VALERIAN 映画と音楽 それはおれの非日常へのささやかなトリップ

日本代表、世相も切る総合エンターテイメント!過去記事はカテゴリー、最新表示は上のタイトルをクリック!

December Song (I Dreamed Of Christmas) / ジョージ・マイケル  ★ ジョージが届けたかった本当のクリスマスSONG ★

2018年12月24日 | お気に入りの1曲
 2016年12月25日、ジョージ・マイケルが英国オックスフォード州にある自宅で亡くなっているのが発見された。53歳だった。
 突然の訃報に驚いた。晩年の精神的な危うさから自死がよぎった人も多かったと思う。検視官の発表によると拡張型心筋症だったと。最近出ていたジョージの写真はかなりの激太りだった。心不全という死因も納得する所がある。発見者は最後の恋人と言われる男性だった。

「ラスト・クリスマス」のジョージがクリスマスに亡くなるなんて・・・

 「ラスト・クリスマス」は、ジョージ・マイケルの作詞・作曲で、ボーカルもジョージだけどワム名義。1984年に英国でシングルリリースされた。意外にもUSAではシングル化されていない。日本での受けはすごくいいと思う。クリスマスシーズンになると街でこの曲が流れていた。
 曲のStoryは、ハッピークリスマスSongなどではなく、実は失恋ソングという。
 ちょっとセンチなメロディーと、曲の雰囲気がクリスマスにマッチしたのだと思う。

 この曲のコード進行って、いわゆる C → Am → Dm → G7 という定番の循環コード。ぶっちゃっけひねりはない。でもこのコード進行ってちょっとセンチメンタルな感じになってすごく好き。日本人にも好まれる黄金コード。
 大ヒットした「ケアレス・ウィスパー」も失敗作と言っている稀代のメロディー・メイカーのジョージ。
 そのジョージが、この王道の循環コードでこの曲を作ったというのは、ちょっと意外。レコード会社から売れる曲を作れって言われてからなのか?本人もどういう風に思っているんだろう。ただ曲の内容とジョージの意志とは裏腹に、曲はクリスマスの街を演出する曲となった。

 クリスマスに天に召されたジョージ。ある意味、運命だったのか。
 多くの人にとって、ジョージ・マイケルのクリスマスSONGといえば「ラスト・クリスマス」だと思いますが、もう一つとてもすばらしい、クリスマスソングがあります。
 それが今回とりあげる「December Song」(I Dreamed Of Christmas) 。〝クリスマスを夢見た"という副題は、この曲のKeyです。
 旧友、デヴィッド・オースティンとの共作。
 この曲は2008年にジョージのオフィシャルサイトで発表され、無料でDLもできていた。後にCDとしてリリースもされる。
 ハートフルなコーラスで始まり、コーラスで終わる。このイントロすごく好き。フランク・シナトラの「the Christmas walts」のサンプリングなんだ。すごくいい。

 Merry Christmas
 Merry Christmas
 May your every New Year dream come true


 アニメで制作されたMusic Videoもドリーミーでハートフル。

George Michael - December Song (I Dreamed Of Christmas) 2010


 曲は、リリックをサラッと読むと愛と平和を歌っているように思うのですが、曲のテーマはこのMusic Videoの通りのように思います。
 世の中、あちこちの家は家族で温かな幸せなクリスマスをむかえている。でもこの少年はそんなHappyは環境になく、ひとり、友達であろうハムスターとTVを見ている。
 母親と愛に満ち溢れたクリスマスのひとときを迎えれず、夢の中に導かれTripする。

 Maybe since youve gone
 I went a little crazy
 God knows they can see (the child)
 But the snow that falls upon my bed
 That loving I needed
 Falls every single day
 For each and every child
 The Virgin smiles for all to see
 But you kept her from me

 そして、この部分は嘆きを感じるリリック。
 ジョージのリリックは、実はそんなにシンプルでない。ワムというアイドル的な形で売り出されたからそういう印象を持ってしまうけど、能天気なLOVE SONGなんかも作らない。ちょっとダーク感があるといえばあるし、行間がある。ジョージの意図する意味を読み取るのはけっこう難解。日本語訳にする人も苦労するんじゃないかな。

 ジョージ・マイケルのVocalも80年代と90年代以降では感触はちょっとちがう。80年代は、やっぱ若さを感じるしエモーショナルで『Faith』時のVocalが今でも一番好き。
 90年代『Older』(96年)以降のボーカルは、エネルギッシュな感じはなくなったけど、落ち着きをまし温かな包み込まれるようなボーカル。
 なので、この曲の世界観とメロディーにすごくあう。 
 ジョージの温かなボーカルで、寂しくクリスマスを過ごす少年の幸せを願い歌う。そして温かなクリスマスの雰囲気とともに平和を願う。
 これこそまさにジョージ・マイケルが歌うジョージらしいクリスマスソングだと思う。前述の「クリスマス・ワルツ」にインスパイアーされた作品かもしれない。

 そしてクリスマスにジョージは神に召された。

 偉大な才能だった。
 そしてこの曲とともにジョージを想う。

 Merry Christmas
 Merry Christmas
 May your every New Year dream come true



December Song (I Dreamed of Christmas): 2010 (Limited Edition)
クリエーター情報なし
Island


『音楽(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 決勝T、ベルギー戦。この4年... | トップ | 日本代表の物語はつづく »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます (Unknown)
2019-01-06 03:22:07
主様の書くジョージ評が大好きなので久しぶりに読めてとても嬉しかったです。激しく同意しました。ジョージが亡くなって丸2年が経ちましたが今でも1番好きなアーティストです。
こちらこそ。 (Amber)
2019-01-06 22:27:35
気のおもむくままにUpしている中、私も大好きなジョージの記事にすてきなコメントいただいて感謝です。

このコメントで今年もBlog書いていこうって思えました。
追加コメントのお礼 (Amber)
2019-01-08 22:23:50
ちょっと気恥ずかしくて私のコメントのみでお返事させて頂きます。とても励みになるお言葉です。

父の思いを書いた記事も読んでいただき、温かな言葉もかけていただき、自分で久しぶりにその記事をかみしめて読んでたら、恥ずかしながら涙があふれてきました。

ありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お気に入りの1曲」カテゴリの最新記事