映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

アメリカン・スナイパー

2015年03月10日 | 洋画(15年)
 『アメリカン・スナイパー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)本作がクリント・イーストウッド監督の作品であり(注1)、アカデミー賞作品賞にノミネートされているというので、映画館に行ってきました。
 なにしろ、アメリカでは2月には興行成績が3億ドルを突破して、アメリカで公開された戦争映画史上最高の興行収入額となったそうですから、凄まじいものです。

 本作の冒頭はイラク戦争の場面、戦車が歩兵を従えて街路を進んでいきます。
 狙撃兵のクリス・カイルブラッドリー・クーパー)が、建物の屋上で狙撃用ライフルを構えて、街路を監視しています。



 銃に取り付けられたスコープからは、向かいの建物にいる男が携帯をかけている様子が見て取れます。そして、その男が階下に消えると、間もなく女と子供がその建物から出てきます。
 クリスはそのことを部隊に伝えますが、「撃つかどうかの判断は任せる」との返答。
 そばにいる同僚は、「間違ったら、刑務所行きだ」と脅かします。
 でも、女が隠し持っているのが対戦車手榴弾だと判明。そして子供が女から渡された手榴弾を持って走ります。
 さあ、どうなるでしょうか、………?

 本作は、極めて腕の立つ米軍の狙撃兵が、イラク戦争に従軍して160人もの敵を狙撃して殺したことを描いているにすぎないとはいえ、五輪に出場した腕前の持ち主とされる敵の狙撃兵との死闘や、仲間が敵弾に倒れる様、また何度も米国に帰国して家族と会うものの、溝が広がっていく様子などが実に巧みに織り込まれていて、132分少しも飽きることなく見終わります(注2)。

(以下、色々とネタバレしますので注意してください)

(2)この作品に関しては、これまで様々なことがかしましく言われているようです。
 例えば、劇場用パンフレットに掲載されたREVIEW「『アメリカン・スナイパー』論争とPTSD」において、町山智浩氏は、本作について、「カイルやイラク戦争を賛美」していると批判する人々がいる一方で、それに反論する人々も出てきていると述べています(注3)。
 そして町山氏自身は、そうした見解の「どちらも間違っている」のであり(注4)、「(カイルの)死の影が映画全体を覆っている」として、帰還兵のPTSDこそが本作の中心テーマであると言いたいようです(注5)。

 ただ、映画の感想に対し「間違っている」「そういう見方はバカげている」などと言うのは(注6)、それ自体が“間違った”ことではないのかなという気がクマネズミにはしてしまいます。別の人にとっては酷くおかしな意見であっても、その人自身にはその映画はそのように見えたことは確かでしょうから、それを間違っているとなんとか言ってみても始まらないように思われます。

 特に本作について町山氏が挙げている見方は、どれもそれぞれ成立するのではないでしょうか?
 本作が必ずしも反戦映画ではない(あるいは、むしろ戦争賛美の作品だ)というのは、例えば、クリスが4回もイラクに出向いていることや、同僚から「俺達は正しいのか?」と問われると、クリスが「俺達は国を守っているんだ」と敢然と答えたりするところが描かれている点からも伺えるのではないでしょうか(注7)?
 また、本作のラストでは、クリスの葬儀の様子が実録の映像で長々と映し出されますが、随分と沢山の人々が沿道を埋め、彼らは皆星条旗を手にしていたりしており、まさに英雄(注8)の扱いではないかと思います。

 他方で、クリスの戦友が敵弾に斃れたり傷ついたりする場面や、「早く除隊したい」などと同僚が述べる場面などからは(注9)、制作者の戦争を嫌う姿勢が読み取れるでしょう。
 それに、帰還兵のPTSD問題が取り上げられています。

 ただ、PTSD問題が描かれているからといって、それだけで反戦映画といえるでしょうか?
 それに、町山氏が中心テーマだとするPTSDですが、確かにクリスが本国に帰還している間の様子を見ると、クリスはおそらくPTSDに罹っているのでしょう(注10)。でも、REVIEWで同氏が書いている「道路で後続車が近づくだけでパニックになり、犬を殺そうとし、助産婦に絶叫し、暴力衝動が抑えられない」といったクリスの症状は、これまで見た映画からすると(注11)、それほど重症でもないような気もしてくるところです(注12)。

