映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

永遠の僕たち

2012年01月14日 | 洋画(12年)
 『永遠の僕たち』を渋谷のシネマライズで見ました。

(1)本作は、自閉症気味の青年が主人公ですが、実はこれもまた、余命3カ月と宣告された少女を巡る物語でもあります。
 であれば、『50/50』と『私だけのハッピー・エンディング』、それに本作という具合に、短期間のうちに、同じ傾向の作品を3つも見たことになります(注1)!
 なんとなく、幽霊が登場する邦画が流行っているなとの印象を持っていたところ(『東京公園』、『朱花の月』、それに『ステキな金縛り』!)、洋画では「ガン」というわけでしょうか?
 と思いながら見ていたら、この映画には、なんと加瀬亮が、神風特攻隊員の幽霊役で出てくるので驚いてしまいました。

 本作の主人公イーノックヘンリー・ホッパー:近頃亡くなったデニス・ホッパーの息子)は、交通事故で両親を亡くし、その際に自身も、昏睡状態が3か月続き、さらに3分間ほど臨死体験をしています。
 そして、どうもその時に、特攻隊員のヒロシ加瀬亮)に出会ったようなのです(注2)。



 要すればイーノックは、交通事故以来、人とうまくコミュニケーションを持つことができず、昼間は、自身とは無関係の様々な葬儀に列席したりして時間をつぶし(注3)、夜に家に戻ると、部屋にはヒロシが待ち構えていて、一緒にゲーム(注4)などをしたりしています(注5)。

 ソウしたある日、イーノックは、いつものように葬儀に列席していたところ、アナベルミア・ワシコウスカ)という余命3か月の少女(注6)と出会います(注7)。
 イーノックとアナベルとの様々の交流がこの映画の中心となり(注8)、そこにヒロシがまた絡んできて、その存在が彼ら2人をより接近させたりします。
 結局アナベルは亡くなりますが、そしてヒロシがその先導役を買って出るために、イーノックは一人きりで残されてしまうものの、きっとこれからは一人立ちできるに違いありません(注9)。

 この映画には、予告編でも見られるような、自分たちの姿を白墨で形どる場面(殺人事件の現場類似の)など、実に鮮烈な映像が溢れています。



 さらに、イーノックとアナベルが着る衣装がなかなか凝っている点にも注意を払う必要があでしょう(ヒロシは、大部分、特攻隊の制服を着ています)。特に、アナベルに扮するミア・ワシコウスカは、20代前半の若さとすらりとしたスタイルで、どの衣装も実によく似合っていました(注10)。
 また、本作が始まると、ビートルズのアルバム『Let It Be』の冒頭を飾る「Two of Us」が流れます(注11)。

 本作は、実に若々しく瑞々しいヘンリー・ホッパーミア・ワシコウスカ、それにまたもや守備範囲の広さを披露する加瀬亮(注12)、さらに凝った衣装とか音楽、というように見所・聞き所が詰まっていて、見応えある作品に仕上がっていると思いました。

(2)幽霊の姿で登場するヒロシは、1941年に予科練を首席で卒業したと言い、またナポレオンとかリンカーンの幽霊に会ったことがあるとも言います。
 ヒロシの場合、恋人に対する思いを書いた手紙(注13)を仲間に託すことなく死ななくてはならなかったために、現世に対する未練が残っていて、それで幽霊になっているのかもしれません。とすると、ナポレオンの場合は、失意のままセントヘレナ島でヒ素で毒殺されたこと、リンカーンの場合はその2期目就任直後に暗殺されたことから、それぞれまだ現世に未練があって、幽霊の姿になっているとも、もしかしたら考えられます。

 さらに、ヒロシは、特攻隊の制服を着用していたり、イーノックにお辞儀の仕方とか「セップク」の意味などを教えたりと、西欧人が抱いている型どおりの日本人イメージに沿った描き方がされているのは事実です。

