映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

偽りなき者

2013年03月27日 | 洋画(13年)
 『偽りなき者』を渋谷のル・シネマで見ました。

(1)本作はデンマーク映画。
 主演のマッツ・ミケルセンはカンヌ国際映画祭で主演男優賞を獲得しました。

 映画の舞台は、デンマークの田舎の小さな町。
 主役のルーカスマッツ・ミケルセン)は42歳。離婚した上に、勤めていた中学校の閉鎖で失業中。
 ただ、幼稚園の口が見つかり、いまでは園児と仲良く遊ぶ毎日。
 他方で、昔からの仲間たちと近くの湖で戯れたり、また森に入って猟銃で鹿狩りをしたりしています。

 ところが、親友テオの娘で園児のクララにちょっと冷たい態度をとったところ、彼女は、性的虐待を受けたというようなとんでもない嘘を園長に吐きます。
 園長グレテは事を重大視し(注1)、ついには警察まで介入することになります。
 ルーカスはいったいどうなってしまうのでしょう、……?

 幼い女の子が吐いたちょっとした嘘がもとで一人の大人の人生が大きく狂ってしまうという有様が大層リアルに描かれていて、デンマーク映画の質の高さをまたまた認識しました(注2)。

 マッツ・ミケルセンは、ナチスに対する抵抗運動を描いた『誰がため』で見ましたが、本作では、初めのうちは園児と一緒になって遊びながらも、事件が起こると一転して親友からも見放されて(注3)、苦悩することになる役柄を、実に見事に演じています。




(2)本作については、『フライト』についてのエントリの「注11」でほんの少し触れましたが、両作はある程度比較できるかもしれません。
 まず、『フライト』では、公聴会において機長のウィトカーは嘘を吐かずに真実を証言しますが、本作のクララは、園長などに問い詰められると、吐いた嘘を肯定します。
 そのため、本作では、その後に起きた波紋の広がりを描いて行くわけですが、他方の『フライト』では、機長ウィトカーを巡る個人的な話に縮小してしまいます(注4)。
 すなわち、本作では、幼稚園に勤務する男を巡って起きたごく小さな事件にもかかわらず、その社会的に大きな影響がじっくりと描かれているのに対して、『フライト』では、航空機の墜落事故という大きな事件が起きたにしては、ラストの方では、ごく個人的な小さなレベルの話になってしまっている感じです(注5)。
 こうなるのも、本作が、『フライト』のように、道徳的なメッセージ(注6)を観客にあからさまに提示しようとはしていない点にあるのではないか、とクマネズミは思っています。

(3)本作のある意味で衝撃のラストについては、色々の解釈があるようです(以下は大きなネタバレになりますので、ご注意ください)。
 確かに、ルーカスが抱いた幻想(あるいは妄想)とも受け取れますが、狩猟のために森に入ったルーカスめがけて、実際に銃弾が撃ち込まれたとみてもかまわないのではないでしょうか?

 事件があった次の年、息子マルクスの成人(注7)を祝うパーティー(マルクスに猟銃が手渡されます)に、ルーカス(注8)の仲間が夫婦でこぞって参加して祝福するわけですが、その様子を見れば、警察に捕まったルーカスは、とっくに釈放されていたことが分かります。
 でも、それはおそらく天下晴れての無罪放免ということではなく、証拠不十分ということではなかったかと推測されます。
 なにしろ、クララの証言しか存在しないのですから。
 状況証拠と思われる証言(「ルーカスは、家の地下室で悪いことをしている」)も、ルーカスの家には地下室がないのですから、いい加減なものです(注9)。

 でも、純粋無垢で嘘を吐くはずがないと信じられた幼い子供の言うことは間違いないと、周りの大人たちは一度は皆そう考えたのですから(注10)、嫌疑不十分で釈放されたルーカスに対して、決して許さないと考える人たちがいてもおかしくありません。
 彼らは、ルーカスがこの町にいる限り、また同じような犯罪が起こる可能性があるとして、彼を排除しようと考えるかもしれません(注11)。

 ソウいえば、本作の英題は「The Hunt」(原題「Jagten」の英訳)であり、本作の中では、ラストの他にもう一か所、鹿を撃つ場面が描かれます。
 そこでは、ルーカスは、まったく無防備な鹿を猟銃でいとも簡単に仕留めます。
 鹿のような動物は、熊などと違って、猟銃を手にする狩猟家にとっては実にたやすい標的なのでしょう。
 それと同じように、ひとたび疑惑をもたれて傷を持ってしまったルーカスを打ち倒すのは、たとえ再び元の仲間たちに囲まれていようと、鹿よりもズッと簡単なのではないでしょうか?

