映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

沈まぬ太陽

2009年11月19日 | 邦画(09年)
 「沈まぬ太陽」を吉祥寺で見ました。

 かなりの話題作であり、また主演の渡辺謙がこれまで出演している映画(「明日の記憶」や「硫黄島からの手紙」など)が総じて良かったこともあり、3時間を超えるという長さにはたじろいだものの、見に行ってきました。観客は、普段ならあまり映画館に足を運ばないような年配の人が多かったように思います。

 映画の方は、途中で10分の中断があったものの、全体としてなかなか緊密にできていて、集中して見ることができました。主人公の恩地を演じた渡辺謙、敵役の行天の三浦友和等々、出演人物はみな好演しており、なかなか見応えがありました。 

 とはいえ、見終わってみると、壮大なアフリカの光景など見どころはもちろんたくさんあるものの、違和感を持った点もかなりありました。
 と言って、この映画が事実と違うかどうかという点を問題にしても時間の無駄だと思います。映画として見た場合の問題点に限って、若干述べてみましょう。

イ)恩地があそこまで経営陣に嫌われて、9年もの間、辺鄙な海外での生活を強いられる理由が、この映画からは判然としません。労組の委員長として経営陣と対立したからといって、それぞれがそれぞれの役割を果たしただけのことですから、あそこまで追い込められるのだろうかと思ってしまいます。

 労組の要求を飲めば会社が倒産するというケースであれば話は別ですが、そんな設定になってはいません。 
 また、総理フライトがストライキによって妨げられてしまう恐れがあり、そんな危ういところに会社を追い込んだから、という理由とも考えられますが、そんなに後々まで尾を引くことなのでしょうか?
 あるいは、行天が言うように、単に「目障り」だからなのかもしれません。

 この映画のモデルとなった人が実際にそのような理不尽な仕打ちを受けたのだから、こんなことはドウでもいいという意見がありうるでしょうが、この映画だけを見ている者からすれば、もう少し強固な理由を設けてもらわないととても落ち着きません。

ロ)一番わからないのは、敵役の行天の行動です。
 まず、恩地と大学の同期でありながら、労組の委員長と副委員長に就いていますが、そんなことがあるだろうかと違和感を持ってしまいます。あるいは、恩地との強い信頼関係に基づいているとされているのでしょうか?ただそうだとしたら、チョットした情報だけで見方が180度転換してしまうという描き方で良いのか、と思ってしまいます。

 また、行天は、地位を上り詰めるために、不正な手段で得た資金に手を出すことまでしますが、なぜそこまでして昇進しようとするのかの動機がうまく描かれていません。恩地への対抗心としても、そんなものは恩地のカラチ左遷で十分満たされるのでは、と思ってしまいます。

 それに、彼の家庭事情が何も描かれてはいないので、松雪泰子との愛人関係も、何か取ってつけたような感じしか受けません。

 全体として、恩地の対極にある人物像として行天をプロセス抜きで作り上げているために、酷く類型的でリアリティに欠けてしまっているのではないか、と思いました。

ハ)恩地は、会社に対して詫び状を入れることをあくまでも拒否しますが、そしてその姿勢がこの映画のメイン・テーマの一つである「男の矜持」なのでしょうが、現在制作する映画としてはあまりにも時代錯誤のような気がしてしまいます(ただ、こうしたことが描かれているというので、年配の人が映画館に足を運んでいるのでしょう!)。

 とにもかくにもあの時代にはこんな男が存在したよ、というだけなのではわざわざ映画を制作するには及ばないのではないでしょうか?

ニ)恩地の前任の労組委員長を西村雅彦が演じていますが、デフォルメし過ぎの感があり、経営陣の一翼を担っているにしては、実に奇矯なふるまいをするものだと思いました。

ホ)恩地の妻(鈴木京香)の描き方も、あまりにも古色蒼然としていて、確かに「1930年生まれ」の人の妻だったらあるいはこういう人もいたでしょうが、それにしても血が通っておらず、現代人の共感を呼ばないことでしょう。

ヘ)この映画が長すぎるという感じは受けませんでしたが、少なくとも御巣鷹山事故に関する部分は、原作でも5分の1の扱いなのですから、大幅カットが可能だと思います。

 それに、主人公の恩地は、御巣鷹山事故の遺族担当ということになっていますが、わざわざそのように設定することの意味合いがよくわかりません。会社側の対応のまずさを強調して国見会長の改革へつなげようとしたとも思えるところ、うまく説明がなされていないようです。