 とはいえ、ヒロシは、イーノックとアナベルの距離を縮めるのにも随分と大きな役割を果たします。
 たとえば、イーノックとアナベルとヒロシの3人が水辺でお喋りをしているシーンがあります。



 アナベルにはヒロシの姿は見えませんし、声も聞こえません。ヒロシが何か言うと、イーノックはそれをマイルドに翻訳し直してアナベルに伝えたりして(注14)、ヒロシの怒りを誘ったりしますが、他方でアナルとイーノックの中はより深くなるようです。

 さらにまた、ラストの方でアナベルが臨終近くになると、イーノックは病室を飛び出して一人泣きだし(注15)、自分の家に戻りますが、そこに現れたヒロシは、自分はアナベルの長い旅のお伴をするといって、これまでの戦闘服に代わって、モーニングにシルクハットという正装を身にまとっています。そして、恋人に渡すはずであった手紙を読み上げて、自分のようにならないように早くアナベルのところに戻れと言って姿を消します。たぶん、もう現れることもないのではないでしょうか。

 こうしてみると、ヒロシは本作では脇役的な存在ですが、イーノックやアナベルと同様、かなりしっかりと造形されていると思いました。

(3)映画評論家の評価は随分と高いものがあります。
 樺沢紫苑氏は、「心理学的にも精緻に描かれていて興味深いが、何より切ないラブストーリーとして完成されていて、感動させられる」として90点をつけています。
 青森学氏は、「この作品は登場人物の死を通して生きることの意味を真摯に見つめた秀作である」として85点をつけています。
 渡まち子氏は、「青年の成長物語でもある繊細なラブ・ストーリーで、感動が心に染み入る」として70点をつけています。




(注1)ただ、『50/50』の場合、アダムは、5年後の生存率が50%と宣告されますが、『私だけのハッピー・エンディング』のマーリーについては、余命半年とされ、本作のアナベルの場合には、さらに短くなって3か月とされています。

(注2)イーノックが目覚めると、ベッドにヒロシが座っていたとのこと。

(注3)イーノックは、本当なら高校に通うべき年齢ながら、両親のことをからかった同級生に暴行を加え入院させたことから退学処分となって、いまはどこにも通っていないようです〔彼の面倒をみているメイベル叔母さん(ジェーン・アダムス)が、「高校のパンフレットをベッドの上に置いておいた」と言ったりしています〕

(注4)「battleship」という海戦ゲーム。
 なお、ヒロシは、イーノックに、葬式巡りは止めるべきだと忠告しますが、イーノックは意に介しません。

(注5)主人公のイーノックのこんな有様から、本作の原題が「Restless」(不安で落ち着かない)となっているのでしょうか。

(注6)アナベルは、「ダーウィンの評伝」を熱心に読んでいる女の子で、「人類について偉大なことを言っているから、ダーウィンが好き。アインシュタインなど問題外」と言い、また「腐肉の臭いを遠くから嗅ぎ取る虫で、親虫が幼虫の面倒をみたりするのがいて、とても面白い」などとも話し、鳥とか虫の生態に猛烈に詳しく、実に上手に動物の絵も描きます。
 こうしたアナベルに対して、イーノックは『ビーグル号航海記』を贈ろうと本を持って家に入ると、アナベルが床に倒れているのを発見します(このときは、アナベルが、死んだときの予行演習をしたようなのですが)。

(注7)イーノックが、ある葬儀に列席していて、葬儀社の社員に呼び止められ、疑いをかけられたところを、アナベルが親戚だとして救ってあげたところから、2人は親しくなります。
 アナベルは、最初のうちは、ガンにかかった子供たちの病棟で働いていると言っていましたが、途中で、「実は、自分はそこの患者なの」と打ち明けます。
 また、家には、母親と姉のエリザベスシェイラー・フィスク)がいます(アナベルによれば、父親は「森の番人」だったとのことですが)。

(注8)ハロウィンの夜に、イーノックとアナベルは結ばれ、それ以降2人は、バドミントンをしたり、草原で遊んだり、ボートに乗ったり自転車に乗ったりなど、愉しい時間を一緒に過ごすようになります。

