映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

大鹿村騒動記

2011年08月06日 | 邦画(11年)
 『大鹿村騒動記』を丸の内TOEIで見てきました。

(1)映画『奇跡』についての記事に書きましたように、期待を込めて待っていた『大鹿村騒動記』が16日に公開されるとわかり、でもまあそうすぐに行かなくともとグズグズしていたところ、19日に主演の原田芳雄の訃報。それで躊躇していたのですが、上映期間が限定されているとのことで、慌てて見に行ってきた次第です。



 映画のストーリーはごく単純で、長野県の大鹿村で鹿の肉を出すレストランを経営している風祭善原田芳雄)は、村で開催される歌舞伎の準備で大わらわ。そうしたところに、18年前に失踪した妻・貴子大楠道代)が、一緒に連れ立って出て行った幼馴染の能村治岸部一徳)ともども戻ってきてしまったのです。
 出演するしないのすったもんだの挙句、原田芳雄は、村歌舞伎で『六千両後日文章 重忠館の段』の主役・景清を演じ、会場の大観衆から拍手大喝采を受ける、というものです。



 この映画でメインとなるのが300年の伝統がある大鹿村歌舞伎のため、そのままでは映画全体が古色蒼然となってしまう恐れがあるからか、逆にとびきり現代的な話題が次から次へと飛び出します。

 まず、村にリニア・モーターカーを引っ張ってきて駅を設置することに賛成するのか反対するのかが、村人の間で熱く議論されます。
 特に、村歌舞伎で重忠役を演じることになっている土建業の石橋蓮司(推進派)と、これも村歌舞伎に出演する予定の農業に従事する小倉一郎(反対派)とが対立して、小倉一郎は村歌舞伎に出ないなどと言い出す始末。

 次いで、村では、地上デジタル放送移行に関する準備が進められています。松たか子扮する役場の事務員が、「チューナーを無償で配布する」旨を村役場から放送で流したり、それぞれの家のTV受像機にテューナーを取り付ける作業が行われていたりします。

 また、性同一性障害に悩む若者・雷音(冨浦智嗣)が原田芳雄のレストランに現れ、アルバイトとして雇われます(彼は、「小さいときから喉仏が嫌だった」などと原田芳雄に話します)。

 なかでも大変なのが、貴子(大楠道代)。彼女は認知症を患っていて、断片的な記憶しか持っていないどころか、冷蔵庫の中に入っているものを片端から口に入れようとしたり、万引きをしたりするのです(注1)。


 と言っても、現代的な要素ばかりでなく、伝統を守っていこうとする人たちもいます。
 貴子の父親(三國連太郎)は、シベリア抑留帰りで、現在は高齢につき一線を退いて、一方で大鹿村歌舞伎保存会会長をしながら、他方で円空仏に似た木彫の仏像を刻んでいます(どうやら、原田芳雄の父親と同じ収容所にいたようなのです)。



 また、瑛太は、歌舞伎の黒子役で、主に縁の下で回り舞台を回す役を引き受けていますが、将来は原田芳雄の後を襲って景清を演じることを夢見ているようです。

 こうして、現代的要素と伝統的な要素が巧みに入り混じりながらストーリーは展開され、それがクライマックスの『六千両後日文章 重忠館の段』の上演に行きつくわけです(注2)。
 特に、数百年の時を隔てて、この演目の台詞と映画のストーリーとが同調するのですから驚いてしまいます(だからこそ、原田芳雄らの俳優たちが、様々の役を村歌舞伎の舞台で実際に演じたのでしょう)。
 例えば、貴子が、万引きをしたにもかかわらず、自分は何もしていないと言い張るために、原田芳雄はキレてしまって、「このままで、景清なんか、やれない」と村歌舞伎からの降板を言い出します。すると、突然貴子は、「ハテ合点の行かぬ、心有りげな夫の詞、謎が説けねば赤の他人、ハテ何をがなあ」云々と、『重忠館の段』の中で道柴が言う台詞を口にするのです。
 また、『重忠館の段』の台詞ではありませんが、舞台の袖で貴子が、「私、許してもらわなくてもいいよ」と言うと、景清の台詞、「仇も恨みも是まで是まで、此の上頼むは六代君の、御先途を頼み入る」が続きます(注3)。



 ここでは、景清道柴との関係に、風祭善貴子との関係が重なり合っているわけですが、さらに、『ツィゴイネルワイゼン』(1980年)における中砂青地周子との関係も、原田芳雄と大楠道代との関係を経由して、重ね合わせたら面白いのではないでしょうか(注4)?

