1億円割れで出走数も最小、初出走・初ポイント獲得もメンバー中最遅だった為、これまたグラフを見れば分かる通り、1年を通じて1度も順位を上げる事が無い完璧な最下位でした
遂に来期は頼みのディープインパクト固めが不可能となり(それでもディープ産駒2頭指名でアストラぽん太氏と共にディープ馬鹿の座は死守)、現時点での入厩馬不在というラインナップになってしまいましたが、果たしてこの逆境からの巻き返しは成るのでしょうか


長くなりましたが、今週からまた新たな戦いが始まりますので改めて1年間宜しくお願いします。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

来期指名傾向

2022-05-26 17:08:44 | その他・雑談
来期指名傾向(通称:馬鹿ランキング)がまとまりましたので掲載しておきます。
今回はかなり傾向の変化が見られました。

・総指名頭数
210頭(内訳:牡134頭・牝76頭、美浦79頭・栗東129頭・厩舎未定2)

牡牝の比率は64:36で平年並みも、東西の比率は38:62で記録に残っている限りでは関東馬の比率が過去最高に。(例年は30%前後)

牡馬鹿は2年連続でTEMPEST氏(13頭)
牝馬鹿はこちらも2年連続になる孤高の谷さん氏とHa-lllo氏(8頭)
関西馬鹿はアマランサス氏(14頭)
関東馬鹿はTEMPEST氏(9頭)

・人気種牡馬ベスト10
1 ロードカナロア(27頭)
2 エピファネイア(23頭)
2 ハーツクライ(23頭)
4 ドゥラメンテ(15頭)
5 キズナ(10頭)
5 キタサンブラック(10頭)
5 サトノダイヤモンド(10頭)
5 ダイワメジャー(10頭)
9 モーリス(9頭)
10 ハービンジャー(8頭)
10 リアルスティール(8頭)

昨年まで年によってはシェア50%超えの断然人気だったディープインパクト産駒が激減(前年57頭→5頭)し12年続けたトップを譲り渡したた結果、おそらく過去最多と思われる40頭の種牡馬産駒に指名馬が分散、ベスト10も一極集中から群雄割拠へと様変わりしました。
新たに指名産駒トップに立ったのは昨年18頭で2位だったロードカナロア産駒ですが、トップが30頭未満というのはリーディングサイヤーがサンデーサイレンスからディープインパクトに至る過渡期でも無かった事で、逆に10位が8頭というのは記録に残っている中では最多となり、種牡馬選択は面白くも難しくなりました。
ここの馬鹿探しも、これまではディープ馬鹿トゥッティー氏の独壇場だったので楽だったのが、指名産駒が分散しまくり該当者探しに手間取りましたが、同一産駒最多指名者はハーツクライ馬鹿のタケノベルベット氏とキズナ馬鹿の絹の牙の5頭指名でした。
多分この傾向は3年後にコントレイル馬鹿(今年はリアルスティール馬鹿になるかと思ってたらまさかの指名0)が現れるまで続くかと思われますが如何に…

・人気厩舎ベスト10
1 友道康夫(20頭)
2 国枝栄(19頭)
3 矢作芳人(16頭)
4 手塚隆久(10頭)
4 斉藤崇史(10頭)
4 藤原英昭(10頭)
7 木村哲也(9頭)
8 高野友和(7頭)
9 中内田充正(6頭)
9 松永幹夫(6頭)
9 宮田敬介(6頭)

1位と3位が入れ替わったもののトップ3は昨年と同じ顔ぶれが並ぶ結果に。
調教師リーディングとは傾向が異なるのが面白いところで、かつては人気常連で現在リーディング全国首位の池江厩舎はここでは不人気(指名馬4頭)で、関東首位の田中博康厩舎に至っては指名馬0、ちなみに当POGメンバー内で何かと話題になる今年リーディング10位の池添学厩舎は指名馬1頭でした。
かつての松国馬鹿・角居馬鹿・藤沢馬鹿等に見られた調教師に対する信仰心(笑)も薄れて来て、今年の同一厩舎最多指名者は4頭指名に留まり、手塚馬鹿のTEMPEST氏・斉藤崇史馬鹿のアマランサス氏・友道馬鹿のとぅうぇんてぃ氏の3名でした。

