映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

パイレーツ・ロック

2009年11月22日 | 洋画(09年)
 「パイレーツ・ロック」を日比谷のみゆき座で見ました。

 予告編を見て、これはきっと面白い映画に違いないと思い、期待を込めて映画館に出向きました。
 そして、実際のところも、予想にたがわず素晴らしい映画だと思いました。

 1960年代の初めころ、イギリスにはラジオ局が国営放送の一つしかなく、ポピュラー音楽がラジオから流れるのは法の規制によってごくわずかな時間。そこで法律が適用されない公海上の船からの電波にロック音楽を乗せて流すことが行われたそうで、この映画は、そうした「海賊放送局」が置かれた船の中で起きた様々な出来事を、コメディタッチで(そして幾分ミュージカル風に)描いています。

 なるべく余計な先入観は持たないようにしようとほとんど予備知識なしに映画を見たものですから、あのフィリップ・シーモア・ホフマンがDJの一人として登場した時にはあっけにとられてしまいました!
 なにしろ、このところ立て続けに彼の出演する映画(「カポ-ティ」「その土曜日、7時58分」「ダウト」など)を見、どれも素晴らしい出来栄えに仕上がっていましたから、これだけでもこの映画は成功が約束されているといえます。

 そんな彼が演じる米国人DJを含めた何人ものDJが、24時間ロック音楽をこの船から流し続けるのです。
 これに対して、政府はなんとかして規制しようとしますがうまくいきません。

 当時は、イギリスの人口の半分近くがこの放送を聞いたといわれ、映画でも密かに国民の皆がこの放送を楽しむ様子が描き出されます。
ですから、ラスト近くになって、この船が老朽化のために沈没寸前に至ると、公的な救助活動がなされないのを見越して、雲霞のごとく小さな救難船が救助に向かってくるという感動的なシーンになるのは、映画の冒頭からのお約束事になっているといえます!

 こうしたラストに行きつくまでに、途方もなくイカレたエピソードがどんどん挿入され、その間に60年代のロックの名曲が次々に流れてきますから、堪えられません!

 評論家の方々は、福本次郎氏は、「単発では笑えるシーンもあるのだが、それらが有機的に結びついて一つの物語に収束しているとは言い難い。もう少し整理して時の経過も分かりやすくするなどの工夫がないと、作り手だけが楽しんでいて見る者は置いてきぼりを食った気分になる」として40点しか与えませんが(どうして「一つの物語に収束」する必要があるのでしょうか?こういうハチャメチャな映画が嫌いなのでしょう、ならば何度も言うように見なければいいのに!)、さすが山口拓朗氏は、「お馬鹿さに笑って、お馬鹿さに泣いて、お馬鹿さにホロリと心温まる、出色のロック・エンターテインメントである」として85点をつけ、守備範囲の広い渡まち子氏も、「ディープな音楽ファンには、名曲の歌詞とストーリーのリンク度が不足で不満かもしれないが、ビートルズやストーンズを生んだ英国の音楽秘話と、ライト感覚の反骨精神を楽しみたい一般の映画ファンには文句なくお勧めだ」として70点を与えています。

 こうした映画は、DVDではなく、映画館で、それも大きな映画館で大音量の中で楽しむことをお勧めいたします。

ブログパーツ

コメント (2)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
« サイドウェイズ | トップ | 母なる証明 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ロックンロール最盛期のイギリスの社会模様? (ロックン・グレイス)
2009-12-01 14:55:29
  原題が「THE BOAT THAT ROCKED」だから、大幅に意訳すれば、「ロックンロールで満杯の船」ということかとも思うが、邦題もまぁ悪くはない。ただ、それならいっそのこと、公海上にあって一日中、ラジオでロックンロールを流し続ける海賊ロック放送ということで、「監獄ロック(Jailhouse Rock)」ならぬ「海賊ロック」としたほうがよいかもしれない。
  それはともあれ、舞台が1966,7年のイギリスということで、同時代的に英米ポップスを聴いていた身にとっては、たいへん懐かしいし、イギリスの社会事象としても面白いものがある。すでにビートルズが登場して数年経つのに、BBC放送ではロック音楽を流す時間に法的な制限があって、1日に45分(だったか?)しか放送できなかったという実話に基づくストーリーとされる。そんな話は当時、聞いたことがないから、まずその意味で興味深かったし、ロック音楽(といっても、いわゆる英米軽音楽にすぎないのだが)に飢えた国民の多数が海賊放送に熱狂したというのだから、ああそうだったのかと驚かざるをえない。