 以上のように書いてくると、とても真面目な映画のように思われかねませんが、実は随所に笑いの要素が散りばめられていて(注5)、それらを出演者が皆見事に演じ切っていて、実に楽しい、そして見ごたえのある作品に仕上がっているのです。

(2)原田芳雄については、このところ映画などでよく見かけていて(注6)、こんなに突然亡くなってしまうとは思いもよりませんでした。
 クマネズミは、追悼の意味で、彼の出演作で一番気に入っている『ツィゴイネルワイゼン』のDVDを見てみました。



 この作品については、監督の鈴木清順氏が取り上げられることが多いのですが、そしてそれはある意味で当然とも言えますが、出演している原田芳雄(中砂役)、大谷直子(その妻の園と芸者小稲の2役)、藤田敏八(中砂の友人の青地役)、大楠道代(その妻の周子役)といった俳優陣が実にすばらしい演技を繰り広げているのです。
 特に、目にゴミが入ってしまったと痛がる中砂の目の中に、青地周子が舌を差し入れてゴミを取り出そうとするシーン、青地周子が腐りかかった水蜜桃を美味しそうに食べるシーン、中砂が妻の二の腕の骨格を探るように撫で回すシーンなどは出色と言えるのではないでしょうか。

(3)渡まち子氏は、「この映画、ひと言でいえば、初老の男女3人の色恋騒動だ。作品の規模も物語のスケールもごく小さいのだが、妙に心地よいのは芸達者な俳優たちの存在が際立っているからである」が、それのみならず、「脚本がなかなかひねりが効いていて秀逸」であり、「にぎやかな群像劇は阪本順治にしては珍しいスタイルだが、本作は味わい深い人情喜劇に仕上がった」として65点をつけています。
 また、福本次郎氏も、「冴えない風貌でパッとしない運命に愚痴を垂れながらも、一度舞台に上がると別人のごとき立派な見栄を切る善。その、ハッとする落差を原田芳雄が苦み走った顔で演じて見せ、酸いも甘いも噛み分けた男の奥行きを見事に表現する」などとして60点をつけています。



(注1)雑誌『シナリオ』8月号に掲載されている座談会「現代の“喜劇”『大鹿村騒動記』はどうやって生まれたか」において、脚本の荒井晴彦氏が、「僕のオフクロが認知症なんですよ。阪本のオフクロも、ちょっと違うんだけど、あそこに出てくるような病気なんですよ」と語り、また監督・脚本の阪本順治氏も、「うちのオフクロをきっかけに、記憶障害でない方の認知症っていうのがあることを知ったんですよ」と述べています。
 なお、この座談会は、映画制作を巡るものとして近来出色の出来栄えではないかと思います。

(注2)映画の中で演じられる『六千両後日文章 重忠館の段』については、このサイトで、あらすじとその舞台の全部を見ることが出来ます(なお、上演に際して解説がなされているところ、つまらない話ばかりがなされ、肝心のこの演目の制作年とか作者名、それに他の「景清」物―近松門左衛門の『出世景清』など―との相違点といったところは、何も解説がなされないのには驚きました!)。

(注3)ここらあたりの台詞は、上記雑誌『シナリオ』8月号に掲載されている本作品のシナリオによります。

(注4)さらに、7月3日に放映されたフジテレビ「ボクらの時代」において、原田芳雄と大楠道代に岸部一徳が加わってトークが行われています(詳細については、たとえばこのサイトで)。

