映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

龍三と七人の子分たち

2015年05月15日 | 邦画(15年)
 『龍三と七人の子分たち』をTOHOシネマズ新宿で見ました。

(1)本作は、北野武の監督作品(注1)ということで映画館に出向きました。

 本作の冒頭では、主役の龍三藤竜也)が、ランニングシャツ姿で玄関先で木刀の素振りをしています。



 息子(勝村政信)が「何か羽織ってくれないか」、その妻が「世間体がありますから」と言い、また息子が「指サックを付けてよ。子供に、指を噛んでてなくなったとか、泳ぐとタッチの差で負けたとか言わないで」等と言います(龍三は、体に大きく刺青をしていますし、左手の指が2本ありません)。
 挙句、「今日から妻の実家の方に行きます」と言って、息子の家族は出かけてしまいます。
 龍三は、「何が世間体か!ブクブク太りやがって」と悪態をつきます。

 次いで、パチンコ屋のシーン。
 男(下條アトム)が龍三のところにやってきて、「玉ください」と言うものですから、「股ぐらに持ってんじゃないの」と応じた上で、「出ないけど、この台使っていいよ」と違う台に移ると、元の台で男がたくさん玉を出します。
 そこで、龍三が「玉貸して」と言うと、その男は「腕の差でしょ、僻まない」と応じるものですから、龍三は怒って「鬼の龍三を知らないのか」とばかりに喧嘩が始まり、とどのつまりは店員に追い出されてしまいます。

 結局、家でもパチンコ屋でも邪魔者扱いされた龍三は家に戻って、マサ近藤正臣)に電話で「飯でも行かないか」と声をかけ、駅前の公園で会うことになります。
 龍三がマサを待っていると、オレオレ詐欺の電話がかかってきたりとてんやわんやになるのですが、やがて元の仲間が集まってきたりして物語が動き出さいます。



 さて一体どんなことになるやら、………?

 お話は、藤竜也扮する龍三以下70歳超えの元ヤクザ8人が集って再度一家を結成し、悪事を働く現役ヤクザに目に物見せるという次第。最近、こういう老人パワーを見せつける映画が多くなってきているのも、社会の著しい高齢化を反映しているのでしょう。従前のタケシ映画らしいところはあまりみかけないとはいえ、それなりの笑いはあり、まあこんなものかなというところです(注2)。

(2)確かに、笑える場面がいろいろあります。
 例えば、上記のオレオレ詐欺ですが、息子を騙る男が「500万円失くした」と言うと、龍三は「500万円あるわけないだろ、50万円ならなんとかなる」と答え、その男が「カードは?」と訊くと、龍三は「吉田や水原ならある」と応じ、その男が「野球カードじゃない」と言ったりします。
 挙句、50万円を受け取ろうと公園に現れたその男に対して、龍三は、バックルを取り出し「金だ」、さらに昔の組のバッチについて「プラチナだ」と言い、さらには天皇陛下記念コインまで持ち出し、挙句は「メンツが立たない」と指を詰めようとするものですから、その男は大慌てて逃げ出してしまいます。

 また、競馬場で、馬券を買いに行く“はばかりのモキチ”(中尾彬)に対し、龍三が両手を開いて「5-5」を指示したところ、龍三の2本の指が無かったことから、“はばかりのモキチ”は「5-3」と勘違いして馬券を購入してしまい、残っていたなけなしの10万円をスッテしまいます。

 ところで、こうした、老人がパワーを見せつけるという筋立ての映画は最近増えているように思います。
 例えば、ドイツ映画『陽だまりハウスでマラソンを』は、80歳間際の老人がフルマラソンに挑むという作品ですし、『カルテット! 人生のオペラハウス』も、とっくの前に引退している歌手などが資金集めのためにコンサートを開くというストーリー。

