映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

阪急電車

2011年05月15日 | 邦画(11年)
 『阪急電車―片道15分の奇跡―』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。

(1)この映画は、阪急電車(今津線)の沿線の事情をある程度知っている人には、共感を呼ぶところが多々あるでしょうし、大阪に住んで宝塚線の方を利用していたことでもあれば、内容がどんなであっても許してしまうと思われるところ(舞台が、同じくらいの短さの「井の頭線」だったら、通勤でお世話になっているわけですから、クマネズミも文句なしにOKしてしまいます!)、生憎とクマネズミは関西に住んだことが全然ないこともあって、こうした映画の作り方にはあまり共感を覚えませんでした。




 例えば、
a.宮本信子扮するおばあさんの、人生の先の先まですべて見通してしまっている様な態度が気に入りません。というのも、彼女は終戦の年に生まれていますが、その年齢で人はあのように悟りきれるものなのでしょうか(むろん、俳優の実年齢と登場人物の設定年齢とは違うのでしょうが!)?



 マアそれも中谷美紀に対する1回限りのものならば許されるでしょうが(しかし、事情を詳しく知らずに「会社を辞めなさい」とまで言えるのでしょうか?)、復路の電車の中で、騒ぎまくる中年の主婦たちに対するお説教とかは、うんざりといった感じになります(中年過ぎの女性たちがあのように元気ならば、許してやろうではないですか!)。

b.戸田恵梨香と暴力男との話し合いに、戸田の親友が出席するのは分からないでもありませんが(でも、あくまでも個人の話ではないでしょうか?)、その兄貴まで登場し、まして彼が空手をやるというのでは、ご都合主義もいいところではないかな、と思いました。

c.その戸田恵梨果が、今度はずっと年上の南果歩に教訓を垂れるのですから何をか言わんやです。まあ、それを黙って聞く南果歩も南果歩ですが。

d.玉山鉄二有村架純とラブホテルに入ってからの行動は、青年はこうあって欲しいの見本のようなものでしょうし(玉山鉄二も30歳を超えているのに)、また谷村水月勝地涼とがクリスマス・イブの夜に部屋で炬燵に入っているときの様子もエイズ教育の教科書を見ている感じです。

e.ラストで中谷美紀が「悪くないよね、この世界も」と戸田恵梨香に言うのは、この映画から観客へ向けてのメッセージなのでしょうが、そんなものは観客に黙って感じ取らせるべきものであり、こうもあからさまに持ち出されるとゲンナリしてしまいます。

 いうまでもなく、すべてこうであればいいのになということが頗るファンタジックに描かれていて(だからこそ「奇跡」と副題にあるのでしょう!)、決して実際にこういうことがあるというわけではないため、こんなふうにいくら論ってみても無意味でしょう。
 それにしても、そんなことばかり続けて2時間も見せられる方としては堪ったものではない、との感じになってしまうのですが。
 それに、この映画で言われていることの大半は、周りでとやかく批難したりするよりも、本人たちが自ずから気付いて然るべきものであって、この映画のように、周りの者が実際に口にしてしまうと逆効果しか得られないのでは、と却って危惧してしまいます(中年の女性たちは、電車を降りると憤激しています!)。

 それでも、中谷美紀以下の俳優も、それぞれの持ち味をうまく出しているのではと思います。なかでも、谷村美月は、『海炭市叙景』でもそうでしたが、この映画でもその気真面目なところがうまくはまっているなと思います。

 また、全体を「往路」と「復路」の2部構成にし(時期も秋と春を選別し)、8つの駅をそれぞれうまく紹介し(「門戸厄神」とか「小林(おばやし)」といった駅名が注目されます)、よく練られて作られているとは思います。

(2)特に、映画の構成という点からすると、前半は「往路」とされ、宝塚駅から西宮北口駅までの8つの駅に絡んで起こることが、ある意味で問題提起といった形で描かれ、映画の後半の「復路」(西宮北口駅→宝塚駅)における問題解決と対をなすように、大体のところ作られているようです。

 例えば、「往路」では、宮本信子は、犬を飼いたいとねだる孫に対し「犬は飼わないと決めてるの」とニベもなく拒絶しますが、「復路」では彼女はミニチュアダックスを連れています。その間に、彼女の心をほぐす出来事があったようです。
 また、中谷美紀は、「往路」では、自分を捨てた男の結婚式に、タブーとされる純白のドレス姿で出席するところ、「復路」では、彼のいる会社を辞め、住まいも阪急電車沿線に移しています。
 さらに、「往路」では、戸田恵梨香は、暴力男と別れることになかなか踏ん切りがつかないものの、「復路」では、親友らの協力もあり彼とキッパリ別れます(回想シーンながら)。



 勿論、すべてのエピソードがそんなに杓子定規に分けられているものでもなく、例えば、小林駅でのいじめの話は「復路」だけの出来事になっています。
 とはいえ、映画全体としては、「往路」と「復路」とが対をなしている印象を受けました。