(注9)アナベルの告別式で、イーノックは、アナベルの思い出を皆の前で進んで語ろうとするのですから。

(注10)ハロウィンの夜の仮想に際しては、イーノックは、ヒロシのような特攻隊の戦闘服を着、アナベルは日本の着物を着ています。

(注11)この曲については、例えば、このサイトの解説が分かりやすいと思います。

(注12)加瀬亮は、このところでは、『婚前特急』、『海炭市叙景』、『マザーウォーター』から『アウトレイジ』と、実に幅広い範囲の作品に出演しています

(注13)“上官から、天皇陛下バンザイと言って敵艦に突っ込めと言われたが、自分はあなたの名前を言って死ぬ”といった感じの内容ですが、こうした手紙であれば、仮に出そうとしても、事前の検閲によって相手には渡らなかったのではと思われます。

(注14)例えば、ヒロシがアナベルの服装について、「男みたいな服装だ」というと、イーノックは、「似あっているよ」と通訳してしまいます。
 ただ、逆に、何かの拍子にアナベルが「ナガサキの仇討ち?」と口を滑らしてしまい、それまで知らなかった長崎原爆投下のことを知って、ヒロシはショックを受け、浴槽に沈み込んでいる場面もあります。

(注15)イーノックは、アナベルに、「何かしてあげたい。ガラパゴスへ行くとか、季節を春にするとか」と言いますが、アナベルは、「今で十分、……もうすぐみたいだけど、大丈夫?」と言います。



★★★★☆




象のロケット:永遠の僕たち

コメント (9)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
« 私だけのハッピー・エンディング | トップ | カルテット! »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
正しい間違い (milou)
2012-01-14 09:29:33
昨日見ました。頭のTwo Of Usが終わるところ
からしか見ていないのですがタイトルバック
で何か重要な(?)情報はありましたか?

ガス・ヴァン・サントはあまり好きな監督では
ないし、この作品も僕の中で評価しにくいの
ですが嫌いではないタイプの作品です。
「50/50」(最初だけだが)同様に余命
が少ないと知っても、まったく深刻ぶらず
この映画では3ヶ月は長いからフランス語の
勉強を始められるとか(もちろん内面は計り
知れないが)極めて普通の行動をするとか…

ホラーも含め幽霊の類が登場する作品は好き
なほうですが(「フライトナイト」も楽しめ
ました)、ヒロシがイーノック以外には
見えない存在(イーノックが作り出したもの)
だとすれば本来イーノックが登場しない場面に
ヒロシが登場することはあり得ないはずです。

この映画では、アニーの部屋の窓の外にヒロシ
が立っている場面が一瞬挿入されます。そして
ラスト近くでアニーの叫び声にイーノックが
急いで駆けつけるとヒロシが立っています。
この時点では恐らくアナベルにもヒロシが
見えた(ヒロシの意志で出現)と思えた…
少なくとも台詞によればヒロシはイーノックと
別行動で街を歩いたりするのでイーノックの
幻想ではなくヒロシ自身の意志で好きな場所に
出現できるようです。

ヒロシマではなくナガサキ、ハラキリではなく
セップクだったことに少々驚きましたが、
ハロウィーンの時アナベルが着物を着ますが
当然(?)左前に着ています。
例えば加瀬もいるし(この映画に限らないが)
間違いを正すことは可能なはずです。

しかし言うまでもなく映画が本当の現実を
“正しく”描く必要はありませえん。
西洋では着物はキモノであってガウン代わりに
着るので、極端に言えば逆に着るほうが
“正しい”わけです。

またマイク・リーを引き合いに出しますが
「トプシー・ターヴィー」で登場人物が
la kimono(女性名詞)と言いますが正しくは
le kimono(男性名詞)です。そのことをリーに
問いただすと“それで正しい”と言います。
(よく気づいたなと褒められましたが)
つまり演じられた人物が知らなかっただけと。
そういう答え方は場合によっては言い逃れにしか
なりませんが、例えば登場人物が大阪は日本で
一番大きい町だと言ったとして、見た観客が
それは間違いだと指摘することが逆に間違いと
いうこともあり得るという話です。

