映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

まほろ駅前多田便利軒

2011年05月08日 | 邦画(11年)
 『まほろ駅前多田便利軒』を新宿ピカデリーで見てきました。

(1)映画は、まほろ駅前で便利屋を営んでいる多田啓介瑛太)と、そこに転がり込んできた行天晴彦松田龍平)とが軸になって展開されます。



 その際、行天の小指が要石の一つような気がします(注1)。
 中学校の工芸室で、多田が行天を振り向かせようと肩に手をかけたときに、行天は裁断機で小指を切り落としてしまうのです。
 その後の手術によって、斬り落とされた小指はつながったのですが、その事故がいつまでも多田の心にシコリとして残っています。何かというと、行天が「寒い夜は小指がちぎれそうに痛む」などと仄めかすものですから、多田はあまり強い態度に出れなくなっています。2回ほど、多田は行天を追い出そうとしますが、結局は元の鞘に収まる始末。

 どうも多田は、行天の小指を切り落としてしまったがために、一度行天とくっついてしまうと(その事故の後、2人はずっと疎遠になっていたようです)、最早彼から離れられなくなってしまったのでしょう。
 それと同じように、関係の修復を図ること、切り離されてしまってバラバラになってしまいそうになっている物を、元の通りにくっつけようとすることが、多田の便利屋の仕事になっているとは言えないでしょうか?

 例えば、多田はある女性からチワワを預かるのですが、実際は彼女は、ペットを飼うことのできないアパートに引っ越さざるを得ないがために、子供が育てていたチワワを、子供に黙って便利屋に引き取ってもらおうとしたのです。
 多田たちは、元の関係に戻すべく引っ越し先を探し当てます。ただ、そうした事情にあることがわかると、チワワとその子供との関係の修復は諦め、今度はそのチワワを、それを実際に必要とする新しい飼い主に引き取ってもらいます。

 また、行天は、両親との関係を清算しようとして包丁を隠し持っていたのですが、チワワを仲立ちにして多田との関係ができると、その包丁を放棄してしまいます。とはいえこれは、多田が意識的に行ったことではなく、結果的に関係の破局化が避けられただけのことですが。

 さらに、多田と行天とがDVDで見ている『フランダースの犬』の最終話のラストは、別れ別れになっていたネロと犬のバトラッシュとが、アントワープ大聖堂のルーベンスの2枚の絵を見た後で、雪の中で一緒になって息絶えて天国に昇る場面です(注2)。

 もっといえば、まほろ市のモデルとなっている町田市は、神奈川県の中に食い込んだ東京都といった位置関係にあって、今にも東京都から切り離されて神奈川県にくっついてしまいそう、といった感じがするものの、依然として東京都のママです(注3)。

 とはいえ、本作品は、多田が、生まれてすぐの子供を死なせてしまったという自責の念からなかなか立ち直れずにいる様を描いたものと考えた方が、常識的には理解しやすいのかもしれません。
 なにしろ多田は、チワワのようなひ弱そうに見える小さな動物に対しては、すぐにでも死んでしまう気がしてしまいますし、また子供を使っての犯罪行為に対し、強い憤りを感じたりもします。
 ただ、そうした動きの底にあるものを探っていくと、あるいは、小指事件が見つかるのではないかと思えます。

 それはマアさておき、この便利軒は、映画の中では、子犬を預かったり、子供の塾の迎えをしたり、アパートの戸の滑りをよくしたり、バスの運行状況をチェックしたり、などというような、実にセコイ仕事しかしていません。こんな営業状況で、よく駅前の事務所(いくらオンボロのビルとはいえ)を借りていられるなという気がします。多分、映画では描かれていないところで、細々とした仕事がたくさんあるのでしょう。
 それでいて、麻薬の売人と関係が出来たりして、行天が腹を刺される事件さえ起きてしまいます。また、行天は、子供を望む女性に精子を提供するといった実に現代的なこともやっています。




 映画全体として、日常的なごくつまらないことの繰り返しが描かれる中に、時折さりげなく麻薬とか人工授精など大きな事件も挟み込まれたりして、なかなかうまい映画の作りになっていると感心いたしました。
 それに、多田が、塾の迎えをしている子供に対して、「親が与えてくれなかった愛を、生きてさえいれば、他の誰かに与えることができる」といった教訓めいたことを言うのですが、文庫本解説の鴻巣友季子氏は、これを作者のメッセージとして受け取って、「幸福の再生」ということではないかと述べています。しかしながら、本映画作品においては、そのあとに「そんな風に言ったけど、おれはまだ誰にも何も与えられない」という多田の声が入るのです。こうした歯の浮くような説教じみたメッセージを、そのままの形で流さない監督の姿勢を評価するところです(注4)。

