VALERIAN 映画と音楽 それはおれの非日常へのささやかなトリップ

日本代表、世相も切る総合エンターテイメント!過去記事はカテゴリー、最新表示は上のタイトルをクリック!

DAFT PUNK ランダム・アクセス・メモリーズ★ 80'S TASTE満載!NILEのカッティングも冴えわたる ★

2014年01月20日 | CHIC(ナイル/バーナード/トニー)
 2014年、どんな1年になるのでしょうか。2013年、個人的には、育児や介護で好きな映画を見たり、Blogの記事をあげる時間なかなかとれませんでしたが、その事よりも子供との時間が最高でした、そして子供の笑顔で頑張れた1年でもありました。  さて、新譜を購入する事もほんと激減。とにかく購入するための情報源がない。ほんと今音楽雑誌少ないですよね。これだけ情報が氾濫している世の中ですが、ADLIBやB . . . 本文を読む
コメント

Nile Rodgers(ナイル・ロジャース)WORKS

2011年07月14日 | CHIC(ナイル/バーナード/トニー)
 今回はナイル・ロジャースのProduce 作品をまとめてみました。(以前HomePageでUpしていた分を整備、加筆してみました)ナイルのProduce作品はかなりある。今回は、全盛期的な80'S期の、ナイルがのりまくってる時のアルバムの大半を手掛けている作品を中心にとりあげました。(前回のCHIC&NILEのNo1作品とも一部内容がかぶるかと思います)  ナイル・ロジャースは、スーパーギタ . . . 本文を読む
コメント (2)

Nile(ナイル・ロジャース)&Bernard(バーナード・エドワーズ) Billbord No1

2011年05月12日 | CHIC(ナイル/バーナード/トニー)
 先日の『ベストヒットUSA』のゲストが、ナイル・ロジャースでした。“小林克也 is Great”って言ったばかりでしたが、ナイル・ロジャースも偉大だ。この時の二人の会話、やりとりは深かった。アーティストの言葉を引き出す克也氏も素晴らしいし、ナイル・ロジャースの人としての懐の深さを言葉の節々に感じた。克也氏もがんを患っていたんですね。(私の父親も2回癌になっていますが完全復活しています)なんだか個 . . . 本文を読む
コメント

Chic Freak and More Treats / ナイル・ロジャース  ナイル来日!

2011年04月11日 | CHIC(ナイル/バーナード/トニー)
  ナイル・ロジャース、昨年、前立腺がんを患っているという告白を知って驚きましたが、来日です。しばらく闘病生活を送っていたそうですが、こうして来日して公演できるほど回復している感じでうれしい。 来日公演のスケジュールです。そんなに大きい会場ではないので、ナイルのGrooveを感じるのには最高。近年、けっこう来日してくれてるみたいです。  行きたいんだけどな~。何かと今、家から離れられない状況 . . . 本文を読む
コメント (1)

We Are Family / Rodney Jerkins and Friends (07)

2009年07月12日 | CHIC(ナイル/バーナード/トニー)
 マイケル・ジャクソンの訃報でマイケルネタが続きましたが、また通常の気ままなUpにもどりたいと思います。といってもマイケルのPVやヒット曲の紹介も、「Dirty Diana」で止まっているので、そこから続けたいと思います。気ままに更新といっても、いちよベースの流れはあるんですけど。(どーでもいいか)かといって自分の思いもよらない方向に進んでいって新たな発見もあったりするんです。あいまいな知識 . . . 本文を読む
コメント

A View To A Kill 007 美しき獲物たち/ デュラン・デュラン (85)

2009年02月16日 | CHIC(ナイル/バーナード/トニー)
 007シリーズが好きなのは前にも書きましたが、シリーズの主題歌も魅力的です。でナイル・ロジャースとCHIC(シック)も好きなのも周知の通りだと思いますが、CHICと007が出会ったのが14本目の『美しき獲物たち』でのデュラン・デュランの主題歌です。  毎回ジャンルにこだわらず、実力派のアーティストが起用されます。007のオープニングはすごくお洒落。主題歌は毎回大ヒットを記録している感じではな . . . 本文を読む
コメント

クリスマス・ギターズ / ナイル・ロジャース

2008年12月24日 | CHIC(ナイル/バーナード/トニー)
  このアルバムは、89年に発表されたチャリティー・アルバムです。家なき人々(ホームレス)の為に製作されたもので、参加アーティストもノーギャラだそう。クリスマスのお馴染みのスタンダードな名曲が、様々なギターリストの演奏で収められています。(このスタンダードの曲もすべてが好きなわけではないのですが)  ピアノによるクリスマスアルバムは何枚かもっていますが、ギターもいいですね。このアルバムはすごくバラ . . . 本文を読む
コメント (5)

Let's Dance / デヴィッド・ボウイ by ナイル・ロジャース

2008年12月06日 | CHIC(ナイル/バーナード/トニー)
  久々ナイルネタです。83年のNo1ヒット曲「レッツ・ダンス」です。デヴィッド・ボウイの2枚目の全米1位獲得曲となります。デヴィッド・ボウイについては、洋楽好きのリスナー程度の知識です。英国を代表するロックアーティスト。その英国人の彼がいわゆる全米or世界的なブレイクをしたのがやはりこの作品ではないかと思います。日本でも80’Sを代表する1曲。ナイル側にしてみれば、CHIC(シック)のナイルから . . . 本文を読む
コメント

Mo Money Mo Problems / P.Diddy Chic meet Hip Hop

2008年10月04日 | CHIC(ナイル/バーナード/トニー)
 80年発売のダイアナ・ロスの『DIANA』がナイルたちによるオリジナル盤とモータウン側で手直しされ発売されたものと2つあったことは前回述べたとおりです。モータウン盤は、ダイアナ・ロスのボーカルがより映えるようにミックスされていると思います。それによりどうしてもCHICのサウンドが後ろに追いやられている感じがします。これにナイルたちがショックを受けるのは当然のように思います。   しかし、全米 . . . 本文を読む
コメント

『DIANA』 ダイアナ・ロス (80)  幻のCHIC MIX盤 

2008年10月02日 | CHIC(ナイル/バーナード/トニー)
 ダイアナ・ロスは、ナイルたちが手がけた最初のビックアーティストでした。その前にも、アレサ・フランクリンを手がけるチャンスがありましたが、アレサ側とナイルたちの意見があわず流れる事になります。その事によって、「CHICにはまだ大物を手がける実力はない」などという人たちもいたそう。(ナイルたちが考えたように、アレサとディスコサウンドとの相性はよくない気がする) そういう流れに加えて、“ディスコ・プ . . . 本文を読む
コメント