映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド

2015年09月29日 | 邦画(15年)
 『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)前編で謎だった事柄が後編でどのように解決されるのかということに興味を抱きながら映画館に足を運びました。

 本作の冒頭では、前編の概要が提示されます。

 後編の最初の場面は、回想シーン。
 暗い部屋の中で、注射器を持った男(草剛)が、幼いエレンに注射をします。
 男はエレンに、「少しチクっとするよ、いい子だ」と言いますが、母親らしき女が「自分の子になんてことを!」と叫びます。
 男は、「爆発的細胞分裂がどうしたら起こるのか知りたいのだ」と答えるので、女は「それでも父親なの!」と非難します。
 その時、クバル國村隼)が率いる男たちが部屋に入ってきて、「先生、こんなに沢山の本をよく集めましたね。特定知識保護法違反です」と言って、本に火がつけられ、エレンの父親は連れて行かれます。
 この様子を、エレンはソウダピエール瀧)とともに、隠れた場所から密かに見ていました。

 次いで、映画の現時点に戻ります。
 エレン三浦春馬)が滑り台のようなものに縛り付けられ、それをクバルの率いる男たちが銃を構えて取り囲んでいます(注1)。



 クバルが話します。「人間は愚かだ。いつまで経っても争いを止めない。それでも、共通の敵が現れた時に、人類は一つになれるだろうと言われた。そして巨人が現れ、人類は壁を作った。それがよかった。壁によって人々は永遠の平和を手に入れた。しかし、巨人になれる人間がいたらどうなる?」。
 そして、エレンに「君は人間なのか巨人なのか?」と尋ねます。
 エレンは、「人間です」と答えますが、クバルは、「人間なら、一度断ち切れた手足が勝手に生えてきたりはしない」、「彼が巨人になるのを、そして巨人から出てきたのを皆が目撃した」と決めつけます。

 この様子を見ていたアルミン本郷奏多)が、「エレンは人間です。エレンは人類最後の希望です」と叫び、またハンジ石原さとみ)は「これで巨人の謎が解けるかもしれない」とつぶやきます。
 しかし、クバルは「君たちは反乱分子だ」と撥ねつけ、「撃て!」と叫んだ時に、鎧をつけた巨人が頭上に出現し、クバルらは落下してきた瓦礫の下敷きとなり、エレンはその巨人にさらわれてしまいます。
 さあ、エレンの、そして人類の運命は、………?

 本作では、巨大な壁が何のために構築されたのか、シキシマ長谷川博己)とかクバルは何者なのか、などなどについて一応の説明は与えられますが、あまりおもしろい内容ではありません。それに、巨人と人間との戦いだったはずのものが、最後は巨人同士の戦いとなってしまっていたりして、なんだかよくわからない感じで終わります。総じて言えば、2部作をもっと切り詰めて全体で2時間半くらいの映画にするか(注2)、あるいは原作漫画が終了してから、その全体の構想を踏まえた上で実写化を図るべきだったのではと思いました。

(2)映画「進撃の巨人」は、前編で事件が描き出され、後編でその事件の謎が解明されるという映画「ソロモンの偽証」のような格好をとっているように思います。そうだとすると、アッと驚くような謎の解明がなされないと、後編は、映画「ソロモンの偽証」のように弛れたものになってしまいがちです。
 まして、映画「進撃の巨人」の前編が、映画「ソロモンの偽証」の前編のような盛り上がりが見られないのですから、加えて、全体の最大の見所である超大型巨人が前編に登場してしまっているのですから、後編でよほどのことが描かれない限り、映画「進撃の巨人」の全体の評価は高いものとならないでしょう。

 実際のところ、後編である本作では、種々の謎が説明されていきます。
 上記(1)で述べましたように、クバルが一応の説明をしている上に、さらに、シキシマが、「白い部屋」でエレンに対し、これまでのことやこれからのことについて話をします。
 例えば、「巨人の正体は人間だ」。
 また、「百数十年前に、多くの人間が巨人になって殺し合いをし、人間の大部分は滅びた」。
 さらに、「生き残った者は壁を作って、その中で暮らすようになり、その中で支配する者と支配される者とに分かれた」。
 そして、「2年前に壁が崩れて巨人が壁の内側に現れたが、それは支配者側にとって好都合だった。人々の憎しみが自分たちから逸れて巨人に向けられるようになり、壁の外へ出ようと思う者もいなくなるから」。

 要するに、支配者たちは、外界の異物を上手く利用することによって、支配下にある人々の自分たちに対する忠誠心を強化しようとしている、ということでしょう(注3)。
 でも、これなら独裁者たちが過去から繰り返し行なってきたことではないでしょうか(注4)?わざわざ特別の部屋をあつらえて、登場人物がもっともらしく長々と喋ったりする必要がある事柄なのでしょうか?