(4)映画評論家の品田雄吉氏は、「いわれない告発にじっと耐えるミケルセンの演技は、人間としての誇りを必死の思いで保持しようとする姿勢を見事に体現して、第65回カンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞したのもうなずける」、「もし自分がこの共同体の一員だったなら、と考えさせずにはおかない作劇と演出。訴求力の強い映画である」と述べています。



(注1)本作において、やり過ぎではないかと思えるのは園長グレテの行動です。



 園長にしてみれば、取扱いが酷く難しい性的虐待問題だけに、事が大きくなる前に十分な措置を取っておくべきだと判断したのでしょう、クララの言うこと(調査員のヒアリングの際は、質問に頷くだけのものですが)を絶対視し、客観的な裏付けを求めることなく、すぐさま園児の父兄などに話をし(それも誇張して)、果ては警察にまで事件を通報してしまいます。
 ただ、過剰に見えるこんな行動を園長がとってしまうのは、あるいは、劇場用パンフレット掲載の大辺理恵氏のエッセイ「「偽り」の在処」に述べられている1997年の事件(「ある男性の先生が幼稚園で20名にものぼる子どもたちにみだらな行為を行ったという罪で3年半の懲役刑を科せられた」)を踏まえてのことかもしれません。

(注2)クマネズミは、これまで、本文で触れる『誰がため』の他に、『未来を生きる君たちへ』、『光のほうへ』を見ました。

(注3)無二の親友テオも、自分の娘が被害者であることから、ルーカスに対し「今度娘に触ったら、脳天に銃弾を撃ち込んでやる」などと言いますし、マルクスが「父を助けて」と訪れた時も、友人たちと一緒になって彼を道路に叩き出してしまいます。
 (それでも、ルーカスの毅然たる態度に、最後にはルーカスを信じるようになり、一人家の中に引っ込んでいるルーカスに食事を届けに行きます)




(注4)『フライト』のラストの方では、機長ウィトカーが5年の刑期で刑務所に入り、そのためもあってアルコール依存症から脱出できたことを囚人の前で話したり、また、自分が不利になることを省みずに勇気を以て真実を述べたことから、離反していた息子が刑務所に面会に訪れたりするシーンが描かれます。

(注5)『フライト』では、機長ウィトカーは、真実を述べたことによって刑務所入りにはなったものの、親しい人たちなどからは勇気ある行動として称賛されています。
 ただ、話はこれで止まらないはずです。映画では描かれませんでしたが、機長が自分の非を認めることによって、墜落事故で犠牲となった乗客に対して会社が支払わなければならなくなる損害賠償額は莫大な金額に上って、会社の存続が危うくなるかもしれません(そうなれば、会社従業員の解雇といった事態につながるかもしれません)。
 それに、墜落の本当の原因とみられる機体整備不良の問題がうやむやとなってしまい、第2、第3の事故が起こる可能性もでてくるでしょう。
 機長ウィトカーの行動は、クララが嘘を吐いたこととは比べ物にならないほどの社会的な影響力があったと思われるところです(でも、映画では何も描かれませんでした)。

(注6)“アルコールは控えめに”とか、“嘘を吐くな”といったような。

(注7)上記「注1」で取り上げた大辺氏のエッセイによれば、「デンマークで狩猟をするには、免許を取る必要があり、取得試験に挑戦する資格は16歳になっていれば与えられる」とのことですから、マルクスは16歳になって試験に合格したのでしょう。

(注8)ルーカスは、息子マルクスだけでなく、幼稚園の同僚のナディアとともに式に臨みます。
 ナディアとは事件の前に深く知り合い、離婚して一人身だったルーカスは、一緒に暮らしてもと思っていたところに事件が起こり、ナディアをも遠ざけていました。
 なお、このナディアは、デンマーク人ではなく外国人(東欧からでしょうか)とされ、幼稚園の同僚たちとも、難しい話となると英語で会話します。
 ルーカスも、途中から幼稚園の教師になりましたから、ある意味で他所者同士ということで、二は急接近したのかもしれません。

