映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

大木家のたのしい旅行

2011年06月01日 | 邦画(11年)
 『大木家のたのしい旅行』を新宿バルト8で見てきました。

(1)『太平洋の奇跡』では随分とシリアスな演技をしていた竹野内豊水川あさみが、本格コメディに初めて出演するというので、新婚早々倦怠期に陥っている二人が「地獄」に行くとしても、そこは従来のものとは大分違うだろうな、と漠然と予感はしていました。
 実際に映画を見ると、まさに、地獄の血の池がビーフシチューそのものだったり、針の山は天まで聳えるホテル、赤鬼・青鬼も現代的服装をしている(角は、巨大な爪切りで処理されているとのこと)といった具合で、相当程度ユルーイ感じのものになっています。



 なにしろ、樹木希林が、地獄ツアーのエージェントというのですから、禍々しい旅行になってしまうのも当然といえば当然ですが。



 あるいは樹木希林は、閻魔大王に見立てられるのかもしれません(それにしても、彼女の旦那の内田裕也が逮捕されたり、地獄に行ってから、竹野内豊らが遭遇する行列で輿に乗っているのが南海キャンディーズの「山ちゃん」というのも〔相方の「しずちゃん」がボクシングに本格挑戦するというのです!〕、随分と芸能ゴシップまみれの映画になったものです!)。

 でも、地獄の入口がデパートの屋上に置かれているバスタブで、そこを突き抜けると、深い森の真ん中〔富士山の青木ヶ原樹海〕に落ちるというアイデアはなかなかのものです。さらには、地獄にナイト・マーケットが設けられているところとか、この世に戻る出口のある場所などが千葉県の鋸山となっているのも、随分とうまい適地を探し当てたものだと感心しました。

 また、旅館で竹野内らを案内する青い人の荒川良々は、『下妻物語』で八百屋を演じていましたが、その後『真夜中の弥次さん喜多さん』でも見たことがあり、随分と変わった俳優だなと思っていましたから、今回も、どこかで豹変して竹野内らを窮地に追い詰めたりするのでは、とハラハラしていましたが、隅々まで脱力系の映画ですから、そんなことは起こるはずもありません。



 結局、旅行から帰れば日常に戻るわけながら、お定まりの如く、竹野内豊と水川麻美の夫婦は、倦怠感を脱して新鮮な気持ちで生活し出すというわけです。

 こうした内容の映画で2時間というのは、今少し長すぎるのではと思ったものの、「地獄」の描き方に観客の意表を突くところもあり、それなりに楽しめる作品です。

(2)例えば、芥川龍之介の『蜘蛛の糸』では、地獄の有様について、次のように書かれています。
 「何しろどちらを見ても、まっ暗で、たまにそのくら暗からぼんやり浮き上っているものがあると思いますと、それは恐しい針の山の針が光るのでございますから、その心細さと云ったらございません。その上あたりは墓の中のようにしんと静まり返って、たまに聞えるものと云っては、ただ罪人がつく微かな嘆息ばかりでございます。これはここへ落ちて来るほどの人間は、もうさまざまな地獄の責苦に疲れはてて、泣声を出す力さえなくなっているのでございましょう。ですからさすが大泥坊のカンダタも、やはり血の池の血に咽びながら、まるで死にかかった蛙のように、ただもがいてばかり居りました」云々。

 また、地獄絵図にはこんなものもあります。



 さらには、ダンテの『神曲』の「地獄篇」もあるでしょう。
 下図は、『ドレの神曲』(訳・構成:谷口江里也、宝島社2009年)掲載のもので、その解説によれば、「怒りや不満で自分を見失った者が、今やそれらの不平不満、小言、雑言、罵倒の一切が、汚れた泥となってわだかまるスチュクスの沼に沈む第五の圏」とのこと(P.62)。