(3)クマネズミには、本作は、政治的なメッセージは二の次にして、妻・タヤシェナ・ミラー)や息子のこともきちんと描きつつ、クリス・カイルという狙撃兵の生き様を伝記的にできるだけ客観的に描いた作品ではないかと思えました(注13)。
 クリスは、少年時代に、父親から銃の手ほどきを受け、鹿を一発で仕留めて「見事な一撃だ、一流のハンターになれる」と言われ、その際に「銃を地面に置くな」などと指導を受けます。
 次いで、クリスは、海軍特殊部隊(Navy SEALs)に入隊しますが、当初における過酷な訓練の模様が、随分と長く描かれます。
 本番のイラク戦争では、オリンピック選手だったとされるムスタファに付け狙われるものの、最後に、1920m離れたところにいたムスタファを撃ち殺します。その際に、クリスの銃から発射される銃弾がスローモーションで映し出されるところが、もしかしたら本作のクライマックスかもしれません。クマネズミには、本作は、戦争アクション物、あるいは一種の西部劇として、大層面白く見ることが出来ました。

 そして、ラストの衝撃的な死、というわけです。
 なお、このラストが、最近見たばっかりの『フォックスキャッチャー』と幾分似ているのは興味深いことだなと思いました(注14)。

(4)渡まち子氏は、「何よりも衝撃を受けたのは、ラストに明かされるクリス・カイルの死の原因だ。淡々と明かされるその死は、戦場の狂気のもう一つの側面なのだろう。音楽に造形が深いあのイーストウッドが、あえて音を封印し、無言のエンドクレジットを流した。この沈黙の中に、今も戦争の呪縛から逃れられないアメリカの苦悩がある」として85点を付けています。
 前田有一氏は、「オバマ大統領夫人まで巻き込んだ大議論となっている「アメリカン・スナイパー」をめぐる騒動だが、それも納得のすさまじい完成度である。私に言わせればこの映画は、神が巨匠の作品を借りてアメリカ人に伝えようとしているメッセージ、である」として、なんと100点を付けています。
 宇田川幸洋氏は、「前作「ジャージー・ボーイズ」のほどよくちからのぬけたタッチから一転、「許されざる者」のころのような、いや、それ以上にちからのみなぎる活劇である」として★5つ(今年有数の傑作)を付けています。
 相木悟氏は、「従軍し、英雄になった男に、戦争はどんな影響を与えたのか?その心理を垣間見る重い人間ドラマであった」と述べています。
 藤原帰一氏は、「終幕で躓いたためにイーストウッドの映画としては思いのほか薄い印象」と述べています。



(注1)クリント・イーストウッドについては、最近では、俳優として出演した『人生の特等席』を見ています(監督としては『ジャージー・ボーイズ』を見ましたが、レビュー記事は書きませんでした)。

(注2)俳優陣の内、クリス役のブラッドリー・クーパーは、『アメリカン・ハッスル』で見ましたし、妻タヤに扮するシェナ・ミラーは『フォックスキャッチャー』(デイヴの妻)で見たばかりです。



(注3)このサイトの記事は、町山智浩氏が1月27日のTBSラジオ『たまむすび』の中で語っていることを書き起こしていますが、それによれば、町山氏は同番組で次のように述べています。「要するに、『この映画を良くないって言う人はみんな反米なんだ!』っていう風に言っている人たちと、『この映画はイラク戦争を擁護して、ものすごい大量虐殺をした男っていうものを英雄扱いしている危険な映画なんだ』っていうのがぶつかり合っているんです」。

(注4)上記「注3」の記事によれば、町山氏は次のように述べています。「要するに『これは戦争を賛美している映画だからよくない!』って言っている人も、『賛美してなにが悪いんだ!?』って言っている右側の人も、両方とも間違っているんですよ。まったく賛美していないんですよ。この映画。戦争を」。

(注5)上記「注3」の記事によれば、町山氏は次のように述べています。「これは壊れていく話なんです。で、クリント・イーストウッドに会ったんですけど。とにかく、クリント・イーストウッドっていう人はこのPTSDで人が壊れていくっていうことに関して、ものすごく興味がある人で。すでに映画を何本か撮ってるんですよ。これがテーマで。だから彼のちょっと一貫したテーマなんですよ」。

(注6)上記「注3」の記事によれば、町山氏は、「それなのに、なぜわからないんだ?って。右も左もバカばっかりですね!」、「みんな、バカなんじゃないか?と思いますけど(笑)」などと述べています。

(注7)妻のタヤから「どうしてまたイラクへ?」と尋ねられた際にも、クリスは「お前らを守るためだよ」と答えます。
 なお、他にも、例えば、ラストの方で、クリスたちが陣取る建物をめがけて沢山の敵兵が襲いかかりますが、クリスたちは彼らを次々となぎ倒して、窮地を脱出します。こんなところなどは『フューリー』のラストの銃撃戦を思い起こさせ、アメリカの戦争映画の常道ではないのか、と思ってしまいます。
 また、クリスたちが、敵の幹部が集まっているというレストランを急襲した時、ある部屋では切り刻まれた死体が棚の上などにゴロゴロしていますが、これは『ハート・ロッカー』における人体爆弾のシーンを思い起こさせます。

(注8)クリスが160人を射殺したというのは、『ハート・ロッカー』の主人公ジェームズが800個以上の爆弾を処理したとされている(例えば、この記事)のに対応するのでしょうが、ジェームズが亡くなった時にこんな葬儀は考えられるでしょうか?