もう一つ面白かったのは西洋映画においては
恐らく9割以上が土葬ですが、この作品では
(場面はないが)火葬、そして墓地に異常に
石像(?)が多く、家族数人と犬二匹のピクニック
のような墓石(??)が2回出てきます。
リンカーン? (milou)
2012-01-14 22:04:43
定かではないので、これから見る人にでも確認してほしいのですが台詞ではリンカーンではなくBen Franklin と言ったと思います。

であれば、もちろんベンジャミン・フランクリンのことで間違いではありますが、是非は別として“字幕”としては間違いとは言えません。

日本人にとってはフランクリンを出すより、リンカーンのほうが直感的に理解できるので翻訳者(寺尾次郎)が親切に(?)換えたはずなので…
こういうことは出版翻訳と違い字幕翻訳ではよくあることです。

幽霊のことなど (クマネズミ)
2012-01-15 08:13:33
milouさん、大層貴重なコメントをいただき、誠にありがとうございます。

①映画の導入部分は、うろ覚えながら、イーノックが横になって自分の体型を白墨でかたちどっている→橋、ではなかったでしょうか。

②ヒロシの幽霊については、そうおっしゃられると、色々問題がありそうですね。
確かに、「イーノックの幻想ではなくヒロシ自身の意志で好きな場所に出現できる」としないと解釈出来ない場面がありそうです。
その場合には、幽霊は実在するものの、見える人と見えない人がいる(あるいは、見える時と見えない時がある)ということになるのかもしれません。
ただ、そうだとすると、ヒロシが「ナガサキの原爆」を知らないというのもオカシナ感じです。というのも、特攻で死んで幽霊となってからは、必ずや祖国に戻ってその後の状況を見ているでしょうから(イーノックの幻想としても、その表情からすると、彼はナガサキの出来事を知っているようですから、ヒロシが知らないというのはなおのことオカシナ感じになりますが)。
ですが、そう考えてしまうと、アナベルの「ナガサキの仇討ち」という言葉に、ヒロシが何故それほどショックを受けるのかが分からなくなります(元々、milouさんがおっしゃるように、「ヒロシマではなくナガサキ」をアナベルが持ち出すこと自体、トテモ奇異な感じを受けるところですが)。
あるいは、ヒロシの恋人がナガサキの原爆で死んでしまったのでしょうか(ただその場合には、ヒロシはその恋人の幽霊と一緒にいて、イーノックのところになど出現しないのではないでしょうか)?

また、台詞では「Ben Franklin」 だったのが字幕では「リンカーン」になっているというご指摘は、「翻訳者(寺尾次郎)が親切に(?)換えたはずなの」だから、「是非は別として“字幕”としては間違いとは言え」ないとおっしゃられていますが、気がつかなかったクマネズミの不明を恥じるばかりです。
そして、「フランクリン」の幽霊にヒロシが会ったとすると、おそらく彼は大往生でしょうから、クマネズミのエントリの(2)で申し上げている点を修正する必要があるでしょう。その場合には、どんな人も死後は幽霊になるのでしょうから!
ただそうだとすると、幽霊の数は物凄く膨大になってしまい、いったいヒロシは、どうやってそんな著名人の幽霊に出会えたのかと不思議に思えてしまいますが。

なお、ブログ「Memoirs of dai」には、「主人公のイーノックという名前は間違いなく旧約聖書のエノクからだろう」との指摘があり(http://dai4.blog44.fc2.com/blog-entry-959.html)、その場合には、邦題の「永遠の僕たち」に実に深い意味が込められていることにもなり、翻訳者らの様々な隠れた努力があってはじめて、クマネズミなどは洋画を見ることが出来ているのだな、と分かってきます!

