映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

きいろいゾウ

2013年03月06日 | 邦画(13年)
 『きいろいゾウ』を渋谷シネクイントで見ました。

(1)本作は、宮崎あおい向井理という、それぞれ今が旬ながら如何にもの俳優がコンビとなって出演するというので、ちょっと躊躇したものの、タイトルに惹かれて見てみたところ、物語自体も、そして映像もさながら絵本のようで(その中にさらに原作者が制作した絵本まで登場します)、そうであれば宮崎あおいと向井理というコンビは、逆にうってつけなのかな、と思ったりしました。

 物語では、ムコ向井理)とツマ宮崎あおい)が都会を離れて三重の田舎で暮らしています(注1)。
 ムコは売れない小説家で、当面の日銭を稼ぐために昼間は特養ホーム「しらかば園」で介護士として働いています。
 そんなムコが、出来上がった小説を出版社に持っていくために上京するところ、ツマは、上京するのはそれだけではない、なにか秘密があるに違いない、と勘付きます。
 さあ、秘密とは、そしてこの話はうまく解決するのでしょうか、……?

 この映画には3組のコンビが登場します。
 まずは、ムコとツマの夫婦。
 それから、隣のアレチさんとその妻セイカさん(柄本明松原智恵子)。
 そして、東京の夏目とその妻・リリー・フランキー緒川たまき)。(注2)

 いずれのコンビも何かしらの問題を抱えてはいるものの、現実感が酷く乏しい感じがします。

 何より、ムコとツマはそれぞれ秘密を抱えており(注3)、さらにツマは『きいろいぞう』の絵本が大好きなだけでなく、庭に生えている植物(ソテツ)とか、家にやってくる動物(犬のカンユやヤギのコソク)との会話を楽しむのです(注4)。
 また、隣の夫婦については、妻のセイカさんが、食事に大量の「ミロ」(麦芽飲料)をふりかけてしまうなど、認知症が進んでいるばかりでなく、夫の方もセイカさんが病院に入ってしまうと一人では何もできないと大声で嘆く始末なのです。
 さらには、夏目の妻もムコと何かしらの関係があったがために、そして彼女の状態が悪化したために、夏目はムコに「助けてくれ」との手紙を書くのです(その差出人が記載されていない手紙を見て、ツマは何かを感じ取ります)(注5)。

 とはいえ、こうした様々な登場人物たちは、一方で本作の幻想性を高めているところ、他方で、ムコとツマのこの世のものとは思えないラブ・ストーリー(注6)を説得力あるものとして構築しているというべきでしょう。

 宮崎あおいについては、最近では昨年秋の『天地明察』で見ましたが、見逃した『北のカナリア』や4月に公開される『舟を編む』にも出ていて、このところ本当にたくさんの映画に見かけるので驚きです(注7)。



 また、向井理についても、『新しい靴を買わなくちゃ』で見たところ、そこでは中山美穂の引き立て役に過ぎないような感じながら、本作ではその良さがうまく発揮されているのではと思いました。




(2)西加奈子氏の原作本(単行本は2006年) を見ると、各章の初めの部分等が本文とは別にゴチックとなっていて、どうやらツマが大事にしている絵本の内容を表しているようです。
 さらに、絵本もそうですが、そればかりか目次の部分も平仮名表記になっているのも興味深いところです(注8)。
 こうやって、原作本が様々に表現上の工夫を凝らしているのを受けているためでしょう(注9)、本作においても、全体の映像が大層幻想的なものとなっている上に、絵本の画像が登場するだけでなく、動画としても描かれており、様々な工夫が凝らされています。

 また、本作で注目されるものの一つに、ムコの背中に彫られている鳥のタトゥがあります。
 このタトゥは、拙ブログのこのエントリで触れた『蛇にピアス』のものに感じが類似すると言えるかもしれません(彫られているのもが龍と鳥で違ってはいますが)。



 ただ、幻想的な本作ですから、ムコが問題を直視して立ち向かうと、背中の鳥はどこかへ飛び去ってしまうのですが!

(3)渡まち子氏は、「互いに秘密を抱えたまま結婚した男女が本当の夫婦になっていく物語「きいろいゾウ」。一見、ユルい癒し系映画だが、実はなかなかシビアなお話だったりする」として60点を付けています。



(注1)2人が三重の田舎で暮らす家は、なんだか『ツレがうつになりまして。』で宮崎あおいと堺雅人が暮らす一軒家のような感じがしますが、それは都会のど真ん中にある家です。

(注2)さらには、幼いながらツマのところによく現れる少年・大地と、彼に片思いの少女・洋子というコンビも登場します(大地も、国語の時間に恥をかいたことをきっかけに登校拒否をしています)

(注3)ツマは幼い頃心臓を患いましたが、最近までそのことをムコに言っていませんでした(ツマは「ムコが聞かなかっただけ」と涼しい顔ながら、「ツマは大事なことを何も言わない」とムコはそのことに拘ります)。
 他方、ムコには昔女性がいましたが、ムコはそのことを妻には言っていません。

(注4)ソテツの声を大杉漣が、カンユの声を安藤サクラというように、声の出演者の多彩さも本作で注目すべき点でしょう。

(注5)ムコと夏目の妻とは、昔なにがしかの関係があり、ムコの背中の鳥の絵は彼女の手になるものなのです。

(注6)なにしろ、ムコの背中から飛び立ったタトゥの鳥の羽根が、三重の田舎に独りで待っているツマのもとに空から舞い落ちてくるのですから!