 とはいえ、本作で描き出される老人は、マラソン選手であったり音楽家だったりと正統的で大人しい職種に以前就いていたというのではなく、昔はれっきとしたアウトローのヤクザ屋だったという点でユニークです(注3)。

 そうしたヤクザ屋が8人も集まるのですから、老人ばかりとはいえなかなかの迫力となります。
 例えば、“神風のヤス”(小野寺昭)が搭乗するセスナ機が映し出されたり(注4)、ラストの方では、悪事を働く京浜連合の幹部が乗ったベンツを追って、商店街の狭い道を龍三以下が乗ったバスがものすごいスピードで突っ走るシーンが映し出されたりします(注5)。 

 全体として、映画で描き出されるのは、年寄りの冷水的な所業だったということになるのでしょうが、一般の人なら、いきなりこんな格好のいいことをやらないで、まずは例えば、桂文枝の創作落語『じいちゃんホスト』で“じいちゃんホスト”たちが唱和する「ホスト10箇条」(注6)でも守ってみたらどうかと思うところです。

(3)渡まち子氏は、「藤竜也はじめ、ベテラン俳優たちの肩の力がぬけた名演で、老人映画の快作に仕上がっている」として65点をつけています。
 中野豊氏は、「元ヤクザじいさんvs詐欺集団のガキという基本ラインから台詞の応酬からなるジェネレーションギャップの可笑しさが湧き出してきます」として75点をつけています。
 中条省平氏は、「北野武という芸術家の端倪すべからざる個性を映しだす移植の怪作であり、快作だ」として★4つ(「見逃せない」)をつけています。



(注1)北野監督の前作は『アウトレイジ ビヨンド』。

(注2)『アウトレイジ』についての拙エントリで申し上げましたが、本作についても、「従来の映画では必ず見られたワケノワカラナイ場面が、今度の映画については1か所も見られ」ず、「少しぐらい「アートっぽい」ところがあったらな、とないものねだりをしたくなってしまいます」。
 また、本作でも「女性の役割があまりにも限定的なこと」は変わりがない感じがします〔京浜連合のボス・西安田顕)の女でもあるキャバクラのママ(萬田久子)が登場するとはいえ、さしたる活躍はしません―萬田のマンションで龍三と西とが鉢合わせして暴力沙汰がという寸前で、龍三が女装して逃げ出してしまうのですから―〕。

(注3)内訳は、龍三、マサ、“はばかりのモキチ”、“神風のヤス”の他に、“早撃ちのマック”(品川徹)、“ステッキのイチゾウ”(樋浦勉)、“五寸釘のヒデ”(伊藤幸純)、“カミソリのタカ”(吉澤健)。

(注4)「特攻」にあこがれている“神風のヤス”が武運長久の鉢巻を締めてセスナ機に乗り込んだからには、京浜連合のビルに突っ込むのかなと思いきや、進路を思い切り替えて横須賀港に停泊中の米軍空母に着陸してしまい、観客の方はずっこけてしまいます。
 まあ、CGを使いたくない北野監督の方針の下では、仕方のないところでしょうが、だとしたら役柄を変える必要はないでしょうか。

(注5)老人がバスを走らすという点からすれば、昨年末頃見た『まほろ駅前狂騒曲』での麿赤兒)たちによるバスジャック事件を思い起こさせます。

(注6)桂文枝の落語に出てくる「ホスト10ヵ条」は次のようなものです。
・テーブル拭いても鼻拭くな。
・店が混んでも咳込むな。
・飲んで吐いてもパッチを履くな。
・アレアレばかりで話をすな。
・テーブル近くに杖置くな。
・スルメ、オカキに手を出すな。
・席を立つ時よろけるな。
・カレー食べても加齢臭出すな。
・売上伸ばせ腰伸ばせ。
・生きて閉店迎えよう。

 無論、ホストたちに向けてのものであり、とても一般化できないでしょうが、その精神(?!)はどこでも同じではないかと思います(「じいちゃんヤクザ10箇条」も作成可能かもしれません?!)。