 次いで、外に出たシキシマらの乗ったトラックが、壁の修復のために使う不発弾を運んでいるミカサ水原希子)らの装甲車に出会うと、シキシマは、「政府に反旗を翻す。内地に戻る。壊すべき壁はそこにある。巨人を中心部に流入させれば、現体制は崩壊する。人類の変革が始まる」と述べます。
 でもこれでは、巨人の力を使ったクーデターを起こして(注5)、シキシマ自身が権力を握るということに過ぎないのではないでしょうか?

 そう考えると、最後に勝ち残るエレンにしたって、「巨人になっても知性を失わない新しい人類だ」とシキシマに持ち上げられてはいるものの(注6)、クバルのような支配者側の人間にならないとも限らないのではないでしょうか(注7)?

 そのクバルですが、2年前に、壁に穴を開ける超大型巨人として壁の向こう側に出現するところからすると、簡単に壁を行き来できるように思われます。
 あるいは、壁というのは見せかけのもので(注8)、一般人には利用できない抜け道が元々密かに設けられているのではないでしょうか(注9)?

 それに、不発弾を壁の上部に置いて爆発させると、どうして壁の穴が塞がれることになるのでしょうか?もしかしたらそういうことも起こるかもしれませんが、普通に想像されるのは、壁の上部が吹き飛ぶだけのことであり、低くなったところから巨人が壁をまたいで入り込むのではないでしょうか(注10)?

 要すれば、ハンジやアルミンらの外壁を修復しようとする作戦は、本来的に壮大な無駄と言うべきもののように思えてしまいます。

 とはいえ、本作における特撮映像は、前編と同じく眼を見張るものがあり、特筆に値するでしょう。特に、シキシマが鎧の巨人となり、巨人化したエレンと対決するあたりはすごいなと思いました。



 ですが、全体として実写版の「進撃の巨人」は、まだ進行中の原作漫画を無理やり完結させようとして努力したものの(注11)、あっけなく跳ね返されてしまったという感じがするところです。

(3)渡まち子氏は、「すべての謎が明かされる後篇だが、ヴィジュアルの迫力は既視感があるせいか、前篇ほどの驚きはない。むしろシキシマが明かす巨人誕生の秘密に、人類の愚かさと底知れぬ欲望が垣間見えてゾッとするはずだ」として65点をつけています。
 前田有一氏は、「結論からいうが、この後編もひどい出来栄えである。前作で猛威を振るったおバカさんたちの多くが早々に退場するので不快感は少ないし、前回指摘した設定上のおかしな点にそれなりの理由付けをしてある点には納得ができた。しかし、相変わらずありえない理屈にそそのかされる子供たち(兵団)のアホさ加減は健在である」として30点をつけています。



(注1)前編の最後は、巨人から出てきたエレンが目を開けるシーンでしたが、それとこの場面とがどのような経緯で繋がるのかはよくわかりません。

(注2)後編の上映時間は88分で、前編の概要が10分位流されますから、正味は1時間20分ほど。これでは、わざわざ1本にするまでもないように思われます(前編も98分で、合わせても3時間ほどの映画にすぎません。例えば、「るろうに剣心」の場合、『京都大火編』が139分、『伝説の最期編』が135分で、合計すると4時間半を超える長さです)。
 それに、2部作にすると、例えば、前編で描かれていた人間を捕食するたくさんの巨人が、後編になると殆ど登場しなくなるというおかしさも目立ってしまうことになります。

(注3)でも、巨人の出現により支配体制が強化されるのであれば、なぜ支配者側は、壁の外の情報を秘密にしたり、人がそちらに出て行くことを禁止したりするのでしょうか?
 巨人が幻想にすぎないということなら話は別ながら、実際に巨人は壁の外にいるわけですから、支配者側としては、様々なメディアを使って壁の外が恐ろしいことを人々に吹き込む必要があったのではないでしょうか?