(注9)ルーカスの無実を信じている親友のプルーンが、仲間にそんなことを話しています。

(注10)すでに公開が終了しましたが映画『約束』で描かれている「名張毒ぶどう酒事件」では、奥西死刑囚がたった一度した自白(その後、否定)によって死刑判決を受ける経緯が描かれているとのことですが(未見です)、最初にした証言の重みがうかがわれるところです(本裁判の問題点については、ここでは控えます。また、本作のクララは幼児ですから、余り比較する意味合いはないのかもしれませんが)。

(注11)ここのところは、全く状況は異なりますが、『脳男』において染谷将太が扮した志村のことを思い出してしまいました(志村は、社会に復帰するものの、結局「脳男」に殺されてしまいます)。




★★★★☆




象のロケット:偽りなき者

コメント (6)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
« 愛、アムール | トップ | ザ・マスター »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2014-05-25 07:36:51
> 本作において、やり過ぎではないかと思えるのは園長グレテの行動です。

方向性としては間違えているとは思わないのですが、痴漢冤罪の事件でも何かと問題になる取り調べ(この場合はクララへの聞き込み)で恣意的な思い込みによる誘導がなかったかなどを後から検証できるようテープか何かを残しておくのが正しいよなあ。

グレテとクララと同じ関係は、日本だと園長と春日部防衛隊になるのが、何か日本ノホホンとしてていいな、と思う。まあ、本当の現実はどっちの国もよう分からんけど。
Unknown (クマネズミ)
2014-05-26 06:40:41
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
「恣意的な思い込みによる誘導がなかったかなどを後から検証できるようテープか何かを残しておくのが正しい」とあります。ただ、確かにそうに違いないとはいえ、日本で取り調べの可視化がなかなか進められていない現状、いくら欧州とはいえ、当局でもないところでの録音・録画化までには至っていないのではないでしょうか?
Unknown (RYU)
2014-05-26 15:15:29
痴漢というのが、どういう人がやる犯罪かを観るかによっても変わって来ると思います。

女性専用列車がありますが、あれは、女性同士であれば、そういった人権を奪う行為をしないだろう、そういった、老人も乗ってこないだろう、という前提でしょうが、女性同士でその福を奪う相克もあって、社会進出を拒むこととは、結局、全体で観れば、より多くの人の福を奪っている事に気付いていない。

犯罪とは、取締りが何より大事で、未然に防ぐ事には、乗ってはいけない場所もあって、互いに干渉し合わない環境整備をする必要があるのではないかと思いました。
Unknown (クマネズミ)
2014-05-27 06:22:46
RYUさん、せっかくのコメントですが、どうしてこのようなコメントをいただくことになるのか、クマネズミの能力ではとても理解できません。
イ)ご覧になられたことと思いますが、元々本作は、「痴漢」に関する映画ではなく、幼児の嘘がもたらす社会的な影響を描いたものではないでしょうか?
ロ)コメントの第2パラグラフにある「女性同士でその福を奪う相克」とはどういうことを意味されているのでしょうか?
ハ)もしかしたら、コメントの第2パラグラフは、女性専用列車は、痴漢を防ぐという個別的な観点からは意味があるとしても、一般の人々が電車利用から得る全体的な効用を削ぐものである、ということを主張されているのでしょうか?
ニ)でも、仮にそうだとすると、第3パラグラフの主張(「乗ってはいけない場所」を設けるべき)と矛盾してしまうのではないでしょうか?

Unknown (ふじき78)
2014-05-27 23:28:33
こんちは。
ちょっと余計な事を書きます。

上のコメントのRYUさんはうちのブログのお客様で、うちのブログを辿って、クマネズミさんの所にたどり着いたのだと思うのですが(自負)、うちのブログはネタバレしない記事を前提としているので(例外もありますが)、映画を観てない人がコメントを書く事もあるし、それをあえて禁じてもいません。

なので、その延長で映画とは別に一般論で、痴漢についての発言をしてるのだと思います。

RYUさん、各ブログでルールが異なるので、ちょっと注意してください。クマネズミさんのブログのコメントは基本、鑑賞者が映画の内容とブログに書かれた記事について意見を戦わせる場、みたいな使われ方をします。

というのを、私が書くのも変か?