★★★☆☆☆



象のロケット:龍三と七人の子分たち

コメント (6)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
« 寄生獣 完結編 | トップ | セッション »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2015-05-16 22:41:25
> 本作でも「女性の役割があまりにも限定的なこと」は変わりがない感じがします〔京浜連合のボス・西(安田顕)の女でもあるキャバクラのママ(萬田久子)が登場するとはいえ、さしたる活躍はしません

安田顕と萬田久子の年齢差は15歳。親子みたいな年の差である。萬田久子と藤竜也の年の差は17歳。こっちも親子くらいの年の差。どっちとねんごろになってもおかしくないバランスの女優を当てたんだろうけど、やっぱり普通に自分の母親と同じくらいの女性と恋人関係になるってのはキツイと思う。
Unknown (クマネズミ)
2015-05-17 05:52:44
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
一人の女優を使い回しして省力化を図っているかもしれませんが、そしていくら萬田久子が歳より若く見えるといっても、おっしゃるように、「自分の母親と同じくらいの女性と恋人関係になるってのはキツイ」と思います。
Unknown ()
2016-05-14 10:20:18
やくざ者の時代ではなく、裏の社会の住人として、風俗業の女性と、やくざがくっ付くというのは、あり得る話だと思いました。

彼らの強みというのは、同じ理由ありの身として、同胞を得る事だと思います。やくざ映画といえば、主人公は当然彼らでしょうが、この作品では、弱い爺さんたちが、予備役に回る、それでいて、ストーリーの屋台骨として、やくざが腕力で道を拓く定番ではなく、計算と演技、綱渡りの処世術で乗り切るのだから、大したものだと思いました。

やくざ映画というより、エンターテイメントですね。
Unknown (クマネズミ)
2016-05-14 21:04:01
「陸」さん、TB&コメントをありがとうございます。
とはいえ、コメントされている内容を十分には咀嚼できない状況です。
例えば、「やくざ者の時代」であっても、彼らはその時代時代の「風俗業の女性」と“くっ付いて”いたのではないでしょうか(ヤクザ映画を余り見ていませんのでよくわかりませんが)?
また、本作に登場する「弱い爺さんたち」は、「予備役に回る」というよりも、むしろ「予備役」だったのをかなぐり捨てて「現役」に戻って京阪連合に立ち向かったのではないでしょうか?
そして、その際には「計算と演技、綱渡りの処世術で乗り切る」というよりも、むしろあっけにとられるほどキチガイじみた行動(言ってみれば「計算」外の行動)によってではないか、という気がするのですが?
Unknown ()
2016-05-14 22:16:21
クマネズミさん。

やくざ者の時代とか、化石の物語をする気はありません。今や少数者であって、夜の街を徘徊する輩も、弱者だと思っています。だから、そんなろくなキャリアも能力もない人々がくっ付くのは、社会における、水は低きに流れる、の例通りだと思うだけですね。

この爺さんたちの救いのないところは、弱者であるのに、自分達は正道だと勘違いして、最後の切り札である戦争に進んでいく事ですね。堅気にとって、言葉の暴力も、腕力も、最後の手段であって、簡単には行使されてはならないし、あまりそういう好戦的な狂人も、幸い、自分の友人の中にはいません。