(3)そこで、とんでもない方向に飛んでしまい甚だ恐縮ですが、ここにはもしかしたら親鸞の「往相・還相」の考え方が垣間見られるのではないかと思ったところです(注1)。

 例えば、評論家の吉本隆明氏の『最後の親鸞』(春秋社、1976年)では、次のように述べられています。
 親鸞の『歎異抄』の第四条について、「ここには往相浄土だけでなく、還相浄土のことが云われている。念仏によって浄土を志向したものは、仏になって浄土から還ってこなければならない。そのとき相対的な慈悲は、絶対的な慈悲に変容している。なぜなら、往相が自然的な上昇であるのに、還相は自覚的な下降だからである」(P.150:ちくま文庫版、P.145)(注2)。
 なかなか理解するのが難しいのですが、吉本氏は、親鸞の「聖道の慈悲」を「往相浄土」と捉え、「浄土の慈悲」を「還相浄土」と捉えているようです。そうであれば、「往相」とは、親鸞が「ものを不憫におもい、悲しみ、たすけ育ててやること」と述べているのに相当し、「還相」とは、「大慈大悲心をもって思うがまま自在に、衆生をたすけ益すること」に相当するのではないかと思われます(注3)。

 そこで例えば(以下は、曲解に次ぐ曲解ですが)、「往路」では、宮本信子は、犬を飼いたいとの孫の要求を拒否しますが、それは昔の出来事の記憶に基づいてなされた反応ですから、あるいは「往相」かもしれませんし、にもかかわらず、「復路」では彼女は孫の要求を受け入れています。その間に、彼女の亡夫にソックリの青年に出会ったことが彼女の心を大きくほぐしたようですから、「還相」と言ってみてはどうでしょう。

 また例えば、本作品で中谷美紀が、自分を捨てる男に対して、自分を結婚式に出席させるなら許すというのが「往相」で、その男が働く会社を辞め住まいも引っ越してしまうのが「還相」と考えてみたら、あるいは面白いのではないでしょうか(「許す」と言いながらも、結婚式に純白のドレスを来て出席するというのは対決姿勢を見せつけることですから、まだ相手との関係を絶っているわけではありませんが、会社を辞め住まいを換えるとなれば、相手を自分の視野から完全にはずすということになるのではないでしょうか?こうした一連の行動によって、彼女は、一種の悟りの境地に立ったのかもしれません)?

 逆に、宮本信子が、中年女性達に対して真っ向からお説教を垂れるのは、まだまだ俗世から抜け切れておらず、修行が足りないのかもしれません(単に、中年女性を怒らせたに過ぎませんから!)。
 また、中谷美紀が仲間はずれにされた小学生に、「きれいな女は損するようにできている」などと如何にも訳知り顔でご託宣を垂れるのも、マアお門違いでしょう(結局は、仲間はずれの状況は解消されないのですから!)。
 ここでの言葉遣いからすれば、せいぜい「往相」はあるにせよ、「還相」は見られないと言って見たらどうでしょうか?

 とこんなことを言ってしまうと、クマネズミが、この『阪急電車―片道15分の奇跡―』についてイロイロ文句を申し立てていること自体、「往相」にも立ち入れない下衆の戯言にすぎないのでしょう!

 なお、ここで、30年ほど前に出版された吉本氏の著書をわざわざ持ち出しましたのは、ついこの4月に、勢古浩爾氏の『最後の吉本隆明』(筑摩選書)が刊行され、最後の50ページ以上にわたって吉本氏の親鸞論を取り上げていて、それも随分と読ませる内容をもっているなと思えたことがあるからです(注4)。


(注1)親鸞の『教行信証』の教巻冒頭では、「つつしんで浄土真宗を案ずるに、二種の回向あり。一つには往相、二つには還相なり。往相の回向について真実の教行信証あり」と述べられています(岩波文庫版、P.29)。
 また、『親鸞和讃集』では、例えば、「弥陀の廻向成就して/往相還相ふたつなり/これらの廻向によりてこそ/心行ともにえしむなれ」(岩波文庫版、P.99)とあります。

(注2)また、『最後の親鸞』では、次のように述べられているところもあります。「親鸞は、<知>の頂きを極めたところで、かぎりなく<非知>に近づいてゆく還相の<知>をしきりに説いているようにみえる」(P.8:ちくま文庫版、P.17)。

(注3)親鸞の引用は、『歎異抄』の第四条を吉本隆明氏が現代語訳したものによっています。

(注4)例えば、「わたしは、吉本隆明の、生まれて、生きて、老いて、死ぬ、という生涯が最も価値ある生だという言葉は、還りの言葉なのだと考える」が、ただ「それが「還り道」の言葉であり思想だから」、「自分の夢を追って、成功して、家と車を買って、海外旅行もし、家族団欒で、愉しく暮らしたい」という「往きの言葉」に対して、「なんの説得力もない」、と勢古氏が述べているのは、なるほどと思いました(P.302及びP.349)。
 ただ、勢古氏がどんな風に論評するのかなと期待した吉本氏の「主要三部作」について、『言語にとって美とはなにか』に関しては、「この作品のもつ意味がついにわからなかった」(P.183)、また『共同幻想論』は「読んでおもしろいわけではない」(P.192)、それに『心的現象論』は「ちんぷんかんぷん」(P.189)と素通りしていて、その点は残念ですが。