Unknown (クマネズミ)
2014-05-28 06:52:10
「ふじき78」さん、ご懇切なコメントを誠にありがとうございます。
おっしゃっていただいたように、当方の「ブログのコメントは基本、鑑賞者が映画の内容とブログに書かれた記事について意見を戦わせる場」であったらいいなといつも考えております。
今回のRYUさんのコメントについては、ご自分のブログの記事としてアップしていただいたら、もっとわかりやすく書ける内容なのではないかと思っております。

コメントを投稿

23 トラックバック

偽りなき者 (佐藤秀の徒然幻視録)
“真っ直ぐ”が災いの元 公式サイト。デンマーク映画。原題:Jagten(狩猟)、英題:The Hunt。トマス・ヴィンターベア監督、マッツ・ミケルセン、アレクサンドラ・ラパポート、トマス・ボ ...
偽りなき者/マッツ・ミケルセン (カノンな日々)
デンマーク映画ということで先ず興味を抱いたのですが、どんなお話なんだろうとあらすじを読んでますます興味津々となってしまいました。何気ない子供の作り話をきっかけに主人公 ...
『偽りなき者』 (ラムの大通り)
(原題:JAGTEN) ----この映画って、 ラース・フォン・トリアーらと ドグマ85の運動を起こした トマス・ヴィンタ―ベアの作品だよね。 「うん。 でも、予告編を覗いてみたら、 ドラマトゥルギーの強烈さを感じさせてくれる作品。 それだけで観てみたくなったね」 ----ど...
映画・偽りなき者 (読書と映画とガーデニング)
2012年 デンマーク 原題 JAGTEN 英題 THE HUNT 森と湖が美しい村 幼稚園で働くルーカス(マッツ・ミケルセン) 温和な性格で園児たちと元気よく遊び、休日には幼馴染の友人たちと猟に出かけたり湖で遊んだり酒を飲んだり 平穏に暮らしていた彼は、親友テオ...
偽りなき者 /THE HUNT/JAGTEN (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「セレブレーション」「DEAR WENDY ディアウェンディ」のトマス・ヴィンターベア監督作で、 主演のマッツ・ミケルセンが、カンヌ映画祭で主演男優賞受賞でも話題のデンマーク映画 マッツさんといえば、「007 ...
偽りなき者  (to Heart)
決して、譲れないものがある―― 原題 JAGTEN/THE HUNT 製作年度 2012年 製作国・地域 デンマーク 上映時間 115分 脚本 トマス・ヴィンターベア 、トビアス・リンホルム 監督 トマス・ヴィンターベア 出演 マッツ・ミケルセン/トマス・ボー・ラーセン/アニカ・ヴィ...
偽りなき者・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
無垢なる者は、存在しない。 幼稚園教師として平凡な人生を送っていた男が、親友の幼い娘の小さなウソによって破滅へと追い込まれてゆく。 「光のほうへ」で知られるデンマークのトマス・ヴィンターベア監...
『偽りなき者』 (こねたみっくす)
自ら確認しない限り、それは偽りの正義でしかない。それが分からぬ者はこの世で最も愚かである。 これは現代の魔女狩りを描いた秀作、いや第65回カンヌ国際映画祭で主演男優賞を受 ...
偽りなき者 (とりあえず、コメントです)
自然の豊かなデンマークを舞台に謂れ無き罪により追い詰められていく一人の男を描いたドラマです。 主演のマッツ・ミケルセンの存在感を感じる予告編を観て、これは観たいなとチャレンジしてみました。 美しい風景と共に、最後まで心がざわめくような何とも言えない余韻を...
偽りなき者 (心のままに映画の風景)
デンマークの小さな町。 親友の娘クララ(アニカ・ヴィタコプ)の作り話が原因で、変質者のレッテルを貼られてしまったルーカス(マッツ・ミケルセン)は、潔白を訴えるが耳を貸すものは誰もいなく、仕事...
偽りなき者 (ダイターンクラッシュ!!)
2013年3月22日(金) 21:10~ 109シネマズ川崎10 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 それでも僕はやってないinデンマーク 『偽りなき者』公式サイト 冤罪とまではいかないが。 勤めていた学校が廃校になり、現在幼稚園勤務の中年男。 彼を...
