東濃IFR

ACARS,グライダー、航空機

飛騨信濃直流幹線建設工事に伴う物輸(9月28日午前その2)

2018年11月15日 06時45分27秒 | 航空機
前回の続きです。

黙々と作業をこなしていくヘリと地上班。
ミキサー車は5回くらいでカラになるようで、場外には常に2台のミキサー車がスタンバイする。



9:09 接地確認。ワイヤー切り離し。


隣のバケットにワイヤーをかけてテンション~


OK


ローターのピッチが変わったせいかベイパーが出る。


重そうだけどピューマのペイロードからしたら2/3くらいのパワーかな?


9:13 戻ってきて


また現場へ。


 本当に同じ作業の繰り返し。
 しかし周辺空域の状況は同じとは限らない。
 風は常に変わるし、何が起こるかはわからない。
 ずっと緊張が強いられるパイロットは本当に大変だ。



9:18 テンションかけて~。  地上も常に激しいダウンウォッシュに晒されるので体力が奪われる。


9:22 場外に進入…


もうちょっとこっちへ。


 静止画だと迫力不足かもなので今回は動画も。
 カメラの方では近すぎたので携帯にて撮影…。



風の音が凄いです。



結構距離あるんだけどな(笑)


機上整備士も大変だ。


お腹の下の様子も良く見える。


9:40 ゆっくり下ろして~


ワイヤー切り離し。フックを保持して移動。


機体も下の状況を見ながら移動。


9:41 ゆっくり降下開始。


そっと~


ちょっと寄せて。


着陸よし!


 小休憩になりそろそろ自分もお暇する時間。
 次上がったら帰るか。



9:48 準備はいいですか~


9:49 機長からのサムアップ。


9:50 離陸。左は中日本の現場責任的な人なのか、微動だにしない。


地切りして


9:51 JA9965 AS332L1 中日本航空  再びコンクリ配送開始。


 これにて現場を離脱。
 関係者の皆様、ありがとうございました。

コメント (1)

飛騨信濃直流幹線建設工事に伴う物輸(9月28日午前その1)

2018年11月13日 21時16分17秒 | 航空機
それは風の噂だった。
上高地に向かう間にヘリコプターを見た、というもの。
その時は山小屋物輸かドクターヘリだろうと思っていたがどうも違う。
具体的にどのあたりで見たのか調べると、どうやら飛騨信濃幹線建設現場と関係があるような感じ。
それでは前回は岐阜県側で途中になってしまった場外探しの続きをしてみるか。

前回の続きとなる野麦峠付近から松本方面へと抜けることにする。
しかし、いくつか分かれている工区なので塔体が完成している区間もあればまだ全然の所も。
林道を進んでいくと急に開けた場所に出る。



おお、場外見っけ。でも機体がいない。


 場外回りに荷物も無い。
 実際に使うのはまだ先のことだろう。
 早々に見切りをつけて移動を開始。
 
 しばらく行くと工事案内表示板があった。
 そこには「ヘリポート」の文字が。
 関係者に事情を話し、その車の後ろをついて行くと…



8:28 おお、ちょうどエンジンスタート!


8:30 No.2スタート!


8:33 スタビライズ。


8:34 上がれ~


ピューマのダウンウオッシュが襲う。


まずは現場確認へ。


 現場監督にご挨拶。
 しばらく撮ったら撤収しますので…。

 機体が現場確認に向かっているうちに地上では生コン運搬の準備が行われる。
 ミキサー車が待機位置に移動し、地上員がホッパーに規定量を入れる。



8:40 現場確認終了して戻ってきた。


一旦着陸へ。


8:42 バケットの準備をしている地上員。


8:43 お腹の下にあるフックにロープをかける。


8:46 再び離陸して…


フックの作動を確認してからバケットへ。


フックにバケットのワイヤーをかけて


8:47 ゆっくりとテンションをかけて行く。自分の方へもダウンウオッシュが(笑)


8:48 場外の上で向きを変えて建設現場へと向かう。


 お話を伺うと今日はほぼ一日生コン搬送とのこと。
 自分は次の用事のこともあるから1時間程見たら離脱することにした。



8:51 お、戻ってきた。1回3~4分くらいかな。


8:52 下の状況を見つつ機長にアドバイスする機上整備員


今日はベイパーマシマシです(笑)


機体真下に入ったわけではないのですがファインダー越しに「誤作動は勘弁!」と思う瞬間。


8:56 全体風景。


 地上員はずっとダウンウオッシュに耐えなければいけない。
 力仕事だけでなく、体で受け止める衝撃はかなりのものだろう。



9:00 あと3メートル…


バケット接地、ワイヤー切り離しして次のバケットへ装着。


9:01 テンションかけて…


現場へと向かう。


9:04 はーい、ゆっくり~


9:05 地上の状況を見つつ地切りして…


JA9965 AS332L1 中日本航空  ずっと同じ操縦をする機長も大変だよね。


同じコースをトレースして現場へ向かう。



続きます。
コメント (1)

小松基地航空祭2018(9月17日後編)

2018年10月28日 20時48分57秒 | 航空機
地元小松の機体が大暴れした後は岐阜基地からのリモート展示。
先ほど基地上空を通過して日本海上で待機していた機体が進入してくる。



11:01 会場左手より高速進入からの、


レフトターン。#336


11:04 爺さん、あまり無茶するなよ!


11:05 ギアダウンしてレフトターン。


11:06 対地攻撃のデモのため一旦高度を取って急降下。


 対地攻撃デモのF-4EJに対し地上ではVADSの対空射撃で応戦。
 ABの音でVADSの射撃音がかき消される。



大きく翼を振って「バイバイ」 また11月にね!


11:07 入れ替わりで進入してきたのはこれまた岐阜よりF-2 #514


ベーパー出まくりのこの機体。


11:11 対地攻撃デモで進入する。


レフトターンでブレイク。


11:14 バイバイのウイングロックからのハイレート。お疲れさまでした。


 さて、これで昼食。
 買ってあったパンが結構あってフードコートまで行かなくてすんだよ。
 


11:42 JA01KY(HK36TTC)とJA2380(ASK21)がデモフライト。静かすぎて気が付かない人も。


 そろそろブルーインパルスの準備が始まる。
 整備士が機体周りに見え始めた。



12:13 機体の点検開始。


最前列の声援に応える石川三等空曹。


ウォークダウン前にやって来たパイロット達。


 飛行展示に入る前に点検日誌にサインして備える。
 他にも機体周りを確認してOKならウォークダウンの場所へと向かう。

 会場で流れる音楽が変わる。
 ダレていたいた子供達に「そろそろブルーインパルスが飛ぶよ」と声をかける。



12:38 6番機担当の佐藤一尉が機体へと向かう。


迎えるは猪俣3等空曹と石川三等空曹。


機体に乗り込み出発準備を進める。


 子供達の「まだ飛ばないの~?」の声の後にエンジンスタート音が響く。
 長女は「お!」という顔だが次女は耳を塞ぎ始める。
 次女にイヤマフを装着するのだった。
 長女は「さっきの(F-15)に比べればT-4は静か!」



ハンドサインで整備士とやり取りする。


タキシーアウトする各機。まさかこっちからとは思わず(笑)


 見ての通り、結構近いためブラストをまともに受ける。
 その風に観客からどよめきが起きるが皆慣れたもの。
 お父さんは長女を、母さんは次女を肩車。
 二人とも手をちぎれんばかりに振ってお見送り。



次女もニコニコしていて一安心。


 さて、それでは引き上げだ。
 シートを畳み、動ける準備をして離陸を見守る。
 各機が離陸したところで移動開始。
 だるまさんがころんだ、じゃないけど会場に進入してくるたびに後ろを振り向く感じ。
 そうじゃないとバス待ちの列が大変なことになるんだよ。



タッククロスはトイレよりも後方で見た。


レベルハートは手荷物検査場付近で。


 後ろ髪をひかれながら会場を後にする。
 しかしブルーの演技はショーセンターからずれるが見ることはできる。
 バスに乗り込むまでにサクラやコークスクリューの一部は見えた。

 バスの待機列は短くて済み、2台待つだけで乗れた。
 金沢行の電車の接続も良く、座れたのはとても助かった。
 
 帰りの道中で夕飯を食べたからというのもあるが20時頃に帰宅。
 サッとお風呂に入って子供たちを寝かしたのだった。

 後日、長女は「また見たい!」と岐阜へ行く気満々。
 次女は「…長い」と一言。
 何のことかと思ったら、ブルーインパルスはまた見たいが待ち時間が長かったのが気に入らないようだ。
 じゃあ岐阜のときは自分だけ先に行って場所取りするか…。


ちなみに、来場者数は主催者発表で12万3千人だったそうだ。
今回もバス芸人様、フォローありがとうございました。
コメント (4)

小松基地航空祭2018(9月17日前編)

2018年10月26日 06時55分47秒 | 家族
やはり起きた小松ミラクル。
天候の回復を信じて行ったかいがあったというものです。



入場待ちの行列に並んでいたらランウェイエンド真下でオープニングフライトを終えた機体がアプローチ。



 話しはかなり遡ること5月11日。
 師匠であるバス芸人様より小松基地航空祭の日程が発表されたと連絡がくる。
 開催日はこの頃多いハッピーマンデー9/17
 仕事の状況は判らないが取り合えず宿の予約だけはしたのだった。
 その日の夜にヨメと話してGOサイン。

 その後、ブルーインパルスの飛行展示が行われることが確定したところで長女にも話す。
 すると「FDAの次に好きなブルーインパルスが見れる!」と喜んだのだった。

 もう少し子供が大きくなっており社会の勉強とかしているなら16日に金沢市内の観光でもするところ。
 しかしまだ幼児ではわからないだろうし、高山周りで行くことにして義姉のところに寄ることにした。



16日
この週の天気予報は大荒れ。
週間予報もころころと変わり、前日になっても予報会社によっても予報が全然違う状況。
最悪当日が雨になっても機体見学やタキシーダウンくらいは行うだろうと判断して出発。
一路、高山へ向けて車を走らす。



今回もお昼は萩原にある「紺のれん」にて。次女はつけ麺を頼んで半分しか食べられず。


 「高山まだ~」と子供達。
 ここまで来たらあと少しだよ。
 市内渋滞を考慮して美女街道側から図書館へ。
 義姉の家では仕事の旦那さんを除いた皆が出迎えてくれた。
 今日が誕生日のヨメ、ケーキを買ってくれておりみんなでお祝いとなった。



うちらの分まであり恐縮です。


 この後どこへ行くの?というYちゃんの質問に「金沢まで行ってそこで夕飯」と答える。
 そこでホワイトギョーザを食べるんだよ、と続けると「どんななの?」と聞かれる。
 こんな感じの、と説明すると油性ペンで何やら書き始める。
 やっぱりセンスあるわ…。
 


真ん中の「想像図」が話を聞いただけで描いたもの。その後写真を見て「本人」 周りはヨメの描いたもの。


 15時半過ぎに高山を出発。
 久しぶりに皆に会えてよかった。
 でも義兄さんにも会いたかったな。

 市内の混雑を抜けて高速へ。
 いつもの道で金沢大学の裏へ出る。
 17時ちょい過ぎに「第7ギャーザの店」に着いたにもかかわらず駐車場はいっぱい。
 なんとか車を止め、自分は2階の有料個室の順番取り。すでに80分待ちて…。
 ヨメと子供たちは向かいにあるイオンもりの里で明日の朝ご飯の調達に向かった。
 辛抱強く待つこと1時間。名前を呼ばれ個室の番号カードが渡される。
 すぐに注文し、ヨメに電話して個室に来るように言う。
 外を見ると丁度歩いているのが見えた。

 皆がそろうとほぼ同時に注文していたものも届く。
 カウンターだと結構待つけどこれは早い!



久しぶりに食べるホワイト。おいしかった。


 これに焼餃子も頼んでおいて正解。
 子供たちが「おいしい!」を連発し、4個づつとご飯をペロッと食べてしまった。
 今度は本店からお取り寄せするか。

 車もお腹いっぱいにしてから今日の宿である東横インへ。
 子供たちを風呂に入れ、自分もほぼ一緒に就寝。
 明日は早いぞ。





17日
大人は5時半に起床。6時頃に子供たちを起こしてすぐに着替える。
車はホテルの立駐に延長で止めさせてもらう。
いらない荷物を車に放かり込み、カメラやレジャーシートを装備。
さて、金沢駅へ急ぐぞ。

既にバス芸人様は会場入り口で待機中とか。
刻々と状況が送られてくるがその内容に戦慄する。
金沢駅のホームには予定より早く着き、1本早い電車に乗ることができた。
しかし座ることができず子供たちは「お腹すいた」という。
小松駅に着いたら一息つける、と思ったらとんでもなかった。
手荷物チェックの優先チケットをもらい、タクシーに乗るために駅を出るとすでにすごい行列。
これを待つ間に子供たちは昨日買ったパンを食べる。

やっとタクシーに乗り動き始めたところでバス芸人様より着信。
すでに東門の待機列が「自衛隊前」信号を越えて見えないとのこと。
運転手さんに「浮柳中央」交差点より基地方面へ向かってほしいと伝える。
走ること数分、浮柳中央交差点を曲がろうとしたところで行列の最後尾となる。
ここまで行列が伸びたのか。



7:44 さらに列は伸びて浮柳新橋を越える。師匠からは「ゲートは開いた」と連絡がきたが…。


 基地の方からはF-15のエンジン音が聞こえはじめる。
 この状況じゃオープニングフライトは撮影できない。
 せめて見るだけでもね。

 遠くを離陸してハイレートで上がって行く機体が見える。
 アフターバーナーは勿論ONでの離陸だがすでにこの距離で次女は耳をふさいでいる。
 会場着いたらどうなるか…。

 しばらくして列が動き始める。
 ちょうど共生の丘の出入り口辺りでオープニングフライトを見る。
 そしてエンド付近で戻ってきた機体を見ることになった。
 長女ははしゃぐが次女は耳をふさいで無表情。

 東ゲートに続く行列は途中からスカスカになり、バスを降りた人がそのまま行列に合流する。
 その様子を見て周りからはブーイングが聞こえる。
 次回もこの様子なら自分も考え物だな…。


 ようやく基地に入り、今回新設された「キッズエリア」的な場所に入る。
 最前列はさすがに無理だったが結構前の方で何とかウォークダウンが見られるかな。



8:56 お腹を見せつけて飛ぶ303SQのスペシャルマーキング。


9:05 306SQのスペシャルマーキング。ここからじゃまともに離陸は撮影できない。


9:11 ABオン!


爆音祭りともいわれる小松の航空祭。ABが良く見える。


 敷いたレジャーシートに次女は耳を塞いで寝転んでしまう。
 長女は飽きて昨日買った本を見始める。
 この爆音の中、何事もなく本を見ていられる長女もすごいな。

 疲れたヨメと子供二人はしばらく休憩。
 その間に自分は挨拶回りがてら地上展示機を撮影していく。



お、ひゃくりん。


このスペシャルマーキングを狙いで訪れたファンも多かった。


RFとの並びを見られるのもあと僅か。


9:13 湿度は高いようでベーパー祭り。しかし遠い…。


コンバットピッチに入ったので間もなく着陸か。


9:18 #885 何とか撮影できたが障害物が多過ぎ(笑)


9:21 #805 一応確保。両面しっかり撮りたかった。


 バス芸人様とようやく合流。
 最前列を確保しているのはさすが。
 子供とヨメを会わせるため移動…
 


お手玉して遊んでいたよ。


 暑いからかき氷を買ってきて欲しいとのことでANAブースによりがてら屋台エリアへ。
 師匠とはANAブースで離脱。
 しかしこんな天気になることは誰が予想していたのか。
 かき氷屋さんはてんてこ舞い。
 列に並んでいる間に救難展示が終わってしまったのだった。
 かき氷を手に自分の場所に戻るが3人の姿が見えない。
 


9:59 小松☆最高 本当に最高!


10:02 救難展示を行ったUH-60Jがタキシーバック。


10:03 アグレッサーが順次離陸。


 R/W06なら離陸時のマニューバも楽しめただろうけどちょっと残念。
 離陸した#070がそのままターンして来る。
 


10:04 お腹についているのはALQ-131というECMポッド。


10:05 #082はハイスピードローパスからの…


左へ!低さがお判りいただけるでしょうか(笑)


ベーパーというより雲を背負って飛ぶ。


10:19 303SQ、306SQ、飛行教導隊による大編隊。


10:40 やはり10機ともなると迫力がある。


10:48 お、そろそろ終わりか。


10:48 IBEXの定期便が降りてきたところでちょうど区切りだったようだ。ちゃんとスペマを突っ込んでくる各社。


 「ブルーインパルスはまだ?」と長女。
 まだ先になるかな。
 上空では岐阜からのお客さんが通過したのだった。
 またこれから見せ場があるようだ。


コメント (4)

9月上旬自隊訓練(9日後編)

2018年10月24日 08時14分30秒 | 航空機
前回の続きです。
訓練は基本動作の確認のような感じ。



14:30 ホイスト止め!


14:31 バーティカルストレッチャーとガイドロープで吊り上げ。


あと1メートル…


頭から収容。収容完了したらすぐに着陸へ。


14:33 着陸。すぐに隊員が降機して配置につく。


14:36 上がるよ~


離陸。


14:37 ホイスト降下にて隊員二名を投入。


14:40 要救助者にエバックハーネスを装着。


14:41 地上の準備ができたのを見計らって進入。


この形状がFastfinの特徴。銘板は左側のみ。


14:43 要救助者を吊り上げ。


要救助者の首元くらいにあるハンドルを持って機内へ引き込む。


14:44 もう一人もエバックハーネスにてピックアップ。


14:45 よっこらせと。


そしてすぐに着陸。また隊員が降機する。


14:47 上がるよ。


14:48 今度は1名がホイスト降下。


14:49 ホイスト止め。


要救助者にサバイバースリングを装着してピックアップ。


14:50 機内収容完了、着陸へ。


着陸。地上に残っていた隊員が搭乗する。


14:52 離陸して…


レフトターンしてきたよ。


M操縦士のサービスありがとうございます。


JA119V Bell412EP 岐阜県防災航空隊「若鮎III」  お手振りありがとうございます。お疲れ様でした。


 天気はアレでしたが満足な40分でした。
 またよろしくお願いします。
コメント