映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

美女と野獣

2014年11月29日 | 洋画(14年)
 『美女と野獣』を吉祥寺オデヲンで見てきました。

(1)本作(注1)は、ディズニー・アニメなどで有名なフランスの物語を実写化したフランス映画。

 大層裕福に暮らしていたベルレア・セドゥ)の一家が、財宝を積んだ船を嵐のために失って破産してしまいます。
 一家は、彼女の他に、父親(アンドレ・デュソリエ)と3人の兄、それに2人の姉がいましたが、片田舎に引っ込むことになります(注2)。



 ある日、街から帰る途中、吹雪に遭遇した父親は、道に迷って見知らぬ古城にたどり着きます。城の中には、光り輝く宝石などの詰まった箱が置かれており、さらにベルが土産に望んでいた薔薇が咲いているではありませんか!
 ですが、父親がその薔薇を摘んだ途端に野獣(ヴァンサン・カッセル)が現れ、「一番大切なものを盗んだな!」と怒り、「1日だけやる。ここに戻ってこなければ、家族を殺す。命が薔薇の代償だ」と父親に告げます。
 家に戻った父親の話を聞いて、ベルは「私のせいでパパを失いたくない」と言って、父親の身代わりに野獣の住む城に行きます。
 さあ、ベルの運命はどうなることでしょうか、………?

 『アデル、ブルーは熱い色』での体当たりの演技が印象的なレア・セドゥと、『ブラック・スワン』でバレエ団の監督役を演じたヴァンサン・カッセルが、CGを駆使した画面で好演し、まずまず見応えがある作品だなと思いました(注3)。

(2)ところで、「美女と野獣」として一般に知られている物語は、1756年に出版されたボーモン夫人によるものであり(注4)、これまで作られた各種の作品もこれによっているようです。
 ですが、本作の原作は、1740年にヴィルヌーヴ夫人によって書かれた物語(注5)とされています(注6)。

 そして、劇場用パンフレットに掲載されている野崎歓氏のエッセイ「世代を超えて受け継がれてきた物語『美女と野獣』」では、「この映画に出てくる夢のシークエンスこそは、ヴィルヌーヴ夫人版の一大特徴だった」と述べられています(注7)。
 さらに野崎氏に従えば、ガンズ監督は、「城にとらわれの身となったベルは、毎晩夢で、野獣とは似ても似つかぬ美貌の王子と出会い、激しく惹きつけられていく」というアイデアを汲み取りつつも、ヴィルヌーヴ夫人版ではなかなかベルが野獣の方に踏み出さないのに対して、ガンズ監督はそこのところはスッキリと整理しているようです。
 いずれにしても、野獣の前身である王子とプリンセス(イボンヌ・カッターフェルト)との物語は、本作で重要な役割を与えられていると言っていいでしょう(注8)

 ただそうだとしても、この関係では、本作につきいろいろな疑問が湧いてきます。
 例えば、プリンセスは、王子がズッと仕留めようと狙っている黄金の雌鹿が変身した姿だとされています。でも、そうだとしたら、矢を射られて戻るのはプリンセスから元の雌鹿の方へではないでしょうか?
 それに、雌鹿は既にプリンセスに変身しているのに、なぜこの時は雌鹿に戻っているのでしょうか(注9)?
 さらに言えば、王子に見つかったとわかったら、すぐにプリンセスに変身できたのではないでしょうか(注10)?

 また、野獣は、雌鹿を殺してしまったことにより「森の精」の罰を受けて姿を変えさせられてしまったわけです。にもかかわらず、その野獣がペルデュカスエドゥアルド・ノリエガ)によってナイフで殺されると、どうして城全体とか巨人たちが崩壊してしまい、蔦が襲いかかってくるのでしょうか?一体この城は誰が作ったものなのでしょう(注11)?

 とはいえ、こうしたことは、ベルが、「午後7時までに城に戻る」という野獣との約束を果たそうと一生懸命に馬を走らせたり、あるいはペルデュカスによって殺された王子を必死で城の中に運ぼうとしたりするのは何故なのか(注12)、という点をうまく説明できればどうでもいいことです。
 でも、果たして映画の中で、その点につき上手く説明できているでしょうか(注13)?

