映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ジーン・ワルツ

2011年03月06日 | 邦画(11年)
 遅ればせながら、『ジーン・ワルツ』を渋谷TOEIで見てきました。

(1)本年の出だしは、ここまで邦画でよさそうなものが少ないため、逆に洋画の方でいい作品・面白い作品が目白押しということもあって、邦画対洋画の比率が酷く洋画の方に偏ってしまっています。そうした事態を立て直そうと、この作品を選んでみました。

 こういう出産を巡る映画では、女性が話の中心となるのは当然のところ、むしろ男性がどう取り扱われているかで良し悪しが決まってくるのでは、と男性のクマネズミは密かに考えています。
 ソウ思ってこの作品を見てみますと、男性について、全く描かれてはいないか、描かれていても女性の添え物的存在としてしか役割が与えられていない、あるいはマイナスのイメージを醸し出す存在として取り扱われている、そういった大層貧しい印象を受けます。

 描かれていない男性というのは、主人公の曽根崎医師(菅野美穂)が院長代理としてサポートしている産科医院・マリアクリニックの院長(浅丘ルリ子)は、末期癌を患う身なのですが、夫はいません。
 また、原作(海堂尊著)では、主人公の曽根崎医師は、物語の途中で夫の伸一郎との離婚手続きしをますが、映画では主人公は自分の結婚に全く触れることがありません。
 それはともかく、マリアクリニックで出産することになる20歳の青井ユミ(桐谷美鈴)は、シングルマザーとなります。
 それに、55歳という高齢出産する山咲みどり(風吹ジュン)も、生まれてくる赤ん坊の父親のことは明かしません(観客は、オボロゲに様子が分かって来ますが)。
 あたかも、男性は出産に当たって不要と言っているかの如き印象を与えます。

 また、女性の添え物的存在というのは、39歳で出産する荒木浩子(南果歩)の夫(大杉漣)とか、27歳での出産を控えている甘利みね子(白井美帆)の夫(音尾琢真)です。
 とはいえ、出産時における夫の役割は、昔から添え物でしかなかったのかもしれません。ただ、最近では、分娩室に入って妻を励ましたりするようにもなってきているところ、本作品では、大杉漣はドアの外で待ちうけるだけですし、また音尾琢真も写真に収まる存在にすぎません。

 さらに、マイナスのイメージを醸し出す存在とは、准教授・清川吾朗(田辺誠一)の上司にあたる屋敷教授(西村雅彦)とか、マリアクリニックの院長の息子の産科医(大森南朋)でしょう。
 前者は、相も変わらず“白い巨塔”的な権威を振り回すだけの男として描かれていますし(自分の意に沿わないマリアクリニックを潰せ、と准教授に命じたりします)、後者は出産時の手術に失敗して妊婦を死なせてしまったことから、自己責任を強く感じてうつ状態となり、そこから立ち直れずにいます。

 ただ一人、ある程度の存在感を持って描かれるのが、准教授の清川でしょう。理恵が、大学の外に出て現在の医療制度を変革していくのだと言い張るのに対して、彼は、大学の中にいて、すなわち現在の医療制度の中にいて、内側から改革を進めていくと宣言します。
 それで、ついには屋敷教授の後釜に滑り込んで、大名行列と言われる教授回診をする様子が映し出されます。
 ただ、彼は、屋敷教授から「マリアクリニックを潰せ」と命じられながら、逆にそこでの帝王切開手術に協力してしまうわけで、にもかかわらず何故教授に就けたのか、いまいちピンときません。
 なお、清川を演じたのは田辺誠一ですが、やや線が細く、“白い巨塔”をうまく泳ぎ抜くタイプというよりも、企業の営業マンといった感じがしてしまいます。あるいは、『ハッピーフライト』の大勢のスチュワーデスに囲まれているイメージが強く残っているからなのでしょうか?




 それなら女性の描き方はどうなのでしょうか?
 男性の場合とは打って変って、かなりしっかりしたポジティブな描き方になっていると思います。特に、マリアクリニックの院長の存在は重要でしょう。なにしろ、末期癌で寝たきりながら、医師・助産婦の数が足りないと分かると(3組の同時出産に際して、理恵と清川しかいないのです)、ベットを抜け出して青井ユミの赤ん坊を取り上げることまでやってのけます。
 この役を演じた浅丘ルリ子は、素晴らしい演技を見せてくれます。現在、元気なお祖母さん役には加賀まり子が定番になっていますが、どっこい浅丘ルリ子は、こうした凛々しい院長役だったら、うってつけではないでしょうか。