(4)渡まち子氏は、「狭い車内で少しだけ同じ空間を共有し、また別れていく。ライトな距離感が、明るい車窓の風景のように自然と目を和ませる。ありふれた風景がもしかしたら小さなファンタジーにつながっていると思うと、前向きになれる気がしてくるのだ。いい味を出してくれたのは、出番は少ないが、心優しいホテルマンを演じる大杉漣。阪急電鉄の全面協力によるロケのおかげで、車内の風情や沿線の風景がとても丁寧に描かれていて好感が持てる」として55点を与えています。
 福本次郎氏は、「上品だが驕らず、人情豊かだが他人の領域にまでズケズケと踏み込まない、その距離感をわきまえたバラエティに富んだキャラクターが心地よい」し、「様々な世代の人種が交錯するなかで、どこかに観客が共感を持てるポイントをつくり、きちんとオチをつけている脚本が非常に洗練されている。そして悩みをクリアした彼らが次のステップに向かって歩き出す姿が素晴らしい」として70点を付けています。
 前田有一氏は、「登場人物たちはみな、自分など他人に影響を与えることなどない、とるにたらない人間だと思っている。しかし、彼らのささやかな善意が、思いもよらぬ波状効 果でまったく知らない人たちの人生を素晴らしいものに変えてゆく。たとえ平凡でも、誠実に生きることがいかに世の中を良くしているかを描く、この映画は心 強い応援歌である」、「心が弱ってる人に勇気を与える1本としては、現在見渡す限りこれ以上のものはない。今日まで生きててよかった、報われたと感じさせてくれる良作である」と手放しで絶賛し、85点もの高得点を付けています。




★★☆☆☆




象のロケット:阪急電車
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (21)   トラックバック (54)   この記事についてブログを書く
« ブルーバレンタイン | トップ | ミスター・ノーバディ »
最近の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
詰め込みすぎ (KGR)
2011-05-15 16:20:39
本来オムニバスであるべき短編集を、無理やり群像劇にした感がありました。
他にも必然性のない出会いも多く、いくらローカル線とはいえ、偶然にしてはできすぎと思います。
とはいえ、それぞれは丁寧に描かれていると思いますが、やはりエピソードは多すぎで、一つ二つ端折った方がすっきりしました。
もとより「征志とユキの物語」は端折ったんですから、切れないはずはありません。

最後に、皆さんの関西弁はとてもまとも(ほぼ本物)で、中谷美紀にヘタな関西弁をしゃべらせなかったのは好印象でした。
阪急電車のままで (ふじき78)
2011-05-15 23:45:19
私、とても単純に面白く見ました。で、質問なんですが、クマネズミさんはこの映画をどのように変えれば面白い映画に変える事が出来たとお思いなのかをお聞きしたいです。

舞台を井の頭線に変えるというのはなしです。
代案(その1) (クマネズミ)
2011-05-16 06:58:38
「ふじき78」さん、コメントをありがとうございます。
とはいえ、クマネズミはいうまでもなく映画制作者ではありませんから、映画については、専ら受動的に見て批評すべき対象としか捉えていません。ですから、「この映画をどのように変えれば面白い映画に変える事が出来たと思うのか」と具体的に尋ねられても戸惑うばかりです!
それは、自分の小説を酷評する文藝評論家に対して、「あなたは自分の小説をそんなに批判するが、ではどこをどんな風に改めれば良い小説になるのか、実際のところを代案として示してもらいたい」と開き直る小説家と同じことではないでしょうか(「小説」の部分は、「映画」のみならず、「絵画」や「詩」、「音楽」など、様々の分野に置き換えることが出来るでしょう)?
でも、そんなことを言い出してしまったら、そしてそれに従わなくてはならないとしたら、世の評論家は飯の食い上げでしょうし、評論家ならずとも、ブロガーの皆さんの大半も、発表の場を失ってしまうことでしょう!
むしろ、クマネズミは、批評行為は、代案を提示せずとも十分に成立するのではと考えています。というのも、批評行為は、批評の対象を踏み台として行うコミュニケーション手段であって、何かがそれを通じて伝わることの方に意味があると思えるからですが(優れた批評行為であれば、あるいは創造行為と並ぶ何かを伝えることが可能ではないでしょうか)。
ですから、「ふじき78」さんのコメントは、ある意味で“禁じ手”をおっしゃっているのではないか、と思えるところです。
代案(その2) (クマネズミ)
2011-05-16 07:00:10
それに、元々代案と言っても、単なる思いつきでとても映画制作にまで持ち込めそうにないものから始まって、十分に制作に耐えられるものまで、様々なレベルがあり得ます。
そして、前者に近いもの(例えば、「舞台を井の頭線に変える」など)なら冗談として取り扱えますが、そんなものを検討しても時間の無駄でしょうし、逆に後者に近くなれば、そんなシッカリしたものを案出するには、相当の時間と手間が掛かってしまい、金銭的な裏付けなしにはどだい無理と言えるのではないでしょうか?
さらにまた、クマネズミのこの映画についての記事に戻れば、クマネズミとしては、映画がファンタジックなものとして制作されているから「こんなふうにいくら論ってみても無意味」であり、「「往相」にも立ち入れない下衆の戯言にすぎない」と小さな身を一層小さくし、様々の言い訳を差し挟みつつ申し上げているところであって、記事で書き綴った言葉の合間合間から、こんな風な映画であったら良かったのにな、という点がなんとなくそこはかとなくうっすらとでも伝わってくれれば、と思っているところです(映画制作者でない者が、この映画に代わるべき代案を明示的に提示するなど、それこそ身の程も弁えないとんでもない馬鹿げた行為と言われてしまうことでしょう!)。
代案提示の理由 (ふじき78)
2011-05-16 23:00:19
何故、代案の提示を申し出たかと言えば、私のような頭の悪い人間には今一つ、クマネズミさんが何を不満に思っているのかが分からなかったからです。代案が提示されれば、その差異でそれが明確になるのかな、と思いました。

