「アルビレックス新潟」各チームの勝利を願い 出来るだけ現場で応援している東京都内在住のサポーターが書くweblog

10月20日アルビレッジ 
11時 アルビレックス新潟U-18×モンテディオ山形ユース 
Jユースカップ2回戦

アルビレックス新潟U-18 今度は2018Jユースカップに挑戦

2018年10月13日 10時00分00秒 | アルビレックス新潟育成チーム
高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2018北信越を、10月6日に終えたアルビレックス新潟U-18。
休む間もなく、今度は「2018Jユースカップ 第26回Jリーグユース選手権大会」に臨みます。

「Jユースカップ Jリーグユース選手権大会」とは、高校の部活サッカー=高校体育連盟でいえば「全国高校サッカー選手権大会」に相当するコンペ。
Jクラブのアカデミーチームは、ユース部門が整備されていないところ以外は、原則参加。
いわゆる街クラブにも門戸が開放されていて、こちらは地区予選を勝ち上がったところが出場できます。
2018季は、合計52チームが勝ち抜き方式で日本一を争います。

北海道・東北・北信越のチームの中には、10月上旬までにU-18プリンスリーグ、U-18道県リーグが終わっているので、「2018Jユースカップ」が最後の公式大会というところもあります。
アルビレックス新潟U-18が正にそう。
高円宮杯U-18サッカープレミアリーグ2018参入プレーオフ出場権を逸した新潟U-18は、「2018Jユースカップ」を以て、今季の公式活動を全て完了します。

すなわち、負けた時点で“はい、終了”。
決勝に勝ち進めても、それが済めば“はい、終了”。
ですが、当然同じ“はい、終了”でも、1回戦敗退と決勝進出とでは違います。
「Jユースカップ」は、シードチームは別にして、1回戦・2回戦・3回戦・準々決勝・準決勝・決勝が設定。
最大6ゲーム、戦えるわけです。

なにがなんでも6試合、今季のメンバーで戦い抜きたい!!

アルビレックス新潟U-18の1回戦は、10月14日(日)11時00分キックオフ。
会場は、新潟聖籠スポーツセンター。
対するは、レノファ山口FC U-18。

2回戦は、10月20日(土)11時00分より。
会場は、1回戦と同じアルビレッジ。
相手は、グルージャ盛岡ユースまたはモンテディオ山形ユース。

どうかアルビレックス新潟U-18への応援をお願いします。
できますれば、現地で声援を送ってくださいますようお願い申し上げます。
ジャンル:
サッカー
この記事についてブログを書く
« 遺恨ゲーム アルビレックス... | トップ | 開戦前 アルビレックス新潟U... »
最近の画像もっと見る

アルビレックス新潟育成チーム」カテゴリの最新記事