③アナベルが着物を「左前に着てい」るとのご指摘は、いつもながら鋭く、また、マイク・リー監督に関するエピソードも、大変興味深いものがあります。

④「火葬」については、従来土葬が一般的だった韓国では、大都市に場所がなくなってしまったところから、最近火葬が普及し出しているそうで、西欧でもあるいはそういった背景がみられるのかもしれません。
イーノック・アーデン (milou)
2012-01-15 10:22:40
見ていてイーノックと名前ですぐ「イーノック・アーデン」を思い出しましたが読んでないので調べると
何と登場人物はイーノックとアニー、そしてフィリップスという女1人男2人の幼なじみです。

内容的にはまったく関係なさそうですが、読めば関係があるかもしれません。
こじつければフィリップスという音もヒロシに近いとも思えます。

ところで冒頭からチョークの人型ですか…
都合3回。常識的に“死”を連想しますが
まあ象徴的な意味は持たせているでしょうね

永遠の僕たち (映画頭巾)
2012-01-15 12:38:38
東京国際映画祭でやっていたので観にいくかどうか迷っていました。意外にも高評価なので、今度観てみようかと思います。
昨日、「ヒミズ」を観てきました。とてもよかったのですが、個人的にはしっくりこないところも多々あり、(本当に毎回申し訳ありませんが)クマネズミさんに観ていただきたいと思いました。本当に、観なくてもいいので、出来るだけ多くの方に観ていただきたい映画です。すみませんでした。。。
こんばんは (dai)
2012-01-17 00:55:56
結構邦題に対しては首をかしげることも多いのが事実ですが、本作に至っては深い意味が込められているように感じますね。

作品としては3人とも巧く描写されるからこそ、この作品の主題が観る人へ伝わるように感じました。
博識 (クマネズミ)
2012-01-17 05:45:08
milouさん、再度のコメントありがとうございます。
milouさんの博識振りには驚くばかりです。テニスンの「イーノック・アーデン」などマッタク知りませんでしたから!
なお、「detoured」というブログの元旦の記事では、ポーの「アナベル・リー」が取り上げられています(http://d.hatena.ne.jp/detoured/20120101/p1)。
これならまだなんとかなりそうですが、それにしても世の中には博識な方が随分といらっしゃるものです!
ダーウィン (クマネズミ)
2012-01-17 05:53:45
daiさん、TB&コメントをわざわざありがとうございます。
おっしゃるように、この作品では「3人とも巧く描写」されているなと思いましたが、クマネズミとしては、なかでもアナベルがダーウィンの評伝を読みふけっているという設定に、あとからイーサックが持ってくる「ビーグル号航海記」はもちろんのこと、あの実に読みにくい「種の起源」なども読破した後のことかなと想像したりして、いたく興味をそそられました。
偶然の一致 (milou)
2012-01-17 19:17:32
さっそく図書館で「イノック・アーデン」原田宗典訳を借りてきました。ちなみにこの本は“朗読用”で忠実な翻訳は岩波文庫版を見ろ、なんて珍しい訳者の前書きがある。

やはり映画との直接の関連はないようですがイノックが(海の)事故で父親をなくした孤児であるとか、無理に関連を探せばこじつけることは出来ます。
またイノックはアニーと結婚するのですが家族のため長い航海に出て難破し生死不明になり別人のようになって戻るとアニーはフィリップと再婚していてイノックは(幽霊のように?)家族の前には姿を見せず見守りつつ死んでいきます…

さて偶然の一致とはポーの詩は「アナベル・リー」(1849)ですが何と「イノック・アーデン」(1864)もアニー・リーなのです。関係ないがこの映画の医者もDr.Leeです。

なおリンカーンではなくフランクリンだったことも確証が取れました。確かに“小さな親切、大きな迷惑”じゃないが余計なお世話であることは確かですが、まあ僕は今回は(?)大目に見ます。
ただゴダールの作品には多種多様の大量の引用がありますが、(根拠はないがゴダール以後、書物や映画のポスターなどに注釈字幕を出す習慣は個人的には反対です。たとえ作品にとって重要な意味があるとしても翻訳者による解釈の押し売りだからです。嫌味かもしれませんが分かる人だけ分かるべきだと思うので…

