映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

64 ロクヨン 後編

2016年06月17日 | 邦画(16年)
 『64 ロクヨン 後編』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)『64 ロクヨン 前編』が素晴らしかったので、後編もと思って映画館に行ってきました。

 本作の冒頭では、雨が降りしきる中で公衆電話ボックス(注1)に入って電話をかけようとする雨合羽の男の姿が映し出されます。ただし、暗くて誰だか識別できません。男は、古い電話帳(三上姓の何人かの名前が横線で消されています)を見ながら電話をかけます。
 三上広報官(佐藤浩市)は家で電話をとって、「もしもし、どこにいるんだ?心配している、あゆみ、どこにいるんだ?」と叫びます。
 電話ボックスでは、男が無言で電話を切ります。

 次いで、前編のストーリーの主なところが、前編とはやや違ったアングルで撮られた映像を交えて映し出されます。

 そして、本編へ。時点は平成14年12月11日。警視庁長官の視察の前日。
 前編のラストで描かれたように、新たに少女誘拐事件が発生し、刑事部の大半が捜査本部に集結しています。
 三上はその中に入ろうとしますが、捜査1課次席の御倉小澤征悦)に阻止され、「記者クラブと報道協定を締結してください」と言われます。それに対して、三上は「マルガイは誰だ?」と尋ねますが、御倉は「狂言の可能性もあり、名前は言えません」と答えます。

 赤間警務部長(滝藤賢一)は、「これは、長官視察を中止させるのが目的だ」とし、さらに「常に東京と繋がるシステムが必要なのだ。化石化した刑事など必要ない」、「明日の長官視察の際に、刑事部長のポストは本庁の者になると発表する」と三上に言い、加えて「娘さんの捜索を全国の警察に手配することは決めましたか?」と尋ねます。それに対して三上は、苦虫を噛み潰したような顔付きで、「お心遣いに感謝いたします」と答えます。

 三上は広報室に戻って、「事件のことをクラブ全社に伝えろ」と言いますが、諏訪係長(綾野剛)は「被害者が匿名のままでは暴動が起きます」と心配します(注2)。三上は、「2弾、3弾の発表があるとして協定を結べ」と命じます。

 三上は、長官視察の打ち合わせをしようと64の被害者遺族の雨宮永瀬正敏)の家に行きますが、広報室の美雲榮倉奈々)から、「実名を教えろと記者クラブが大変です」という連絡が入ります。

 さあ、この事態に三上はどう対処するのでしょう、そして64の真相や平成の誘拐事件は一体どうなるのでしょうか、………?



 本作は、前編で描かれた昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件の解決編であり、前編で張り巡らされた様々の伏線が回収されて真相が明らかになるわけですが、それだけでなく、新たな誘拐事件も起きたりして、単なる解決編ではありません。ただ、前編でかなり描かれていた警察組織内の軋轢といった面が後方に退いて、むしろ主人公の広報官の個人的な面が大きく取り上げられており、確かに、前編と後編で映画の基調を変えるという点(注3)は興味深いものの、なんだかはぐらかされたような感じも受けました。

 (以下は、本作がサスペンス物であるにもかかわらずかなりネタバレしていますので、未見の方はご注意ください)

(2)本作について見ると、東京から来た本社詰めの記者たちの傍若無人振り(注4)を描くのに時間を割き過ぎている感じが否めないとはいえ、三上が松岡捜査一課長(三浦友和)の乗る捜査指揮車に潜り込むような捨て身の行動を取るに至る事情を描き出すためには、それも仕方のないところでしょう。
 ただ、前編で相当描かれていた県警内部の組織対立については、後編で取り上げられることがかなり少なくなっているのは残念な気がしました(注5)。

