映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

君と歩く世界

2013年04月22日 | 洋画(13年)
 『君と歩く世界』を新宿ピカデリーで見ました。

(1)ウディ・アレン監督の『ミッドナイト・イン・パリ』に出演して魅力的だったマリオン・コティヤールの主演映画というので映画館に出かけました。

 舞台は、南フランスのリゾート地・アンティーブ(コート・ダジュールに面しています)。
 そこにあるマリンランドのシャチ調教師・ステファニー(マリオン・コティヤール)は、シャチのショーに出演しているときに、ステージが壊れてしまい水中に投げ出され、シャチに両足を食いちぎられるという事故に遭遇します。
 そんな悲惨な目に遭遇したステファニーは、絶望に陥ってしまいます。



 ですが、彼女は、暫く入院していた病院から家に戻るとアリマティアス・スーナーツ)という男に電話をかけます。
 事故の前にステファニーがナイトクラブで騒ぎを起こして怪我を負ってしまった際、そこの用心棒だったアリに助けてもらったことがあり、そのときの彼の姿に何となく心が惹かれるものを感じたのでしょう。
 そのアリはステファニーの家にやってくると、嫌がるステファニーを外に連れ出し、海岸に出ます。
 さらに、彼が「泳ぎたい、君もどう?」と言って泳ぎだすのを見て、ステファニーもたまらず「私も泳ぐわ」と言い出します。アリは、彼女を抱えて海に入りますが、暫くすると、ステファニーは一人で泳ぎ出します。
 アリは、5歳になる息子サムを連れて姉のいるアンティーブにやってきたものの、夜警の仕事くらいしかなく、ときおり賭の格闘技試合に出場したりしています。



 こんなアリと両脚のないステファニーとの関係は、いったいどのように展開していくのでしょうか、……?

 ストーリー自体なかなかよくできていると思います。ただ、それもさることながら、本作は、やはりコティヤールが見ものではないかと思いました(注1)。



 なにしろ、『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』(2007年)でアカデミー賞主演女優賞を受賞した彼女が、両足のない姿(CG処理によって可能となっています:注2)を画面に見せているわけで、さらには性的シーンにも意欲的に挑んでいます。
 本作を見ると、同じような年格好(38歳)で最近評判の吉瀬美智子とか中谷美紀などは、まだまだ甘いのかなと思えてきます(日本の俳優は、総じて外国人俳優に比べたら随分と甘えている感じがするところです)。

(2)本作は、誰もが感じるところながら、そのシチュエーションが、大評判の『最強のふたり』(注3)に類似していて、あるいはその女性版かといった感じがします。
 まず、『最強のふたり』では、スラム街出身で元気いっぱいの黒人ドリスと首から下が麻痺した大富豪フィリップのコンビが登場するのに対し、本作では、格闘技に長けた屈強の男アリと、車椅子の生活を余儀なくされているステファニーのコンビという訳です。
 さらに、『最強のふたり』では、フィリップの気持ちなどお構いなしに、ドリスは最初からいきなりフィリップを普通人扱いし続けるところ、本作でも、アリはステファニーを海岸に連れて行くと「泳ごう」といって海に入れてしまいます。

 また、DVDで見た『ソウル・サーファー』(2011年)にも類似している点があります。
 この映画では、13歳の少女ベサニーが、ある日突然サメに襲われて、左腕を肩のすぐ下のところから食いちぎられてしまいます(注4)。
 本作のステファニーの場合は、マリンランドで買われているシャチに襲われたとはいえ、その両脚の傷痕はベサニーの傷痕とよく似ています(この映画の場合も、CGによって上手く画像処理がなされています:注5)。

 本作が、これらの作品と違う点は、『最強のふたり』についていえば、例えば、アリには5歳になるサムという息子がいて、それが彼の生きがいになっていることでしょうし、また、『ソウル・サーファー』のベサニーは、片腕の姿でサーファーとして甦り、全国大会で上位入賞を果たしたりしますが、本作のステファニーの場合、事故の後はショーから全く離れてしまいます。