(注5)例えば、村役場の職員(加藤虎ノ介)が、戻ってきた岸部一徳に対して、18年分の住民税を支払えと迫ったり、旅館の主人(小野武彦)が、貴子を探しに雨の中を飛び出していく岸部一徳の姿を見て、「一度目は悲劇、二度目は喜劇」と、有名なマルクスの言葉(『ルイ・ボナパルトのブリューメール18日』)をつぶやいたりします。

(注6)最近では、映画では、『ウルトラミラクルラブストーリー』、『たみおのしあわせ』、『歩いても、歩いても』、『黄金花』、『ロストクライム』それに『奇跡』、TVドラマでは『火の魚』を見ました。






★★★★☆




象のロケット:大鹿村騒動記
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
« 黄色い星の子供たち | トップ | コクリコ坂から »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
農村歌舞伎 (milou)
2011-08-06 09:04:11
映画はなかなか面白く楽しめました。原田芳雄という俳優からは、どうしても70年代の役柄のイメージが強く、どちらかといえば嫌いな俳優なので、この映画も見たくはなかったのですが、まさか死期が近いからでもないでしょうが、衣裳以外は極めて自然な演技で好感が持てました。他の俳優も喜劇的にやや誇張された演技を除けば、それぞれ好感の持てる演技でした。僕の場合、当然見るまで誰が出ているかも知らないのですが松たかこだけは半分過ぎまで本人か似た女優か判別できませんでした。

あと性同一性障害の雷音、最初バスから降りたときはパンキッシュな格好をした“男”だと思ったら声を聞いて女性だったのか、と思ったらやはり男性で…という意味で見事でしたが、風祭善と出会う最初の台詞“バカみたい”は面接(?)にきた人間の発する言葉ではないので違和感を感じました。それに“誰も知らない”ところに来た、云々や女性の下着のエピソードなど、ちょっと不自然に感じました。大楠の認知症の演技は、あまり評価できませんが快復(?)した瞬間の演技は非常に良かった(ただ、よくは知らないが認知症は記憶喪失のように急に快復するものではないので、映画のようにハピーエンドにはならないでしょうが…)
もうひとつ“最初は悲劇、二度目は喜劇”というマルクスの台詞が引用されたのには“ありえねえ”と苦笑しました。

なお歌舞伎は大好きでも農村歌舞伎までは見ていないが、似た題材を扱った『Beauty うつくしいもの』を連想しました。こちらは長野県の伊那路村ですが、当然歌舞伎舞台の構成などはそっくりでした。

PS:
間違って別のブログにもコメントを送ってしまいました。
原田芳雄 (KGR)
2011-08-06 09:19:04
舞台挨拶の姿を見てびっくり。
亡くなったと聞いてまたビックリ。
誤嚥性肺炎は怖いです。

>訃報。それで躊躇
これはお気持ちがなんとなくわかります。

>とびきり現代的な話題
これは対比が面白かったです。
ご指摘の内容のほか、畑で働く中国人とかも。

歌舞伎シーンのおひねりなんか全部アドリブらしいですね。
我々は大鹿歌舞伎の素人だけど、観てる方(本物の村人)は観客のプロだから指示しなくても絶妙のタイミング、とか。
認知症 (クマネズミ)
2011-08-07 05:44:34
milouさん、コメントをありがとうございます。
クマネズミも「映画はなかなか面白く楽しめました」。
なお、「大楠の認知症」については、「注1」に書きましたように、普通とは大分違った症状に描かれているようです。
また、「認知症は記憶喪失のように急に快復するものではないので、映画のようにハピーエンドにはならない」とありますが、映画のラストシーンを見ると、快復したのは一時期だけのことではないでしょうか?
誤嚥 (クマネズミ)
2011-08-07 05:45:15
KGRさん、TB&コメントをありがとうございます。
たしかに、「誤嚥性肺炎」は怖いようですね。たまたま7月20日のNHKTV番組「ためしてガッテン」を見ていましたら、高齢者の場合喉を司る神経の反応が鈍くなっているために、水分の多い「おかゆ」をサラサラ食べると「誤嚥」を招きやすく、それで細菌の入った唾液等が肺に達して肺炎になることがあると解説されていて、ナルホドと思いました。
また、おっしゃるように、畑で中国人研修生が小倉一郎と一緒に農作業をしていました。