 そして、主人公の曽根崎理恵です。大変論理的で冷静に振る舞える理知的な女性として造形されて、逆にあまり人間味を感じさせないほどです。こうした人間が、産科医という医者の中でも人間的な要素が濃いと思われる分野を選択したいきさつを、かえって知りたくなってしまいます。
 それはともかくこうした役柄を、菅野美穂は随分と頑張って演じていると思います。ただ、その頑張りが表に出過ぎてしまったのか、前作の『パーマネント野ばら』で感じられた彼女の魅力がやや失せてしまっているのでは、と思えたところです。




 これらの登場人物が物語を展開させるわけですが、ドラマのクライマックスでは、マリアクリニックで診てもらっている3人の妊婦の出産時期が同じ日に重なってしまい、そのうえ同日には台風の直撃があって、倒れてきた大木で診察室が使えなくなったり、ついには電気まで止まってしまう事態になります。
 映画全体が生命誕生に至るドラマを描き出そうとする作品としたら、その映画的クライマックスとして台風の直撃という設定をもってくることは、すごいアイデアではないかと思います。なにしろ、交通機関がすべて麻痺してしまい(タクシーまでも)、マリアクリニックは完全に孤立状態に陥るのですから(助産婦がクリニックにやってこれなくなってしまいます)!
 ソウした状況下にあっては、理恵や清川が獅子奮迅の働きを余儀なくされるのはもちろん、末期癌療養中の院長の出番があっても、全然違和感を感じさせません。

 様々の問題点を指摘することは容易なことですが(注1)、生命誕生に至るドラマを描き、あわせて産科医を取り巻く厳しい状況を物語の中で観客に理解してもらう、という観点からは、まずまずの出来栄えといえるでしょう。

(2)この作品では、主人公の曽根崎理恵は、男性に従ってとか、男性と一緒になってなどとは考えずに、すべて自分の意志で物事を切り開いていこうとする強い人間として描かれていると思われます。そう思って見ると、先に見た『愛する人』においてナオミ・ワッツが演じた弁護士エリザベスに通じるものがありそうです。
 なにより、両者とも出産に関与するのです。一方のエリザベスは、妊娠して産婦人科医のところまで出かけて行くものの、自然分娩にこだわったため出血死してしまいますが(注2)、他方の理恵の方は、産科医というだけでなく、卵子を取り出すべく、子宮摘出手術を清川のメスで行ってもらいます(清川にはその事情を明かさずに)。
 また、エリザベスは、法律事務所の上司とのセックスにおいてみずからリードしますが(隣家の夫を誘惑するのもエリザベスの方からです)、理恵も、清川の精子を獲得すべく、唐突に彼をベットに誘います(注3)。
 こうした理知的で意志の強い女性を描く傾向が、ほぼ同時期に公開された邦画と洋画で見られるということは、これから制作される映画の方向性をも暗示しているのでしょうか?

(3)渡まち子氏は、「生命誕生というテーマはなるほどシリアスなものだが、問題が大きすぎて掘り下げが浅い。これでは感動したくても難しい。……不妊治療、中絶、無脳症という難病、高齢出産などが描かれる。だが、詰め込みすぎて、すべてが薄味なのだ」。「菅野美穂はふわふわした浮遊感が独特の魅力の女優で、つらい過去を乗り越え、鉄壁の意思で医療に取り組む天才医師の役には明らかに不向きだ。ヒロインを全面的には応援できないはずの清川の態度がコロリと変わる展開も、都合が良すぎる」。「それでもこの物語で描かれる、異なった立場から医療を変えていこうとする人間がいることには希望を見出した」として50点を与えています。



(注1)この映画をミステリーとして見ようとすると、どこが謎なのかという疑問が湧いてしまうでしょう。あるいは、代理母の山咲みどりが生む子供の両親は誰なのか、という点なのかもしれません。
 ですが、映画ではあまりその点が重要視されてはいないような感じを受けます。なにしろ、その父親と目される人物は、そのことに気づいていながらも深く追及しようとはせず、赤ん坊の存在すら念頭にないかのように振舞っているのですから!