 とはいえ、一番違うのは、本作の場合、男女の愛情関係描かれている点ではないかと思います。
 このことに関連して、監督・脚本のジャック・オディアール氏と共同脚本家のトーマス・ビデガン氏は、原作本のクレイグ・デヴィッドソン著『Rust and Bone』〔(邦訳『君と歩く世界』(峯村利哉訳)集英社文庫〕について、「ステファニーとアリというふたりのキャラクターは、この短編集には登場しない。僕たちはデヴィッドソンの短編集からアイデアを引き出し、それを出発点として新しい物語の中に彼らを織り込んでいった」と述べています(注6)。

 そんなことを踏まえると、本作に対しては、ステファニーの悲惨な事故の方にどうしても目が向けられてしまうものの、両足をなくして不安にさいなまれるステファニーと、朴訥で一途のアリとの関係が、突然の電話で始まって、紆余曲折を経たあと、最後に「俺を見捨てるな」「見捨てないわ」に至るまで、実に入念に描かれている点にこそ注目すべきなのではと思いました。

(4)渡まち子氏は、「オスカー獲得後、ハリウッドでも大活躍のマリオン・コティヤールだが、本作ではほぼすっぴんでハンディキャップを持つヒロインという難役を好演している。南仏の輝く海の陽光や空気感もまた大きな魅力だ」として70点をつけています。



(注1)コティヤールのインタビュー記事については、例えば、こちらを。

(注2)この点については、この記事が参考になるでしょう。

(注3)この映画は映画館で見ているものの、クマネズミの怠慢によってブログに記事をアップしませんでした。

(注4)『ソウル・サーファー』では、片腕をなくして傷心のベサニーが、2004年のスマトラ沖地震津波に襲われたタイのプーケット島にボランティアとして行き、地元の子供たちにサーフィンを教える場面がとても印象的です。

(注5)この点については、この記事が参考になります。

(注6)邦訳本を当たってみると、本作は、同書の中の「君と歩く世界」と「ロケットライド」という2つの短篇について、「名前や性別や国境や舞台を変え、新たな世界観を作り上げて映像化し」ていることが分かります(邦訳本の「訳者あとがき」P.395)。
 なお、前者においては、テキサス州生まれのエディが語り手で、賭の格闘技の試合を戦っているところ、その最中に過去のことを思い出します(その中の一つとして、5歳の甥っ子ジェイクが氷の張った湖に落ちてしまう15年前の事故―その結果、ジェイクは20歳になっても植物人間状態のままです―のことが語られます)。
 また、後者においては、カナダ人のそれも男のシャチ調教師ベンジャミンが語り手で、シャチに左足を食いちぎられたことなどを語ります(他には例えば、両腕のないハイジと知り合いになるものの、「腕がない」ことが気になってすぐにわかれてしまいます)。



★★★★☆



コメント (6)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« ヒッチコック | トップ | 舟を編む »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Reason (まっつぁんこ)
2013-04-22 22:08:41
「日本の俳優は、総じて外国人俳優に比べたら随分と甘えている感じがするところです」同感。
何ででしょう?
シャチの処遇が気になる (すぷーきー)
2013-04-22 22:33:46
訪問&TBありがとうございます。
『ソウル・サーファー』は思い浮かびました。
あれは子供版、こちらは大人版の話ですね。
ラストが唐突に感じました。
井の中の蛙 (クマネズミ)
2013-04-23 06:11:24
「まっつぁんこ」さん、TB&コメントをありがとうございます。
いい加減な想像ですが、日本では、他の分野と同様に、映画分野にも外国人が殆ど入ってこず(監督にせよ俳優にせよ)、俳優らが厳しい競争に晒されていないためではないでしょうか?
Unknown (クマネズミ)
2013-04-23 06:12:47
「すぷーきー」さん、TB&コメントをありがとうございます。
本作は、R15+ですから、まさに「大人版」ですね。
ラストでは、生死の境から蘇ったサム、ボクシングのチャンピオンになって蘇ったアリ、そして両脚切断のハンディをものともせずに蘇ったステファニーが揃ったわけで、これはこれで物語が一段落したのではないかなと思いました。
なお、コメントのタイトルに「シャチの処遇が気になる」とありますが、『ソウル・サーファー』では、ベサニーを襲ったサメは捕獲されたところ、本作では、元々飼育されているシャチなのですからそのままだと思います(退院したステファニーが、マリンランドに行って、プールの中で泳ぐシャチとガラス越しに対面するシーンがありました!)。
言葉が足りませんでした (すぷーきー)
2013-04-23 21:31:05
『ソウル・サーファー』は観ています。
だから、これを観た時に思い出したし、鮫が仕留められたことも知っています。