コメントを投稿

関連するみんなの記事

40 トラックバック

永遠の僕たち (LOVE Cinemas 調布)
両親の死から立ち直れず、自分も臨死体験をした青年と、脳腫瘍で余命3ヶ月の少女の間の淡く切ない恋愛模様を丁寧に描く。監督は『ミルク』のガス・ヴァン・サント。主演は故デニス・ホッパーの息子ヘンリー・ホッパーと『アリス・イン・ワンダーランド』のミワ・ワシコウ...
「永遠の僕たち」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Restless)透明感あふれる端正な青春映画である。ほとんどの登場人物に“死”がまとわり付いているにもかかわらず、印象に残るのは生きることの尊さと明日への希望だ。ガス・ヴァン・サント監督によるマイナー指向の作品の中では一番納得出来る作品である。 ...
「永遠の僕たち」 (みんなシネマいいのに!)
 交通事故で両親を失い、臨死体験をした少年イーノック。 それ以来、日本人の特攻青
『永遠の僕たち』 (こねたみっくす)
人はどこで生と死の線引きをするのだろうか。 命の終わりだけでは線引きできない「生きている死」と「死んでいない生」。それを臨死体験をした少年、余命3ヶ月の少女、そして特 ...
『永遠の僕たち』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「永遠の僕たち」□監督 ガス・ヴァン・サント □脚本 ジェイソン・リュウ □キャスト ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬 亮■鑑賞日 12月30日(金)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★☆(5★満点、...
永遠の僕たち/ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬亮 (カノンな日々)
とりあえず、何はさておき加瀬亮さん目当てです。予告編での加瀬亮さんの特攻隊員の制服姿がミョーに似合っていたように思えるのは気のせいでしょうか?どうやら幽霊役らしいんで ...
永遠の僕たち~二種類の死 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Restless。ガス・ヴァン・サント監督、ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬亮。元々は舞台劇だったという。同じガス・ヴァン・サント監督作品「パラノイ ...
永遠の僕たち / Restless (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」で証明済み、 思春期のジェネレーションを描かせたら右に出るものなし?のガス・ヴァン・サントが描く、 不治の病に冒された少女と、死に取り憑かれた青年の、 ち....
ガス・ヴァン・サント監督『永遠の僕たち』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、音楽に触れています。ガス・ヴァン・サント監督『永遠の僕たち』原題 : Restless物語・交通事故によって両親を失い、臨死体験をした少年イーノック(ヘンリーホッパー)。高校を中退した後、た
イノセントに生と死を想う『永遠の僕たち』 (Healing )
永遠の僕たち ★★★★4.5 TOHOシネマズ シャンテ、シネマライズほか全国順次公開中 誰もがこんなふうに見送ることができたら… いのちというものをたくさん考えた年にふさわしい1本 故デニス・ホッパーの愛息、ヘンリー・ホッパーと、 『キッズ・オールライト』『アリス...
永遠の僕たち (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Restless - 映画ポスター - 27 x 40みずみずしい感性が光る異色の青春映画「永遠の僕たち」。死がテーマの物語だが最後には生きる希望へと至る。両親を交通事故で失い、自らも臨死体験を ...
永遠の僕たち (ダイターンクラッシュ!!)
2011年12月25日(日) 16:05~ TOHOシネマズ川崎8 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:未確認 『永遠の僕たち』公式サイト ガス・ヴァン・サントの青少年映画は、鬱屈した奴が出てきて、救いの無い終わり方をするという印象を、一方的...
