小池裕太 アルビレックス新潟トップチームに内部昇格できなかった理由

2016年04月28日 18時00分00秒 | 女子サッカー JFL 大学・高校サッカー
サポーターが作るソーシャルサッカーマガジン「CHANT」というインターネットサイトで、きょう4月28日正午、『2年小池裕太 達成してみせる舞台の違う二つで求められる期待 【流通経済大学】』が掲載されました。
アルビレックス新潟ユース卒業生で、流通経済大学サッカー部員の小池裕太君、彼へのインタビューを基にした回顧録と、現在の挑戦、そして将来への意気込みをまとめた長編の読み物です。

http://chantsoccer.com/posts/983 

余は、なんで裕太君ほどの逸材を、神田勝男強化育成本部長と岡田朝彦育成普及部長、それに田村貢社長はトップチームへのプロ契約者として認めなかったのか、かねてより疑問であり不服でした。 
それが、これを読んで氷解。
裕太君による自己分析ですが、その彼が結論付けたプロになれなかった理由は、さもありなん。
きっとそうに違いないと同意するし、流経大での態度と心構えを知るにつけ、裕太君は大学に進んで良かったと考えを改めるに至りました。

同時に、これで大学4年生時には激しい争奪戦が起こること確実、新潟加入は?という不安がますます強くもなったんですが、それはまた別の話。
人生回り道、裕太君が流経大に進学したことで更なる飛躍ができたのであれば、それが一番。
ジャンル:
サッカー
この記事についてブログを書く
« アルビレッジの観客を小枇・... | トップ | アルビレックス新潟 川浪吾... »
最近の画像もっと見る

女子サッカー JFL 大学・高校サッカー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事