私が文章が分かりづらいと思ったのは前半と後半で文意が分断されているからです。前半のこのような人物造形は現実に存在しえないだろうから不満である、とする点と、「往相・還相」に批准していればもっと素晴らしいのかもしれないとの提案(を言ってるのか言ってないのか、よく分からない)は関連があるのか、関連がないのか、どちらがより優先されるべき視点なのか、そこがよく分からず、この作品を成立させる為にクマネズミさんが最も肝心と考える部分が何であるかを知りたいと思いました。

この文章が随感であるなら、これらは並列してただ書いてある事が違和感ないのですが、批評として書かれているのなら、作品を巡る二つの視点の優位性についてやはり書かれるのが親切なのではないかと思うのですがいかがでしょうか(親切が好きなので)。
文意(その1) (クマネズミ)
2011-05-19 07:38:14
お早うございます。
「ふじき78」さん、大変ご懇切なコメントをいただき、感謝申し上げます。
おっしゃるように、この記事はわかりづらいかも知れません。
その大きな原因はクマネズミの文章のまずさだと思いますが、ただ意図的に文意を韜晦させようともしています。というのも、これだけ世の中の支持を受けている作品(何しろ、滅多にOKを出されない「ふじき78」さんが、「面白く見」たとされているくらいなのです!)に対し、あまり批判的な姿勢を取ると、様々の方々から何を言われるか分かったものではありませんから(不意に“殴られ”もしたら大変です!)(注1)。
とはいえ、この記事の全体の構成は、映画の個々のエピソードの大部分には賛成しがたいが〔(1)で〕(注2)、映画の構造という点(それほど明示的ではないものの、往路と復路とが対比的に描き出されている)では評価できるのではないか〔(2)で〕、というものです。
取り上げるレベルが異なっているので、「前半と後半で文意が分断」と「ふじき78」さんは思われたようですが、両者を合わせてこの記事全体の意図を表そうとしているつもりです。
なお、(3)の親鸞の「往相・還相」に関する部分は、附録の位置付けです〔と言っても、この部分を一番書きたかったのです。というのも、本年1月4日の記事「賀正」でも申し上げましたが、このブログにおいては、映画を見て触発される連想を大事にしたいと考えているところなので〕。

(注1)以前、『ハナミズキ』についての記事(昨年9月19日)に対するコメントで、匿名氏から、「何が言いたいの?「ハナミズキ」に文句言ってんの?」、「反感買うと・・」などと言われたことがあります。

(注2)ブログ「映画のブログ」の該当記事に対してやや長目のコメントを付けましたが、そこでも個別的なエピソードについてクマネズミの抱く問題点を述べています。
文意(その2) (クマネズミ)
2011-05-19 07:39:13
なお、いただいたコメントに、「このような人物造形は現実に存在しえないだろうから不満」とありますが、クマネズミとしては、世の中にこんな人間は「現実に存在しえない」から不満と申し上げているつもりはありません。それは全くの誤解であり、そう言われると困ると思い、わざわざ、この映画では、「すべてこうであればいいのになということが頗るファンタジックに描かれていて、決して実際にこういうことがあるというわけではない」と申し上げて、そのこと自体は認めているのですが(“「こういうことがあるというわけではない」のだから不満だ”、と述べているわけではなく、“こういうことがリアルにあるでしょう”と描かれた映画ではない、と申し上げています)。

またコメントに、「作品を巡る二つの視点の優位性」とありますが、「二つの視点」を記事の(1)と(2)と受け取る場合には、どちらが「優位」かということは考えていません。二つの合わせ技で一本と考えております。