 ところが、上で書き記しましたように、この映画の「地獄」は、ツアーで行っても十分に楽しめる場所として描かれています。
 とすると、どうもこの「地獄」は、“悪いことをすると地獄に落ちる”とよく言われ、それは大変だからこの世で善行を積もうとする善良な老若男女の生きる目標を失わせるものがあるといえそうです。なにしろ、そこは、それほど面白くはないところでしょうが、決して「地獄の責苦」が待ち受けているわけでもなさそうであり、むしろ現実の「生の世界」と大差ない営みが行われている感じなのですから。
 さらには、こんな地獄に対応する天国だったら、そう大して楽しいものでもなさそうだということにもなりかねませんが、そうだとしたら、この映画は、見終わると「ほっこりした幸せに包まれる」映画(「劇場用パンフレット」のイントロダクションより)どころか、これまでの市井の民が持っている倫理観に対する物騒な挑戦状だということになるのかもしれません!

 そもそも、この映画は「地獄」を様々な角度から描いていながら、「死」にまともに触れていません。その点についてのヒントになるのは、「ここは死んだ人たちの国なのか?」という質問に、青い人の荒川良々が、「死んだ者も生きている者もいます。生きている者は死に続けているのですから」などと、哲学者めいたことを口にする場面ではないでしょうか?
 言ってしまえば、今生きていると思っている「生の世界」の住民達は、実は「地獄」の中で暮らしているにもかかわらず、そのことが分かっていないのではないか、ということになるのかもしれません!

(3)渡まち子氏は、「地獄へ行くきっかけが炊飯ジャーということからも分かるように、日常と非日常は地続きになっていて、目的地は関係ないのかもしれない。つまりこれは、恋人同士という不確定な関係の男女が、夫婦という“確かな家族”になるまでの軌跡を描く物語なのである。小劇場の芝居が好きな人は大いにハマるだろう。あいにく私ははじける笑いとは無縁だったものの、樹木希林や片桐はいり、荒川良々など濃すぎる脇キャラの怪演は大いに楽しんだ」として45点をつけています。
 福本次郎氏は、「肉体的苦痛は全力疾走や階段を延々昇る程度のユルさで、しかも場面場面で交わされる信義と咲の会話の内容がことごとく彼らの置かれている状況からズレていて笑わせてくれる。ここでは荒川良々みたいな、フツーの映画では変人の役ばかり演じる俳優のほうが、むしろまともに見えてしまう。その奇天烈な世界観の、ディテールに至るまでの作り込みが素晴らしかった」として、60点をつけています。