(3)渡まち子氏は、「野獣とその館に囚われた美女の恋模様を描くファンタジー「美女と野獣」。フランス映画らしいロココ調美術が美しい」として65点を付けています。



(注1)監督はクリストフ・ガンズ

(注2)母親は、ベルを産むとスグに亡くなってしまったようです。

(注3)最近では、レア・セドゥは『グランド・ブダペスト・ホテル』で、ヴァンサン・カッセルは『トランス』で、それぞれ見ました。



(注4)例えば、ここで読むことができます。

(注5)その概要については、このサイトの記事が参考になります。

(注6)劇場用パンフレット掲載の「Production Notes」で、ガンズ監督は、「僕は、このヴィルヌーヴ夫人版をベースにし、偉大な神々の要素を物語に反映させながら、人間と自然の力とのつながりを描きたいと思った」と述べています。

(注7)このサイトの記事によれば、「野獣の城でベルが会うのは野獣一人ではない。夜毎の夢に美貌の貴公子が現れ、謎めいた言葉でベルに求愛する。それが野獣の分身と知らないベルは、醜く愚かな野獣より美しく才気ある貴公子に惹かれる気持ちに最後まで悩み続ける」とのこと(P.53)。

(注8)劇場用パンフレット掲載の秦早穂子氏のエッセイ「美女と野獣、今昔の夢物語」でも、「ガンズはマダム・ヴィルヌーヴの本を参考にして、今まで、あまり知られていなかった野獣の過去の謎を追う。ここが見所のひとつ」と述べられていますし、さらに山崎まどか氏のエッセイ「一輪の薔薇の花に隠された真実」もまた、「クリストフ・ガンズ監督の映画は、この物語の最大の秘密、野獣が呪いを受けた理由似大きな焦点が当てられている」と述べています。

 ちなみに、山崎まどか氏によれば、「ボーモン夫人の版だと野獣の呪いは「仙女の気まぐれ」のせいであ」り〔上記「注4」で触れたサイトの物語では、「「あるいじわるな妖女が、わたしを苦しめるため、魔法で呪って、みにくいけものの姿にかえてしまったのです」と王子がベルに打ち明けます〕、またデズニー映画では「傲慢な王子が一夜の宿を求めた老婆をすげなく断ったせいで、実は魔女であった彼女に野獣の姿に変えられたという設定が追加されている」とのことです。

(注9)あるいは、雌鹿の姿とプリンセスの姿とを往復できるのかもしれません。そうだとしても、雌鹿の姿の時に矢を射られたのであれば、そのまま雌鹿のままなのではないのか、と思うのですが?

(注10)もっとつまらない点ですが、プリンセスが雌鹿の時に矢で射抜かれると、どうして裸の状態になるのでしょうか?雌鹿は厚い毛皮で覆われていますから、人間の裸の状態とは異なるように思われるのですが?
 尤も、男性の観客にとってはこれでいいのかもしれません!

(注11)さらに言えば、ペルデュカスはなぜ死ぬ運命にあるのでしょう?
 彼は、ベラの兄に、貸した金を踏み倒されたために、それを取り戻すべく野獣の城までやってきたに過ぎないのですから(尤も、貸金額以上の財宝を城から持ちだそうとしてしまったのは否めないところですが)。

(注12)さらには、魔法の泉に投げ込まれた野獣に向かって、どうしてベルは「愛している」と言えたのか、という点。

(注13)あるいはその点については、例えば、上記「注8」で触れた山崎まどか氏が、「ベルはどこに、野獣に潜む優しい心をみたのだろう?ヒントは恐らく、薔薇の花にある」と述べるように、この映画を見た者がそれぞれ考えるべき事柄なのかもしれません。