(注2)単なる推測ですが、エリザベスの死は、癒着胎盤による大量出血が原因のように見え、仮にそうだとしたら、本作品の冒頭において、マリアクリニックの院長の息子が妊婦を死なせてしまうところ、それと類似する状況と思われます(本作品の場合、事前に診断が可能だったとして、彼は逮捕されてしまいます)。

(注3)この物語にあっては、映画ではカットされていますが、本来的には原作のように、離婚した夫の存在が重要な要素だと思われます。というのも、顕微授精の場合、授精卵は複数個子宮に戻され、そのうちのどれが着床するかは前もってわからないようにしているのです。そして、原作では、理恵の母親の子宮に戻された3つの授精卵のうち、2つは清川と理恵のものですが、もう1つは前の夫と理恵のものとされているのです。映画のように、前の夫・伸一郎の存在がカットされてしまうと、授精卵はすべて清川と理恵のものになってしまい、不確定な要素が消えてしまいます。



★★★☆☆




象のロケット:ジーン・ワルツ

コメント (2)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
« ヒア アフター | トップ | ザ・タウン »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
問題発言 (ふじき78)
2011-03-06 23:18:33
昔、女の人は産む機械だと言った政治家がコテンパンに怒られてたけど、この映画みた後だととその政治家はちょっと可哀そうかもしれない。産む機械以外の女の人が出てこないから。まあ、そういうテーマの映画だから、そうなんだろうけど。

何を伝えたかったかがよくわかんない映画だと思う。
映画のコメント (クマネズミ)
2011-03-09 07:16:13
「ふじき78」さん、コメントをありがとうございます。
ただ、ブログ記事の内容についてではなく、映画自体についてのコメントを素で受け取っても対応に困ってしまいます。とはいえ、たとえば「自衛隊は暴力装置」と至極真っ当なことを言った政治家が問責決議を食らってしまう今の世の中ですから、「女の人は産む機械」と言って怒られるのも仕方がないということなのでしょう!
なお、曾根崎医師は、卵子確保のために子宮摘出手術を受けてますから、厳密には「産む機械」とは言えないのではないでしょうか?
また、映画が伝えたかったのは、単純に考えて、「出産は奇跡」で素晴らしい偉業なのだということではないでしょうか?尤も、クマネズミは、映画の「メッセージ」とか「伝えたかったこと」に拘るのは余り意味がないのでは、と思っていますが。