 それになにより、本作では、原作で終わっているところに独自のものを追加していますが、その点には疑問を感じました。
 総じて本作も、前編と同じように、随分と原作に寄り添って映画が制作されているように思います。例えば、14年間引きこもっていた日吉窪田正孝)が、事件の解決を知って部屋から出てきて母親(烏丸せつこ)と喜ぶところなど、時間的制約がある中でわざわざ描き出す必要があるのかと思いましたが、原作小説にも類似の場面が書き込まれています(注6)。
 にもかかわらず、最後の最後になって、本作は余計なものを付け加えてしまったな、と思ってしまいました。

 確かに、原作の終わり方では(注7)、あるいは見ている方が拍子抜けするかもしれません。
 でも、そんなところが現実の姿であり、むしろリアルさが感じられるのではないでしょうか?
 逆に、本作のように描いても、64の容疑者がなぜ雨宮翔子に目をつけたのか(注8)など、本作でメインとなる事件の核心部分がよくわからないまま映画が終わっているように思います。
 結局のところ、警察側が客観的な証拠を掴んだようには思えず、取調室における容疑者の雰囲気からすると、自白していない感じもします(注9)。その場合には、容疑者がどのように犯行に及んだのかを描き出すことなど出来ないでしょう。

 ただそうだとしたら、三上がどうして容疑者に対してあそこまでのことをするのか(注10)、ということもわからなくなってしまいます。
 三上が警察官の職を辞さなくてはと思うようなことをして容疑者を確保しても、はっきりとした証拠が得られないのであれば、無駄なことをしただけのことになってしまいます。
 それとも、容疑者は観念して自白に及んだのでしょうか?としたら、犯行の内容をもう少し具体的に描くべきではないかと思います。

 あるいは、本作では、三上と娘のあゆみ芳根京子)、雨宮と娘の翔子、そして容疑者とその娘という3重の構造を浮き彫りにしようとしているのかもしれません。



 ですが、そのために、そして「映画らしいラストを作」るとはいえ(注11)、広報官にすぎない三上が容疑者と格闘に及ぶというのではリアリティに欠けるでしょう(注12)。

 総じて申し上げれば、瀬々敬久監督の腕をもってしても、2部作の前編・後編のクオリティを同じ水準で維持するのはなかなか難しいことなのだな、と思ったところです。

(3)渡まち子氏は、「元刑事で現広報官という複雑な立場の主人公の熱意と葛藤を、丁寧に演じる佐藤浩市はさすがだし、被害者の父を演じる永瀬正敏の狂気を秘めた執念の演技も見事」だが、「正直に言うと、前編の方が出来は上。というより、前後編に分けてまで描く必要があったのか?!との疑問がわいた」として65点をつけています。
 前田有一氏は、「まとめると、前編のんびり、後編の前半はちょうどよく、終盤あたふた。一番面白い終盤部分にもっと時間と力を割いてほしかったところ。ただ映画全体をみると、真面目な作りでよく頑張っていると思うし、それなりに見ごたえもある」として65点をつけています。



(注1)映像では、なんだかまわりに人家が見当たらない実に寂しげな場所に設けられた公衆電話ボックスのように見え、そんなところに果たしてそんなものが設置されるものなのか不思議です〔でも、男が人目を忍んで電話をかけているようなので、そうしたセッティングになるのでしょう←原作では、親水公園内に設けられています(文庫版下巻P.383)〕。



(注2)前編の終わりの方で三上広報官は、記者クラブに対して、「以後は、原則として実名を発表する」と約束しましたから。

(注3)このインタビュー記事で瀬々監督は、「DVDが、例えばレンタルビデオ屋に行ったら、前編はドラマのコーナー、後編はミステリーのコーナーに置かれてもいいなと思ったんです。それぐらい振り幅を大きく振ってやった方が面白いんじゃないかと。それが、この前編後編ものの新しい挑戦にもなるんじゃないかと思って、あえてそういうプランで作りました」と述べています。

(注4)特に、秋川(瑛太)と同じ東洋新聞の山下緋田康人)の怒鳴り声は凄まじいものがあります!