(注9)他にも、イラクの飛行場でクリスは弟のジェフに遭遇しますが、ジェフは、「兄貴は僕らのヒーローだ。でも、もう疲れた、僕は故郷に戻る。こんなところはクソだ!」と言って立ち去ります。

(注10)上記「注3」の記事によれば、町山氏は、「これは要するに典型的なPTSDなんですよ」と述べています。

(注11)ごくわずかの事例しか思い出しませんが、『ハート・ロッカー』では、本作におけるクリスのように、「いったん米国に帰って、家族と平和な日々を送ろうとしても我慢できずに、また戦場に戻ってしまう」主人公が描かれているとはいえ、『マイ・ブラザー』では、アフガンからの帰還兵であるサムは、結局精神病院に入らざるを得ませんし、『戦場でワルツを』では、PTSDの典型的な症状であるフラッシュバックが取り上げられています。

(注12)上記「注3」の記事によれば、町山氏は、「原作の方を読むともっとすごく怖いことが書いてあって。心臓の鼓動とか脈拍、血圧がおかしくなっちゃうんですね。このクリス・カイルは」、「で、おかしくなった時に銃に触ると止まるんですって。異常な脈拍が」と述べていて、映画ではそこまでひどい症状として描かれていないとしています(ただ映画では、血圧が「170/110」だとクリスは言っていますが)。
 PTSDが中心テーマとしたら、どうしてイーストウッド監督は、そこまで症状を描き出さなかったのでしょうか?

(注13)いうまでもなく本作は、クリス・カイルが書いた自伝『アメリカン・スナイパー』(早川書房)に基づいていますから、伝記的な作品になるのは当然のことながら、本作では、自伝では描かれていないクリスの死がラストで描かれることによって、伝記的な傾向が一層強化されたように思われます。

(注14)「米軍の元狙撃兵クリス・カイルさんらを射殺したとして、殺人罪に問われた元米海兵隊員・エディー・レイ・ルース被告(27)の裁判で、米テキサス州の裁判所の陪審員は(2月)24日、有罪の判決を言い渡した。AP通信によると、ルース被告は終身刑が適用される」、「裁判で弁護側は「ルース被告は、自分が殺されると思っていた」「事件当時は心神喪失だった」として無罪を主張したが、認められなかった」(この記事)。



★★★★☆☆



象のロケット:アメリカン・スナイパー

コメント (8)   トラックバック (72)   この記事についてブログを書く
« フォックスキャッチャー | トップ | きっと、星のせいじゃない。 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (すぷーきー)
2015-03-10 23:53:37
イラク戦争というものが、何か違う、何かおかしいと思いました。
はっきりしているのは、クリスが傷つき、他の帰還兵も苦しみ続けているということだと思います。