永遠の僕たち (とりあえず、コメントです)
ガス・ヴァン・サント監督が紡ぎあげた繊細なラブストーリーです。 ヘンリー・ホッパーとミア・ワシコウスカのアスファルトに横たわっている写真が印象的で気になっていました。 予想以上にきれいで優しい印象の残る深い愛の物語が繰り広げられていました。
『永遠の僕たち』 ('12初鑑賞3・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 1月3日(火) シネ・リーブル神戸 シネマ3にて 11:35の回を鑑賞。
『永遠の僕たち』 (映画大陸)
 若い頃には死に魅せられることがあると思う。  まだ遠くにあると思っているからこそ興味を持ち、それを覗きこんでみたくもなる。死というものが身近でないからこそ探求したく ...
永遠の僕たち (風に吹かれて)
two of usthree of us か?公式サイト http://www.eien-bokutachi.jp舞台劇“Of Winter and Water Birds”の映画化監督: ガス・ヴァ
~『永遠の僕たち』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:アメリカ映画、ガス・ヴァン・サント監督、ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬亮、シュイラー・フィスク、ジェーン・アダムス出演。
永遠の僕たち (キノ2)
★ネタバレ注意★  今年最後のスクリーンです。  ガス・ヴァン・サント監督。  同監督の『パラノイドバーク』同様、アメリカはポートランドが舞台。ヒロインのファッションと相まって、まるでヨーロッパの街を見るかのようです。  交通事故で両親を失い、自...
映画『永遠の僕たち』@劇場 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
ノーチェックだったのですが、時間がピッタリだったのと 加瀬くんが出ていることを知って、観て参りました。 『永遠の僕たち』
『永遠の僕たち』 (beatitude)
イーノック(ヘンリー・ホッパー)は、自動車事故で両親を亡くして以来、生きることを諦めてしまった少年。見知らぬ人の葬儀に、遺族のふりをして参列することが彼の趣味だった。ある時、いつものように葬儀に参列していると、係員から問い詰められてしまう。窮地を救って...
『永遠の僕たち』 (・*・ etoile ・*・)
'11.12. 27 『永遠の僕たち』@シネマライズ 今年の東京国際映画祭特別招待作品。すごく見たかったのに、時間が合わなくていけなかった・・・ 『宇宙人ポール』見に行った時、シネマライズの前を通りかかりmigちゃんとtomocoさんと見に行くことに決定! 当日、偶然渋谷に...
永遠の僕たち (だめ男のだめブログ)
「永遠の僕たち」 監督 ガス・ヴァン・サント 出演 ヘンリー・ホッパー(イーノック) ミア・ワシコウスカ(アナベル) 加瀬亮(ヒロシ) シュイラー・フィスク(エリザベス) ジェーン・アダムス(メイベル) ルシア・ストラス(レイ...
永遠の僕たち(2011)☆RESTLESS (銅版画制作の日々)
 天国より近くにいる君へ 評価:+8点=78点 フリ―パスポート第三弾はこの作品を鑑賞! 何か微妙な点数になりました。 一番気に入ったのはこの映像かな。淡い雰囲気でちょっとぼんやりしている。時代はいつごろなのかしら? ミア・ワシコウスカのファッションも...
永遠の僕たち (Memoirs_of_dai)
イーノックとエノク 【Story】 交通事故で両親を失い、臨死体験をした少年イーノック(ヘンリー・ホッパー)は、死の世界から来た青年ヒロシ(加瀬亮)という友達がいる。そんなある日、彼は病によっ...
終わりじゃない~『永遠の僕たち』 (真紅のthinkingdays)
 RESTLESS  両親を亡くし、高校をドロップアウトした少年イーノック(ヘンリー・ホッパー) は、ある告別式で透き通るような存在感の少女・アナベル(ミア・ワシコウスカ) と出逢う。 ...
死を感じながら (笑う学生の生活)
4日のことですが、映画「永遠の僕たち」を鑑賞しました。 臨死体験を葬式に参列するのを日常とする少年、病で余命わずかな少女 2人の交流と恋・・・ ストーリーはなんてことないのだが 非常に空気感ができていますね ピュアで繊細な、優しい・・・ 2人の恋、青春劇....