(注4)例えば、ナチス・ドイツにおけるユダヤ人迫害。ヒトラーは、反ユダヤ主義を掲げることによって独裁権力を手中に収めます。
 また、ナチスは、上記(1)で書いたような焚書を行っています。

(注5)「クーデター」については、この拙エントリの(3)をご覧ください。

(注6)エレンのような生まれつきの者が新しい時代を作るという見方は、それが極端に走ると、ヒトラーのゲルマン民族の優位性という考え方と容易に結びつくおそれがあるように思われます。

(注7)本作のエンドロール後に「実験体が二つ逃げ出した」という声が聞こえますが、劇場用パンフレットに掲載されている町山智浩氏のエッセイ「映画『進撃の巨人』の世界観が生まれるまで」には、「エンドクレジットの後の声は、エレンが出て行くのを監視していた中央政府の者たちです」と述べられています。
 これに従えば、エレンだけでなくミカサも新しい人類の仲間であり、彼らは壁の外側に行ってしまうのかもしれません。そうなれば、壁の内側には、旧態依然たる体制がそのまま存続することになるでしょう。



(注8)元々、映画で描かれているような巨大な壁を、巨人に襲われる可能性が随分と高いにもかかわらず、どうやって100年前に人類は築きあげることが出来たのでしょう?
 もしかしたら、壁とか巨人とかは、支配者側が創り出している幻想なのかもしれません!

(注9)例えば、鎖国令の下における長崎出島のように。
 そう考えると、シキシマは、例えば、イギリスと手を結んで倒幕に走った薩摩藩や長州藩のような感じもします(尤も、迎え撃つ幕府側もフランスの協力を求めましたが)。

(注10)それに、いろいろ指摘されているように、クバルは自分で簡単に壁に穴を開けられるにもかかわらず、どうしてハンジらの外壁修復作戦を妨害しようとするのでしょう?

(注11)上記「注7」で触れているエッセイで、町山氏は、原作者の諫山創氏から、「完全に違う作品にしてほしい」と言われ、さらに「物語に完全決着をつけてほしい、ということになりました」と述べています。さらに、「終わらせるには倒すべき敵、本当の敵が必要になる」が、「エレンがいちばん憎んでいるものは何か、と考えると、人々を壁に閉じ込めた社会そのものだと。この壁のある体制を守っている者たちが実は敵なんだ」ということになった、と述べています。
 とすると、クバルやシキシマが述べている事柄(いわゆる世界観でしょうか)は、原作のものではなくて、映画独自のものだということになるのでしょう。



★★☆☆☆☆



象のロケット:進撃の巨人 ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD


コメント (6)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
« キングスマン | トップ | 天空の蜂 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (atts1964)
2015-09-29 07:51:02
確かに今焦って実写化しなくても、そう感じてしまいました。原作者もまだ考えていない結末を、外部の人が作って映画にする無理がどうしても出ていますよね。
また2作にしたのはそれだけ予算が取れるというコスト上の問題もあったんでしょう。
キル・ビルに近い考え方では?
早すぎた実写化、いつか完璧な実写版を作るか、ハリウッドに権利を売るかでしか、成就しなくなっちゃいました。
ただ製作陣の勇気は買いますが。
TBお願いします。
Unknown (ふじき78)
2015-09-29 10:12:59
> 不発弾を壁の上部に置いて爆発させると、どうして壁の穴が塞がれることになるのでしょうか?

全くの上部ではダメですが、アメリカの高層タワーに飛行機が突っ込んだ時、起こったように、支えがなくなるように中部を破壊すれば、自乗で上の部分は崩れて、下の穴の部分は塞がれる。理屈はそうですが、全てが瓦礫になり上の爆発で出来た穴と下の穴が繋がってしまうだけという最悪の可能性もあるし、そこは爆発の衝撃と建築物の堅牢性に寄るのだと思います。ただ、それってあんなポイポイ手計算で出来る物ではなく、用意周到にやってこそ実現可能なんじゃないかと思います。運がよかったんすね、きっと。
Unknown (クマネズミ)
2015-09-29 20:22:38
「atts1964」さんTB&コメントをありがとうございます。
映画は原作とは別物とはいえ、やはりある程度原作を踏まえたものでなくては、原作と同じタイトルを付ける意味がないように思います。本作の場合、おっしゃるように、「早すぎた実写化」であり、そのため原作とは世界観が違うようなので、そうであればタイトルを違ったものにすべきではなかったkと思います。
Unknown (クマネズミ)
2015-09-29 20:27:30
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、「全てが瓦礫になり上の爆発で出来た穴と下の穴が繋がってしまうだけという最悪の可能性もある」わけながら、映画ではとにかくなにか上部で爆発させれば穴が塞がれると思い込んでいるように描かれています。
とはいえ、実のところは、出入り自由なクバルもいることであり、元々穴を塞ぐことにどんな意味があったのかよくわからないように思います。
Unknown (くう)
2015-10-07 03:03:24
トラバありがとうございます。
申しわけありませんが前編の方をお返ししてしまったので送り直させていただきました。
お手数ですが前編トラバの削除をよろしくお願い致します。