>別の人にとっては酷くおかしな意見であっても、その人自身にはその映画はそのように見えたことは確かでしょうから、それを間違っているとなんとか言ってみても始まらないように思われます。
全くその通りだと思います。
Unknown (クマネズミ)
2015-03-11 05:54:44
「すぷーきー」さん、TB&コメントをありがとうございます。
何も「イスラム国」を認めるわけではありませんが、フセイン大統領のイラクを「悪の枢軸」として攻撃した時となんだか同じような雰囲気を感じてしまうのですが。
日本の監督では作れない作品 (atts1964)
2015-03-11 10:34:31
奇しくも同時期公開の「フォックスキャッチャー」とラストが似てしまったのは私も感じました。こちらの方が現在進行形の裁判なんで、よりリアルですね。
PTSDはいろんな過酷な体験から発症しますが、戦争体験、そして戦時下とはいえ人を殺す生々しい体験、またいつ襲われるかの過酷な状況、戦争放棄の日本では、めったに味わえない、そういう意味では、アメリカ人ならではの作品ですね。
首の皮1枚(精神的に)で帰還したクリスですが、英雄視されたことが悲劇を招いたことが何とも痛ましいですし、そもそもイラク戦争自体に、大国のエゴが色濃く横たわっているので、大きな意味での犠牲者と感じました。
アメリカには、こういった経験で精神に大きな傷を負い苦しんでいる帰還兵が多いんでしょうね。
TBこちらからもお願いします。
Unknown (クマネズミ)
2015-03-12 06:23:51
「attas1964」さん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるよう、に「アメリカには、こういった経験で精神に大きな傷を負い苦しんでいる帰還兵が多い」と思います。
ただ、戦争によるPTSDは、確かに「戦争放棄の日本では、めったに味わえない」ものでしょうが、PTSD自体は、邦画の『アントキノイノチ』などで描かれているように、日本でもよく見かける疾病だと考えられます。
ご報告です。 (えい)
2015-03-12 23:03:08
「原作はこう書かれているから~」なんて映画を語る上ではあまり重要とは思えないし、
ましてや「これは反戦、いや愛国的だ。だからうんぬん」も、やはり「映画」からは離れている。
クマネズミさんの『アメリカン・スナイパー』評はそんなぼくにぴったり。
と、このサイトにリンクする形Twitterに紹介させていただきました。
事後報告ごめんなさい。
Unknown (クマネズミ)
2015-03-13 06:05:11
「えい」さん、わざわざご報告いただき、誠にありがとうございます。
拙ブログは、いい加減なことを書き散らかしているに過ぎず、「えい」さんのように言っていただくと冷や汗がドッと出てきてしまいますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
アメリカの悲劇 (根保孝栄・石塚邦男)
2016-12-07 21:41:59
アメリカン・スナイバーの映画は、アメリカの悲劇を象徴してるでしょう。世界の警察を自認して世界中の紛争にかかわったアメリカ兵士。アメリカのため、自由を守るためとおだてあげられ、戦場に駆り出された悲劇ですよ。
Unknown (クマネズミ)
2016-12-08 21:38:31
「根保孝栄・石塚邦男」さん、わざわざコメントをありがとうございます。
おっしゃるとおり、本作は「アメリカの悲劇を象徴してる」ものと思われます。「世界の警察官をやめる」と言っているトランプ氏が次期米国大統領に選出されたことによって、事態がどのように変わっていくのか、注視していかなくてはいけないと思います。