(注5)本作では、辻内県警本部長(椎名桔平)は登場しませんし、荒木田刑事部長(奥田瑛二)は保身に汲々としていますし〔松岡捜査一課長が「幸田メモ関係について責任は私が負います」と言ってくれるのでホッとする有様〕、赤間警務部長も、長官の視察が中止になって気落ちしてしまいます。

(注6)原作では、三上が日吉に「証拠ちゃん事件の犯人が捕まったぞ」と電話で知らせます(文庫版下巻P.417~P.418。なお、日吉については、『64 ロクヨン 前編』の「注3」を参照してください)。
 他にも、本作では、幸田吉岡秀隆)が家族をおいて警察に出頭する場面も描かれていますが、なくもがなではないでしょうか?

(注7)原作のラストの方では、容疑者は釈放され、「連日、被害者として参考人聴取」をされていると書かれています(文庫版下巻P.419)。

(注8)容疑者役の俳優は、劇場用パンフレットのインタビュー記事で「(容疑者は)普通の人間ではなくて鬼畜なんです」と述べ、容疑者が狂気に捕らわれた人間だとしています(翔子ちゃんを殺した理由を問われて、容疑者は「そんなこと分かるかよ」と答えますが、そんなところにも容疑者の「狂気」が伺われると、その俳優は述べています)。ですが、一方ではそうだとしても、他方では、容疑者は捕まえた翔子ちゃんの家の電話番号を割り出して連絡をとり、なおかつ冷静に状況を把握しつつ、最後には身代金を獲得してしまうのですから、相当な計画性も伺えるところです。

(注9)唯一の物証が雨宮の音声記憶だとしたら、容疑者が自白しないかぎり、公判を維持するのが難しいかもしれません。

(注10)三上は容疑者に「小さな棺」と電話で連絡すると、容疑者は、64の被害者が発見された場所にやってきて、古い車のトランクをこじ開けて自分の娘を探そうとします。そこへ、三上が現れ、「“小さな棺”といっただけで、どうしてここにある車のトランクの中と分かったんだ?」「どうして殺したんだ?」と言います。それに対し、容疑者が「そんなこと分かるかよ」と答えるので、三上は容疑者を殴りつけます(それを見ていた秋川が記事にしてしまいます)。

(注11)劇場用パンフレット掲載のインタビュー記事における佐藤浩市の発言。

(注12)本作は、一介の広報官にすぎない警察官の組織内における苦闘の物語であり、その広報官が英雄になってしまうのは行き過ぎではないのかという気がします。



★★★☆☆☆



象のロケット:64 ロクヨン 後編

コメント (2)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
« ヘイル、シーザー! | トップ | 団地 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ここなつ)
2016-07-20 13:12:55
こんにちは。
ラストは原作と違うので、おっしゃるように各シーンで多少の「ながくもがな」の部分があると思います。
でも、映画的なカタルシスは(表層的な見方も多分にありますが)、活劇、としても、三上の感情の発露、としても、映画のラストにはあったと思います。
いずれにせよ、圧巻の役者陣。全員が役柄にぴったりでした。すごかったです。
Unknown (クマネズミ)
2016-07-20 20:48:09
「ここなつ」さん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、「圧巻の役者陣。全員が役柄にぴったり」だったと思います。ただ、クマネズミには、ラストの部分は余計でリアリティに欠けてしまうのではないか、と思えたところです。