「永遠の僕たち」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
他人の葬式に潜り込む少年なんて、「ハロルドとモード」だな。 あの映画で待っていたのは、八十歳近いおばあさんだけど、こちらは十代の少女。 葬式で知り合った若い恋人たちの物語。 何気なく振り向いたときの、ミア・ワシコウスカのなんとも言えずチャーミングで瑞々....
永遠の僕たち (食はすべての源なり。)
永遠の僕たち ★★★★☆(★4つ) 余命三ヶ月と、臨死体験をした期限付きラブストーリー。 死を死として描き、美化されずよかったと思います。 加瀬さんの英語発音がきれい!と思ったら、帰国子女だったんですね。...
「永遠の僕たち」 消化しきれていない死 (はらやんの映画徒然草)
2012年、最初の作品はこちら、「永遠の僕たち」です。 他のブロガーさんの昨年の
映画:永遠の僕たち Restless「死」に取り付かれた青春映画、ってかなり嫌悪しつつ妙に残るものが、嗚呼... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
「死」にまつわるストーリー展開は、基本パスな私。 なのだけれど、監督がガス・ヴァン・サントなので。 他人の葬式に勝手に参加する少年。 これにからむ女性、そして幽霊(なんと特攻隊員!) この関係性が少しずつ動き出す。 最初は嫌々(笑)観ていた。 のだが、....
[映画『永遠の僕たち』を観た(スマン、短信だ)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これは、激烈な傑作であった。  残業を午後八時までした後、家と逆方向の多摩センターまでレイトショーを観に行き、心に、淡々と、だが大きな感動を、この作品は与えてくれた。    ◇  見知らぬ者の葬式に参列し、雰囲気をそれとなく観察することを趣味としてい...
永遠の僕たち (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「ミルク」のガス・ヴァン・サント監督が、事故で両親を失った孤独な少年とガンで余命いくばくもない少女の交流を繊細なタッチで綴ったラブストーリー。出演は、個性派俳優デニス ...
映画『永遠の僕たち』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-93.永遠の僕たち■原題:Restless■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:90分■字幕:寺尾次郎■観賞日:12月30日、TOHOシネマズシャンテ □監督・製作:ガス・ヴァン・サント□脚本(脚色):ジェイソン・リュウ□撮影監督:ハリス・サヴィデス□編集...
永遠の僕たち (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★余命わずかな女の子との恋物語は日本のドラマなどでもわりとよくある話のように思います。 この映画の面白いところは、人の死に惹かれてしまったという主人公と、その友人のヒロシの存在だと思います。 赤の他人の葬儀に参列するなんて常識では考えられない不謹慎...
永遠の僕たち (いやいやえん)
故デニス・ホッパーの息子のヘンリー・ホッパーさんが主人公。臨死体験をしたせいで彼だけにみえる特攻隊の幽霊の青年ヒロシ(加瀬亮さん)、知らない人の葬式を練り歩いたり、道に倒れた自分の周りに白線を引くなど
永遠の僕たち (新・映画鑑賞★日記・・・)
【RESTLESS】 2011/12/23公開 アメリカ 90分監督:ガス・ヴァン・サント出演:ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬亮、シュイラー・フィスク、ジェーン・アダムス、ルシア・ストラス、チン・ハン 天国より近くにいる君へ 交通事故で両親を失い、自身も臨死....
永遠の僕たち (悠雅的生活)
葬式ゲーム。自然観察者。敬意のお辞儀。
永遠の僕たち (あーうぃ だにぇっと)
永遠の僕たち 7月8日(日)@ギンレイホール 思い起こしてみれば・・・このころから腹痛があった。(笑)
永遠の僕たち (あーうぃ だにぇっと)
永遠の僕たち 7月8日(日)@ギンレイホール 思い起こしてみれば・・・このころから腹痛があった。(笑)
永遠の大鹿村 (Akira's VOICE)
「永遠の僕たち」 「大鹿村騒動記」