やくざは、死を覚悟すると、死出の旅人然り、いつよりも輝く時があると思います。演じる、というのは、その覚悟の見事さに対する、誉め言葉です。そもそも、仁義には、演じる事、自らの大義がある事を、装い、組織として、敵との抗争に対して、構成員を勇気づける事があると思います。これに一切の演技が無いのであれば、龍三は義侠だという事を、こちらが認める事になるだけでしょう。
Unknown (クマネズミ)
2016-05-15 06:17:16
「陸」さん、再度のコメントをありがとうございます。
クマネズミは、ヤクザの世界については、映画などを通じてイメージ的にごくごくわずか知っているに過ぎず、実態についてはよくわかりません。
そんな茫漠としたイメージからすると、「陸」さんは「今や少数者」と述べておられますが、「やくざ者の時代」(いつのことを指しておられるのかよくわかりませんが)であってもいつであっても、いつもヤクザは日陰に生きる「少数者」ではないかと思われます。彼らは一般社会からのあぶれ者であり、同じように社会からあぶれた「夜の街を徘徊する輩」(今では「風俗嬢」でしょうか)などと“くっ付く”のでしょう。としてもそれは、「水は低きに流れる」というよりも、むしろ、前回おっしゃっていた「同胞を得る」という感じかもしれません(ただ、こういうことは一般社会でも見られるでしょう)。
この場合、ヤクザが「弱者」かどうかはわからない感じがします。確かに、彼らは一般社会の眼からしたら「ろくなキャリアも能力もない人々」でしょう。でも、彼らの社会においては立派な「キャリアも能力」も備えているのかもしれません。その「能力」は一般社会に寄生するところで発揮されているにせよ、なにしろ、一定人数を抱える集団がそれなりの生活をしているのですから。さらに言えば、彼らが「弱者」然としていないからこそ、警察が組織を上げて取り締まろうとしているものと思います。
そして、彼らは、「言葉の暴力も、腕力も、最後の手段であって、簡単には行使されてはならない」とされる「堅気」(一般社会のことでしょう)の外の世界にいるのですから、そこでは「一龍会」が「最後の切り札である戦争」に猪突猛進しようと何しようと勝手なはずです。
その際に、京阪連合は悪であり「自分達は正道」と考えて「一龍会」の面々が「計算」外れの行動をしたにしても、それは彼らの社会における「正道」に殉じようとしたのであり、「勘違い」というのは一般社会の眼から見てのことのように思います。
普通のヤクザ映画であれば、このようにヤクザが「演技」(「陸」さんの用語を使わせていただきますが)することで彼らの行動に「いつよりも輝」いている様を見出して、観客はカタルシスを得るものと思います。
ただ、本作は、今や一般社会からのあぶれ者であり、なおかつ正真正銘の「弱者」である高齢者(無論、元気に活躍している勇者もいますが)の一員がそうした行動をとったことで、「輝き」よりもむしろ「笑い」を誘うコメディになっているように思います。
あるいは、本作は、格差社会の底辺に蠢いている者(彼らは、一般社会に組み込まれているものの「弱者」でしょう)たちへ決起せよとエールを送っているのかもしれません。としても、よほど肝を据えて行動に出ないと、本作のラストのように留置場送りになるだけに終わってしまうでしょうが!