  映画のなかで多数かけられる当時の曲では、プロコル・ハルムの「青い影」しか知らないという評もあったが、なんのことはない、ザ・キンクス(The Kinks)の「All Day & All of the Night」に始まり、「夕陽のガンマン」のテーマ、「この世の果てまで」、「ジス・ガイ」等々、いいところではダスティ・スプリングフィールドの「この胸のときめきを」がしっかり流れるのだから、いわゆる狭義のロックンロールではなく、英米のPOPS音楽にすぎない。そんなものが本場の一つ、イギリスでドラッグやセックスと結びついて社会に害悪を流すと敵視されたというのだから、外国のことは分からないものだ。
  選曲は総じて悪くないが、ビートルズの曲(ローリング・ストーンズも気づかなかった)が全くかからなかったのは、使用料の高さのせいだったものか。もう少しいうと、当時人気のクリフ・リチャード、ヘレン・シャピロやデイヴ・クラーク・ファイヴなどのロック調の曲も更にあってよいと思われる。

当時の英米のロック界関係者は多かれ少なかれドラッグの影響があったようにも伝える。最近でも伝記物語が映画化されたレイ・チャールスやボビー・ダーリンなどでもそれが見られるし、ビートルズの「ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ(Lucy in the Sky with Diamonds)」(1967年に発表)は曲の名にLSDの文字が入っていると話題になり、ナンシー・シナトラの「シュガータウンは恋の町(Sugar Town)」(1966年)でも薬物吸引を思わせる歌詞となっている。名曲「青い影(Whiter Shade Of Pale)」(1967年)だって、原題は彼女の顔の蒼白い陰翳ということで(これが青い影なのか?)、内容は不明瞭ながらも薬物絡みとみられている。だから、擬似的なものもあったのかもしれないが、当時のPOPS音楽とその歌詞とが必ずしもいわゆる健全なものばかりではなかったが、当時の鬱屈した社会世相をなんらかの形で反映したものであったろう。
ストーリーは、その辺を単純化してセックス・ドラッグスなどを主体に海賊放送のDJや関係者のハチャメチャな交情が描かれるから、あまりいい出来だとは思われないが、波乱続きの展開のなか、取締にあたる政府当局者との攻防や悲劇的な船事故の後に、ある意味のハッピー・エンドが待っているから、これはこれで良しとしよう。「多彩な面白さに満ちたエンタテインメント快作」という評はほぼ当を得ている。
  ただ、個人的な好みでいえば、DJたちのロック魂や自由な行動を求めるあまり、やや下品な描写に走ったところがあるし、唯一の可愛い子ちゃんであるタルラ・ライリー演じるマリアンがやや蓮っ葉に描かかれていて、そうまでしなくともよいとも思われる。物語テラーのカールだって、どこに成長と更生が見られるのだろうか。DJ仲間との友情を育み、美少女と恋をし、父親の存在を知ったからといって、海賊放送局にどのような貢献をして、本人がどこまで成長したというのか。

いや、難しくは考えないことだ。次々にかかるOldiesを懐かしみ、ウイットあり波乱ありの沈没船並みに揺れる展開を楽しんだら、それだけでも価値がある。ともあれ、私としても、久しぶりに愉快に楽しめた洋画であったから、評価を高くしておきたい。イギリス映画は、キーラ・ナイトレイの「プライドと偏見」「つぐない」にかぎらず、画面が綺麗で、娯楽作でもなかなか面白い。
ビートルズなど (クマネズミ)
2009-12-02 05:13:14
 「ロックン・グレイス」さん、実に周到なコメントをありがとうございます。
 なお、「ビートルズの曲(ローリング・ストーンズも気づかなかった)が全くかからなかった」とあるところ、ビートルズの曲については確かにコピーライトの煩い問題があるのでしょうが、ただ、劇場用パンフレットの表紙(サウンドトラック盤のジャケットも)は、ビートルズのアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」のレコード・ジャケットを、またその中に挿入されているDJ4人の写真はアルバム「アビーロード」をそれぞれ模しているのではと思われ、また、ローリング・ストーンズについては、「ジャンピング・ジャック・フラッシュ(Jumpin' Jack Flash)」や「夜をぶっとばせ(Let's Spend The Night Together)」が映画の中ではかかっていましたから、彼らにかなり配慮して制作されていると考えもいいのではないでしょうか?
 さらには、「下品な描写」、「蓮っ葉」なヒロイン、「成長と更生」がみられない語り手、など映画自体も「ハチャメチャ」なところがまさに「海賊ロック(パイレーツ・ロック)」そのものではないかと思いましたが、如何でしょうか?