コメントを投稿

関連するみんなの記事

72 トラックバック

劇場鑑賞「アメリカン・スナイパー」 (日々“是”精進! ver.F)
彼は、“英雄”だったのか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201502210000/ ★アメリカ版★数量限定グッズ★DVD等と一緒にコレクション★アメリカン・スナイパー ブラッド...価格:6,800円(税込、送料別) 【楽天...
アメリカン・スナイパー 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
アメリカ軍最強と言われた実在の狙撃手を描いた 映画で、主演はハングオーバーシリーズなどで 知られるブラッドリー・クーパー、監督は精力的に 映画を製作してくれているのが嬉しいクリント・ イーストウッドが務める『アメリカン・スナイパー』 が公開されましたので観...
『アメリカン・スナイパー』 2015年2月10日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『アメリカン・スナイパー』 を試写会で鑑賞しました。 珍しく、TOHOの試写会が当たりました 【ストーリー】  イラク戦争に出征した、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)。スナイパーである彼は、「誰一人残さない...
映画「アメリカン・スナイパー」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『アメリカン・スナイパー』 (公式)を昨日、劇場鑑賞。採点は余裕の ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら85点にします。 ざっくりストーリー アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員クリス・カイル(ブラッドリー・...
アメリカン・スナイパー (to Heart)
原題 AMERICAN SNIPER 上映時間 132分 映倫 R15+ 原作 クリス・カイル 『ネイビー・シールズ 最強の狙撃手』(原書房刊) 監督 クリント・イーストウッド 出演 ブラッドリー・クーパー/シエナ・ミラー/ルーク・グライムス/ジェイク・マクドーマン 2001年のアメリカ同時...
アメリカン・スナイパー~イーストウッドの郷愁 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:American Sniper。クリス・カイル原作。クリント・イーストウッド監督。ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ジェイク・マクドーマン、ルーク・グライムス、ナヴ ...
『アメリカン・スナイパー』 それは違うよ、モハメッド (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  スコープの先に男の姿が見える。男は進撃する米軍を観察しながらどこかに電話している。  男の姿が消えると、建物から女性と子供が現れた。親子のようだ。女性が子供に何かを手渡す。スコープ越しに見るそれは、対戦車手榴弾によく似ている。そ...
アメリカン・スナイパー/ブラッドリー・クーパー (カノンな日々)
アメリカ軍史上最強の狙撃手と言われた故クリス・カイルの自伝をクリント・イーストウッド監督がブラッドリー・クーパーを主演に映画化した戦争ヒューマンドラマです。短い劇場予 ...
『アメリカン・スナイパー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アメリカン・スナイパー」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 ジェイソン・ホール□原作 クリス・カイル、スコット・マクイーウェン、ジム・デフェリス□キャスト ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライム、  ...
アメリカン・スナイパー (Akira's VOICE)
確かなずっしりの見応え。  
アメリカン・スナイパー (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
アメリカン・スナイパー (ハヤカワ文庫 NF 427) [文庫]実在の射撃手クリス・カイルの半生を映画化した「アメリカン・スナイパー」。無音のエンドクレジットに米国の闇を見る。アメリカ ...
映画「アメリカン・スナイパー」@一ツ橋ホール (新・辛口映画館)
 今回、私は「OK Wave」さんにご招待された。試写会の客入りは8~9割位。客年齢は高めで男性客が多い。
アメリカン・スナイパー (ごみつ通信)
American Sniper2014年/アメリカ (監)クリント・イーストウッ
アメリカン・スナイパー (あーうぃ だにぇっと)
アメリカン・スナイパー@イイノホール
『アメリカン・スナイパー』 (2014) (相木悟の映画評)
深き余韻が刻まれるスナイパーの一生! 従軍し、英雄になった男に、戦争はどんな影響を与えたのか?その心理を垣間見る重い人間ドラマであった。 本作は、映画界の長老クリント・イーストウッド監督作。イラク戦争で公式記録160人を撃ち抜いた最強スナイパー、クリ....
肝に銘じなければならない。『アメリカン・スナイパー 』 (水曜日のシネマ日記)
アメリカ軍で最も強い狙撃手と呼ばれたクリス・カイルの自叙伝を実写化した作品です。
「アメリカン・スナイパー」 (セレンディピティ ダイアリー)
クリント・イーストウッド監督、ブラッドリー・クーパー主演の戦争映画、「アメリカン
アメリカン・スナイパー (花ごよみ)
監督はクリント・イーストウッド。 主演は自らプロデューサーとして、 映画化権を得たブラッドリー・クーパー。 彼は役作りのために体重を 大幅に増やしたそうです。 この映画は イラク戦争に4回にわたり遠征、従軍した アメリカ海軍特殊部隊の、 ネイビーシールズ所....
アメリカン・スナイパー  (心のままに映画の風景)
イラク戦争に出征したアメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)は、人並み外れた狙撃の精度から“レジェンド”と称され、仲間たちを徹底的に援護する。 4度にわたりイラクに送られたクリスは、故郷に残した妻タヤ( シエナ...