コメントを投稿

関連するみんなの記事

36 トラックバック

映画 「大鹿村騒動記」 (ようこそMr.G)
映画 「大鹿村騒動記」
大鹿村騒動記 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.ohshika-movie.com/ 19日に亡くなった原田芳雄さんが発案し主演俳優を務めた、言ってみれば原田さんの遺作のような作品。 南アルプスのふもとにある長野県大鹿村でシカ料理店を営む風祭善(原田芳雄)は、300年以上の歴史を持つ村歌舞伎....
大鹿村騒動記 (あーうぃ だにぇっと)
6月30日(木)@新宿明治安田生命ホール。 うちの妻が18時少し前に会場に到着したら、なんと一番乗りだったそうだ。 ⇒マニアの集合なし(笑) 会場内は開映時間になってもかなりガ~ラガラ。 6割くらいしかはいっていなかった。 どうしたんだろ?他の会場も同...
2011年7月8日 『大鹿村騒動記』 サイエンスホール (気ままな映画生活)
今日は、『大鹿村騒動記』 を試写会で鑑賞です。 豪華俳優が多数出演しているが・・・如何なものか 【ストーリー】  南アルプスのふもとにある長野県大鹿村でシカ料理店を営む風祭善(原田芳雄)は、300年以上の歴史を持つ村歌舞伎の花形役者。公演を間近に控えたある...
大鹿村騒動記 (佐藤秀の徒然幻視録)
名優原田芳雄の遺作になってしまった 公式サイト。阪本順治監督、原田芳雄、大楠道代、岸部一徳、松たか子、佐藤浩市、冨浦智嗣、瑛太、石橋蓮司、小倉一郎、でんでん、加藤虎ノ ...
大鹿村騒動記/原田芳雄、大楠道代、岸部一徳 (カノンな日々)
阪本順治監督と原田芳雄さんがタッグを組みさらに阪本組と言われる常連俳優たちが集っての長野県の山村に300年以上も伝わる「大鹿歌舞伎」をモチーフに描かれる群像喜劇です。予告 ...
『大鹿村騒動記』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「大鹿村騒動記」 □監督 阪本順治□脚本 荒井晴彦、阪本順治□キャスト 原田芳雄、大楠道代、岸部一徳、佐藤浩市、松たか子、冨浦智嗣、瑛太、石橋蓮司、小倉一郎、でんでん、加藤虎ノ介、小野武彦、三國連太郎■鑑賞日 7月17日(...
試写会「大鹿村騒動記」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/6/15、文京シビックホール、小ホール。 ほぼ満員。 段差がきついため前席が気になるようなことはないが、 格納可能な階段席になっているので、やや揺れる。 ぱっと見そういう構造に見えないため、ちょっと怖い。 ** 原田芳雄、大楠道代、岸部一徳、三國....
大鹿村騒動記 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
阪本組の常連俳優たちによる大人のコメディ。役者たち自身が楽しんで演じているのが伝わってくる。長野県の山麓地帯にある大鹿村。村歌舞伎で有名なこの村で鹿料理の店を営む善は ...
「大鹿村騒動記」 (prisoner's BLOG)
周知のように7月19日に71歳で亡くなった原田芳雄の最後の出演作になったわけだが、歌舞伎の型を決める姿といい顔の色艶といい声の張りといい、とてもこんなに急に逝くとは思えず。 初めのうちこそ一種の感慨を持って見ていたが、すぐ映画に没入してあまり意識しなくなる。...
人生すべからく喜劇。阪本順治監督『大鹿村騒動記』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。「人生すべからく喜劇」とはこれが遺作となった原田芳雄さんの言葉。阪本順治監督『大鹿村騒動記』は90分間というタイトな時間に「楽しい映画的至福なる瞬間」が溢れた見事な喜劇。
大鹿村騒動記 (A Day In The Life)
