映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

スティーブ・ジョブズ

2016年02月26日 | 洋画(16年)
 『スティーブ・ジョブズ』をTOHOシネマズ新宿で見ました。

(1)予告編で見て面白いと思い映画館に行ってみました。

 本作(注1)の冒頭では、『2001年宇宙の旅』のアーサー・C・クラークが、巨大なコンピュータの側で子どもたちに向かって、「未来になれば、こんな大きなコンピュータを家に置く必要はなく、TV画面とキーボードから電話のようにコンピュータと話すことができて、日常生活に必要な様々の情報を得ることが出来るようになる」などと話しています。
 子供の一人が「コンピュータ依存社会になるのでは」と質問すると、彼は「そうかもしれないが、コンピュータは我々の社会を豊かにしてくれる。コンピュータによって我々は、好きなところどこでも住むことが出来るし、ビジネスマンも地球上のどこでも仕事ができる。素晴らしいことだ。最早都市にしがみつくこともない」と答えます。

 次いで、画面は、1984年のMacintosh発表会直前の舞台裏。
 スティーブ・ジョブズマイケル・ファスベンダー)が「直せ(Just fix it)」と言うと、部下のアンディマイケル・スタールバーグ)が「できない(I can't.)」と答えます。
 マーケティング担当のジョアンナケイト・ウィンスレット)は、「2時間の発表の内の20秒間のものだからカットしよう」と言いますが、ジョブズは「そんなことは無理だ」、「会場を暗くしろ」、「音声デモを改良しろ」と言い張ります(注2)。



 ジョアンナが「音声ソフトは事前に宣伝していないから、省いてもわからない」と言っても、ジョブズは「よし、音声デモは省こう。しかし、発表会は中止だ」と答える始末です。
 さらに、そばにあったタイム誌を見て、「Macが表紙になっていないものをMacの発表会で配るとは!」と八つ当たりします。
 また、ジョアンナが「90日で100万台など売れるわけがない(注3)。1500ドルなら戦えたのに」と言うと、ジョブズは「そのこだわりから2500ドルにしたんだ」と答えます。



 こんな大騒ぎの最中に、ジョブズの元恋人のクリスアンキャサリン・ウォーターストン)が娘のリサを連れて控室に現れます(注4)。

 さあ、物語はどのように展開するのでしょうか、………?

 本作は、IT界のカリスマ的存在だったスティーブ・ジョブズの伝記映画ながら、通常の伝記物とは違って、彼が行った3回の著名なプレゼンテーションを巡っての話が中心的に描き出されます(注5)。それも、肝心のプレゼンテーションの場面は映し出されずに、そこに至るまでのおよそ40分前からの慌ただしい様子が描かれるのです。関係者がのべつ幕なしに大声でしゃべっているので、見ている方は酷く疲れるとはいえ、斬新な製品を発表して皆を驚かせようとするジョブズの意気込みなどが見る者まで伝わってきて、映画を大層面白く味わうことが出来ます。

(2)本作は、スティーブ・ジョブズと、他の登場人物、特にジョアンナとの間の激しい口論がこれでもかというくらい詳細に描かれていて、それをフォローするのが大変ながらも、大層見応えがあって、どんどん画面の中に引き込まれてしまいます。
 上記(1)からもある程度推測できるように、自己中心的ですべてを自分の思うとおりに取り仕切らなければ気がすまないジョブズですが(注6)、発表会を重ねるにつれて次第に変化していくのです。

 特に、彼の娘とされるリサに対する態度がかなり変わる様子が本作で描かれているのに興味を惹かれました(注7)。



 発表するコンピュータ製品に関する様々な術語が飛び交ったりする激しい議論が続く中にこうしたエピソードが挿入されているわけで、本作はその物語構成がとても巧みに作られていると思いました。

 ところで、よく知られていることながら、本作と全く同じタイトルの作品(注8)が2013年に公開されているので、TSUTAYAからDVDを借りて見てみました。



 同作では、2001年にジョブズが、アップル社のスタッフミーティングの場でi-Podを発表するのを導入部とし(注9)、1974年のリード大学に場面は変わって、そこから1997年にアップル社に暫定CEOとして復帰するまでが伝記物風に描かれています。

 確かに、様々な人が言うように(例えばこの記事)、あれだけ創造性を強調するジョブズを取り上げている作品にしては、かなり凡庸で通俗的な内容となっているように思いました。ウォルター・アイザックソンの『スティーブ・ジョブズ』で述べられている様々なエピソードから鍵となるものを選び出して描いているものの、単にそれらを並べてつなぎあわせているだけのように思います。
 映画作品としては、本作の方が遥かに出来が良いように思います。