さらにまた、「「往相・還相」に批准していればもっと素晴らしいのかもしれないとの提案」とコメントにありますが(「批准」とあるのは、例えば「準拠」といった意味合いなのでしょうか)、ここも、単に親鸞の「往相・還相」という観点からみれば、例えば宮本信子が犬を飼うに至るエピソードは一定の意味があるとして解釈できるかもしれない、と述べているまでで(一種のお遊びとして)、決して親鸞の「往相・還相」に倣ったエピソードにすべきだとの提案を行っているわけではありません。
文意(その3) (クマネズミ)
2011-05-19 07:44:02
結局のところ、上記のコメントでも申し上げましたように、映画制作者でもない一介の映画鑑賞者に過ぎない者が、映画の企画提案をするなどといったことは、冗談でもない限り考えられないところです(またそんな冗談は、それこそ時間の無駄というものでしょう)。
例えば、今度の福島原発事故に対する政府の対応策がオカシイと批判をするのであれば、批判をするだけではなく対案を示さなければ無責任の誹りを免れないでしょう。民主党は、これまで自民党政権の政策に対して批判ばかりしてきましたから、いざ自分が政権につくと十全な政策を打ち出せないでいるところ、今では自民党もうまい対案を出せなくなっている状況といえるのではないでしょうか(これも床屋談義ですから、こんな岡目八目的なことが言えますが!)?
他方、映画レビューにあっては、それが「随想」であろうが「批評」であろうが、なんであれ対案など一々出さずとも、思ったことを書くというのが原則であり、そしてそのことを通じて書き手の思いの有り様が何かしら伝わればそれで良いのではないのか、と考えているところです。
Unknown (ほし★ママ)
2011-05-24 20:58:00
女性、通勤時間以外によく電車(勿論、阪急電車なら格別に)に乗る
そういう人には、たまらない作品だと思うのですが
(それは、まずは「ワタクシ」なんですが…)
たくさんの小さなストーリーが折り重なって
しかもリンクしていくので、はまれないと、キツイ作品ですよね。

私としては、姦しいおばちゃん軍団もいじめっ子たちにも、何か伝わったと思いたいです。
関西の経験がないもので…… (クマネズミ)
2011-05-24 22:51:02
「ほし★ママ」さん、わざわざコメントをありがとうございます。
ただ、生憎とクマネズミは、「女性、通勤時間以外によく電車に乗る人」に所属していないものですから、とても「たまらない作品」とは思えませんでした。
また、「姦しいおばちゃん軍団」は、終点駅で電車を降りて憤然と闊歩していましたから、宮本信子のお説教は何も伝わらなかったと思いますし、また仲間はずれにされた小学生を中谷美紀が励ましますが、そんな特別なことをすれば、「いじめっ子たち」のいじめが一層エスカレートしないか危惧されるところではないでしょうか?