名優 原田芳雄を追悼して、観てきました。 解説 長野県の山村に300年以上も伝わる「大鹿歌舞伎」をモチーフに、『亡国のイージス』 『顔』の阪本順治監督と原田芳雄がタッグを組んだ群像喜劇。 伝統の村歌舞伎が受け継がれてきた山村で食堂を営む男のもとに、18年...
原田芳雄追悼(『大鹿村騒動記』公開中に…) (ラムの大通り)
「今夜はしっとりといくからね…」 -----そうか、原田芳雄が亡くなっちゃったんだよね。 「うん。実は『大鹿村騒動記』を観に行った時、 ある人から『これは、原田芳雄の最後の作品』と聞かされて、 えっ?と問い返したことが…。 その人の話によると、癌が再発したのだと...
大鹿村騒動記 (シネマDVD・映画情報館)
大鹿村騒動記 監督:阪本順治 出演:原田芳雄/大楠道代/岸部一徳/松たか子/佐藤浩市/冨浦智嗣/瑛太/石橋蓮司/小野武彦/小倉一郎/でんでん/加藤虎ノ介/三國連太郎 内容:江戸から数えて300余年。南アルプスの懐に抱かれた大鹿村では、途絶えることなく「村...
大鹿村騒動記 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
村から駆け落ちした二人が初老になって村に戻り村で落ち着くまでが描かれている。村歌舞伎の主人公景清(原田芳雄)は頼朝を討つことが不可能だとわかると両目をつぶすけど、痴呆になって戻ってきた貴子(大楠道代)たちの行く末をしっかりと見届ける。歌舞伎のあらすじと...
映画『大鹿村騒動記』劇場鑑賞。 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
この作品は、地元のシネコンには掛っていなくて、足を延ばしました。 『ハリーポッター』と『ポケモン』が、封切られたんですね
「大鹿村騒動記」 さらば、アウトロー (ノラネコの呑んで観るシネマ)
2011年7月19日。 映画史に大きな足跡を残して、名優・原田芳雄が逝った。 原田芳雄という名前を知ったのは、何時だっただろう。 物心ついた頃には既に人気スターだったが、その存在感を強烈に意識したの...
■『大鹿村騒動記』■ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:日本映画、阪本順治監督、原田芳雄、 大楠道代、岸部一徳、佐藤浩市、松たか子出演。
大鹿村騒動記 (信州諏訪発 気まぐれおやじの日記)
まず最初に、原田芳雄さんのご冥福をお祈りします。長野県の小さい村に300年伝わる歌舞伎を通しての人情喜劇、この映画本当に素晴らしい俳優さん方が熱演されていて、笑いあり、少し泣かせるとこあり、本当に心温まる作品だと思います。リニアの話あり地デジの話ありと...
大鹿村騒動記 (とりあえず、コメントです)
長野県大鹿村を舞台に“大鹿歌舞伎”を絡めて描かれた人間ドラマです。 友達に誘われたので、全く予備知識無くチャレンジしてみました。 素朴な歌舞伎と芸達者な役者たちの演技が繰り広げるドラマに、心地よく笑わされるような作品でした。
千両役者の花道~『大鹿村騒動記』 (真紅のthinkingdays)
 南アルプスの麓の小さな村。鹿料理の店「ディア・イーター」を営む善(原田 芳雄)は、村に300年続く「大鹿歌舞伎」の花形役者。舞台本番を5日後に控 えたある日、18年前に村を去った親友・治(岸部一徳...
「大鹿村騒動記」、原田芳雄さんの遺作 (カサキケイの映画大好き!)
先日亡くなった原田芳雄さんの最後の作品 今思えば映画の中での動き 幼い頃から知っている原田さんの動きでなかった、 ぎごちない気がした、 それは彼の老齢になれば誰もがそうなるのだろう、 などと自分を納得させながら観ていた。 原田さんきっと体中、満身創痍だ...
大鹿村騒動記 (LOVE Cinemas 調布)
俳優・原田芳雄の遺作。公開初日に舞台挨拶に出席したもののそれから僅か3日後に帰らぬ人となってしまった。長野県の大鹿村に300年以上伝わる「大鹿歌舞伎」。その後援を日後に控えたあるひ、駆け落ちした妻が帰ってきた…。共演に大楠道代、岸部一徳、松たか子、佐...