(注7)宮崎あおいは、これまでの映画では見かけなかった性的なシーンにも本作で挑戦しているところ(ずっと初歩的なものですが)、女優としてレベルアップするにはもう一頑張りが必要なのではないでしょうか(もう27歳、いつまでもお姫様のような役柄をやっているわけにもいかないでしょう)。

(注8)実に面白いことに、本年年1月16日に発表された第148回芥川賞は、75歳の黒田夏子氏に与えられましたが、その受賞作『abさんご』が平仮名の多い特異な文体になっています(ちなみに、その冒頭は「a というがっこうとb というがっこうのどちらにいくのかと,会うおとなたちのくちぐちにきいた百にちほどがあったが,きかれた小児はちょうどその町を離れていくところだったから,a にもb にもついにむえんだった.」)。
 勿論、一方は子供向けの絵本であり、もう一方は大人向けの小説ですから、平仮名が多いというだけで比べても何の意味もないでしょうが。

(注9)さらに原作本では、「もくじ」と「第1章きいろいゾウ」との間に「必要なもの。」として、「朝食のトマトと岩塩」以下、様々なものが列記されています(原作本の最終章の後にも掲載されていますが、列記されているものの最後に「ぼくのつま」が書き加えられています)。

 また、本文は、ゴシック体のところ以外では、語り手がツマの部分と、ムコの日記の部分(新聞の文体のように短文が多い)とから構成されています(ただ、後半になると語り手がムコである部分が登場します)。
 なお、2人の会話がなくなって、ツマはムコが書いた日記を読むようになりますが、そのことはムコが気づいており、ムコが気づいていることを妻も知っているという関係になります。
 こうなると、まるで谷崎潤一郎の『鍵』の世界です(同小説については、『サラの鍵』についてのエントリの(2)でごく簡単に触れています)。




★★★☆☆



象のロケット:きいろいゾウ

コメント   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
« 塀の中のジュリアス・シーザー | トップ | 横道世之介 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