コメントを投稿

27 トラックバック

龍三と七人の子分たち~オーバーエイジ ビヨンド (佐藤秀の徒然幻視録)
死線が取り払われたギャグ 公式サイト。北野武監督。藤竜也、近藤正臣、中尾彬、品川徹、樋浦勉、伊藤幸純、吉澤健、小野寺昭、安田顕、矢島健一、下條アトム、勝村政信、萬田久 ...
龍三と七人の子分たち  (Break Time)
春らしい陽気が続いて・・・
龍三と七人の子分たち/藤竜也 (カノンな日々)
詐欺集団の若者たちと戦う元ヤクザの老人たちが繰り広げる騒動と活躍を北野武監督がコミカルに描いた任侠コメディなヒューマン・ドラマです。 出演はその他に、近藤正臣、中尾彬 ...
『龍三と七人の子分たち』 2015年4月3日 新宿ピカデリー (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『龍三と七人の子分たち』 を試写会で鑑賞しました。 『アウトレイジ』のような過激な内容を想定してたので肩透かしだった(笑) 【ストーリー】  組長を引退したものの、ヤクザの性分が消えないために普通の老人として生きていけない龍三(藤竜也)。そんな毎日にい...
龍三と七人の子分たち (あーうぃ だにぇっと)
龍三と七人の子分たち@新宿ピカデリー
龍三と七人の子分たち (だらだら無気力ブログ!)
小野寺昭を観た途端、『アーバンポリス24』を思い出す自分は結構おっさん。
龍三と七人の子分たち (映画好きパパの鑑賞日記)
 北野武監督が作った久々のコメディ映画。ゆるーく昭和テイストの話ですが、単なるウェルメイドの話にせず、毒をもりこんでいるのは北野監督作品ならでは。  作品情報 2014年日本映画 監督:北野武 出演:藤竜也、近藤正臣、 中尾彬 上映時間111分 評価★★★★(...
龍三と七人の子分たち(’15) (Something Impressive(KYOKO?))
先日31日(火)、先週の「エイプリルフールズ」に続いて同じ神保町の一ツ橋ホールで今月25日公開の「龍三と七人の子分たち」試写会、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人(Yamato)さんに誘っていただいて見てきました。 北野武監督新作で、北野作品といえば...
『龍三と七人の子分たち』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「龍三と七人の子分たち」□監督・脚本 北野 武□キャスト 藤 竜也、近藤正臣、中尾 彬、品川 徹、樋浦 勉、小野寺 昭、 伊藤幸純、吉澤 健、安田 顕、勝村政信、萬田久子■鑑賞日 4月25日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ...
「龍三と七人の子分たち」 (元・副会長のCinema Days)
 前半はまあ退屈せずに観ていられたが、中盤以降は完全に腰砕け。この設定ならばもっと面白くなって然るべきだが、全然そうならない。北野武は原案と脚本(第一稿)だけ担当して、演出やシナリオの練り上げは他の者にやらせた方が良かった。  かつてはヤクザの組長と....
『龍三と七人の子分たち』 高級料理のシェフが戻ってきた! (映画のブログ)
 「みんなが喜ぶエンターテインメントなんて、その気になれば簡単なんだよ。漫才にたとえれば区民ホールで5000人の観衆相手にやる芸と同じ。ストレートにやれば受ける。浅草の小屋に来る小うるさい客相手にやる方がよっぽど難しいよ」  こう云って観客を手玉に取った...
龍三と七人の子分たち (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画「龍三と七人の子分たち」オリジナルサウンドトラック [CD]元ヤクザの老人たちが若い新興犯罪組織相手に暴れまわるコメディー・ドラマ「龍三と七人の子分たち」。社会問題をか ...
映画「龍三と七人の子分たち」@よみうりホール (新・辛口映画館)
 客入りは8割位。客年齢は幅広く、来場した赤ちゃんが上映中に泣きわめくリアルSEが加わった何とも騒がしい試写会である。
試写会「龍三と七人の子分たち」 (日々“是”精進! ver.F)
爺たちが、悪を倒す… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201504140000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】龍三と七人の子分たち オリジナル・サウンドトラック [ ...価格:2,800円(税込、送料込) [Blu-ray] ア...