 瑛太は、きちんと見るのは『ディア・ドクター』以来ですが、存在感の出しにくい大層難しい役を実にうまくこなしているのではと思いました。
 松田龍平も、『劔岳 点の記』以来ながら、むしろ瑛太以上に存在感のある役を随分と楽しんでこなしているように見受けました。




(2)この映画は、監督が同じ大森立嗣氏ということもあって、『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』と受ける印象が似ているところがあります。特に、瑛太と松田龍平が小さなバンに乗っている様は、松田翔太と高良健吾がトラックに乗っているときの感じそのままです。
 ただ、『ケンタトジュンとカヨちゃんの国』の場合は、目的地である網走刑務所に向かってひたすら直線的に走るわけですが、本作品においては、彼らはまほろ市からでることはなく、そのなかで円運動しているに過ぎません。

 その円運動ですが、本作品の場合、ラストが冒頭とそっくりのシーンになります。すなわち、多田が行天と出会う当初のバス停のベンチに、また行天が座っているのです。しかしながら、今回は、チワワを抱いてはいませんでした。
 ある意味で、多田と行天との関係が質的にレベルアップしたといえるのかもしれません(ですから、これからは、多田は行天を、これまでのようになんとなく一緒にいる人間として扱うのではなく、アルバイトとして正式に雇い入れることになるのでしょう)。

 さらに、こうしたところは、随分と飛躍してしまうかもしれませんが、『Somewhere』の冒頭とラストとの関係に似ているのでは、と思えます。すなわち、その映画のラストにおけるジョニーの行動は、フェラーリを乗り回す点で冒頭のシーンと類似しているものの、冒頭では、野原をグルグル回る円運動でしかなかったのに対して、ラストにおいては、草原をまっすぐ走る直線運動である上に、ジョニーはその車をも乗り捨ててしまうのです。ジョニーは、ある決意を持ってこれからの人生に立ち向かうというところでしょうか。

(3)渡まち子氏は、「多田と行天が抱えるそれぞれの心の傷が、無言のうちに共鳴しあった時、結果的にとぼけた人助けにつながっていく。それが説教くさくなく、淡々とした描写なのが心地よい。原作は三浦しをんの人気小説で、映画に描かれた以外にも魅力的なエピソードがたくさんある。もしや続編ができるかも…と、期待している」として、65点を付けています。



(注1)映画の原作(三浦しをん作)の文庫本解説において、鴻巣友季子氏も、「小指を切断する事故」についての多田の思いが、「この小説のモチーフのようなものを表している」と述べています。ただ、鴻巣氏は、関係が“切断”されてしまうことの方を強調しているところです。
 また、映画評論家の前田有一氏も、「見ればわかるが本作は「小指」がある種の象徴で、解釈のキーポイントとなっている。主人公がケガをさせた旧友の小指は、けっして元には戻らない。だがそれでも傷跡は癒え、薄くなってゆく」と述べています。
 ただ、前田氏は、「要するに、生きていれば人は必ず傷つくが、それは元には戻らない。だが、元通りではないにしても必ず再生する。大けがした小指の傷のように……。そういっ て、この映画は傷ついた人々を励ましているのである。もちろん、小指の傷だけではない、津波に流された町だって同じはずだ。心にじんとくる、今見るにふさ わしい一品というほかはない」として、そのメッセージ性を強調しているところ(評点は60点)、クマネズミとしては、これは後付けの過剰な読み取りに過ぎないと思えます。

(注2)このシーンについて、行天は「ハッピーエンドだ」と言って多田を驚かせます。

(注3)多田が好きだというのが米軍基地(キャンプ座間)。近年関係がぎくしゃくしている日米関係を修復すべきだというメッセージがここにはあるのではないか、などというのは下手な冗談です。

