足場解体

西面の足場が解体され、タワーのファサードがお目見えしました。

足場を解体する前に、外壁の検査を行います。
今回は市の検査員の方々も立ち会われました。




写真は検査員の方に説明をする岩澤さん。


レンガタイル貼りは、一期工事に比べると、非常にきれいに仕上がっています。一期では広範囲にわたっての是正が多くありましたが、二期はほとんどなく、あっても局部的なものばかりです。
PCの精度、サッシの取り付け精度がよいこと、
それから、JVの担当者の方(相良さん、市川さん)が細かい部分まで非常によく見てくれており、職人さんたちへの指示をしっかりと行ってくれているからです。

明日は北面の足場解体。来週には他の面も解体され、タワーの全貌が見える予定です。


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )
« 2年ぶりに 丘の施工が進... »
 
コメント
 
 
 
気迫なら負けないです (なか)
2008-03-02 01:15:09
きれいに仕上がっていることと、問題がないこととは、別です。
それから、細かいところまで見ているのは、われわれもです。
いや、むしろ、気概を持っているのは、われわれ。いつの間にかいなくなったけど、前任者は気合いがなかった。
台風の日に張り込んだり、散水試験にすべて立ち会ったり、ゴンドラにむりやり乗り込んだり、サッシの取付治具のスケッチを描きまくったり。
われわれがまいた種がようやく今芽を吹いた(かも知れない)、それだけのことです。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。