 それでも、本作においては、元アップル社CEOのジョン・スカリージェフ・ダニエルズ)など、ジョブズを取り巻く人たちと彼との関係が理解しづらい恨みがあるところ、同作では、実家のガレージでアップル社を立ち上げてからの同社内でのジョブズの動きについてなかなか丁寧に描いていますから、人間関係などを手っ取り早く知るにはうってつけといえるのではないかと思いました。
 ただ、本作で大活躍し、ジョブズに様々な影響を及ぼしているジョアンナは同作には登場しませんし、またリサは同作に登場するとはいえ、本作のような扱いは受けておりません(注10)。

 なお、ジョブズはボブ・ディランの歌を愛好していたようで(注11)、本作のエンディングにはディランの「Shelter From The Storm」が使われていますが、なんと、この曲は、以前見た『ヴィンセントが教えてくれたこと』のエンドロールでも流れ、主演のビル・マーレイがヘッドフォンで聴きながら気持ち良さそうに口ずさんでいるのです!
 クマネズミも、早速、持っているi-podにディランのその曲をインプットして、聴きながらウォーキングでもすることといたしましょう。

(3)渡まち子氏は、「ボイル監督が目指したのは、すでに世界中が知っているジョブズの偉大な功績やコンピューター誕生秘話ではなく、転機となる3度の瞬間に肉薄することで、革新者として、人間として、父親としてのジョブズの横顔を浮き彫りにすることだった」として75点をつけています。
 渡辺祥子氏は、「ジョブズの言動から見えてくる彼の心情と、それによってジョブズ像が変化して見える面白さ」などとして★4つ(「見逃がせない」)をつけています。
 柳下毅一郎氏は、「どこまでも人工的な物語と演技はすべてソーキンと監督ダニー・ボイルの創作である。にもかかわらず、そこにはまちがいなくスティーブ・ジョブズという人間の本質が描かれている」と述べています。
 藤原帰一氏は、「言葉のやりとりで映画が進むので、映画というより舞台劇なんですが、その言葉がひとつひとつ観客に突き刺さるので息が抜けません。とても映画には思えない。それでも、最初から最後まで引き込まれる。とても不思議で、とても魅力的な作品です」と述べています。
 読売新聞の恩田泰子氏は、「世界を変えたカリスマを単純化せず、大きくとらえて観客に差し出す。しかも、彼の内にある相反する性向を矛盾だと感じさせずに。それを演じたファスベンダーもさりげなく見事だ」と述べています。



(注1)監督は、『スラムドッグ$ミリオネア』や『127時間』のダニー・ボイル
 脚本は、『ソーシャル・ネットワーク』や『マネーボール』のアーロン・ソーキン
 原案は、ウォルター・アイザックソン著『スティーブ・ジョブズ』(講談社+α文庫:以下の引用はこちらのKindle版から)。
 原題は「steve jobs」。

 なお、出演者の内、最近では、マイケル・ファスベンダーは『それでも夜は明ける』、ケイト・ウィンスレットは『とらわれて夏』、ジェフ・ダニエルズは『オデッセイ』、マイケル・スタールバーグは『ブルージャスミン』で、それぞれ見ています。

(注2)ここらあたりのことは、発表会の場で、新作のMacintoshに「Hello」と言わせる「voice demo」の動作に不具合が生じてしまい、修繕していると間に合わなくなってしまうという事態を指しています。

(注3)ジョブズは、「最初の90日で100万台、後は月9万台。大事なのはそれだけ」と豪語していましたが、実際には、「100万台が35千台、9万台が500台」だったようで、そのためもあって会社から追われてしまいます。

(注4)1984年の発表会の控室にリサを連れてやってきたクリスアンは、ジョブズに対して、「生活保護(on welfare)を受けているし、娘はパーカーで寝ている」、「あなたは441百万ドル儲かったのに対し、私は月に385ドルしかもらえなかった」と言ったり、タイム誌の記事を読んで、「(自分は)米国人男性の28パーセントと寝たと言われた」と激しく非難したりします。
 最後の点については、ウォルター・アイザックソン著『スティーブ・ジョブズ』(第7章の「妊娠とDNA鑑定」)によれば、当初ジョブズはリサを認知せず、タイム誌のマイケル・モリッツ記者に、「(統計的に分析すると)あの子の父親である可能性は米国人男性の28パーセントにある」と語り、それが同誌に掲載され、その記事を読んだクリスアンが誤解してジョブズを非難しているようです。

(注5)本作では、3つの発表会の舞台裏が中心に据えられているものの、それだけでなく、ウォズセス・ローゲン)と一緒に、ガレージでホームコンピュータを作っている時の様子とか、レストランを営む実の父親の様子なども、ごく簡単にですが描き出されます。

(注6)そんなことを指して、ジョブズの「現実歪曲空間」(reality distortion field)と言われたようです。
 また、主演のファスベンダーは、このインタビュー記事において、「Macintoshのオリジナルのデザイン・チームの1人が、ジョブズは「現実歪曲フィールド」の中で動いてたって言った」と述べています。