★★★☆☆☆



象のロケット:美女と野獣

コメント (4)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
« マダム・マロリーと魔法のス... | トップ | 0.5ミリ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (すぷーきー)
2014-11-29 23:36:29
いっぱいツッコミどころがありますね。(笑)
ベルが野獣を好きになるのが、唐突というか説得力がなかったですね。
Unknown (クマネズミ)
2014-11-30 06:45:25
「すぷーきー」さん、TB&コメントをありがとうございます。
おっしゃるように、「ベルが野獣を好きになるのが、唐突というか説得力がなかった」ように思いますが、あるいはもしかしたら、それは映画を見る方で考えるべき事柄なのかもしれないとも思ったところです。
Unknown (ふじき78)
2014-11-30 08:37:53
> 『ブラック・スワン』でバレエ団の監督役を演じたヴァンサン・カッセル

えーと、ナタリー・ポートマンに「オナニーしろ」って言う役でしたっけ。レア・セドゥにも同じ事を言って映像で実現すればもっとこの映画を好きになったのに。
Unknown (クマネズミ)
2014-11-30 09:49:24
「ふじき78」さん、コメントをありがとうございます。
ヴァンサン・カッセルにそんなことを言われ、あまつさえ真面目にその通りのことをしてしまったがために、ショックを受け、それから立ち直れないナタリー・ポートマンは、『ブラック・スワン』以後、大した作品に出なくなってしまったようにも思われるところですが?