コメントを投稿

38 トラックバック

ジーン・ワルツ (うろうろ日記)
試写会で見ました。こないだの本の時も書いて、重複しますが、まー大雑把に言えば大き
ジーン・ワルツ/菅野美穂、田辺誠一、大森南朋 (カノンな日々)
海堂尊さんの同名原作小説を『NANA』の大谷健太郎監督が映画化した作品。骨太な医療ドラマを手がけてきた海堂尊さんが本作でテーマにしたのは産婦人科医療。主演の菅野美穂さん演じ ...
ジーン・ワルツ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。海堂尊原作、大谷健太郎監督、菅野美穂、田辺誠一、白石美帆、片瀬那奈、南果歩、風吹ジュン、浅丘ルリ子、大森南朋、桐谷美玲、須賀貴匡、濱田マリ、大杉漣、西村雅 ...
ジーン・ワルツ (ダイターンクラッシュ!!)
2011年2月13日(日) 19:25~ チネ10 料金:1300円(川崎の金券屋で前売券を購入) パンフレット:600円(買っていない) 『ジーン・ワルツ』公式サイト 海堂尊の小説が原作なので、医療ミステリーかと思ったら、以外に甘ちゃんなドラマだった。 ただし原作のジャ...
ジーン・ワルツ (花ごよみ)
菅野美穂が主演、 帝華大学病院の産婦人科医師、 曾根崎理恵を演じます。 共演は田辺誠一、白石美帆、 南果歩、風吹ジュン、浅丘ルリ子等。 監督は大谷健太郎。 曾根崎理恵(菅野美穂)は 「マリアクリニック」という町の、 産婦人科医院でも勤務。 こちらの病院....
「ジーン・ワルツ」みた。 (たいむのひとりごと)
海堂尊原作でおなじみの『チーム・バチスタの栄光』シリーズと同一の世界で繰り広げられている別の物語のひとつであるこの作品。近年妊産婦の救急搬送中のたらい回しなどが社会問題として注目を浴びているが、医療事
「ジーン・ワルツ」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 現役医師にして作家の海堂尊原作。様々な問題を抱えた現代の産婦人科学会に、敢然と立ち向かう孤高の女性医師の姿を、「NANA」の大谷健太郎監督、「Dolls」「パーマネン...
『ジーン・ワルツ』を109シネマズ木場シアター6で観て、痛々しいぞふじき☆☆(ネタバレかなあ) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆でも、野郎の演技は好き(ホモじゃないぜ)】    海堂尊の原作を読んでから鑑賞。 まず、この原作自体が凡作。 元々がミステリーというよりは医療告発物 ...
言いたい事は分かるけど・・・。『ジーン・ワルツ』 (水曜日のシネマ日記)
産婦人科医の目線を通して現代医療が抱える問題を描いた作品です。
ジーン・ワルツ (シネマDVD・映画情報館)
ジーン・ワルツ スタッフ 監督:大谷健太郎 キャスト菅野美穂 田辺誠一 白石美帆 桐谷美玲 南果歩 風吹ジュン 浅丘ルリ子 大森南朋 音尾琢真 須賀貴匡 濱田マリ 片瀬那奈 西村雅彦 大杉漣 劇場公開日:2011-2-5 ...
映画「ジーン・ワルツ」 (FREE TIME)
映画「ジーン・ワルツ」を鑑賞しました。
ジーン・ワルツ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
マリアクリニックで起きる同時出産事件はあまりにもできすぎではある。でも、実際の出産シーンや産まれたばかりの赤ん坊の描写が訴える力が大きい。へその緒がついて羊膜に覆われた赤ちゃんが泣き出すシーンだけでも見る価値がある。
ジーン・ワルツ (LOVE Cinemas 調布)
『チーム・バチスタの栄光』、『ジェネラル・ルージュの凱旋』の海堂尊のベストセラー小説を映画化。産科を中心とした現在の医療の問題点を描いた作品だ。主演は『パーマネント野ばら』の菅野美穂、共演に『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない 』の...
ジーン・ワルツ (だらだら無気力ブログ)
『チーム・バチスタの栄光』の海堂尊によるベストセラー医療ミステリーを 「パーマネント野ばら」の菅野美穂主演で映画化。さまざまな問題が山積 する現代の産婦人科医療を背景に、現場で格闘する医師として体制に批判的 なヒロインが抱える葛藤と彼女を巡る疑惑の行方...
ジーン・ワルツ (とりあえず、コメントです)
海堂尊著の同名小説を映画化した作品です。 原作を読んでいたので、産科という医療現場の問題をどのように映像化するのかなと気になっていました。 これからの産科の現場はどうなっていくのかなあと考えさせられる作品でした。
映画:ジーン・ワルツ (伊八のいろいろ)
映画:ジーン・ワルツ 2011-2-13(T・ジョイ久留米) ストーリー:不妊治療のエキスパートとして帝華大学病院で働きながら、廃院寸前の小さな産婦人科医院で院長代理を務める曾根崎理恵(菅野美穂)。そんな彼女が、禁断の治療をしているという。うわさを聞きつけた上司...
ジーン・ワルツ (迷宮映画館)
あまりに乱暴な作りに目が点・・・
『ジーン・ワルツ』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ジーン・ワルツ」□監督 大谷健太郎 □脚本 林 民夫□原作 海堂 尊 □キャスト 菅野美穂、田辺誠一、大森南朋、南 果歩、白石美帆、桐谷美玲、須賀貴匡、濱田マリ、大杉 漣、西村雅彦、片瀬那奈、風吹ジュン、浅丘ルリ子■...
映画「ジーン・ワルツ」 (Serendipity !)
 2月7日、映画「ジーン・ワルツ」を観に行った。 “代理母”をテーマとする海堂尊の医療小説「ジーン・ワルツ」(ジーンとは遺伝子)が原作。(海堂作品としては「チーム・バチスタの栄光」、「ジュネラルルージュの凱旋」に続く映画化)  主役の産婦人
【ジーン・ワルツ】 (日々のつぶやき)