(注4)歯の浮くような台詞がカットされていれば、モット高く評価できるのですが!
 なお、行天が、「ふつうはもうちょっと早くに、広告を打つとか、顧客に営業電話をかけるとか、チラシを配るとかするもんじゃないの?」と多田に忠告しますが、映画の場合、その後で多田は行天の背中に向かって、「なんでおまえが……」云々と、これまた行天の忠告を否定してしまうような台詞が入ります。
 というところからも、大森立嗣監督は、原作の情緒に流れる雰囲気をなるべく断ち切りたいと考えているようにみえます。




★★★★☆




象のロケット:まほろ駅前多田便利軒

コメント (6)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
« 「江戸の人物画」展 | トップ | イヴ・サンローラン »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すみません (佐藤秀)
2011-05-08 07:14:30
テクニカルなエラーらしくTB3連発になってしまいました。お手数ですが2つ削除してください。
お礼 (クマネズミ)
2011-05-08 08:01:39
佐藤さん、わざわざご連絡をいただき、誠にありがとうございました。
小指 (ふじき78)
2011-05-08 18:30:53
小指と言えば柄本の息子が小指詰める事になったみたいな噂も話してましたね。優作の息子の小指の身代わりなのかも。柄本の息子が好いている鈴木杏に対して「俺のこれ」と小指を立てられなくなったって事でもあるってのもおもろい。
接合 (クマネズミ)
2011-05-08 21:42:34
「ふじき78」さん、TB&コメントをありがとうございます。
そうですね、「きっと「びびでばびでぶう」というセリフでも現実感を染みこませてしまうに違いない岸辺一徳」が、柄本佑
の小指がなかったと言っていたようです。
松田龍平のように接合手術をしなかったのですから、勿論便利軒に来ることもないでしょうし、鈴木杏とくっつくこともあり得ないでしょう!
Unknown (ほし★ママ)
2011-05-09 23:07:33
なるほど、「小指!」
小指には、約束とか人のつながりをイメージさせますものね。
商売は成り立っているのかとか、普通なら突っ込みどころとなる部分が
描かれていない空気感が逆に好きです。
小指の思い出 (クマネズミ)
2011-05-10 05:35:51
「ほし★ママ」さん、TB&コメントをありがとうございます。
「小指」は“ゆびきりげんまん”で使いますし、またこんなところで、♪あなたが噛んだ 小指が痛い♪(伊東ゆかり「小指の思い出」)を持ち出したりすると世の顰蹙を買うかもしれませんが、人と人との関係においてとても大事な働きをする身体器官ではないでしょうか?