コメントを投稿

関連するみんなの記事

54 トラックバック

阪急電車 片道15分の奇跡 (LOVE Cinemas 調布)
始点から終点まで僅か15分という阪急今津線を軸に、そこに行き交う人間模様を描き出した心温まるヒューマンドラマだ。原作は有川浩の「阪急電車」。出演は中谷美紀、戸田恵梨香、宮本信子、谷村美月、勝地涼、南果歩といった若手からベテランまで実力派が揃っている。監...
自分の足で歩き出そう!『阪急電車 片道15分の奇跡』 (水曜日のシネマ日記)
始点から終点まで片道15分のローカル線、阪急今津線の電車内を舞台に描かれた群像劇です。
阪急電車 片道15分の奇跡/中谷美紀、戸田恵梨香 (カノンな日々)
有川浩さんの原作小説『阪急電車』をこれが劇場用映画デビュー作となる三宅喜重さんが監督を務め映画化した作品です。原作読者ならわかると思いますが、このお話は同じ電車にたま ...
『阪急電車 片道15分の奇跡』 (こねたみっくす)
阪急電車が紡ぐ女性の強さと優しさの群像劇。 阪急西宮北口駅から宝塚駅までの8駅を舞台に7人の女性と1人の男性の計8名の悲喜劇を描いたこの映画。阪急今津線が舞台と言いな ...
「阪急電車 片道15分の奇跡」 (みんなシネマいいのに!)
 婚約者を後輩に寝取られてしまい、その結婚式に純白のドレスで出席しているOL。 
映画『阪急電車~片道15分の奇跡~』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、三宅喜重。脚本、岡田惠和。原作、有川浩『阪急電車』。主題歌、aiko「ホー
『阪急電車 片道15分の奇跡』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「阪急電車 片道15分の奇跡」□監督 三宅喜重□原作 有川 浩 □脚本 岡田惠和□キャスト 中谷美紀、戸田恵梨香、宮本信子、南果歩、谷村美月、芦田愛菜、勝地 涼、玉山鉄二、小柳 友■鑑賞日 5月1日(日)■劇場 TOHOシネマ...
「阪急電車 片道15分の奇跡」 (てんびんthe LIFE)
「阪急電車 片道15分の奇跡」ユナイテッドシネマ豊洲で観賞 2011-037 玉鉄目当てに行ったのですが、冒頭の中谷美紀ちゃんのウエディングドレス姿で元カレの結婚式に乗り込む衝撃のシーンに心打たれ玉鉄が出るという事をすっかり忘れていました。 玉鉄は鳥肌...
映画 『阪急電車』 を観た (仙丈亭日乘)
武庫川に出現した「生」の文字!
阪急電車 片道15分の奇跡 (Akira's VOICE)
線路は続く。人生も続く。  
ハンカチリレー (僕らのドラマ)
映画【阪急電車 片道15分の奇跡】/関西を離れて一ヶ月経っていた
阪急電車 片道15分の奇跡 (だらだら無気力ブログ)
片道わずか15分の関西ローカル線“阪急電車”を舞台に、そこに乗り合わ せた人々の悲喜こもごもの人間模様を心温まるタッチで綴った有川浩のベスト セラー連作短編集を、中谷美紀、戸田恵梨香はじめ豪華キャストで映画化した ハートフル群像劇。 監督は数々のTVドラマ...
『阪急電車 片道15分の奇跡』 私たちの勧善懲悪 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  こいつは一本取られた。  実在の阪急電車を舞台にした映画『阪急電車 片道15分の奇跡』は、阪急電鉄の多大なる協力を得て制作されている。とうぜん企業イメージを悪くする内容の...
『阪急電車 片道15分の奇跡』('11初鑑賞58・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 4月29日(金・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 12:20の回を鑑賞。
映画「阪急電車 片道15分の奇跡」 (Serendipity !)
  5月2日、ゴールデンウィーク・ムービー第2弾として、話題の映画「阪急電車 片道15分の奇跡」を観た。宝塚~西宮北口間を約15分で走る阪急今津線を舞台にさまざまな人生を描いた有川浩原作の小説の映画化。 片道わずか15分のローカル線で起こる
阪急電車 片道15分の奇跡 (ダイターンクラッシュ!!)
2011年5月3日(火) 19:05~ TOHOシネマズ川崎1 料金:1300円(シネマイレージデー) パンフレット:未確認 『阪急電車 片道15分の奇跡』公式サイト 主役を張る役者が大挙出演。ただし地味な奴多し。 地味に豪華オールスターキャストだ。 一方演出は、監督がテレ...
阪急電車 片道15分の奇跡 (to Heart)
その出会いは 偶然なんかじゃ ……ない 「終着駅は、きっと笑顔。」 上映時間 119分 原作 有川浩『阪急電車』(幻冬舎刊) 脚本 岡田惠和 監督 三宅喜重 音楽 吉俣良 出演 中谷美紀/戸田恵梨香/南果歩/谷村美月/有村架純/高須瑠香/芦田愛菜/小柳友/勝地涼/玉山鉄二/...
□『阪急電車 片道15分の奇跡』□ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:日本映画、三宅喜重監督、中谷美紀、戸田恵梨香、南果歩、玉山鉄二、勝地涼、谷村美月、有村架純、芦田愛菜、小柳友出演。 ≪大阪試写会にて観賞≫
阪急電車 片道15分の奇跡 (ぐ~たらにっき)
せっかく関西先行上映なのでもう少し速く観に行きたかったのですが、 それでもまぁ、全国上映よりは速いタイミングで観に行けたのでよかったです。 というわけで、有川浩さん原作の「阪急電車」観に行きま...
阪急電車 片道15分の奇跡 (やっぱり最終的には自分じゃないの)