アメリカン・スナイパー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
戦闘シーンはまるでドキュメンタリーのような臨場感があり、本国に戻ったときの苦悩はプロの演技によってリアルになっている。さらに、クリス本人が元兵士に殺害されたあとの葬列の映像は一部実際のものが使われているのだと思う。退役軍人のために残りの人生を捧げようと...
アメリカン・スナイパー ★★★★ (パピとママ映画のblog)
アメリカ軍で最も強い狙撃手と呼ばれた、クリス・カイルの自叙伝を実写化したドラマ。アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズ所属のスナイパーであった彼が、イラク戦争で数々の戦果を挙げながらも心に傷を負っていくさまを見つめる。メガホンを取るのは、『ミリオンダラー...
『アメリカン・スナイパー(AMERICAN SNIPER)』クリント・イーストウッド監督、ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞にふれています。『アメリカン・スナイパー』AMERICAN SNIPER監督 : クリント・イーストウッド物語・イラク戦争に出征した、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員クリス・カ
アメリカン・スナイパー (だらだら無気力ブログ!)
最後まで魅入ってしまった。
伝説への黙祷~『アメリカン・スナイパー』 (真紅のthinkingdays)
 AMERICAN SNIPER  テキサスでカウボーイとして育ったクリス・カイル(ブラッドリー・クーパー) は、愛国心から志願し、入隊する。ネイビー・シールズの狙撃手としてイラ ク戦争に従軍した彼は、その 「精確」 な腕前から 「レジェンド」 と称され...
『アメリカン・スナイパー』 あまりに皮肉な結末という現実 (サイの角のように 独りよがり映画論)
 アメリカでは賛否両論だという噂のクリント・イーストウッド監督の最新作。  160人以上のイラク兵などを殺害したという公式記録を持つ、クリス・カイルの自伝をもとにした作品 ...
アメリカン・スナイパー (キノ2)
★ネタバレ注意★  クリント・イーストウッド監督の最新作です。  さきのアカデミー賞では、作品賞、主演男優賞(ブラッドリー・クーパー)、脚色賞、音響編集賞、音響調整賞、編集賞にノミネートされ、音響編集賞を受賞した模様。  ネイビー・シールズの狙撃...
アメリカン・スナイパー (♪HAVE A NICE DAY♪)
予感はしてたけどとても重い作品でした。 女性や子供まで手榴弾を投げてアメリカの兵士を殺すのですから その前にアメリカ軍は クリス・カイルが撃って殺してしまわないといけない それに一緒に戦ってた戦友の死もあるし・・・ 誰だって心に傷を負いますよね。 戦場で...
アメリカン・スナイパー (映画と本の『たんぽぽ館』)
本国では迷子の子供のような・・・ * * * * * * * * * * 楽しみにしていたイーストウッド作品。 でも何だねえ、本作はかなり重いから、  私ら ぴょこぴょこコンビでいいの?って気がするけど。 だってクリント・イーストウッド出演及び監督作品...
アメリカン・スナイパー (Break Time)
今朝は、一日中曇りの天気で・・・
アメリカン・スナイパー (I am invincible !)
テキサス生まれのカウボーイ、クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)は幼い頃から父(ベン・リード)に狩猟を教えられ、人間には『羊、狼、番犬』の3種類いるということも教えられて育った。
『アメリカン・スナイパー』 (時間の無駄と言わないで)
クリント・イーストウッド監督作品。 「ジャージー・ボーイズ」観たばっかりな気がするのに。 相変わらず仕事早いなぁ。 イラク戦争モノで、実話ベースで、アカデミー賞ノミネ ...
アメリカン・スナイパー / American Sniper (勝手に映画評)
アメリカ軍史上最高の狙撃手、アメリカ海軍特殊部隊SEALsのクリス・カイルを描いた作品。 作品では、クリス・カイルが、戦闘によって徐々に心を蝕まれ、そして、退役後、傷痍軍人やPTSDを負った退役軍人たちとの交流で徐々に人間の心を取り戻していく姿が描かれています....
映画『アメリカン・スナイパー』★戦場に放り込まれた臨場感で知る彼の現実 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/166568/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   イラク戦争に従軍した、米軍の最強スナイパー:クリス・カイルさんの 自伝がも...
アメリカン・スナイパー・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
スコープの中の戦場。 アメリカのゼロ年代は戦争の時代だ。 2001年の同時多発テロの衝撃から火が付き、アフガニスタンからイラクへと燃え広がっていった戦争は、アラブの政変などの影響を受けつつウィルスの如く変異を重ね、いまだにその出口すら見えていない。 今回...
『アメリカン・スナイパー』体制庇護か反戦か (映画@見取り八段)
アメリカン・スナイパー~ AMERICAN SNIPER ~     監督: クリント・イーストウッド    キャスト: ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライムス、ジェイク・マクドーマン、ケヴィン・ラーチ、コリー・ハードリクト、ナヴィド・ネガーバン、キー...
『アメリカン・スナイパー』 (こねたみっくす)
EDロールに込められたクリス・カイル狙撃手への想い。 イラク戦争においてアメリカ軍史上最多の160人以上を射殺し、アルカイダからは18万ドルの懸賞金を掛けられたネイビーシールズ ...
「アメリカン・スナイパー」 兵士の行く末 (はらやんの映画徒然草)
ベトナム戦争の頃より、戦場から戻ってきた兵士たちの精神の状態に注目が集まるように
アメリカン・スナイパー  監督/クリント・イーストウッド (西京極 紫の館)
