岩澤君

スカートがとぎれる部分で。



なにやら思い出そうとしています。


手で大きさをつくって、スケールを確認中。


コンベックスで図っています。


また何かを発見したようです。


考え込んでいます。


写真を撮っています。


スカートの下に丘スラブが大きく入り込むところなのですが、結局は、それらの鉛直方向のクリアが、図面よりは小さいことに気が付きました。(エキスパンション部なので、クリアの確保は大事。)
岩澤は、ふだんは「いわっち」と呼ばれていますが、いろいろなことが頭に入っているので、判断が速いんです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 丘のスラブ型... 続丘スラブ型... »