 評論家の意見は次のようなものです。
 まず、福本次郎氏は、「ひとりの人間の思いなどちっぽけなもの、それでも厳しさに耐え思いを持ち続ければ、希望となる。その過程がしっかりとした筆致で描かれ、長時間退屈せずに鑑賞できた」として70点を与えています。
 また、渡まち子氏は、「もちろん拷問のような扱いを受けても会社を辞めない主人公を全肯定はできないが、直球勝負の映画の作りと俳優たちの熱演に、深く感動させられた。愚直なまでの生き方を貫く恩地役・渡辺謙、敵役の行天役・三浦友和、共に素晴らしい」として75点です。
 さらに、前田有一氏は、「複雑な思いを抱かせる一面はあれど、平均を上回る見ごたえの社会派作品であることに違いはない」として70点を付けています。

 総じて皆さんの評価は高いのですが、私としては、この映画では人形のような類型的な人間たちが動き回っているだけであって、あまり高く評価できないのでは、と思っています。
 やはり実在の人物をモデルにして描けば、どうしてもその人を必要以上に美化してしまい、他方でその敵役を必要以上に酷い悪者として描かざるをえなくなってしまい、それが歴史上の人物であれば単なるお話で済みますが(NHK大河ドラマのように)、現代史にかかわる場合には、多くの利害関係者がまだ存命なのですから、問題が大きいのではないかと思われるところです。


ブログパーツ

コメント (2)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« 「夢と追憶の江戸」展 | トップ | サイドウェイズ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どうして、いつも不屈でいられるのか (孤高の鶴)
2009-11-20 01:14:27
  社会に出て会社で働かねばならない人々にとって、会社という組織は自分にとって一体どうなんだという問題が常に出てきます。最近、JR西日本の例の大事故についての隠蔽工作に関して、それが明るみに出ては、関係者が次々に辞めたことが報道されています。この会社の勤労環境は厳しいものだったのだなぁと感じますが、同じ運輸業であるJALはどうだったのだろうかと考えて、この映画を見てきました。
  JALでは組合関係が複雑で、労使間のガタガタがかなり経営の足を引っ張っているようにも聞いたことがあります。この会社も、辛い会社のようです。そうした場合、いつまで会社にいるのかという選択が常にありますが、主人公の恩地元は、あくまでも会社にとどまります。そこでの執拗な嫌がらせと冷遇が実際にあったようで、小説にも映画にも出てきます。
  映画は原作小説をかなり忠実に映像化したようであり、くどいほどフィクションという強調がなされますが、かつての仲間で敵役の行天以外はほとんどがモデルがいるようです。主人公の生き甲斐とか生きる指針というのは何だったのか、あの行動で良かったのかという問題提起がなされます。

  ところで、映画のほうは主人公を演じた渡辺謙、敵役行天の三浦友和等々、出演人物はみなそれなりに好演しており、なかなか見応えがあります。問題は、原作者の意向を踏まえすぎて、時間が長いものになってしまい、途中で10分の休憩が入ることです。こうした経験は初めてですが、内容的にはそれほど冗長だとは感じません。それでも、御巣鷹山事故への対応と海外勤務の描写は、もう少し切りつめても本筋に影響しないはずなので、適宜カットしてせいぜいでも二時間半ほどに収めたほうが映画としての出来が良いのではないかと感じます。
  主人公のモデルは1930年生まれで、考え方は「古き(良き)おやじ」というところであり、感覚は今からおそらく二世代くらい古いのでしょう。政治状況も、御巣鷹山事故当時のころは権力濫用・情報管理などで、同様に相当に古い思考・行動様式だったと感じます。今だったら、関連する情報が殆どすべて明るみに出てしまうようですから、起きた時代によって事件の対応が大きく分かれるのではないかと感じます。
  JALが凋落しようとしている時期とはいえ、大企業の反対を押し切って、映画化されたことを評価し、そうした後押しの意味で、この映画の評価を高めにしておきたい感じです。生きる勇気を感じるか、不条理な社会に気落ちするかは、受取手の問題でしょう。
モデル問題 (クマネズミ)
2009-11-22 20:01:46
 「孤高の鶴」さん、コメントをありがとうございます。
 この映画(及び原作の小説)が、いつも実際のモデルとの関わりで評価されるのは、作品自身にとって大変不幸なことではないかという気がします。
 とはいえ、仮に現実のモデルなしにこうした映画(及び小説)が作られているとしたら、三浦友和が演じる行天のキャラクター作りから推して、こんなにも世の評判を集めなかったのでは、とも思われるところです。