コメントを投稿

関連するみんなの記事

31 トラックバック

64−ロクヨン−後編 (佐藤秀の徒然幻視録)
公私混同は都知事だけじゃない 公式サイト。横山秀夫原作、瀬々敬久監督。佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、柄本佑、窪田正孝、小澤征悦、金井勇太、椎名桔平、滝 ...
64−ロクヨン−後編 ★★★ (パピとママ映画のblog)
人気作家・横山秀夫の傑作ミステリー巨編を佐藤浩市をはじめとする実力派キャストの豪華共演で映画化したミステリー・ドラマ。本作は前後編2部作の後編。警察庁長官の来県を目前に...
劇場鑑賞「64 -ロクヨン- 後編」 (日々“是”精進! ver.F)
ロクヨン事件の終焉… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201606110000/ 映画「64-ロクヨンー前編/後編」オリジナル・サウンドトラック [ (オリジナル・サウン...
「64-ロクヨン 後編」☆張り巡らされていた伏線 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
64の前編は何も起こらないから、後半から観てもいいのかもって言ってごめんなさい。 前編に見事に張り巡らされた伏線の数々。 この長い長い前置きがあってこその深い物語は、大...
【映画】64 ロクヨン 後編 (ただただ映画を楽しんでる人のブログ)
【解説・あらすじ】佐藤浩市はじめ、綾野剛、榮倉奈々、瑛太、永瀬正敏、三浦友和ら日本映画界を代表する豪華キャストが結集し、「ヘブンズ ストーリー」「ストレイヤーズ・クロニ...
64 ロクヨン 後編 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画「64-ロクヨン-前編/後編」オリジナル・サウンドトラック [CD]わずか7日間で終わった昭和64年に起こった未解決少女誘拐殺人事件を模した新たな事件が発生し、警察内部に動揺が走 ....
64-ロクヨン-後編 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) 前編で貼られた伏線回収作業は綺麗に処理されたものの
「64 ロクヨン 後編」:健闘の後編 (大江戸時夫の東京温度)
前編を観てから心待ちにしていた映画『64 ロクヨン 後編』を、さっそく公開初日に
『64-ロクヨン-後編』 (こねたみっくす)
そこに意地はあるのか。 これが親の意地なのか。これが刑事の意地なのか。これが地元の意地なのか。 全ては既に始まっていた。全ては既に三上広報官の知らぬところで終わりに向け ...
64-ロクヨン-後編  監督/瀬々 敬久 (西京極 紫の館)
【出演】  佐藤 浩市  永瀬 正敏  緒方 直人  三浦 友和 【ストーリー】 県警の広報官・三上は記者クラブとの摩擦問題をようやく解決した矢先昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件を...
映画感想『64-ロクヨン-後編』2016年・日本 (見取り八段・実0段)
自分にはもう「ドラマ版 64」を見ていない頭には戻れないので…やっぱり、何かこれじゃ原作者が求めていたものが伝わらないだろうって気がしてしまうのだった。改変部分がベタな刑....
64-ロクヨン 後編 (映画好きパパの鑑賞日記)
 前編は豪華演技陣に満足して、後編のオリジナルの結末が楽しみだったけど、実際にみてみると、前編で懸念した人情泣かせに走っていて、リアリティにかけ、がっかりしました。  ...
64 ロクヨン 後編 (勝手に映画評)
『64 ロクヨン 前編』に引き続く後編。結末が、原作と異なっています。 前編が思ったよりも良かったので、期待していきましたが、う~ん、敢えて変えた結末はどうなんでしょうね?...
『64 -ロクヨン- 後編』瀬々敬久監督、佐藤浩市、永瀬正敏、緒形直人、綾野剛、瑛太、仲村... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、犯人、ラストに触れています。『64 -ロクヨン- 後編』 監督 : 瀬々敬久出演 : 佐藤浩市永瀬正敏、三浦友和、緒形直人綾野剛、榮倉奈々、瑛太、夏川結衣窪田正孝、坂口健太郎...
映画「64 ロクヨン 後編」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2016/6/12、109シネマズ木場、3番スクリーン。 公開直後とあって、良い席は早い段階から埋まっており、1列を選択。 *   佐藤浩市、瑛太、綾野剛、榮倉奈々、三浦友和...