コメントを投稿

関連するみんなの記事

35 トラックバック

まほろ駅前多田便利軒 (LOVE Cinemas 調布)
三浦しをん原作の直木賞授賞小説を映画化。ひょんなことから再会した中学校の同級生の多田と行田。多田のやる便利屋を手伝いながら妙な共同生活を送るのだった。様々な依頼を通して2人の過去が明らかにされてゆく。主演は『ディア・ドクター』の瑛太と『蟹工船』の松田龍...
まほろ駅前多田便利軒/岳 -ガク- (あーうぃ だにぇっと)
最近観た邦画2本まとめて。 上映時間はいずれも2時間越え。 しかしながら、体感時間には大きな差があった。
まほろ駅前多田便利軒 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。三浦しをん原作、大森立嗣監督、瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ、横山幸汰、柄本佑、梅沢昌代、大森南朋、松尾スズキ、麿赤兒、高良健吾、岸部一徳。 ...
映画【まほろ駅前多田便利軒】の舞台裏メモ (僕らのドラマ)
「THE MAKING OF まほろ駅前多田便利軒」展より
「まほろ駅前多田便利軒」 (みんなシネマいいのに!)
 東京郊外に位置するまほろ市で便利屋を営む多田ののところに、中学時代の同級生の行
『まほろ駅前多田便利軒』 (2011) / 日本 (Nice One!!)
監督: 大森立嗣 出演: 瑛太 、松田龍平 、片岡礼子 、鈴木杏 、本上まなみ 試写会場 : ニッショーホール 公式サイトはこちら。 先週試写で鑑賞してましたが書くのが遅くなっちゃいました。 三浦しをんさんの作品は好きでよく読んでいます。 こちらも...
まほろ駅前多田便利軒 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
まほろ駅前多田便利軒オリジナルサウンドトラック心に傷を持つ同士のバディ・ムービーは、力の抜け具合が絶妙だ。ゆるい空気の中にうっすらとにじむ正義感がいい。瑛太と松田龍平 ...
映画・まほろ駅前多田便利軒 (お花と読書と散歩、映画も好き)
東京郊外のまほろ市 まほろ駅から走って1分、歩いて3分のところにある雑居ビルで便利屋を営む多田・瑛太 ある年の正月、中学時代の同級生、行天・松田龍平が転がり込んでくる 三十路、バツイチ ワケありな二人が便利屋の仕事を通して様々な人間模様や出来事に出会...
「まほろ駅前多田便利軒」  (俺の明日はどっちだ)
便利屋主人の多田啓介(瑛太)は、何をするにしても慎重派のしっかり者。淡々と確実に仕事をこなす一方で、産まれて間もない息子を死なせてしまい妻と別れた過去を持つ。 そんな多田のもとに転がり込んで来た同級生の行天春彦(松田龍平)は、黒いロングコートに健康サン...
まほろ駅前多田便利軒/瑛太、松田龍平 (カノンな日々)
直木賞作家の三浦しをんのベストセラー小説を瑛太、松田龍平の若手実力派の二人の主演にて映画化した作品です。監督は『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の大森立嗣監督なのです ...
まほろ駅前多田便利軒 (花ごよみ)
監督は大森立嗣、 主演は 瑛太、松田龍平。 監督のお父さんの麿赤兒、 弟の大森南朋も出演です。 片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ、 柄本佑、松尾スズキ、高良健吾、 岸部一徳等が共演。 舞台は 東京郊外にあるまほろ市。 タイトルどおりまほろ市の駅前で、 便利屋を営...
まほろ駅前多田便利軒 (シネマDVD・映画情報館)
まほろ駅前多田便利軒 監督・脚本:大森立嗣 出演:瑛太/松田龍平/片岡礼子/鈴木杏/本上まなみ/柄本佑/横山幸汰/梅沢昌代/大森南朋/松尾スズキ/麿赤兒/高良健吾/岸部一徳 内容:直木賞に輝く三浦しをんのベストセラー小説を映画化。東京郊外のまほろ市(町...
「GANTZ: PERFECT ANSWER」みた。 (たいむのひとりごと)
1月末に公開された『GANTZ』の続編で完結編。最近、特に邦画では最初から2部作・3部作で制作されるケースが増えており、インターバルもほんの数か月でスピード公開されることが多い。個人的には気にいった作
『まほろ駅前多田便利軒』をユーロスペース1で観て、ふむふむふじき☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆楽な気分で観れる地味目な娯楽映画】 ・三面怪人ダダ便利軒  瑛太と龍平とチワワの顔を持つ異星出身の便利屋が  標本を採集しながら秘かに便利する。 ・ ...
映画『まほろ駅前多田便利軒』 (健康への長い道)
 梅田ガーデンシネマにて、三浦しをんさんの同名小説を映画化した『まほろ駅前多田便利軒』を鑑賞しました。大好きな原作の映画化ということで、期待半分、不安半分。 Story 東京から神奈川へ突き出るように位置する街“まほろ市”。都会でも田舎でもない。天気予報は...
「まほろ駅前多田便利軒」子供たちと接して向き合った先にみた自分の子供への愛情の深さ (オールマイティにコメンテート)
「まほろ駅前多田便利軒」はまほろ駅前で便利屋をやっているバツイチの男が同じくバツイチの同級生の男と再会して一緒に仕事をする事になり、さまざまな仕事をしていくうちにそれ ...
まほろ駅前多田便利軒 (悠雅的生活)
チワワ。はたらく車。冬の夜のバス停。
まほろ駅前多田便利軒 (悠雅的生活)
チワワ。はたらく車。冬の夜のバス停。
まほろ駅前多田便利軒 (迷宮映画館)
どっちがどっちの役でも、いい感じ。
「まほろ駅前多田便利軒」:ゆるゆると、のらりくらりと (大江戸時夫の東京温度)
映画『まほろ駅前多田便利軒』は、オフビートで「間(ま)」を生かした、日本映画らし
