晴れ時々絵日記

日常や旅先でのお気に入り場面をデジカメで切り取っています。

立待岬に吹く風が

2016年11月18日 | 北海道
東京へと戻る日、函館の立待岬に立ち寄りました。
海岸線の切りたった岩肌が自然の力強さを感じさせてくれます。
津軽海峡の海風がさほど冷たくもなく心地よい。
名残惜しい北の風景をしばらく眺めていました。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 朝食は函館朝市で | トップ | 青空の小石川植物園から »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
時々絵日記さま (いせえび)
2016-11-20 22:28:07
こんばんは。
立待岬は私も行ったことがあります。
函館は啄木が好きだった町のようで、有名ないくつか歌を残しています。
その啄木の足跡を訪ねた折、啄木一族の墓のあるこの岬へ来たのです。
足元の北国の冷たい色の海に、操業中の漁船が見えますね。
お写真のように断崖の向こうは津軽海峡でしたね。
私の時は薄い海霧がかかっていました。
これまでの一連記事と写真を拝見していたら、車では割高ですので、今度は飛行機とレンタカーで、函館、道南をまためぐりたくなってきました。
いせえびさま (時々絵日記)
2016-11-21 23:00:48
いせえびさま
こんばんは
コメント頂きありがとうございます。
薄い海霧がかかった立待岬もいつか見てみたいです。
きっと雰囲気があって美しい風景なのでしょうね。
旅は大抵レンタカーを現地調達するのですが、今回は格安で借りる事が出来ました。3日間借りても1万円しないのですからお得でした。
道南めぐり楽しいでしょうね。
その時も美しい写真をたくさん見せて下さい。
こんにちは (ひより)
2016-11-22 13:24:36
私も夏休みに行ってきました。
ついこの間のことですが、こうして見ると懐かしい〜
北海道はレンタカーがないと不便ですよね。
良い旅をされましたね!!
ひよりさま (時々絵日記)
2016-11-23 22:38:22
ひよりさま
こんばんは
コメント頂きありがとうございます。
夏の北海道って爽やかそうでいいですね。
北の大地をレンタカーでめぐる旅って楽しいですよね。
雄大な景色を眺めると北の国からの主題歌を必ず歌ってしまいます。
懐かしんでいただけて嬉しいです。

コメントを投稿

北海道」カテゴリの最新記事