ある日、結婚式に出席したOLの翔子(中谷美紀)は、花嫁と見間違えるような純白のドレスで現れ、新郎新婦を唖然とさせる。それは、彼女の復讐だった。会社の同僚でもある婚約者(鈴木亮平)を後輩(安めぐみ)に寝取られた翔子。別れ話を切り出してきた婚約者に出した条件が、...
阪急電車 片道15分の奇跡 (勝手に映画評)
有川浩のベストセラー『阪急電車』の映画化。映画化に際しては、阪急阪神ホールディンググループ全面バックアップ。関西地方では、全国公開に先駆け4/23から先行公開された。 概ね、原作のまま、映像化されたように思いました。もっとも、上映開始直後は、登場人物それぞ...
「阪急電車 片道15分の奇跡」 誰かが見てくれていることの力 (はらやんの映画徒然草)
有川浩さんはこちらで何度も取り上げているように、好きな作家の一人なのですが、なか
試写会「阪急電車-片道15分の奇跡-」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/4/18、大手町の東商ホール。 マスコミが入っており、試写の前にゲスト登壇などイベントがあったが、 それについては別記事で。 *** 阪急今津線、西宮北口~宝塚間の8駅を15分で結ぶローカル線。 沿線には、宝塚歌劇団の宝塚大劇場、宝塚ゴルフクラブ、 阪神...
阪急電車 片道15分の奇跡 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。有川浩原作、三宅喜重監督、中谷美紀、戸田恵梨香、南果歩、谷村美月、有村架純、芦田愛菜、小柳友、勝地涼、玉山鉄二、宮本信子。阪急宝塚駅と西宮北口を往復すると ...
阪急電車 片道15分の奇跡 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
阪急電車 片道15分の奇跡 OFFICIAL FILM BOOK (TOKYO NEWS MOOK 226号)片道15分のローカル線・阪急今津線に乗り合わせた乗客たちの人生がクロスする物語。大きな感動はないが、見終われば少しだ ...
「阪急電車 片道15分の奇跡」 (Con Gas, Sin Hielo)
善き人の苦悩と心なき人の傲慢を乗せて。 子供のころ電車に乗れる生活に憧れていた。特にロングシートの車両。 県営宮城球場の野球観戦に仙台から宮城野原まで乗っただけでも、とてもうれしか った。 そういう意味では、現在の自分は当時の夢を叶えているわけだ。今で...
映画 「阪急電車 片道15分の奇跡」 (ようこそMr.G)
映画 「阪急電車 片道15分の奇跡」
阪急電車 片道15分の奇跡 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
実際に存在する今津線という阪急電鉄の一路線を舞台に、人間関係に悩んでいる登場人物たちが新しい一歩を歩みだすまでを丁寧に描いている。その中で一番存在感を放っているのが宮本信子で、中谷美紀のウェディングドレスを着てふられた婚約者の結婚式に列席するシーンも爽...
『阪急電車 片道15分の奇跡』 (みゆみゆの徒然日記)
 有川浩の原作も読んだのが昨年。すごくステキな物語で一気読みしてしまいました。キュンキュンしたり、心温まるほっこりする物語もそうですが、ピンポイントなツボがあって、お気に入りの本なのです。それが故に映画は期待と不安が入り混じっていました。ちなみに映画鑑...
映画『阪急電車 片道15分の奇跡』劇場鑑賞。 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
半年くらい前に、ネッ友真冬ちゃんの記事で原作を知りました。 すぐに、文庫本を買いに~すでに「映画化」の帯が掛っていて 中
阪急電車片道15分の奇跡 (I LOVE 韓流)
とってもいい映画でした。
「阪急電車 片道15分の奇跡」:(通俗+世話物)×女優 (大江戸時夫の東京温度)
映画『阪急電車 片道15分の奇跡』は、通俗ですけどなかなかツボを心得た娯楽感動作
阪急電車 片道15分の奇跡 (とりあえず、コメントです)
有川浩著の同名小説を映画化した群像ドラマです。 原作は読んでいたので、この物語をどんなふうに映画化するのかなと楽しみにしていました。 多くの人物のほとんどを登場させながら、それぞれにまつわる物語を温かく伝えてくれる作品でした。
阪急電車 片道15分の奇跡(2011-026) (単館系)
有川浩による同名の短編小説集を映画化 兵庫県の宝塚駅から今津駅までを結ぶ阪急今津線は 片道15分 そこで出会う人々のエピソード集かな? 集団おばちゃん連中、うるせー!!と思った。 中谷美紀...
阪急電車 片道15分の奇跡 悪くないよね。この世界も♪ (労組書記長社労士のブログ)
【=23 -6-】 関西は全国より1週間早く封切り、有川浩さんの原作「阪急電車」は読んでない、読まなきゃと思いながら読んでない。 すると映画になった、そりゃー力は入りますよ~、このブログにもブログパーツを初めて使ったり、前売りチケットも余分に買った。 頼みます....
【阪急電車 片道15分の奇跡】 (日々のつぶやき)
監督:三宅喜重 出演:中谷美紀、宮本信子、戸田恵梨香、南果歩  終着駅は、きっと笑顔。 「宝塚駅と西宮北口間を走る阪急今津線、その空間の15分間の中ですれ違う人たち。何も関係ないはずの人たちが少しずつ影響を与え合って重なっていく。 会社の後輩に恋人を
映画『星を追う子ども』 (健康への長い道)
 携帯(au メディアスキン)のバッテリが消耗してきたらしく、少し操作するとあっという間に電源が落ちるようになってしまいました。しかも、この機種は総務省の周波数再編の影響で7月22日以降使えなくなる。  これを機にスマホのIS05に機種変更しようと思って、ヨドバ...