まほろ駅前多田便利軒 (だらだら無気力ブログ)
第135回直木賞を受賞した三浦しをんのベストセラー連作短編集を「ディア・ ドクター」の瑛太と「誰も守ってくれない」の松田龍平の共演で映画化した ヒューマン・コメディ。 東京のはずれにある“まほろ市”で便利屋を営む真面目な青年・多田と ふらりと現れた同級生・...
『まほろ駅前多田便利軒』は都会の中のぬるいオアシスだよ。 (かろうじてインターネット)
 今回は三浦しをん原作で『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の大森立嗣監督作品『まほろ駅前多田便利軒』の感想だい。  観に行った映画館は吉祥寺バウスシアター。月曜日のメンズデーで1000円で見て...
『まほろ駅前多田便利軒』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「まほろ駅前多田便利軒」□監督・脚本 大森立嗣 □原作 三浦しをん□キャスト 瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ、柄本佑、大森南朋、松尾スズキ、麿赤兒、高良健吾、岸部一徳■鑑賞日 4月23日(土)■劇場 チネチッ...
【まほろ駅多田便利軒】 (日々のつぶやき)
監督:大森立嗣 出演:瑛太、松田龍平、本上まなみ、片岡礼子、鈴木杏、高良健吾  カムバック、しあわせ 「まほろ市の駅前で便利屋をしている多田は、仕事の帰り預かったチワワを抱いている中学の同級生行天と出会う。今晩泊めて欲しいと突然言う行天に、最初は断
愛だろ、愛。~『まほろ駅前多田便利軒』 (真紅のthinkingdays)
 まほろ市駅前で便利屋稼業を営む多田(瑛太)は、中学の同級生、行天春彦 (松田龍平)と再会する。多田は中学時代の負い目から、「今夜一晩泊めてくれ」 という行天の頼みを聞き入れてしまう。その日か...
「まほろ駅前多田便利軒」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
近頃出色のバディ・ムービーだな。 「バディ」って何? 相棒。 ああ、「相棒」といえば、そのものズバリ、水谷豊のテレビドラマが有名だけど、「まほろ駅前」の二人組は刑事じゃないし。 かといって、犯罪者でもない。 男二人、狭苦しい事務所で便利屋を営むという、みみ...
映画『まほろ駅多田便利軒』劇場鑑賞。 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
4月24日の「ボクらの時代」に主役のお二人と 新井浩文さんが出ておられて、改めて魅力的な方々だなぁ~と。 独特の空気感を
まほろ駅前多田便利軒 (とりあえず、コメントです)
三浦しをん著の同名小説を映画化した人間ドラマです。 原作はだいぶ前に読んでいたので、この小説を映画化したらどうなるだろうなと気になっていました。 主演の二人の独特の雰囲気がぴったりで、心にじんわりと沁みるような作品になっていました。
まほろ駅前多田便利軒 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
まほろ駅前多田便利軒'11:日本◆監督:大森立嗣「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」「ゲルマニウムの夜」◆出演:瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ◆STORY◆東京郊外のま ...
まほろ駅前多田便利軒 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
まほろ駅前多田便利軒'11:日本◆監督:大森立嗣「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」「ゲルマニウムの夜」◆出演:瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ◆STORY◆東京郊外のま ...
まほろ駅前多田便利軒 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/04/23公開 日本 123分監督:大森立嗣出演:瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏 、本上まなみ 、柄本佑、 大森南朋、松尾スズキ、麿赤兒、高良健吾、岸部一徳 カムバック、しあわせお困りごとは アフターケアも 万全の 多田便利軒へ。 東京のはずれ、まほろ駅前で....
マイ・バック・まほろ駅前 (Akira's VOICE)
「マイ・バック・ページ」 「まほろ駅前多田便利軒」 
まほろ駅前多田便利軒(感想234作目) (別館ヒガシ日記TB用)
7月15日 まほろ駅前多田便利軒(感想234作目) アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB入らない場合は上記のブログ記事タイトルの方から 別館アメブロ記事の...
まほろ駅前多田便利軒(感想234作目) (別館ヒガシ日記TB用)
7月15日 まほろ駅前多田便利軒(感想234作目) アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログにTB入らない場合は上記のブログ記事タイトルの方から 別館アメブロ記事の...
まほろ駅前多田便利軒(’11) (Something Impressive(KYOKO?))
年末に、深夜放映予定を見かけた一昨年公開だった「まほろ駅前多田便利軒」、出演者欄で瑛太が出ていたり、ゆるくユニークそうなタイトルにもそそられ録画していたのを、先日見終えました。 原作は三浦しをんの直木賞受賞作小説、架空の街「まほろ」駅前で便利屋を営む...