コメントを投稿

関連するみんなの記事

33 トラックバック

美女と野獣 (そーれりぽーと)
フランス映画、実写版『美女と野獣』を観てきました。 ★★★ 『美女と野獣』と言えば、ディズニーのアニメ版しか知らないので、原作がどうとか言うことはわかりませんが、ディズニーアニメとは全く違う展開を普通に楽しんで観られました。 ただ、ベルが野獣に惹かれて...
映画『美女と野獣』観てきた(*´∀`*) (よくばりアンテナ)
ディズニー映画のアニメ版『美女と野獣』は思い出の映画なので、 懐かしく思う気持ちもあってさっそく公開初日に観てきました(*´∀`*) でも、これはディズニーの『美女と野獣』とは別物です。 ディズニー映画でもないし、 なんとフランス映画でした。 もち...
『美女と野獣』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「美女と野獣」□監督 クリストフ・ガンズ□脚本 クリストフ・ガンズ、サンドラ・ボ=アン□キャスト ヴァンサン・カッセル、レア・セドゥー、アンドレ・デュソリエ、      イボンヌ・カッターフェルト■鑑賞日 11月3日(月)...
映画「美女と野獣」 (しづのをだまき)
2014 仏独 113分 
美女と野獣(2014) (佐藤秀の徒然幻視録)
ナニはともあれ凄い凝りよう 公式サイト。フランス映画。原題:La belle et la bete、英題:Beauty and the Beast。クリストフ・ガンズ監督。レア・セドゥ、ヴァンサン・カッセル、アンドレ・ ...
『美女と野獣』 2014年11月12日 イオンシネマ市川妙典 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『美女と野獣』 を鑑賞しました。 レア・セドゥのファッションショーで大変満足 【ストーリー】  バラを盗んだ代償に命をささげるよう言われた父親の代わりに、若く美しい娘ベル(レア・セドゥ)が野獣(ヴァンサン・カッセル)の住む城に連れていかれてしまう。彼女...
美女と野獣  監督/クリストフ・ガンズ (西京極 紫の館)
【出演】  レア・セドゥ  ヴァンサン・カッセル  アンドレ・デュソリエ 【ストーリー】 バラを盗んだ代償に命をささげるよう言われた父親の代わりに、若く美しい娘・ベルが野獣の住む城に連れていかれてしまう。彼女は命さえ投げ出す覚悟で城に出向いたものの、毎晩同...
「美女と野獣」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「La belle et la bête」…aka「Die Schöne und das Biest」「Beauty and the Beast」2014 フランス/ドイツ 母親が二人の子供に物語を読み聞かせる手法でドラマは始まり、ラストでその母親がベルであることが明かされる。そしてベルの夫の姿も…。 野獣/王...
美女と野獣。 (すぷのたわごと。)
『美女と野獣』の試写会に行ってきました。 フランスの童話が元ネタだったんだね。 原題は『LA BELLE ET LA BETE』、Yahoo!翻訳のフランス語→日本語で“美女と野獣”。 ん?“ベート”は聞いたことがあるぞ。 『ジェヴォーダンの獣』の“獣”が“ベート”と呼ばれて...
映画『美女と野獣』★“赤いバラ“が染め上げる運命の愛 (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/164836/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 ディズニー版では、空前の大人気だと言う『 美女と野獣 』 今作は、フランス作品での実写です。     諸説...
美女と野獣 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Belle Et La Bete (Folio 2 Euros) [マスマーケット]野獣とその館に囚われた美女の恋模様を描くファンタジー「美女と野獣」。フランス映画らしいロココ調美術が美しい。美しく純粋な娘ベルは ...
劇場鑑賞「美女と野獣」 (日々“是”精進! ver.F)
私を、愛してくれるか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411030000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】美女と野獣 [ クリストフ・ガンズ ]価格:702円(税込、送料込) [DVD] ビーストリー価格:3,099円(...
[映画『美女と野獣(クリストフ・ガンズ監督版)』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・全くノーマークの作品だったけど、かなり面白かった。 昔、「オズの魔法使い」は、現実世界が白黒で、オズの国がカラーで表現されると言う手法を使っていたけど、 この作品は、手触りの違う画像が、全編の中で、4段階くらいグレードアップしていく。 舞台とな...
美女と野獣 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
王子が野獣に変えられた理由とその呪いを解くまでの物語がしっかりと描かれていて、大人にこそ鑑賞してもらいたい内容だった。自然の中に神々を見出す日本人なら、この映画は理解しやすいと思う。映像も衣装も特殊効果もすばらしい。
美女と野獣 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
映画やアニメーションなどで世界中の人々に愛されてきた世界的に著名な小説を、『サイレントヒル』などのフランスの異才クリストフ・ガンズ監督が映画化。『アデル、ブルーは熱い色』などのレア・セドゥがヒロインを演じ、野獣の姿をした王子の秘密に迫っていく。孤高の野...
美女と野獣 (心のままに映画の風景)
都会で裕福な暮らしをしていた商人一家は、貿易船を大嵐で失い、破産してしまう。 贅沢が身についた兄と姉は、田舎の暮らしに不満を募らせるが、末娘のベル(レア・セドゥ)は家族一緒に暮らせることに幸せを感じていた。 ある日、森で吹雪に見舞われた父は、偶然見つ...