この指名傾向からも来期は予測の付きにくい戦いになるかとは思いますが、幹事的には今年よりハイレベルなレギュラーPOGになる事を期待してます
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

指名馬登録完了のお知らせ

2022-05-26 03:17:16 | 業務連絡
昨晩は皆さんお疲れ様でした。
2年続けての会場変更となり不案内な点もありましたが(駅近の割には経路が複雑やった)、予想以上に抽選も多く(お手付きはほぼ想定内)例年より時間も押しましたが、何とか無事にドラフト会議を終える事が出来ました。

先程Excelファイルのアップロード及びPOGスタリオンへの指名馬登録が完了しましたので、各自御確認下さい。
馬名・血統・性別・厩舎等に誤りがありましたら速やかに報告してもらえると助かります。
尚、POGスタリオンに関しましては、馬名表示されるのはJRA登録が完了している馬のみです。
もしJRA登録済の馬なのに馬名表示されていない場合は、登録の不備(母名記入に誤りがあるかシステムエラー)の可能性があるので、報告してもらえれば対処します。

来期用のPOGスタリオンのアドレスは変更となりますので、ブックマークされている方は、このブログのブックマークからPOGスタリオンへ移動してブックマークし直して下さい。

※ブログの仕様変更により現在PC版しかブックマークが表示されない様なので、スマホ版から直接見たい方は下記リンクより移動して下さい。
第28回レギュラーPOG
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

来期ドラフト会議に於ける抽選順に付いて

2022-05-23 13:06:23 | 業務連絡
いよいよ来期ドラフト会議があと2日後に迫ってまいりましたが、皆様準備は進んでいますでしょうか?
ご承知の通り今回は全日程終了前の会議実施となりますので、指名馬重複時の抽選順は現在の今期順位に基づき決定し以下の順となります。

☆来期ドラフト会議抽選順位
1 トゥッティー氏
2 絹の牙
3 タケノベルベット氏
4 ミギミミミギミミ氏
5 TEMPEST氏
6 孤高の谷さん氏
7 アマランサス氏
8 新規参加PO
9 新規参加PO
10 新規参加PO
11 新規参加PO
12 南の細川氏
13 フ・ルメール氏
14 Ha-lllo氏

負けてる順にクジが引けるというだけの順番なので大して意味は無いのですが(気分の問題?)、新規参加POの方は今期負け組と勝ち組の間に入ってもらいます。
新規参加PO間の抽選順に付いては、会議開始時にクジ引きの練習も兼ねて(抽選箱に手突っ込んで1枚取るだけやけど)指名重複時抽選と同様に抽選券を引いてもらい、数字の大きい順に8~11番目の抽選順を決めてもらいます。
このクジ引く順番はどないしよか?と考えましたが、時間的余裕もあまり無いかも知れないので、勝手ながら参加表明順(奈良のパチカス氏→ももな@俺の嫁氏→とぅうぇんてぃ氏→アストラぽん太氏)とさせていただきますのでご了承下さい。

普通に考えれば参加者増に伴い抽選機会も増えそうなものですが、キンカメ産駒不在・ディープ産駒激減となる来期は指名馬が分散して抽選減る様な気もするし、どちらに転ぶかは蓋開けてみないと分かりませんな
傍から見てる分には抽選多い方が盛り上がるので(当事者になるのは嫌)大いに結構な事ですが、幹事的には進行が気になるのでサクサク進んで欲しいところではあります
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