(注7)1984年の発表会の控室にやってきたリサが、「私の名前をコンピュータに付けた」と言うのに対して、「それは偶然の一致であって、LisaというのはLocal Integrated Systems Architectureを表している」などと応じて、ジョブズは酷く冷淡に振る舞います。
 ところが、3番目の1998年のi-Macの発表会の際には、会場のビルの屋上でリサに対して、「コンピュータのLisaは、もちろんお前の名前からとったものだ」、「Local Integrated System Architectureなんて何の意味もない」と言うのです。
 なお、ウォルター・アイザックソン著『スティーブ・ジョブズ』の第8章の「新しい赤ん坊」では、「本書を執筆するにあたってジョブズ本人に確認した結果は、「僕の娘にちなんだ名前に決まってるじゃないか」だった」と述べられています。

(注8)原題は「Jobs」。

(注9)上記「注7」で触れたように、本作のラストでの方でジョブズは、i-Mac発表会の会場の屋上でリサと会うのですが、その際、「もうレンガのようなウォークマンを運ばなくても済むように、1000曲くらいをポケットの中に入れられるようになる」とリサに言います。
 それを実現したのが、映画『スティーブ・ジョブズ』(2013年)の冒頭で取り上げられたi-Podです。

(注10)ジョブズは1991年にローリーン・パウエルと結婚するところ、映画『スティーブ・ジョブズ』(2013年)の後半でその家庭生活ぶりが描かれています。そして、リサが一緒にそこで暮らしている様子が映し出されます。
ウォルター・アイザックソン著『スティーブ・ジョブズ』(第20章の「リサを引き取る」)では、「(母娘のあいだに深刻な問題があると聞いた)ジョブズはリサと散歩しながら状況をたずね、自分のところに来ないかと提案する。リサは14歳になろうとするところでもう子どもではなく、2日間考えた上で承諾した」と述べられています。

(注11)劇場用パンフレット掲載の中川五郎氏のエッセイ「ジョブズの人生に寄り添い背中を押した、ボブ・ディランの音楽」によれば、「ジョブズが大のディラン好きで、彼のことを“人と違うように考える反逆者”、すなわち自分にとってのヒーローの一人と思っていたのは有名な話だ」とのこと。
 また、同エッセイによれば、1984年のMacintoshの発表会のスピーチでは、ディランの「The Times They Are A-Changin’」の「2番の歌詞すべて」が使われたとのこと。
 なお、映画『スティーブ・ジョブズ』(2013年)では、ウォズが「俺はビートルズだが、君はディランだ」と言うシーンがあります。



★★★★☆☆



象のロケット:スティーブ・ジョブズ


コメント   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« 俳優 亀岡拓次 | トップ | キャロル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