映画「64-ロクヨン-後編」  (FREE TIME)
映画「64-ロクヨン-後編」を鑑賞しました。
64-ロクヨン-後編 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2016/06/11公開 日本 119分監督:瀬々敬久出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、筒井道隆、鶴田真由、赤井英和、菅田俊、烏丸せつこ、小澤征悦...
『64 -ロクヨン- 後編』('16初鑑賞58・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 6月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:00の回を鑑賞。
64-ロクヨン-後編 (我想一個人映画美的女人blog)
前後編2部作の後編。 警察庁長官の来県を目前に発生した新たな誘拐事件で県警全体に激震が走る中、 さらなるマスコミ対応に追われる広報官、三上が迫る“ロクヨン”捜査...
「64 ロクヨン」前編・後編 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2016年・日本/TBS=コブラピクチャーズ他 配給:東宝 監督:瀬々敬久 原作:横山秀夫 脚本:久松真一、瀬々敬久 脚本協力:井土紀州エグゼクティブプロデューサー:平野 隆企画:越...
64-ロクヨン【後編】 (森の中の一本の木)
月曜日に前編を見て、一日空けて水曜日に後編を見てきました。 前編の最後に「64」の模倣誘拐事件が起きて・・・・・・ そして事件は一気に解決して行きます。 この映画のラスト...
「64-ロクヨン-後編」 子への思い、届かぬいたたまれなさ (はらやんの映画徒然草)
<ネタバレ部分があるので、注意してください> 前編は昭和64年に発生した誘拐事件
『64 ロクヨン 後編』 2016年6月18日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『64 後編』 を鑑賞しました。 この映画は、モニター試写会で一気に見ている。 その時の後編の印象は悪かったが、今日観た後編はなかなか面白い。 やっぱり途中段階で音とかが入っ...
64ロクヨン 後編 ネタバレ注意 (まっきいのつれづれあれこれ)
昭和64年1月5日に起こった誘拐殺人事件。通称「ロクヨン」 ロクヨンの被害者の父
「64-ロクヨン-後編」事件の犯人に辿り着いた先にみた警察の失態に失望した被害者自らの犯... (オールマイティにコメンテート)
「64-ロクヨン-後編」は64-ロクヨン-前編の続きとなる作品で昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件と同じ手口の事件が起きた事により当時の事件が大きく動き出し真犯人へとたどり着いてい ...
日本の警察 その85「64(ロクヨン)後編」 (2016 東宝=TBS) (事務職員へのこの1冊)
その84「64(ロクヨン)前編」の特集はこちら。原作の特集はこちら。初日の1回目で見る。前編のボルテージがそのまま維持できれば、確かに“映画史に残”ったかもしれない。佐...
64-ロクヨン-後編 (とりあえず、コメントです)
横山秀夫著の警察小説を佐藤浩市主演で描いたサスペンスの後編です。 前作を観た時、後編はいったいどうなってしまうのだろうとドキドキしながら観終わったので 公開を楽しみにして...
「64(ロクヨン)後編」 (ここなつ映画レビュー)
「怒涛の前編、慟哭の後編」なのである。局の柱巻きに書いてあったのだから、間違いない。そうなんだろうな、と思いつつ、結局公開終了直前に鑑賞。いやもう本当に楽しみにしていた...
後編は事件は解決へと向うが・・・ (笑う社会人の生活)
23日のことですが、映画「64-ロクヨン-後編」を鑑賞しました。 事件から14年が過ぎた平成14年、新たな誘拐事件が発生 犯人は「サトウ」と名乗り 身代金2000万円を用意してスーツケー......
64-ロクヨン-前編/64-ロクヨン-後編 (いやいやえん)
昭和に1人取り残された雨宮。彼の心情を思うと悲しみなんか通り越してしまう。
64-ロクヨン-後編 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:瀬々敬久 出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、金井勇太、筒井道隆、鶴田真由、赤井英和、菅田俊、小澤征悦、菅原大吉、柄本佑、坂口健太郎......