『偽りなき者』 2013年3月8日 京橋テアトル (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『偽りなき者』 を試写会で鑑賞しました。 不快指数高いけど、考えさせられる映画であった。 【ストーリー】  親友の娘クララの作り話が原因で、変質者のレッテルを貼られてしまったルーカス(マッツ・ミケルセン)。クララの証言以外に無実を証明できる手段がない彼...
偽りはなき (笑う社会人の生活)
1日のことですが、映画「偽りなき者」を鑑賞しました。 親友の娘クララの作り話が原因で、変質者のレッテルを貼られてしまったルーカス 無実を訴えるが誰にも話を聞いてもらえず 仕事も信用も失い、周囲からは憎悪と敵意が向けられ・・・ 小さな嘘が男の運命を悲劇へと....
「偽りなき者」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Jagten」…aka「The Hunt」2012 デンマーク ルーカスは離婚と失業の試練を乗り越え穏やかな日々を取り戻していた。元教師の彼は幼稚園教師となり子供たちに慕われている。ある日、ルーカスの幼稚園に通う親友テオの娘クララの何気ない嘘に変質者扱いされてしまう。園...
偽りなき者 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『セレブレーション』『光のほうへ』などの名匠トマス・ヴィンターベアが、無実の人間の尊厳と誇りを懸けた闘いを重厚に描いた人間ドラマ。子どもの作り話がもとで変質者扱いされてしまい、何もかも失い集団ヒステリーと化した世間から迫害される男の物語は、第65回カンヌ...
『偽りなき者』 ウイルスと嘘が似てるのは? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『コンテイジョン』はウイルスの蔓延にさらされた人々のパニックを描くと同時に、偽情報の感染力の強さも描いた映画だった。  デンマーク映画『偽りなき者』も、子供が口にしたデタ...
映画「偽りなき者」を観ました。 (みなと横浜みなみ区3丁目)
昨日、朝からの雨模様のなか、ようやく横浜・ジャックアンドベティにオファーされたこの映画を観るために、早めに家を出た。 途中から雨が本降りになったが、10時05分の開演30分前に着いた時には、すでに10
偽りなき者 (こんな映画見ました~)
『偽りなき者』---JAGTEN THE HUNT---2012年(デンマーク)監督: トマス・ヴィンターベア出演:マッツ・ミケルセン 、トマス・ボー・ラーセン、アニカ・ヴィタコプ 、ラセ・フォーゲルストラム 少女の何気ない嘘によって人生を破壊された男が、理不尽な迫害を....
【偽りなき者】冤罪事件の作り方 (映画@見取り八段)
偽りなき者~ JAGTEN ~     監督: トマス・ヴィンターベア    出演: マッツ・ミケルセン、トマス・ボー・ラーセン、アニカ・ヴィタコプ、ラセ・フォーゲルストラム、スーセ・ウォルド、ラース・ランゼ 公開: 2013年3月16日 2013年10月9日。DVD観賞。 第65回...
偽りなき者 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【JAGTEN/THE HUNT】 2013/03/16公開 デンマーク R15+ 115分監督:トマス・ヴィンターベア出演:マッツ・ミケルセン、アニカ・ヴィタコプ、ラセ・フォーゲルストラム、スーセ・ウォルド、ラース・ランゼ 決して、譲れないものがある―― [Story]デンマークの小さな町で...
『偽りなき者』をギンレイホールで観て、見る前の方が怖かったふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★リアル】 マッツ・ミケルセンが追い込まれる状況が突飛すぎない。 誰もが落とし穴に落ちてしまいそうなリアルな恐怖感がある。 日本の痴漢冤罪くらいリアル ...
偽りなき者 (いやいやえん)
きっかけは少女のささやかな嘘。疑惑は憎悪となり、小さな町を埋め尽くす。 デンマークには「子供と酔っぱらいは嘘をつかない」ということわざがあるそうです。誰もがこのことわざを盲信しているかのように、幼稚園
偽りなき者 (rambling rose)
デンマークの小さな町の幼稚園で働くルーカス。面倒見の良い彼は友人の子供クララの事も可愛がり、彼女もそんなルーカスが大好きだった。が・・