【出演】  ブラッドリー・クーパー  シエナ・ミラー 【ストーリー】 イラク戦争に出征した、アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員クリス・カイル。スナイパーである彼は、「誰一人残さない」というネイビーシールズのモットーに従うようにして仲間たちを徹底的....
アメリカン・スナイパー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(09)(11) 戦争の魔力に憑りつかれていく男の軌跡とくれば
アメリカン・スナイパー。 (すぷのたわごと。)
『アメリカン・スナイパー』の試写会に行ってきました。 監督クリント・イーストウッド、主演ブラッドリー・クーパー。 クリス・カイルの自伝「ネイビー・シールズ 最強の狙撃手」を映画化した、実話をもとにした話。 R15+。 原題は『AMERICAN SNIPER』。 9...
アメリカン・スナイパー (映画の話でコーヒーブレイク)
昨日、NHKのニュースで「アメリカン・スナイパー」のモデルであるクリス・カイルさんを殺害した 元海兵隊員に、終身刑の判決が下されたという報道がありました。 PTSD(心的外傷後ストレス症候群)を患っていたそうですが、心身喪失は認められず。 PTSD治療の手伝いをし....
アメリカン・スナイパー/AMERICAN SNIPER (我想一個人映画美的女人blog)
もうすぐ発表になる、アカデミー賞で作品賞ほか6部門でノミネート中の クリント・イーストウッド監督×ブラッドリー・クーパー主演の期待作 伝説のスナイパー、クリス・カイルの真実とその半生。 原作は、13週に亘りニューヨーク・タイムズ紙のベ....
アメリカン・スナイパー (名盤!)
映画『アメリカン・スナイパー』を観た。 劇場で映画を見たのは久々だ。 監督は僕がとても好きなクリント・イーストウッド。 主演はブラッドリー・クーパー。 この映画は、アメリカ海軍特殊部隊ネイビー・シーズルに所属した伝説的なスナイパー(狙撃手)クリス・カイ...
『アメリカン・スナイパー』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'15.02.10 『アメリカン・スナイパー』(試写会)@イイノホール 戦争映画はあまり得意ではないのだけど、この映画は見たいと思っていた。試写会当選したお友達のおこぼれに与って行ってきたー♬ ネタバレありです! 結末にも触れています! 「幼い頃から...
「アメリカン・スナイパー」American Sniper (2014 WB) (事務職員へのこの1冊)
Diana Krall - Why Should I Care うちの奥さんは近ごろサスペンスに凝っていて(怖がりなくせに)先日は「フレンチ・コネクション」、今週はヒッチコックを集中的に。そんな彼女がイーストウッドの「トゥルー・クライム」を見た途端、わたしにメモを渡してきた。「この...
アメリカン・スナイパー(American Sniper) (田舎に住んでる映画ヲタク)
「ミリオンダラー・ベイビー」「許されざる者」の名匠クリント・イーストウッドが、米軍史上最強とうたわれた狙撃手クリス・カイルのベストセラー自伝を映画化。米海軍特殊部隊ネイビー・シールズの隊員クリス・カイルは、イラク戦争の際、その狙撃の腕前で多くの仲間を...
アメリカン・スナイパー (atts1964の映像雑記)
2014年作品、クリント・イーストウッド監督、ブラッドリー・クーパー主演。 ここはイラク、向こう側のビルの屋上に男が現れた。 男は携帯で電話をしている。 スナイパーのクリス(ブラッドリー・クーパー)は、判断を任された。 しかしすぐに男はビルの内部に消...
アメリカン・スナイパー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【AMERICAN SNIPER】 2015/02/21公開 アメリカ R15+ 132分監督:クリント・イーストウッド出演:ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライムス、ジェイク・マクドーマン、ケヴィン・レイス、コリー・ハードリクト、ナヴィド・ネガーバン、キーア・オドネル...
アメリカン・スナイパー (ハリウッド映画 LOVE)
秀逸なエンドクレジット!
映画:アメリカン・スナイパー American Sniper 今年のベスト10に確実に絡む 力作・傑作! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
流石、イーストウッド。 2時間12分が、あっという間に過ぎてしまう... 生日、ゴダールの84オにも驚いたが,こちらも同い年(笑) 去年は「ジャージー・ボーイズ」、で今年はこんなに強力な一発かよ~ その前もヤバ過ぎの「グラン・トリノ」、超変化球「ヒア....
「アメリカン・スナイパー」☆鎮魂 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
もう戦争映画も出尽くしたと思っていた。 ここまで完璧な映画が、まさかこのタイミングで現れるとは・・・・
『アメリカン・スナイパー』 (ラムの大通り)
※ご覧なった人専用。後の方で少しネタバレに触れています。 (原題:AMERICAN SNIPER) ----いよいよ始まったね、この映画。 話しにくいとか言っていなかったっけ? 「そうなんだよね。 どうしようか迷って、 でもどうしても言っておかなくては… と思ったことがあって...
アメリカン・スナイパー (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】クリント・イーストウッド 【出演】ブラッドリー・クーパー/シエナ・ミラー/ルーク・グライムス/ジェイク・マクドーマン/ケビン・ラーチ/コリー・ハードリクト/ナビド・ネガーバン/キーア・オドネル 【公開日】2015年2月21日 【製作】アメリカ 【ストー...
『アメリカン・スナイパー』 ~届け!老番犬の無音の遠吠え~ (偏愛映画自由帳)
2014年/アメリカ/132分 監督:クリント・イーストウッド 出演:ブラッドリー・クーパー    シエナ・ミラー ■概要 原題は『American Sniper』。アメリカ製作による2014年の戦争伝記ドラマです。監督は『ジャージー・ボーイズ』の御大クリント・イーストウッド...
アメリカン・スナイパー (そーれりぽーと)