脚本の人も監督も、様々な言い訳がやけに目に入ってくる作品となってしまいました。
大人の事情はおありでしょうが前編はそこそこ面白かったので分けなければ良かったのにね…としか今は言えません(苦笑)
近年見た作品の中でも最も無意味な前後編だった気がします。
Unknown (クマネズミ)
2015-10-07 07:28:09
「くう」さん、わざわざご連絡いただきありがとうございます。
「前編トラバ」は削除いたしました。

おっしゃるように、「脚本の人も監督も、様々な言い訳がやけに目に入ってくる作品」となりましたが、特に町山氏については、劇場用パンフレットでいろいろ裏事情を書いていますが、そこまで言うのであれば辞退すべきではなかったかと思います。

コメントを投稿

関連するみんなの記事

32 トラックバック

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド (あーうぃ だにぇっと)
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド@TOHOシネマズ日本橋
進撃の巨人 エンド オブ ザ ワールド (映画好きパパの鑑賞日記)
 各所でたたかれていますが、前編はそれほど悪くなかったので、ハードルを下げつつも、楽しみにしていたのですが、一言で言うと「なんじゃこりゃ」。場外乱闘も含めて、非常に残念な作品になってしまいました。  作品情報 2015年日本映画 監督:樋口真嗣 出演:三...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド (佐藤秀の徒然幻視録)
「こんなの初めて!」の暗示するもの 公式サイト。諫山創原作、樋口真嗣監督。三浦春馬、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、三浦貴大、桜庭ななみ、松尾諭、石原さとみ、渡部秀、ピ ...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド (atts1964の映像雑記)
2015年作品、樋口真嗣監督、三浦春馬主演。 エレン(三浦春馬)が変身した巨人の活躍により、危機を脱出した達調査兵団だったが、エレンは捉えられ、指揮官のクバル(國村隼)がお前は人間なのか、巨人なのかと迫るが、エレンは言うまでもないことを聞かれ戸惑っ...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド (0点) (現役TV局員の Love Cinema!)
評価:☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆(0点)<8点以上→オススメ/7~6点→まあまあ/5点→普通/3~4点→微妙/2点以下→ハズレ>"進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド"(2015年/日 ...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド/三浦春馬 (カノンな日々)
この後編、上映時間が87分しかないんだったら前後編とも1本にまとめて上映してくれればいいのに。高いIMAXで観るのももったいないからポイント鑑賞してこよっと。 出演はその他に、 ...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
『進撃の巨人』オリジナル・サウンドトラック【前後編分=約80分収録/透明フィルム特殊ジャケット+20Pブックレット】 [CD](ショートバージョン)巨人たちが壁を壊して侵入し、多く ...
映画:「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成27年9月25日(金)。 映画:「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」。 監督:樋口真嗣 特撮監督/特技監督:尾上克郎 脚本:渡辺雄・町山智浩 原作:諫山創 キャスト: エレン 三浦春馬・シキシマ 長谷川博己 ミカサ 水原希子・...
『進撃の巨人 エンド・オブ・ザ・ワールド』をトーホーシネマズ日本橋6で観て、話はしょーもないが、特撮は好きだふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★アンフェアの尻に値するのが巨人の特撮。話だけの評価だったら星一つに満たない。星を三つも上げたのは特撮さん達に対するエールである】 シキシマをそう使 ...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド (Akira's VOICE)
『長谷川博己ショー』 ・特別ゲスト:國村隼 ・賑やかし:石原さとみ  
「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」:またも「失速の後篇」 (大江戸時夫の東京温度)
映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』(
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド★★★ (パピとママ映画のblog)
諫山創のコミックを基に人間を食う大型巨人と人類のバトルを圧倒的迫力で描いたアクションの後編。対巨人のために結成された調査兵団の一員となった主人公エレンの絶体絶命の戦いや、突如現れた黒髪の巨人の謎などが活写される。『巨神兵東京に現わる』などの樋口真嗣がメ...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド (だらだら無気力ブログ!)
桜庭ななみの出番が増えてて、俺歓喜。
劇場鑑賞「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」 (日々“是”精進! ver.F)
ここから、また始まる… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201509220000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】小説 映画 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オ...価格:648円(税込、送料込) 【楽天ブッ...
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』 巨人の謎、世界の謎 (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 前篇『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』を受けての後篇。  前篇からの期間が短いのはいいのだけれど、前篇が色々な意味で評判が悪かったので、その印象が薄れないうちに公開がかえって逆効果だったのか、公開初日にも関わらず空席が目立つあり様だった。  前篇の...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★【2点】(11) この作品を敢えて2部作とした理由とは。