この映画も観たので、ステファニーがガラス越しにシャチと対面したことも知っています。

人間が飼っている動物が人間を襲った場合、殺処分されることがあります。
あのマリンランドには、何頭ものシャチがいました。
そして、対面したシャチがステファニーの脚を喰いちぎった犯人だという説明はありませんでした。
個人的に、あの個体は犯人ではないと思いたいのです。
そうでないと、あのシャチの胃の中でステファニーの脚が消化されていると想像してしまうので。

だから、「ステファニーを襲ったシャチの処遇が気になる」んです。
シャチと調教師 (クマネズミ)
2013-04-24 06:24:35
「すぷーきー」さん、再度のコメント、ありがとうございます。
こちらも「言葉が足りませんでした」が、「すぷーきー」さんが、当然に『ソウル・サーファー』を見ていらっしゃると思ったので、コメントに「ベサニーを襲ったサメは捕獲された」と申し上げたつもりなのですが(本作のあの場面も、もちろんご存じだと思っています)。

なお、クマネズミは、ステファニーに寄ってきたシャチが、映画の上では「犯人」だと思っています(言うまでもなく、「個人的」にですが)。あの邂逅で、ステファニーは心の整理が付いて、マリンランドに戻ることはもうないのではないかと思いました。
傍証にしかなりませんが、原作本の短篇「ロケットライド」では、左足をシャチのニスカ(雌)に食いちぎられたベンジャミンが、再びニスカに会いにマリンランドに出かけます。何事か決着をつけに。