外せないクリント・イーストウッド監督最新作、『アメリカン・スナイパー』を観てきました。 ★★★★★ 戦争の惨状と、戦争によって精神が蝕まれていく兵士の様子。 参戦国であっても、一旦戦地から母国に帰ってきたら平和そのもの。また、戦争をしている裏側では並行し...
「アメリカン・スナイパー」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・アメリカ/マルパソ=ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ、他 配給:ワーナー・ブラザース映画 原題:American Sniper 監督:クリント・イーストウッド原作:クリス・カイル、ス
アメリカン・スナイパー (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[アメリカン・スナイパー] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:大吉 2015年6本目です。 【あらすじ】 テキサス出身のカウボーイ、クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)は、1998年にアフリカで起こったアメリカ大使館爆破事件をき...
アメリカン・スナイパー (こんな映画見ました~)
『アメリカン・スナイパー』---AMERICAN SNIPER---2014年(アメリカ)監督:クリント・イーストウッド出演:ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー米海軍のエリート部隊“ネイビー・シールズ”の兵士としてイラク戦線で活躍した伝説の狙撃....
「アメリカン・スナイパー」:“subtle”な描写の名人芸 (大江戸時夫の東京温度)
映画『アメリカン・スナイパー』は、やはり絶対的に「アメリカ人に向けた作品」です。
アメリカン・スナイパー (映画好きパパの鑑賞日記)
 イーストウッド監督がイラク戦争の”英雄”を描き、アメリカでは大ヒットするとともに、反戦映画かイラク戦争を肯定的に描いたプロパガンダかと大論争になっている作品。論争も含めてイーストウッドは計算づくでやっているんでしょうが、僕は戦争が人間を壊すというのは...
『アメリカン・スナイパー』 愛国的? 反戦的? (Days of Books, Films )
American Sniper(viewing film) イーストウッドの映画
「アメリカン・スナイパー」みた。 (たいむのひとりごと)
名匠クリント・イーストウッドが、米海軍特殊部隊ネイビー・シールズの隊員で米軍史上最強と言われる狙撃手:クリス・カイルの自伝を原作に、ブラッドリー・クーパー主演で映画化。予告編で流されていた本編冒頭の部
「アメリカン・スナイパー」 (或る日の出来事)
シンプルに映画に描きとめる。
アメリカン・スナイパー (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
アメリカン・スナイパー '14:米 ◆原題:AMERICAN SNIPER ◆監督:クリント・イーストウッド「ジャージー・ボーイズ」「グラン・トリノ」 ◆出演:ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライムス、ジェイク・マクドーマン、キーア・オドネル、カイル・...
アメリカン・スナイパー AMERICAN SNIPER (まてぃの徒然映画+雑記)
イラク戦争でアメリカ軍最強の狙撃手として恐れられたクリス・カイルの自叙伝を、クリント・イーストウッド監督が映画化。 アメリカ海軍特殊部隊、NAVY SEALS所属のクリス・カイルはイラク戦争に4度派遣され、狙撃手として味方の危機を救い160人もの敵を射殺した。 戦....
イラクの英雄、その真実、 (笑う社会人の生活)
6日のことですが、映画「アメリカン・スナイパー」を鑑賞しました。 ネイビーシールズのクリス・カイルはイラク戦争時、狙撃の腕前で多くの仲間を救うが 同時にその存在は敵にも知られ 命を狙われるほどに 故郷いる妻子に対し良き夫 良き父でありたいと願うが、ジレンマ....
アメリカン・スナイパー (いやいやえん)
【概略】 戦争の狂気に取り憑かれながらも、家族をこよなく愛した男の光と影を描く。 ドラマ 米軍史上最多、160人を射殺したひとりの優しい父親。観る者の心を撃ち抜く、衝撃の実話。 国を愛し、家族を愛し、戦場を愛した男――。 描かれるのは伝説のスナイパ...
映画「アメリカン・スナイパー」レビュー(俺、国に帰ったらこの指輪を恋人に渡すんだ) (翼のインサイト競馬予想)
映画「アメリカン・スナイパー」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画『アメリカン・スナイパー ...
アメリカン・スナイパー (銀幕大帝α)
AMERICAN SNIPER 2014年 アメリカ 132分 ドラマ/戦争/アクション R15+ 劇場公開(2015/02/21) 監督: クリント・イーストウッド 『ヒア アフター』 製作: ブラッドリー・クーパー クリント・イーストウッド 原作: クリス・カイル『ネイビー・シールズ 最....
「アメリカン・スナイパー」(2014年、アメリ... (楽天売れ筋お買い物ランキング)
「アメリカン・スナイパー」(原題:AmericanSniper)は、2014年公開のアメリカの映画です。イラク戦争に4度従軍したクリス・カイルの自伝「ネイビー・シールズ最強の狙撃手」(原題:AmericanS...
アメリカン・スナイパー (American Sniper) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリント・イーストウッド 主演 ブラッドリー・クーパー 2014年 アメリカ映画 133分 ドラマ 採点★★★★ 戦争映画なんか観てると、大抵の戦闘シーンは目視できる敵兵に対し射撃し、撃った弾が当たって死ぬまでをもその目で見てますよねぇ。まさに“殺し合い...
「アメリカン・スナイパー」 (ここなつ映画レビュー)
平和ボケ結構。どこに問題があるかわからない。戦いを知らない世代がほとんどを占める現代の日本。どんな宝石よりも光を放っている。観終わった感想の一つはこれだ。クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)はやんちゃな男兄弟の長男で、テキサスの田舎で育った。厳格な...