コメントを投稿

関連するみんなの記事

12 トラックバック

「パイレーツ・ロック」 (古今東西座)
『パイレーツ・ロック』は、こんな作品を楽しめる自分は「まだまだ心までは老けちゃいないな」って確認できる、リトマス試験紙みたいな映画なのかもしれない。1966年のイギリス。唯一のラジオ局である国営放送BBCは、ポップスを放送できる時間を1日に45分と規制してい...
パイレーツ・ロック (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『スウィッチを入れたら 君はもうひとりじゃない。』  コチラの「パイレーツ・ロック」は、「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が、実在した海賊ラジオ局と監督自身の幼少の頃の思い出からインスパイアされた10/24公開のPG12指定の音楽コメディ...
『パイレーツ・ロック』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
(C)2009 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED. 素行不良で高校を退学になったカールは、更正を望む母の提案で、母の旧友クエンティンのいる船に乗船。その船は、アメリカ出身のザ・カウントら、クールなDJたちがロックの取締りをもくろむ政府の目を盗み、24時間...
パイレーツ・ロック Rock’n Ro~~~ll♪♪♪ (労組書記長社労士のブログ)
【 65 -13- 1ヶ月フリーパスポート=13 】 この週末三連休は九州波乗りツアー!なんやけど、参加メンバーが仕事や体調不良やで、なんと半分の規模のトリップになっちゃいそうや(*´д`*) 風邪やらインフルやら痛風(?)やらいろいろ流行っている様やなあって実感(´・...
パイレーツ・ロック /RADIO ROCK REVOLUTION (我想一個人映画美的女人blog)
We Love Music{/m_0158/} We Love Rock{/m_0136/} 好きな映画に挙げる人の多い「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が 幼少時の思い出からインスパイアされて作ったという待望の新作{/m_0158/} 実はそんなに「ラブ・アクチュアリー」はイイ{/m_0136/}...
パイレーツ・ロック(2009)☆THE BOAT THAT ROCKED (銅版画制作の日々)
11月17日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。とうとうフリ―パスポートをゲットしました。1カ月間無料で何本も鑑賞出来ます。その1本目に選んだのがこの作品です。今週でお終いなので、滑り込みました。 べたべたのイギリス映画ですね。舞台は1966年、イギリスのポッ...
「パイレーツ・ロック」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Boat That Rocked」2009 UK/ドイツ/USA/フランス ザ・カウント/伯爵に「カポーティ/2005」「M:i:III/2006」「その土曜日、7時58分/2007」「チャーリー・ウイルソンズ・ウォー/2007」「ダウト ~あるカトリック学校で~/2008」のフィリップ・シーモア・...
パイレーツ・ロック (だらだら無気力ブログ)
60年代のイギリスを舞台に24時間ロックとポップスを流し続ける海賊ラジオ局 とロックを規制しようとする政府当局の攻防を実在した海賊ラジオ局をモデル に映画化。1966年のイギリス。国営のBBCラジオはロックやポップスを1日で流す時間 を制限していた。若者をはじ...
パイレーツ・ロック (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE BORT THAT ROCKED) 【2009年・イギリス】完成披露試写で鑑賞(★★★★★★★★★★) 民放のラジオ局が無かった1966年のイギリス。 そんな中、停泊した船上から24時間ロックを流し続けた、海賊ラジオ局のDJたちの生き様を描いた痛快ロック・ムービー。 19...
mini review 10450「パイレーツ・ロック」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
1966年のイギリスを舞台に、24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局と、ロックを規制しようとする政府の攻防を描いた痛快ストーリー。監督は『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス。『カポーティ』のフィリップ・シーモア・ホフマン、『ハンニバル・ライジング...
パイレーツ・ロック (The Boat That Rocked) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 リチャード・カーティス 主演 フィリップ・シーモア・ホフマン 2009年 イギリス/ドイツ映画 135分 ドラマ 採点★★★★ 睡魔と闘いながら鶴光のオールナイトニッポンを聴くのが、ちょっとした大人の仲間入りの儀式のようであった中学時代。まぁ、概ね睡魔に負けて...
海賊オケ (Akira's VOICE)
「オーケストラ!」 「パイレーツ・ロック」