「大鹿村騒動記」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・日本/配給:東映監督・企画:阪本順治脚本:荒井晴彦、阪本順治原案:延江浩 7月19日に亡くなった、原田芳雄の文字通り遺作。阪本順治監督のデビュー作「どついたるねん」(1989)以来、多くの
大鹿村騒動記 (la Casa del Lapiz:鉛筆庵)
                2011年/日本/93分 監督:阪本順治 出演:原田芳雄、大楠道代、岸部一徳、松たか子、佐藤浩市、冨浦智嗣、瑛太、石橋蓮司、小野武彦、小倉一郎、でんでん、加藤虎ノ介、三國連太郎 主題歌:忌野清志郎 ストーリー:長野県下伊那郡大鹿村―...
大鹿村騒動記 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
美しき日本の山村で“芸能の原点”を守ってきた人々の姿を描く群像劇。監督は「行きずりの街」の阪本順治。出演は「ロストクライム 閃光」の原田芳雄、「人間失格」の大楠道代、 ...
No802『大鹿村騒動記』~好き、という感情の切なさ~ (パラパラ映画手帖)
“好き”という感情は、何歳になっても抱くもの。治ちゃん(岸部一徳)と貴子(大楠道代)が駆け落ちしたのも、40歳を過ぎてから。好きなら好きで、その気持ちは大切にしたらいい、そんなことを感じた。ゲイの雷音が、郵便局員の瑛太と一緒に舞台下で、廻...
大鹿村騒動記☆独り言 (黒猫のうたた寝)
2011年7月19日お昼過ぎ・・・原田芳雄さんの訃報Twitterのつぶやきでびっくりした。信じられないニュースに、嘘じゃないかとネット検索でも、それは本当に起こったことだった。ワイドショーで観た試写会での姿に、不安を感じたのは否めない。でも、本当になって欲しくなか...
大鹿村騒動記 (迷宮映画館)
追悼!!それしかないです。
「大鹿村騒動記」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
長野の山の中で鹿料理店を開いている男のところへ、駆け落ちして逃げた女房と親友の男が帰ってくる。 ただ、それだけの話なのに、やたらおもしろい。 男は原田芳雄、女房と親友が大楠道代、岸部一徳。この食えないメンバーがからめば、話がおもしろくならないわけがない....
大鹿村騒動記 (食はすべての源なり。)
大鹿村騒動記 ★★★☆☆(★3つ) 忘れられないけど 思い出したくもない女が帰ってきた。 長野県の大鹿村で、300年の歴史がある「大鹿歌舞伎」の上映を数日後に控えたある日、18年前に親友と駆け落ちした女房が帰ってきた!ボケてカケオチしたことも忘れて!! ...
大鹿村騒動記 (映画尻エリカ)
『大鹿村騒動記』 (2011・日本) 1h33 監督・脚本 : 阪本順治 出演 : 原田芳雄、大楠道代、岸部一徳、三國連太郎 300年続く大鹿村名物の村民による歌舞伎公演を目前に控えて台風とともに騒動がやってくる。 先ほど亡くなられた原田芳雄さんがその...
大鹿村騒動記 (だらだら無気力ブログ!)
出演陣が何気に豪華。
大鹿村騒動記 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
大鹿村騒動記'11:日本◆監督:阪本順治「座頭市 THE LAST」◆出演:原田芳雄、大楠道代、岸部一徳、佐藤浩市、松たか子◆STORY◆長野県下伊那郡大鹿村―四方を山に囲まれたこ ...
永遠の大鹿村 (Akira's VOICE)
「永遠の僕たち」 「大鹿村騒動記」 
大鹿村騒動記 (いやいやえん)
原田芳雄さんの遺作となった群像劇です。近くのゲオにはなかったものだからようやく見れました。 長野県大鹿村、ここでは300年余の間、町の伝統芸能として歌舞伎が伝承されてきた。その主役をはるのが、主人公の風祭善。公演間近に駆け落ちしていた妻が十数年ぶり...