『阪急電車 片道15分の奇跡』・・・人生の機微に触れるとき (SOARのパストラーレ♪)
有川浩の原作がとにかく好きで好きでそれはもう大好きで、これまでに何度読み返したことか。 宮部にしろ伊坂にしろこれほど繰り返し読んだ本は他にない。それだけに原作での主要人物のうち一組のカップルが登場しないと知った時は愕然としたものだが、いざ観終えてみると...
【映画】阪急電車 片道15分の奇跡 (DJAIKO62京都通への道)
管理人より→ご一読ください。 祝日のFM横浜Re:wind、アイコバナシでは「阪
阪急電車 片道15分の奇跡 (2011) 119分 (極私的映画論+α)
 オムニバスならぬ・・・
阪急電車 片道15分の奇跡 (花ごよみ)
宝塚~西宮北口、 阪急今津線という 関西のローカル線内で起こる、 それぞれのドラマが重なりあって、 一つのストーリーが出来上がっています。 有川浩原作の同名小説の映画化です。 出演は中谷美紀、戸田恵梨香、 宮本信子、南果歩、谷村美月、 勝地涼、玉山鉄二、芦....
7→6.阪急電車 片道15分の奇跡 (映画コンサルタント日記)
【4月23・24日】上映スクリーン数: 32関西オープニング土日動員: 4万41
映画「阪急電車 片道15分の奇跡」 (itchy1976の日記)
阪急電車 片道15分の奇跡 ブログ - goo 映画 阪急電車 片道15分の奇跡(映画.com) 映画 『阪急電車』 公式サイト 阪急電車 片道15分の奇跡@ぴあ映画生活 阪急電車 (小説)-Wikipedia 石積みオブジェ「生」、増水で流される 武庫川の中州 記憶の中の「生」再現プロジェク...
[映画] 阪急電車 片道15分の奇跡 (日々の書付)
映画「阪急電車 片道15分の奇跡」を観てきました。 観終わったあと、やさしい気持ちになれる映画です。 阪急電車今津線、片道15分の列車に乗り合わせた、ごく普通の人々に起こった物語。 後輩に彼氏を寝取られた翔子は、別れる条件として結婚式への出席を要求し、花...
阪急電車 片道15分の奇跡 (KATHURA WEST)
阪急電車 片道15分の奇跡 オフィシャルサイト これってどう見ても、阪急のCMフィルムでしょう。 CMを観るのになんでお金がいるの??? 阪急の一番の売りの路線をつかって上手く撮っている。よくできたお話だなぁと思い、この物語の原作者は一体誰だろうかと...
映画鑑賞【阪急電車 片道15分の奇跡】今津線♪ (愛知女子気侭日記)
【原作】 有川浩(高知県生まれ)2003年、「塩の街」。「フリーター、家を買う。」「図書館戦争」他 小説「阪急電車」が生まれたのは、夫と電車で出かけたのがきっかけだったそうです。実際に阪急電車の沿...
[遅ればせながら、映画『阪急電車 片道15分の奇跡』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆見たい見たいと思っていたのだが、近在の映画館では時間が合わない内に公開が終了してしまっていた(見ようとしていた小さな努力のエピソードならばたくさんあるぞ)。  そして、今日は本職もバイトもなく、八王子で公開されているのを知ったので、通常料金+駐車料金...
「阪急電車 片道15分の奇跡」 (俺の明日はどっちだ)
舞台は宝塚から西宮北口までを約15分でつなぐ阪急今津線。そこで乗り合わせた乗客たちのやり切れない思いから生まれる様々な人間模様 ──。 ここには様々な事情を抱えた老若男女が登場する。 婚約者を後輩に寝取られて憤慨し、恨みを晴らそうとするOL。 交際中の男...
「阪急電車 片道15分の奇跡」15分の片道を乗車した先にみたダメ男を切り捨てた2人の女と迷惑おばはんたちを説教した常識おばあさんの... (オールマイティにコメンテート)
「阪急電車 片道15分の奇跡」は阪急電車の片道15分の路線を舞台とした作品で、婚約者に裏切られた女、恋人にDVを受ける女、孫と共に電車に乗って色々なシーンを見るおばあちゃん ...
阪急電車ー片道15分の奇跡ー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
片道わずか15分のローカル電車を舞台に、そこに乗り合わせた人々の悲喜こもごもの人間模様を綴る群像劇。『フリーター、家を買う』の有川浩のベストセラー小説を、これが劇場用映 ...
阪急電車 片道15分の奇跡 (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
「終着駅は、きっと笑顔。」 その出会いは 偶然なんかじゃ ……ない 有川浩のベストセラー連作短編小説集の映画化。関西のローカル...
No.269 阪急電車 片道15分の奇跡 (気ままな映画生活)
【ストーリー】 「フリーター、家を買う。」「図書館戦争」などで知られる人気作家・有川浩の原作小説を映画化。兵庫・宝塚市の宝塚駅から西宮市の今津駅までを結ぶ阪急今津線を ...
阪急電車 片道15分の奇跡 (銀幕大帝α)
11年/日本/119分/ロマンス・ドラマ/劇場公開(2011/04/29) -監督- 三宅喜重 -原作- 有川浩『阪急電車』 -主題歌- aiko『ホーム』 -出演- ◆中谷美紀…高瀬翔子 過去出演作:『嫌われ松子の一生』 ◆戸田恵梨香…森岡ミサ 過去出演作:『アマルフィ 女...
『阪急電車 片道15分の奇跡』 (Lemon Tea のマイブーム)
GW中に録画した映画やドラマを観たのだが 「阪急電車」コレは意外に良かった?。 関西人だけど、阪急電車は滅多に乗らないし 今津線?って感じでよく知らない。 けど勝手に阪急電車に親近感。 それに、映画の雰囲気もまたイイ。 っていうのも、「フリータ...