美女と野獣 (ダイターンクラッシュ!!)
2014年11月8日(土) 13:40~ TOHOシネマズスカラ座 料金:1100円(シネマイレージデイ) パンフレット:未確認 進撃の巨人 『美女と野獣』公式サイト ディズニーも、その他のメディアも観たことのない「美女と野獣」だが、ミュージカル仕立なのかと思っていた。 ...
恋活ライオン丸 クリストフ・ガンズ 『美女と野獣』 (SGA屋物語紹介所)
♪やさしさが~ ひらいてく~ あいのとびら~ ディズニーのアニメで有名なあの童話
美女と野獣 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【LA BELLE ET LA BETE/BEAUTY AND THE BEAST】 2014/11/01公開 フランス/ドイツ 113分監督:クリストフ・ガンズ出演:ヴァンサン・カッセル 、レア・セドゥ、アンドレ・デュソリエ、エドゥアルド・ノリエガ、イボンヌ・カッターフェルト 野獣の秘密、ベルのあやまち。 ...
『美女と野獣』 (beatitude)
裕福な商人だった父が財宝を積んだ船を嵐で失い破産、娘のベル(レア・セドゥ)たちは都会の贅沢な暮らしに別れを告げ、田舎へと引っ越すことになった。母亡き後、わがままに育てられた3人の兄と2人の姉は田舎暮らしに不満を募らせるが、ベルは家族が一緒にいるだけで幸せだ...
『美女と野獣』をトーホーシネマズ六本木7で観て、そこに愛と恐怖はあるのかふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★星一つ多いのはレア・セドゥのドレス姿がステキだから】    レア・セドゥは普通に美人なので、クラシックなドレスも似合う事。 ところで、野獣は何故「 ...
美女と野獣 (迷宮映画館)
はたまたノリエガ様じゃありませんか!!嬉々として悪役やってるし。。。
美女と野獣 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。 バラを盗んだ代償に命をささげるよう言われた父親の代わりに、若く美しい娘ベルが野獣の住む城に連れていかれてしまう。彼女は命さえ投げ出す覚悟で城に出向いたものの、毎晩同じ時間に野獣と夕食を取る以外何の制約も受けなかった。自由に城内を移動...
『美女と野獣』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『美女と野獣』を観てきました。 ポスターの「ベルのあやまち」が気になって、、観てきたけど、、、ベルのあやまちってなんじゃろ?? 思わずJAROに電話しそうになったわい。全くわからんかった!もしかして「美し過ぎるって罪」ってコト? いきなりネタバレ満載ですが...
美女と野獣 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
美女と野獣 '14:フランス=ドイツ ◆原題:LA BELLE ET LA BETE ◆監督:クリストフ・ガンズ「サイレントヒル」「ジェヴォーダンの獣」 ◆出演:レア・セドゥ、ヴァンサン・カッセル、アンドレ・デュソリエ、エドゥアルド・ノリエガ、ミリアム・シャルラン、オード...
美女と野獣 (2014) 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
これまでにも映画化やアニメ化をされている フランスの有名な小説を母国が映画化した 『美女と野獣』が公開されましたので観に行って きました。 美女と野獣 原題:LA BELLE ET LA BETE 製作:2014フランス/ドイツ 作品紹介 映画やアニメーションなどで世界中の人々...
「美女と野獣」 (Con Gas, Sin Hielo)
実写版を作る大義とは? 「美女と野獣」といえばディズニーでメジャーとなった作品。ディズニーといえば、プリンセスが幸せになる話を楽しいキャラクターと音楽でコーティングすると相場が決まっている。 だから、ディズニー作品をまったく違った味付けで調理し直すと....
「美女と野獣」 (Con Gas, Sin Hielo)
実写版を作る大義とは? 「美女と野獣」といえばディズニーでメジャーとなった作品。ディズニーといえば、プリンセスが幸せになる話を楽しいキャラクターと音楽でコーティングすると相場が決まっている。 だから、ディズニー作品をまったく違った味付けで調理し直すと....
美女と野獣 (いやいやえん)
【概略】 美しい娘・ベルは、野獣からバラを盗んだ代償に命を要求された父の身代わりに、野獣の城に捕らわれの身となる。やがてベルは恐ろしい野獣の悲しい瞳に心惹かれ始め…。 ラブストーリー 1740年に書かれたヴィルヌーヴ夫人の原作小説を元に、野獣の〈隠...
美女と野獣 (いやいやえん)
【概略】 美しい娘・ベルは、野獣からバラを盗んだ代償に命を要求された父の身代わりに、野獣の城に捕らわれの身となる。やがてベルは恐ろしい野獣の悲しい瞳に心惹かれ始め…。 ラブストーリー 1740年に書かれたヴィルヌーヴ夫人の原作小説を元に、野獣の〈隠...
美女と野獣(2014) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:クリストフ・ガンズ 出演:ヴァンサン・カッセル、レア・セドゥ、アンドレ・デュソリエ、エドゥアルド・ノリエガ、ミリアム・シャルラン、オドレイ・ラミー、サラ・ジロドー、ジョナサン・ドマルジェ、ニコラ・ゴブ、ルーカス・メリアーヴァ、イボンヌ・カッターフ...
「美女と野獣」(2014年、フランス) (楽天売れ筋お買い物ランキング)
「美女と野獣」(原題:LaBelleetlaBête)は、2014年公開のフランス、ドイツ合作のファンタジー/ロマンス映画です。これまでに何度も映像化されてきたフランスの古典的物語を、最新の映像...
忘れないうちに姫DVDの感想を。(;´∀`)~「シンデレラ」&「美女と野獣」~ (ペパーミントの魔術師)
えっと実際に見たのは10日以上前です。(おい) とにかく!このドレスが半端なく綺麗で現実離れしてて それが見たかったんですよね~。(え) だもんだからそこんとこは大大大満足でございました。 いかにも魔法のドレスでございますってな質感がサイコーでございまし...