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド (Break Time)
今日から、連休です・・・
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD】 2015/09/19公開 日本 PG12 87分監督:樋口真嗣出演:三浦春馬、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、三浦貴大、桜庭ななみ、松尾諭、渡部秀、水崎綾女、武田梨奈、石原さとみ、ピエール瀧、國村隼 Story:100年以上ぶりに現れた超大...
No.512 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド (気ままな映画生活)
諫山創の大ヒットコミックを実写映画化した「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」2部作の後編。超大型巨人によって破壊された外壁の修復作戦に出発したエレンたち調査兵団は、巨人の襲撃によ ...
映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』★“筋肉人体模型のような巨人”withもっと大きな存在!? (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/166831/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 前作 続編です。 筋肉人体模型のような巨人 の“活躍“に期待して、鑑賞したようなものですが ナント!3体!大集合で大暴れ\(^o^)/でありま...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド(2015) 87分 (極私的映画論+α)
前編が98分・・・後編が87分(笑)
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド 監督/樋口 真嗣 (西京極 紫の館)
【出演】  三浦 春馬  水原 希子  本郷 奏多  長谷川 博己  石原 さとみ 【ストーリー】 巨人化したエレンは元の姿に戻るが、仲間であるはずの調査兵団に囚われてしまう。射殺される寸前で、突如現れた鎧状の皮膚をまとった謎の巨人に連れ去られたエレンの生存を信....
「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」真実を知った先にみた巨人の真実と力によって維持された管理下の平和 (オールマイティにコメンテート)
「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」は漫画進撃の巨人を実写化した作品で「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の後編となる。再び巨人に襲われた人類は巨人の侵入を防ぐために ...
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』 (時間の無駄と言わないで)
観てからそんなに時間の経っていない前編のおさらいに何分使うんだよ? それとエンドロールまで入れて87分。 一本の映画を無理やり引き延ばして2分割したのが素人にもバレちゃう ...
『進撃の巨人 ATTACK ON TIATN エンド・オブ・ザ・ワールド』 (こねたみっくす)
この世界は残酷か。いや、こう後編の出来はもっと残酷です。 もはや学生レベル以下の酷い脚本です。特撮監督出身とは思えないほどの酷いCGです。何もかもが崩壊した演出です。完結 ...
「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」 「同・エンド オブ ザ ワールド」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2015年・日本 配給:東宝 監督:樋口真嗣 特撮監督:尾上克郎 原作:諫山創 脚本:渡辺雄介、町山智浩 製作:市川南、鈴木伸育 音楽:鷺巣詩郎 諫山創原作のの大ヒットコミックを、2部作に分け実写映画
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド (とりあえず、コメントです)
『進撃の巨人』を実写化したアクション大作2部作の後編です。 前作は苦手なホラーのようだと感じたのですけど、やっぱり続きが気になるのでチャレンジしてみました。 やっぱり残酷なのは人間なんだなあと思ってしまうような物語が映し出されていました。
映画感想『進撃の巨人ATTACKONTITANエンドオブザ... (見取り八段・実0段)
まだホラー色があって多少楽しかった前編と比べて、ハラハラもドキドキも消えた後編…。上映時間的にも1本にまとめてよかったですよね?これ…。★★(5点満点)詳しい感想記事はこち...
「進撃の巨人 ATTACK ON TAITAN エンドオブザワールド」☆海はすぐそこ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
あんなに見たかった海は、意外にもすぐそこだったよ?
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド (いやいやえん)
【概略】 外壁修復作戦に出発したエレンたちは、巨人の急襲で窮地に陥る。“人類最強の男”シキシマによって危機を脱するが、手負いとなったエレンは、アルミンを庇って巨人に飲み込まれてしまう。 アクション 実写化アクションの後編。 いやあ…やっぱりこの...
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド (銀幕大帝α)
ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD 2015年 日本 88分 アクション/アドベンチャー/ホラー PG12 劇場公開(2015/09/19) 監督: 樋口真嗣 原作: 諫山創 主題歌: SEKAI NO OWARI『SOS』 特殊造型プロデューサー: 西村喜廣 出演: 三浦春馬:エレン 長谷川博....
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド (のほほん便り)
「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 」の後編巨人に捕食されて、生き残ったエレン(三浦春馬)は、また違ったビジョンをもち、調査兵団の一員として外壁修復作戦を決行します。でも、今度は......