5/22付レギュラーPOGランキング

2022-05-23 09:44:40 | POGランキング情報
☆概況
・ラス前となる第51週は14頭のPO馬が出走、7頭がポイント獲得も全馬未勝利に終わり、今月に入り全く順位変動が無い上にトップの人以外は全員ポイントを減らし、楽しんでいるのは一人だけという非常に盛り上がらない展開に
・オークスには3頭のPOが出走も誰も掲示板に載れずこの結果、TEMPEST氏の優勝の可能性が消滅2位フ・ルメール氏も今週は賞金加算出来ず首位との差を詰められなかった上、来週はダービー以外の特別登録が無かった為、逆転する可能性はほぼ消滅したものと思われ、ダービーの結果を待たずしてHa-lllo氏が事実上13年振り2度目の優勝を決めた模様

☆第27回レギュラーPOG成績
(第51週終了、残り1週)
  PO     総賞金 獲得比率 ポイント
1 Ha-lllo      47935 24.1% 241,286
2 フ・ルメール   26121 13.1% 131,483
3 南の細川     24510 12.3% 123,374
4 アマランサス   19036 9.6% 95,820
5 孤高の谷さん   16285 8.2% 81,972
6 TEMPEST    15955 8.0% 80,311
7 ミギミミミギミミ 15298 7.7% 77,004
8 タケノベルベット 14092 7.1% 70,933
9 絹の牙      11708 5.9% 58,933
10 トゥッティー   7725 3.9% 38,885
合計       198665
平均値       19867  10.0%
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

来期予告1位指名馬(5/23現在)

2022-05-20 20:20:20 | 業務連絡
先日追加予告がありましたので追記しておきます。

☆予告1位指名馬(5/23現在)

バトルハーデン
(予告PO:奈良のパチカス・馬主:サンデーR・牡・父ドゥラメンテ・母ラヴズオンリーミー・栗東:矢作芳人厩舎)

ダノンバビル
(予告PO:Ha-lllo・馬主:ダノックス・牡・父ロードカナロア・母レキシールー・栗東:中内田充正厩舎)

セリエンホルデの20
(予告PO:タケノベルベット・馬主:ラ・メール・牡・父ロードカナロア・母セリエンホルデ・栗東:矢作芳人厩舎)

チャンスザローゼス
(予告PO:とぅうぇんてぃ・馬主:藤田晋・牡・父エピファネイア・母ヴィンテージローズ・栗東:中内田充正厩舎)
初参加とぅうぇんてぃ氏が奈良のパチカス氏1位指名馬漏洩の責任を取って自らも予告指名でケジメを付けて来ました
こちらもとぅうぇんてぃ氏に敬意を表して、投稿日時を5月20日20時20分20秒にしておきました(PC版なら秒まで見れます)
指名馬の方は今期最注目馬主と言ってもいい藤田晋オーナー所有の購入価格2億2千万円の高額馬ですが、意外にも薔薇一族って今までローズキングダムのJC繰り上がり1着を除きGI勝ちが無いのね(先日オークスも2着)
そういう意味でも注目の1頭ではあります

投票直前まで予告OKですが、こちらも準備で多忙なのでExcelファイル及びブログへの反映は明日までの予告分とさせていただきます〆
繰り返し補足しておきますが、プロ野球のドラフト同様、予告指名したからといって必ず獲得出来る訳ではありません。
予告をぶつけるのも有りですし、黙って当日に抽選へ持ち込むのも有りですので、上記の馬が欲しい人はドシドシ喧嘩売ってあげましょう
あと予告する側のモラルとして、予告した馬をドラフト当日に黙って変更するのは止めましょう
特に罰則等設けるつもりはありませんし、直前に故障が判明しても指名しろとか無茶言うつもりもありませんので、止むを得ず予告指名の取り下げ・変更を行う場合は速やかにその旨申し出て下さい

※来期ドラフト会議は明後日5/25(水)に迫っておりますので、くれぐれもお間違いの無い様に各自準備を進めておいて下さい。
あと写真の一覧表は投票用紙フォルダにアップロードしていますので、欲しい方はご自由にダウンロードして下さい。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする