GONZABUのバタドラ生活

漫画業やっております後藤圭介です。映画、サッカー、ジョグ、建築、美術、日々の出来事、たまに仕事の告知等ゆるりと語ります。

駆け込みマウリッツハイス美術展

2012-09-13 10:26:32 | アート・文化

昨日、上野の東京美術館へ<o:p></o:p>

 

マウリッツハイス美術展に行きました。<o:p></o:p>

         Img_0002_2

4月にフランスに行った時はフェルメールが貸し出し中で<o:p></o:p>

 

見れなかった事もあり今回の展示を気にはしていたのですが、<o:p></o:p>

 

今月17日の閉幕が近づくまで忘れていました。<o:p></o:p>

        Dsc_0951

午後55<o:p></o:p>

 

この時期でもまだ入館待ちの行列が。<o:p></o:p>

 

40分待ちの様です。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

公式サイトの混雑状況の配信によると午後2時辺りは70分、<o:p></o:p>

 

3時は50分と短くはなっていましたが…。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

フェルメール人気の凄さを再認識です。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 

しかしレンブラントルーベンス等のフランドル絵画の作品群も<o:p></o:p>

 

目を見張る精緻な描写で圧倒的な存在感を放ち、<o:p></o:p>

 

48点ほどでしたが全作品かなり見応えのある展示といえます。<o:p></o:p>

         Img_0003_2

特にこのシメオンの賛歌1631)では天啓を表わす一筋の光が<o:p></o:p>

 

幼子のキリストやマリア、ヨセフたちを浮き立たせ、<o:p></o:p>

 

薄闇の広い空間にシメオンの歌声が静かに響いているのが<o:p></o:p>

 

今にも聞こえてくるかようです。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

真珠の耳飾りの少女はそこだけで30分待ち。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

だだ、背中越しでも良ければということで、<o:p></o:p>

 

別枠で通常スペースもあり、そちらの方が回転も速く<o:p></o:p>

 

すぐに一番前でじっくり見れました。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 並んだ人は立ちどまりが禁止ですので、むしろ普通に見た方が長く見れます。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

<o:p></o:p>

 

ショップに行くと何故か<o:p></o:p>

 

「真珠の耳飾りの少女」をイメ―ジした(というのもよくわかりませんが)<o:p></o:p>

 

羊羹が売られていました。<o:p></o:p>

 

<o:p> </o:p>

 コラボしたミッフィーのぬいぐるみを大人買いしているOLも…。<o:p></o:p>

         2012_0913_093043img_3431_3

1500円くらいしますが、バカ売れしていました。<o:p></o:p>

         Dsc_0959_2

出口にはオフィシャルサポーター武井咲さんが着用したコスチュームも展示。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2012旅~ロンドン編 VOL.2 ... | トップ | バタドラシネマ VOL.1 クレ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (saki)
2012-09-14 00:46:19
はじめまして
マウリッツハイス美術展には私も出掛けたので
ミッフィー絵本は購入してまいりましたが
青いターバンミッフィーには気が付きませんでした。
画像拝見して感激です♪
もし見つけていたら即買いしてたと思います(笑
可愛いお写真ありがとうございました。
コメントありがとうございます (GONZABU)
2012-09-15 09:28:46
コメントありがとうございます

ミッフィ―のキーホルダーも在りましたよ
6,7センチほどでコレより若干小さめ。

今後、美術館巡りでお勧めがあればご紹介ください。
ご丁寧なご返信恐縮です。 (saki)
2012-09-15 22:44:55
ご丁寧なご返信恐縮です。
こちらこそ記事楽しみにしています。
ギャラリーの”女性”素敵ですね。
憧れます♪

コメントを投稿

アート・文化」カテゴリの最新記事