監督:大谷健太郎 出演:菅野美穂、田辺誠一、白石美帆、桐谷美玲、大森南朋、風吹ジュン、浅丘ルリ子、南果歩  遺伝子(ジーン)の女神の計画。あなたは、暴けない―。 「帝華大学病院の産婦人科医曽根崎理恵、院長が病で引退する為間もなく閉院するマリアクリ
「ジーン・ワルツ」 「システム」の限界 (はらやんの映画徒然草)
海堂尊さんの小説「ジーン・ワルツ」の映画化作品です。 小説のレビューのときも書い
ジーン・ワルツ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ジーン・ワルツ'11:日本◆監督:大谷健太郎「ラフ ROUGH」「NANA2」「NANA」◆出演:菅野美穂、田辺誠一、大森南朋、南果歩、白石美帆、桐谷美玲、風吹ジュン、浅丘ル ...
『ジーン・ワルツ』 (つれづれなるままに)
HBCシネマ倶楽部 『ジーン・ワルツ』の試写会に 行ってきました。 久しぶりに映
ジーン・ワルツ (勝手に映画評)
海堂尊の医療ミステリーシリーズの映画化。海堂尊の名を世に広めたバチスタシリーズとは違う系列の物語。もっとも、世界は繋がっていて、東城大学や帝華大学、極北市など、海堂尊の物語に出てくる大学・地名がこちらでも出てきている。 この映画の原作は、一応『ジーン・...
「ジーン・ワルツ」母親になりたい本能が導き出した望まれて生まれてきた子供たち (オールマイティにコメンテート)
2月5日公開の映画「ジーン・ワルツ」を鑑賞した。 この映画は海堂尊の長編小説の「ジーン・ワルツ」を映画化した作品で、 産婦人科医の女医が4人の妊婦を診察する事になり、 ...
ジーン・ワルツ (いい加減社長の日記)
いくつ溜まってるんだろ・・・これも1ヶ月以上経ったか? 「ザ・タウン 」と迷ったんだけど。 とりあえず、こっちを先に、ということで、「ジーン・ワルツ 」を、公開日に鑑賞。 (C) 2011「ジーン・ワルツ」製作委員会 【ストーリー】 帝華大学医学部産...
ジーン・ワルツ (5125年映画の旅)
産婦人科医の曾根崎理恵は、妊婦が術中に死亡した事件や術死を恐れて妊婦が病院をたらい回しにされ母子共に死亡するという事態に危機感を抱いていた。曾根崎は自身が勤めるマリア ...
ジーン・ワルツ(2011-014) (単館系)
『チーム・バチスタの栄光』、『ジェネラル・ルージュの凱旋』の海堂尊のベストセラー小説を映画化。 産科を中心とした現在の医療の問題点を描いた作品。 主演は『パーマネント野ばら』の菅野美穂。 「...
ジーン・ワルツ (Diarydiary! )
《ジーン・ワルツ》 2011年 日本映画 帝華大学病院の医師である曽根崎が院長代
ジーン・ワルツ (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞ジーン・ワルツ 2011年/日本/111分 監督: 大谷健太郎 出演: 菅野美穂/田辺誠一/大森南朋/南果歩/白石美帆 公式サイト 公開: 2011/02/05 帝華大学病院に勤務し、顕微鏡下人工...
「ジーン・ワルツ」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
また出た、「だらだらエンディング症候群」。 だらだらエンディング症候群? ドラマは終わっているのに、名残惜しそうにだらだらと映像を垂れ流す映画の終わり方。立つ鳥あとを濁さず、っていうけど、どうして、こういうフンを垂れ流すような終わり方が多いんだろう、最....
■映画『ジーン・ワルツ』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
「なるほど、こうまとめましたか…」 映画『ジーン・ワルツ』は、海堂尊の原作からミステリ成分を少なくし、感動ものの要素をプラスした作品です。 もちろん、原作小説と映画が別物だということはわかっているんです。 ただ、どっちつかずになってしまった印象は否...
ジーン・ワルツ (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
天才医師<遺伝子(ジーン)の女神>が仕掛ける、禁断の奇跡。 <遺伝子(ジーン)の女神>の計画(プラン)。あなたは、暴けない──。 現役医師であり、「チーム...
ジーン・ワルツ (いやいやえん)
菅野美穂、田辺誠一共演。このキャストだけでも観る価値あったわ。 出産を中心としたヒューマンドラマ。海堂尊さん原作の小説を映画化したものだけれど、どうやら方向性がだいぶ違うようで? 実際に産婦人科が廃院したり、産婦人科医が少なく受け入れ拒否する場合もあ...
海堂尊「ジーン・ワルツ」 (ご本といえばblog)
海堂尊著 「ジーン・ワルツ」を読む。 このフレーズにシビれた。  何もしないで現状を支えていくという選択肢の方が危険な道です。理想の医療といる影に捕らわれて、医師がどん ...
ジーン・ワルツ (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/02/05公開 日本 111分監督:大谷健太郎出演:菅野美穂、田辺誠一、大森南朋、南果歩、白石美帆、桐谷美玲、須賀貴匡、濱田マリ、大杉漣、西村雅彦、片瀬那奈、風吹ジュン、浅丘ルリ子 天才医師<遺伝子(ジーン)の女神>が仕掛ける、禁断の奇跡。 医療の最高峰....
【映画】ジーン・ワルツ…映画はヤッツケ風味。皺修正には尽力? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
「ハイペリオン」と「ハイペリオンの没落」を読み終え、昨日「エンディミオン」に突入したピロEKです ちょっと前の記事でちょこっとだけ触れましたが、先日我が家ではパナソニックのジョーバを購入しました(※先週の月曜日2011年10月17日納品)。 どうにも運動不足な...
毎日オカンとワルツ (Akira's VOICE)
「ジーン・ワルツ」 「毎日かあさん」