コメントを投稿

関連するみんなの記事

19 トラックバック

猛獣使い~『君と歩く世界』 (真紅のthinkingdays)
 DE ROUILLE ET D'OS  ほぼ無一文の男・アリ(マティアス・スーナールツ)は、5歳の息子サムを抱え、 姉の住む南仏に辿り着く。姉の家に居候し、ナイトクラブの用心棒として働くよ うに...
君と歩く世界 (佐藤秀の徒然幻視録)
弱肉強食のどん底に花咲く野生の愛 公式サイト。ベルギー=フランス。原題:De rouille et d'os、英題:Rust And Bone。ジャック・オーディアール監督、マリオン・コティヤール、マティアス・ ...
君と歩く世界/マリオン・コティヤール (カノンな日々)
『真夜中のピアニスト』のジャック・オーディアール監督がオスカー女優のマリオン・コティヤールを主演に事故で両足を失ったヒロインと粗暴なシングルファーザーの男が織り成す愛 ...
君と歩く世界 (あーうぃ だにぇっと)
君と歩く世界@ブロードメディアスタジオ試写室
君と歩く世界 / De rouille et d'os (勝手に映画評)
原題の『De rouille et d'os』は、英語だと“Rust and Bone”。日本語では、“錆と骨”なんていう、何とも色気のないタイトルなんですよね。それが、邦題だと『君と歩く世界』となる不思議。まぁ、脚を失った女性が出ているので、判らなくはないです。 「両脚を失っ...
君と歩く世界。 (すぷのたわごと。)
『君と歩く世界』を観に行ってきました。 短編小説を組み合わせたものだそうだ。 フランス・ベルギー合作。 原題は『DE ROUILLE ET D’OS』で、Yahoo!翻訳のフランス語→日本語で“さびと骨の”と訳された。 なんか違うような…。 まぁ、フランス語なのかも分からな...
君と歩く世界 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
君と歩く世界 (集英社文庫) [文庫]肉体のぶつかりあいを介し不思議な絆で結ばれる愛の物語「君と歩く世界」。肉食系の男女の再生物語に感動する秀作だ。南仏アンティーブの観光名所 ...
『君と歩く世界』 2013年3月26日 丸ノ内ピカデリー (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『君と歩く世界』 を試写会で鑑賞しました。 予定ではマリオン・コティヤールだけだったんですが、ジャック・オディアール監督と 中谷美紀がゲストで登壇しました。 美女2人にダンディな監督でした。 中谷美紀は監督にディスカウントといって売りこんでいたけど、如何に...
君と歩く世界 (だらだら無気力ブログ!)
マリオン・コティヤールの演技が良かった。
『君と歩く世界』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「君と歩く世界」□監督 ジャック・オーディアール □脚本 トーマス・ビデガン、ジャック・オーディアール □原作 クレイグ・デイヴィッドソン □キャスト マリオン・コティヤール、マティアス・スーナールツ、アルマン・ヴェルデュー...
君と歩く世界 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
両脚を失い絶望した女性が、ひとりの男性との出会いを経て再び人生に希望を見出していく姿を描いた人間ドラマ。 主演は「エディット・ピアフ 愛の讃歌」のオスカー女優マリオン・コティヤール。監督は「真夜中のピアニスト」「預言者」の名匠ジャック・オーディアール。...
『君と歩く世界』 (2012) / フランス・ベルギー (Nice One!! @goo)
原題: DE ROUILLE ET D'OS/RUST AND BONE 監督: ジャック・オーディアール 出演: マリオン・コティヤール 、マティアス・スクナールツ 、アルマン・ヴェルデュール 、セリーヌ・サレット 、コリンヌ・マシエロ 、ブーリ・ランネール 、ジャン=ミシェル・...
君と歩く世界 Rust and bone (ダイターンクラッシュ!!)
2013年4月10日(水) 18:30~ チネ5 料金:0円(ポイント使用) パンフレット:未確認 またまた、ダメ男の話。再生途上。 『君と歩く世界 Rust and bone』公式サイト 甘ちゃんな邦題だが、ダメ男があまりにダメなんで、結構辛辣な話だ。 原題は、ボクシング用語で...
君と歩く世界(2012)***DE ROUILLE ET D'OS (銅版画制作の日々)
 光射す方へ一歩ずつふたりで・・・・。 好き度:=70点 MOVIX京都にて鑑賞。地味ではありましたが、個人的にはまあまあ良かったかな。 さすがマリオン・コティヤ―ルさん、演技は抜群ですね。事故で両足を切断してしまい、失意のどん底を落とされる女性をリアルに...
「君と歩く世界」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「De rouille et d'os」…aka「Rust and Bone」2012 フランス/ベルギー 南フランス、アンディーヴ。ステファニーは観光地のマリンランドでシャチの調教をしている。一方でベルギーから一人息子を連れヒッチでアンディーヴまでやって来たシングル・ファーザーのアリ。...
君と歩く世界 (映画にする?)
オスカーノミネートは逃したものの、アカデミー前哨戦を賑わしたマリオン・コティヤール主演のヒューマン・ドラマ。監督は『預言者』のジャック・オーディアールです。君と歩く世 ...
映画『君と歩く世界』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-32.君と歩く世界■原題:De Rouille Et D'os(英題:Rust And Bone)■製作年、国:2012年、フランス・ベルギー■上映時間:122分■観賞日:4月14日、新宿ピカデリー(新宿)■料金:1,800円□監督・脚本:ジャック・オディアール□脚本:トーマス・...
君と歩く世界 (いやいやえん)
マリオン・コティヤール主演。 シャチ調教師のヒロインが不幸な事故で両足を失うも、シングルファーザーのアリと出会い、生きる喜びを取り戻していく…。 そうか、足がなくても人間泳げるんだ。アリが何気なくいった言葉でひきこもりだったステファニーも海で泳ぐ気...
「君と歩く世界」(2012年、フランス、ベルギ... (楽天売れ筋お買い物ランキング)
「君と歩く世界」(原題:Derouilleetd'os、英題:Rustandbone)は、2012年公開のフランス・ベルギー合作の映画です。クレイグ・デイヴィッドソンによる同名の短編集を原作とし、ジャック・オ...