コメントを投稿

関連するみんなの記事

13 トラックバック

沈まぬ太陽 (シネマDVD・映画情報館)
「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」「大地の子」など、人間の本質を世に問う長編小説を次々に手がける国民的作家・山崎豊子。その珠玉の原作の中で、未だ映像化されていない最後の傑作『沈まぬ太陽』が日本映画史上最大のスケールで遂に映画化。主人公・恩地を、日...
若松節朗監督 「沈まぬ太陽」 (映画と読書、そしてタバコは止められましぇ~ん!)
沈まぬ太陽 - goo 映画 お給料も入ったし、今日(10月26日)は公休! ヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ! 映画なに観よ? 根岸監督の「ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~」にしようか?思ったのですが… 先週土曜から公開の山崎豊子原作「沈まぬ太陽」 原作未読、国民的ベ...
【映画】沈まぬ太陽 (新!やさぐれ日記)
▼動機 渡辺謙、凱旋 ▼感想 この物語こそ3部作でやるべきだったのでは? ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な生活に耐え...
映画「沈まぬ太陽」 (おそらく見聞録)
監督:若松節朗(ホワイトアウトの監督さん) 出演:渡辺謙(怪物)三浦友和 松雪泰子 鈴木京香 石坂浩二 香川照之 宇津井健  出演:戸田恵梨香 柏原崇 大杉漣 西村雅彦 小林稔侍 風間トオル 柴俊夫 木村多江  30年間、企業の不条理に翻弄されても...
沈まぬ太陽  (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  山崎豊子の社会派小説を、壮大なスケールで描いた会心の大作である。また映画の背景が、1985年に実際に起きた「日本航空123便墜落事故」を題材にしたものなので、説得力もあるし迫力も満点であった。久々に凄い映画に触れることが出来て、今感動に打...
【沈まぬ太陽】 (日々のつぶやき)
監督:若松節朗 出演:渡辺謙、三浦友和、鈴木京香、松雪泰子、香川照之、宇津井健、清水美砂    魂が、震える。 「国民航空の社員の恩地はかつて労働組合の委員長を務めていた。その結果、9年もの間通常では考えられない海外僻地勤務を強いられた。同期でかつ...
映画「沈まぬ太陽」 (itchy1976の日記)
「沈まぬ太陽」公式サイト 沈まぬ太陽 映画情報(eiga.com) ○基本データ 原作 山崎豊子『沈まぬ太陽』(新潮文庫刊) 監督 若松節朗 キャスト 渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二、香川照之、木村多江、清水美沙、鶴田真由、柏原崇、戸田恵梨香、大杉漣...
沈まぬ太陽 よくもまあこんな映画が創れたもんだ (労組書記長社労士のブログ)
【 53 -12- 1ヶ月フリーパスポート=2 】 昨日は映画「BALLAD 名もなき恋のうた」を観た後に仕事があって、そしてその後に今度は妻と待ち合わせしてまたまた映画(1日に2本観たのって学生時代以来?)、観たのは山崎豊子原作を映画化した「沈まぬ太陽」。 とりあえずびっ...
沈まぬ太陽 (まてぃの徒然映画+雑記)
山崎豊子原作の超大作、なんと202分で途中休憩あり!途中休憩が入るのは『アラビアのロレンス』以来です。原作はずいぶん前に読み始めたものの、病気で読むのがつらくなって第一巻の途中で止まったままなので、御巣鷹山編や会長室編は初めて知るストーリーでした。当然で....
沈まぬ太陽 (愛猫レオンとシネマな毎日)
「白い巨塔」「華麗なる一族」など、数々の長編小説を手掛ける山崎豊子の同名小説の 映画化です。 上映時間は約3時間半の長丁場の映画ですが、途中に10分間のトイレ休憩が入るので 全く苦痛を感じずに見る事が出来ました。 ワタシが見た日は、サービスデーだっ...
映画 沈まぬ太陽 感想 (オタクと呼ばないで)
昨夜、映画「沈まぬ太陽」を見ましたので感想など。昨夜はフジテレビ系でR-1グランプリ、ものまね紅白、TBS系でドラマ「LADY 最後の犯罪プロファイル」が放送されると知り、迷ったのですがこの映画「沈まぬ太陽」を観ることにしました。あと、テレビ朝日系では映画「ドラ...
映画 沈まぬ太陽 (単館系)
国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な生活に耐え、本社復帰を果たすもジャンボ機墜落事故が起き、救援隊として現地に行...
「沈まぬ太陽」 サラリーマン必見 (はらやんの映画徒然草)
上映時間3時間30分、途中休憩あり。 途中休憩がある映画を観たことがあるのは、「