龍三と七人の子分たち (Akira's VOICE)
ジジイ達が威風堂々と行き当たりばったり。  
龍三と七人の子分たち ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
数多くの個性的な作品を世に送り出してきた北野武監督が、ユニークかつ異色の設定で放つコメディータッチのドラマ。オレオレ詐欺の被害者となって憤慨する元ヤクザの組長が子分を引き連れ、孫のような若さの首謀者たちを成敗していく。藤竜也、近藤正臣、中尾彬らベテラン...
『龍三と七人の子分たち』 (こねたみっくす)
龍三親分の一龍会だけに、龍頭蛇尾な映画でした。 これは北野武とビートたけしが混在してしまった映画ではないでしょうか。映画監督:北野武としての面白さと芸人:ビートたけし ...
映画・龍三と七人の子分たち (読書と映画とガーデニング)
2015年 日本 毎週欠かさず見ているNHKの時代劇「かぶき者慶次」の藤竜也さんが主演ということで観てきました 5/4、GW中唯一の雨降りだからか109シネマズ名古屋にこれほどの人が集まったのを今まで知りません!というくらいの混雑でしたチケットをWEBで予約しておい...
『龍三と七人の子分たち』 (時間の無駄と言わないで)
面白かった。 意外性とか構成の妙とかじゃなく、その場の勢いで勝負するドタバタコメディ。 ベタベタな笑いなんだけど俳優陣が上手いから面白い。 ジジイの顔面力が半端無いです ...
『龍三と七人の子分たち』を109シネマズ木場7で観て、おもろいけどスカっとせえへんわいふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★小噺としては良くても映画のダイナミズムは不足】   龍三が七輪で延々と昆布を……そんな映画じゃなかった。 細かい笑いは達者な役者がセリフとして出す ...
オヤジたちは まだまだイケる (笑う社会人の生活)
2日のことですが、映画「龍三と七人の子分たち」を鑑賞しました。 組長を引退したものの、ヤクザの性分が消えず 息子夫婦からも疎まれ 普通の老人として生きていけない龍三 そんな龍三はオレオレ詐欺にだまされかけ、義理人情がない今のヤクザ連中をやつけようと かつて....
北野武とビートたけしがうまく融合すればな~・・・。~「龍三と七人の子分たち」~ (ペパーミントの魔術師)
藤竜也さんのプーがくどいよ。(;´∀`) それにしても、ようこんだけあのひとにアホなことさせたね~。 そのへんは藤竜也の役者魂というか、世界のキタノに全部預けるわ~ってことだったのか。 近藤正臣さんも個人的に○。ものすご龍三との掛け合いがええコンビでござ...
龍三と七人の子分たち  監督/北野 武 (西京極 紫の館)
【出演】  藤 竜也  近藤 正臣  中尾 彬  安田 顕 【ストーリー】 組長を引退したものの、ヤクザの性分が消えないために普通の老人として生きていけない龍三。そんな毎日にいら立ちを募らせる中、彼はオレオレ詐欺にだまされてしまう。人々をだます若い連中を許すわ....
「龍三と七人の子分たち」 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
北野作品大好きなねえねと、期待をいっぱいに胸を膨らませて試写会に行ってきたyo 最初から最後まで、小ネタ満載で笑いっぱなしだったけど、面白すぎる公式サイトとチラシに期待しすぎたかな~~ 思ったより爽快感がなかった結末に、たけしもヤキが回ったかな?と・・・...
龍三と七人の子分たち (C'est joli~ここちいい毎日を♪~)
龍三と七人の子分たち '15:日本 ◆監督:北野武「アウトレイジ」「座頭市」 ◆出演:藤竜也、近藤正臣、中尾彬、品川徹、樋浦勉、伊藤幸純、吉澤健、小野寺昭、安田顕、矢島健一、下絛アトム、勝村政信、萬田久子、村上 北野武 ◆STORY◆70歳の高橋龍三(藤竜也)は...
龍三と七人の子分たち (銀幕大帝α)
2014年 日本 111分 コメディ/任侠・ヤクザ 劇場公開(2015/04/25) 監督: 北野武 『アウトレイジ ビヨンド』 脚本: 北野武 編集: 北野武 出演: 藤竜也:龍三親分 近藤正臣:若頭のマサ 中尾彬:はばかりのモキチ 品川徹:早撃ちのマック 樋浦勉:ステッキ....
龍三と七人の子分たち (E'S STREAM)
やくざが描いた、幼い夢…。組長を引退したものの、ヤクザの性分が消えないために普通の老人として生きていけない龍三(藤竜也)。そんな毎日にいら立ちを募らせる中、彼はオレオレ詐欺にだまされてしまう。人々をだます若い連中を許すわけにいかないと、龍三はかつての子...