関連するみんなの記事

21 トラックバック

スティーブ・ジョブズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(P) これ伝記映画といっても本人の一部(新作発表会)の舞台裏のみ^^;
スティーブ・ジョブズ (あーうぃ だにぇっと)
スティーブ・ジョブズ@一ツ橋ホール
『スティーブ・ジョブズ』 2016年2月14日 TOHOシネマズ日劇 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『スティーブ・ジョブズ』 を鑑賞しました。 今日の2本目 【ストーリー】  1984年、アップル社の新製品発表会本番を40分後に控え、スティーブ・ジョブズ(マイケル・ファスベンダー)は部下のアンディ(マイケル・スタールバーグ)ともめている。今回ジョブズはどうし...
スティーブ・ジョブズ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
ジョブズが何をやったのかは常識として頭に入っているのが前提の映画で、彼のスパルタ経営者ぶりの裏にある苦悩を描いている。さらに実の娘との父としての葛藤が赤裸々にわかる。経営のカリスマも娘にはかなわないのだ。
「スティーブ・ジョブズ」@一ツ橋ホール (新・辛口映画館)
 試写会の客入りは8割位。
最新映画:スティーブ・ジョブス Steve Jobs (2015). ヒールな彼から浮かび上がる人物像とは。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アシュトン・カッチャー主演の同タイトル(2013?)とは別物。 しかも同タイトル+ Man in the machine なるドキュメンタリーも公開中。 紛らわしいことこの上ない! こちらは監督ダニー・ボイル(「スラムドッグミリオネア」「トレインスポッティング」) 脚本は当ブログ...
映画:スティーブ・ジョブズ ゴールデングローブ賞 × 4部門ノミネート! とはいえ… (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アカデミー賞前哨戦の1つ、ゴールデングローブ賞で、来年2月公開予定「スティーブ・ジョブズ」が、 × 4部門にノミネート。 その × 4部門は以下の通り、 主演男優賞 (ドラマ部門):マイケル・ファスベンダー(写真) 助演女優賞:ケイト・ウィンスレット 脚本賞:ア...
"どっちのアンディ?"『スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)』ダニー・ボイル監督、マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレット... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『スティーブ・ジョブズ』Steve Jobs脚本 : アーロン・ソーキン監督 : ダニー・ボイル出演 : マイケル・ファスベンダーケイト・ウィンスレットセス・ローゲンジェフ・ダニエルズ、他物語・198
スティーブ・ジョブズ / Steve Jobs (勝手に映画評)
第73回ゴールデン・グローブ賞助演女優賞(ケイト・ウィンスレット)、脚本賞受賞。第88回アカデミー賞主演男優賞(マイケル・ファスベンダー)、助演女優賞(ケイト・ウィンスレット)ノミネート。 2013年にも、アシュトン・カッチャーがスティーブ・ジョブズを演じた作...
「スティーブ・ジョブズ」時代の先を追い続けた先にみた実現するための信じるという信念を貫いた先の創造の実現 (オールマイティにコメンテート)
「スティーブ・ジョブズ」はアメリカAppleの創業者であるスティーブ・ジョブズの創業から挫折を経て再び成功するまでの軌跡を描いたストーリーである。亡くなってから2年の月日が経 ...
スティーブ・ジョブズ(2015) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【STEVE JOBS】 2016/02/12公開 アメリカ 122分監督:ダニー・ボイル出演:マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレット、セス・ローゲン、ジェフ・ダニエルズ 口先ひとつで、世界を変えた男。 STORY:1984年、アップル社の新製品発表会本番を40分後に控え、ス...
『スティーブ・ジョブズ』 (こねたみっくす)
「i」を「スティーブ・ジョブズ」から「私」に変えた14年間。 スティーブ・ジョブズの人間性を彼に関わる限られた人物との会話劇だけで、しかも大事な発表会の舞台裏という限られ ...
スティーブ・ジョブズ・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
創造主の心の中味。 天才が天才を描いた本作、なるほどさすがの仕上がりである。 2011年に死去したAppleの共同創業者にして、ピクサー・アニメーション・スタジオの生みの親、スティーブ・ジョブズを描く異色の伝記映画。 彼の物語は2013年にもジョシュア・マイケル...
「スティーブ・ジョブズ」:This is ゲスの極み男 (大江戸時夫の東京温度)
映画『スティーブ・ジョブズ』は、なかなかどうしてダニー・ボイルらしく時間をコント
スティーブ・ジョブズ (映画好きパパの鑑賞日記)
 スティーブ・ジョブズの伝記映画は2013年にもアシュトン・カッチャー主演であったけど、カッチャー版はジョブズの若い頃から時系列で彼の人生を描いたのに対して、ジョブズの転機となる3度のプレゼンに絞り込んだ、ダニー・ボイル監督らしい、意欲的な作品でした。  ...
Think different.~『スティーブ・ジョブズ』 (真紅のthinkingdays)
 STEVE JOBS  1984年、Macintosh。1988年、NeXT Cube。そして1998年、iMac。 米Apple社の創業者にして稀代のカリスマプレゼンテーター、スティーブ・ジョ ブズは2011年、56歳の若さでこの世を去った。彼が世に出した三製品の、 新作発表会直前の舞台裏...
スティーブ・ジョブズ★★★ (パピとママ映画のblog)
「スラムドッグ$ミリオネア」「127時間」のダニー・ボイル監督が、独創的な発想で数々の革新的商品を生み出し、人々の日常生活に革命をもたらしたカリスマ経営者スティーブ・ジョブズの知られざる素顔に迫る異色の伝記ドラマ。主演は「SHAME -シェイム-」のマイケル・フ....
「スティーブ・ジョブズ」<2015> ジョブズのパーソナリティーに迫る (はらやんの映画徒然草)
改めてまして、ご無沙汰しております。 先週、海外出張より帰国しまして、こちらのブ
ジョブズの3つの転換期 (笑う社会人の生活)
16日のことですが、映画「スティーブ・ジョブズ」を鑑賞しました。 1984年のMacintosh、88年のNeXT Cube、98年のiMacというジョブズの人生で波乱に満ちた時期 3つの新作発表会にスポットを当て 伝説のプレゼンテーションの舞台裏を通し、信念を貫き通そうとする姿や、卓....
スティーブ・ジョブズ (2015) 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
こちらは2月に観た映画です、『トレイン・スポッティング』 などの鬼才ダニー・ボイル監督の新作で、主演を 『悪の法則』などのマイケル・ファスベンダーが務めた、 アップル創始......
スティーブ・ジョブズ(2015) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ダニー・ボイル 出演:マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレット、セス・ローゲン、ジェフ・ダニエルズ、マイケル・スタールバーグ、キャサリン・ウォータースト......