★★★☆☆





象のロケット:大木家のたのしい旅行

コメント (4)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
« ブラック・スワン | トップ | ジュリエットからの手紙 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ゆるく幅広い地獄へのご案内 (山根さんちの子供)
2011-06-02 16:09:05
  昔、漫画家に山根青鬼・赤鬼という兄弟がいて、その漫画に親しんだが、田河水泡の弟子で、『のらくろ』の漫画執筆権を譲られたというから、そのお歳が分かろう。まだ、兄の青鬼さんはご健在という。
本作映画の地獄にはやはり青鬼・赤鬼がいて、それぞれ性格が違うグループとして描かれるが、地獄自体の性格はそうとうに違う模様であり、大木家の夫妻を地獄案内する「ヨシコさん」は、将来には夫妻の子供で生まれそうな話しもあって、悪いことをした人々だけが送られる場所ではないらしい。ヨシコさんは顔が色で塗られていて表情があまりわからないが、映画『告白』でクラス委員長北原美月役を演じた美少女、橋本愛さんが演じる。
『下妻物語』でユニークな味を出していた荒川良々さんも出ていて、地獄のホテルの番頭役だから、地獄と行っても、あまり怖そうな感じもないし、この映画でヒロイン桃子の祖母を演じた樹木希林さんが本作では占い師で、地獄ツアーへの導き役をつとめるのだから、それぞれ懐かしさも満載である。最近会った下妻市出身の友人に尋ねたら、下妻は映画の知名度アップで合併を取りやめ、昔と同様にジャスコや駅が存在しているというから、映画の役割も大きい。本作のほうは、なぜか五反田が地獄の出入り口というが、それほど地名のプレイアップはないから、あまり関係がないかもしれないが。
ともあれ、最近の政治社会情報は『藪の中』だが、『蜘蛛の糸』を頼らなくても、歩いて地獄脱出ができるのだから、その通路も近代化したものである。というくらいにゆったり構えて、楽しい旅行で新婚夫婦は倦怠期脱出というのだから、これでいいのだということになろう。
地獄はどこに? (クマネズミ)
2011-06-02 21:39:11
「山根さんちの子供」さん、丁寧なコメントをありがとうございます。
さて、コウノトリのお話やサンタクロースの存在を疑わない子どもがめっきりと減り、また嘘をつくと地獄の閻魔様に舌を引っこ抜かれるぞ、との脅しが効いたのもかなり昔のこと。とはいっても、「悪いことをした人々だけが送られる場所」のことなど誰も信じなくなった現代は、いくら「近代化」の結果だとはいえ、荒涼とした光景しか見られなくなり、随分と物寂しい思いがするのではないでしょうか?
Unknown (ふじき78)
2011-06-12 02:59:38
温泉=血の池。そうかあ。
でも、ビーフシチューは血の池と言われれば納得だ。人間の血ではないけれど。
「血の池」温泉 (クマネズミ)
2011-06-13 04:45:56
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
是非、姪御さんと一緒に、この映画の「地獄」に行って、ビーフシチューの「血の池」で「ほっこり」してきてください!