関連するみんなの記事

23 トラックバック

『きいろいゾウ』 2013年1月23日 ニッショーホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『きいろいゾウ』 を試写会で鑑賞しました。 この映画は一般受けするのか 【ストーリー】  周囲の生き物たちの声が聞こえる能力を持つ天真爛漫(らんまん)な妻の“ツマ”こと妻利愛子(宮崎あおい)と、背中に入れ墨のある売れない小説家・“ムコ”こと無辜歩(向井...
ぼくのツマ~『きいろいゾウ』 (真紅のthinkingdays)
 三重県の田舎町に暮らすツマ(宮崎あおい)とムコ(向井理)は、結婚したば かりの夫婦。出会ってすぐに結婚したふたりは、お互いの 「秘密」 を知らず に寝食を共にしていた。そんなある日、差出人の...
映画「きいろいゾウ」を観ました!!(2013-04) (馬球1964)
映画「きいろいゾウ」を観ました!!
『きいろいゾウ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「きいろいゾウ」 □監督 廣木隆一□脚本 黒沢久子、片岡 翔□原作 西 加奈子□キャスト 宮崎あおい、向井 理、本田望結、濱田龍臣、緒川たまき、       リリー・フランキー、松原智恵子、柄本明、大杉 漣(声)、柄本 佑(声...
きいろいゾウ~竹輪物語? (佐藤秀の徒然幻視録)
会話も金粉がなくても成り立つ夫婦 公式サイト。西加奈子原作、黒沢久子・片岡翔脚本、廣木隆一監督。宮崎あおい、向井理、柄本明、松原智恵子、リリー・フランキー、濱田龍臣、 ...
「きいろいゾウ」そうして少しずつ大人になる (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ブログ友達のmigちゃんの実弟 片岡翔さんが共同脚本で関わった映画がこの「きいろいゾウ」 migちゃんもエキストラ出演しているというのだから、そりゃ大雪になろうとも観に行かなくてはっ!!!
きいろいゾウ/宮崎あおい、向井理 (カノンな日々)
西加奈子さんの同名小説を廣木隆一監督が映画化した作品です。原作は4年くらい前に読んでいて、その時、映画化するなら主人公のツマ役は絶対に宮崎あおいさんしかいないなと思った ...
きいろいゾウ (あーうぃ だにぇっと)
きいろいゾウ@ショウゲート試写室
きいろいゾウ(2012) (銅版画制作の日々)
 痛みを知る、すべての人へおくる感動のラブストーリー 好き度:=70点 MOVIX京都にて鑑賞。ブログ仲間のmigさんの弟さんが脚本を手がけた作品。監督は「ヴァイブレータ」の廣木隆一。こんなラブストーリーも作るんだね。ちょっとびっくり。 migさんも何処かで登場....
きいろいゾウ (to Heart)
製作年度 2012年 上映時間 131分 原作 西加奈子 脚本 黒沢久子/片岡翔 監督 廣木隆一 出演 宮崎あおい/向井理/濱田龍臣/浅見姫香/本田望結/緒川たまき/リリー・フランキー/松原智恵子/柄本明/大杉漣 幼い頃に入院生活を送っていたツマは、絵本『きいろいゾウ』が大好き...
きいろいゾウ (新・映画鑑賞★日記・・・)
2013/02/02公開 日本 131分監督:廣木隆一出演:宮崎あおい、向井理、濱田龍臣、浅見姫香、本田望結、緒川たまき、リリー・フランキー、松原智恵子、柄本明 痛みを知る、すべての人へおくる感動のラブストーリー [Story]周囲の生き物たちの声が聞こえる能力を持つ天真...
きいろいゾウ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
愛し合っていても隠し事があると、徐々に綻びが出てきてしまう。それにしても、二人のわだかまりが小説のような設定でしかも不自然ではない。宮?あおいのすっぴんでの演技がすごい。
きいろいゾウ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
きいろいゾウ (小学館文庫)互いに秘密を抱えたまま結婚した男女が本当の夫婦になっていく物語「きいろいゾウ」。一見、ユルい癒し系映画だが、実はなかなかシビアなお話だったりす ...
きいろいゾウ (こんな映画見ました~)
『きいろいゾウ』2012年(日本 ) 監督:廣木隆一 出演:宮崎あおい 、向井理、松原智恵子、柄本明 声の出演: 大杉漣 人気作家・西加奈子の同名小説を「神様のカルテ」の宮崎あおいと「新しい靴を買わなくちゃ」の向井理主演で映画化した夫婦の愛の物語。 出...
きいろいゾウ (単館系)
きいろいゾウ MOVIX川口 2/2公開 西加奈子氏が2006年に発表したロングセラー小説を、 「ヴァイブレータ」「余命1ヶ月の花嫁」「雷桜」の廣木隆一監督のメガホンで映画化。 向井理さんと宮崎あおいさんが初...
きいろいゾウ ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
「余命1ヶ月の花嫁」「ヴァイブレータ」など男女の愛について描いてきた廣木隆一監督が、西加奈子の同名ベストセラー(小学館・刊)を映画化。秘密を抱えたまま出会ってすぐ結婚した二人が、悩み傷つきながらお互いと向き合い夫婦になっていく様子を綴る。 ともに原作の....
「きいろいゾウ」:ぬるいメルヘン (大江戸時夫の東京温度)
映画『きいろいゾウ』は、うーん、悪くないんだけど良くもない。なんか風変わりで、最
一言映画評 邦画編 (迷宮映画館)
渾身 東京家族 きいろいゾウ
「きいろいゾウ」秘密を知ってしまう直前でみた過去を知る怖さとそれでも強く乗り越えようとする夫婦の絆 (オールマイティにコメンテート)
「きいろいゾウ」は小説家の夫と幼い時に病気をして動物や植物の声を聞ける妻との生活を描いた映画で夫が忘れられない女性の事を小説で書いているが、妻はその事を知らず暮らして ...
「きいろいゾウ」 月は満ちて、欠ける (はらやんの映画徒然草)
月は満ちて、欠ける。 海は満ちて、引く。 主人公の夫婦の妻であるツマは満月になる
きいろいゾウ  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click  西加奈子氏が2006年に発表したロングセラー小説を、 「ヴァイブレータ」「余命1ヶ月の花嫁」「雷桜」の廣木隆一監督のメガホンで映画化。 以前から告知してますが、弟 片岡翔がもともと西加奈子さんの....
世界にひとつのプレイブック /Silver Linings Playbook (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click   去年のトロント映画祭で観客賞(最高賞)受賞 それにブラッドリー・クーパーなので楽しみにしてた♡ 公開前ギリギリで行われた試写にて鑑賞。22日から公開。 2013年アカデミー賞で、主演男優...
きいろいゾウ (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】廣木隆一 【出演】宮崎あおい/向井理/本田望結/緒川たまき/リリー・フランキー/松原智恵子/柄本明/濱田龍臣/浅見姫香/大杉漣(声)/柄本佑(声)/安藤サクラ(声)/高良健吾(声) 【公開日】2...