コメントを投稿

関連するみんなの記事

20 トラックバック

『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』 晴れた日は映画を観よう (映画のブログ)
 「晴れた日は映画館へ行こう」というのは、『ホタルノヒカリ』の主人公・雨宮蛍が、ユナイテッド・シネマ浦和のオープンのために考えた惹句である。  天気の良い週末、別になんの予定があるわけでもなく...
大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
公式サイトシュールな展開と濃い脇キャラが、愛を探す天然カップルの旅を彩る。いまひとつ笑えなかったのは私だけか??!!大木信義と妻の咲は、長い同棲生活の末に、なし崩し的 ...
大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 (LOVE Cinemas 調布)
人気劇作家・前田司郎の小説を映画化。新婚早々の倦怠期を迎えた夫婦が何と地獄への旅行を通じて愛情を取り戻すコメディー映画だ。主人公の夫には『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』の竹野内豊がコメディ初挑戦。その妻に「のだめカンタービレ 最終楽章」シリーズの...
大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇/竹野内豊、水川あさみ (カノンな日々)
どこかで竹野内豊さんがコメディー映画に初挑戦したと聞いて、あの二枚目俳優が大丈夫かなと思いましたけど、劇場予告編を観たら案外イケるじゃないの?という感じだったので楽し ...
大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 (佐藤秀の徒然幻視録)
空気に流される日本人は地獄も平気で旅する 公式サイト。前田司郎原作、本田隆一監督、竹野内豊、水川あさみ、樹木希林、片桐はいり、荒川良々、橋本愛、でんでん、山里亮太(南 ...
『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』。 (フキダマリ)
『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』を観てきた。 地獄旅行に出かけた、すでにマンネリ新婚夫婦。 現世とはちょっとだけどこかおかしな地獄世界。 あんなことやこんなことに巻き込まれたり、あんな人やこんな人に出会ったり。 そんなことを繰り返しながら、次第に2人は...
[映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆非常に面白かった。  ジャンルで言うと、ちょいハートフル・シュール・ファンタジー&コメディってとこか?  交際期間が長く、惰性で結婚、初夜にして倦怠期に突入してしまった二人が、ひょんなことから地獄を旅行することになり、そこでお互いの存在を再認識するに...
大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 (シネマDVD・映画情報館)
大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 監督:本田隆一 出演:竹野内豊/水川あさみ/樹木希林/片桐はいり/荒川良々/橋本愛/でんでん/山里亮太/柄本明 原作:前田司郎「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」 内容:大木信義と咲は、新婚なのに、もう倦怠期。新居に引...
『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』(竹野内豊&水川あさみ) (ラムの大通り)
※追補でネタバレに触れているかも。ご注意を! ----この映画、キャスティングがオモシロいよね。 「うん。つい最近、 小出恵介 との熱愛が報道された水川あさみ (『彼岸島』『今度は愛妻家』)と、 『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』の熱演も記憶に新しい竹野...
前田司郎「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」 (お花と読書と散歩、映画も好き)
幻冬舎文庫2011年1月 初版発行解説・しまおまほ290頁 4年と少しの同棲の後、結婚した信義と咲 ある日、五反田駅ビルで、自宅からなくなった炊飯ジャーをコートの下に隠し持った男を見た咲男を追いかけていった屋上で休憩中の事務員さんから貰った「地獄行きツアー」...
「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・日本/配給:ギャガ監督:本田隆一原作・脚本:前田司郎 劇団「五反田団」の人気劇作家、前田司郎の同名小説を、原作者自身の脚本により映画化。監督は「GSワンダーランド」の本田隆一。 同棲生活4
大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 (2011日本) (音楽ウェブロッジSunHero)
邦画「アバター」でケータイ・キャラクターにのめり込んでしまう少女を演じた橋本愛が、洋画「アバター」を連想させる全身青い少女で登場する映画です。というか、一般的には今年の日本アカデミー賞で最優秀作品賞に輝いた「告白」で注目されたというべきなんでしょうね。...
映画・大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 (お花と読書と散歩、映画も好き)
原作の感想はこちら↓ 前田司郎「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」 脚本は原作者でもある前田司郎さん こういう映画大好きです 夫、のほほんとした信義・竹野内豊 コメディを演じる竹野内さん ファンの方には受け入れOKなのでしょうか? 金城...
『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』をシネマート六本木2で観て、本田らしいなふじき☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆押し寄せるような笑いじゃないから誉めづらいんだよなあ】 一番いいのがチラシのデザイン。 このチラシのデザインに こんな風に映画が作られるべきだとい ...
■映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
竹野内豊と水川あさみが、長い同棲を経て、なし崩し的に結婚してしまった新婚カップルを演じたコメディ映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』。 あんまりコメディのイメージが亡い竹野内豊ですが、テンション低めの脱力系演技が、妙にこの映画の世界観にハマってい...
大木家の楽しい旅行 新婚地獄篇(2011-030) (単館系)
大木信義(竹野内豊)と妻の咲(水川あさみ)は 新婚にもかかわらず、すでに倦怠(けんたい)期を迎えているような状態。 新居に引っ越しをしてみたものの雰囲気が良くなることもなく、痴話げんかが絶えない...
映画『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』劇場鑑賞。 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
ゴールデンウィーク明けの土曜日、母の顔を見に和歌山に行きました。 最近、途中で必ず立ち寄るのが「天理PA」(公式サイト)
大木家のたのしい旅行/新婚地獄篇 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
劇作家・前田司郎の同名小説を「市民ポリス69」の本田隆一監督が映画化。新婚ながら倦怠期のカップルが、ひょんなことから地獄へ新婚旅行に出かけることになる顛末を描く。出演は ...
大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 (いやいやえん)
すでに倦怠期のような新婚さんの大木信義と妻の咲。竹野内豊さんとか久々に見た気がする。妻は氷川あさみさん。 彼らが赴くことに成る「地獄」は、入り口がデパートの屋上のバスタブだったり血の池がビーフシチューだったりと、はちゃめちゃでゆる~い作品になってま...
大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 (食はすべての源なり。)
大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 ★★★★☆(★4つ) 面白いっ!これ。声出して笑っちゃった。 ゆる~い感じと、「そうそう!それ思う」っていうツボを押さえている。 細かい、くだらないことに男って「適当にそうだね、とか言っておけばいいのにいちいち突っ掛る...