映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

マリリン

2012年04月10日 | 洋画(12年)
 『マリリン 7日間の恋』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。

(1)この映画は、原題が「My Week with Marilyn」であり、邦題だとマリリン・モンローが主体の恋物語のように思われてしまうところ、実は「My」とは、マリリン・モンローが出演する映画の助監督コリン・クラークの「My」であり、彼が彼女に恋したお話です(注1)。
 さらに、映画の冒頭に、例によって「a true story」との文字が現れますが、この映画も『マーガレット・サッチャー』と同様、別に彼女の伝記をリアルに描くことが主眼ではないのではないか、むしろある24歳の青年と30歳の女性との恋物語だと受けとめてもいいのではないか、とも思われます。
 そして、そうすることによって、クマネズミのようなマリリン・モンローの映画をホンの少ししか見たことがない者にとっても、この映画を随分と楽しむことが出来ました(もちろん、マリリン・モンローをよく知った上でこの映画を見てもそれはそれで楽しむことができることでしょうが)。

 さて、マリリンは、自分が初めてプロデュースする作品『王子と踊り子』の撮影のために、夫アーサー・ミラーダグレイ・スコット)(注2)と一緒に、本作の舞台となるロンドンに行きます。
 『王子と踊り子』の監督・主演は、舞台で同作品を演じたローレンス・オリヴィエケネス・ブラナー)。
 一方で、資産家で美術史学者の父親の息子ながら映画界入りを志した青年コリン・クラークエディ・レッドメイン)は、その映画の製作に当たり第3助監督(要は雑用係)に採用されます。
 彼は、当初いろいろ失敗をしながらも、衣装係のルーシーエマ・ワトソン)と付き合うようになります。ですが、マリリンの気まぐれな振る舞いに業を煮やしたローレンス・オリヴィエに、もっとマリリンに貼り付くように命じられます(注3)。
 その仕事を通じてマリリンの真の姿を理解するようになったコリン・クラークは、次第にマリリンに対して恋心を抱くようになって(注4)、……といった感じです。

 本作には、コリンとマリリンとの恋愛関係において、二つの山場があるように思いました。
 一つ目は、コリンがマリリンを連れて、ロンドン郊外に小旅行に行ったことでしょう。
 ウィンザー城に行って、ホルバインとかダヴィンチの絵を見たり(注5)、コリンの母校イートン校に行ったり(注6)、そこで2人は裸になって水浴びをしたりします(注7)。
 この旅行は、運転手のロジャーが目を光らせていて、決して二人きりというわけではありませんでしたが、随分と二人の中が接近します。

 二つ目は、マリリンが部屋に閉じこもってしまい、外から戸を叩いても何の反応もしなくなった時です。
 関係者が心配するなか、まるでバルコニーをよじ登るロミオのように(注8)、コリンは立てかけた梯子を登って2階の窓からマリリンの部屋に入っていきます。
 彼は、部屋の外にいる人のために鍵を開けることはせずに、ドアのところから立ち去るように求め、マリリンが目覚めた後、コリンは彼女と二人きりで親密に話をします(注9)。

 こんな経緯もあったにもかかわらず、撮影が終わると、マリリンは夫のアーサ-・ミラーのもとに帰ってしまうのです。
 まあ、コリンが如何に誠実に振る舞おうとも、夫のいるマリリンの恋人でいつまでもいられるはずもありませんが、それにしてもあっけない幕切れでした(注10)!

 マリリンに扮する主演のミシェル・ウィリアムズは、『ブルーバレンタイン』における演技が印象的ですが、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされただけあって、『マーガレット・サッチャー』のメリル・ストリープと遜色ない演技を披露します。



 ただ、本作は、マリリンというより、むしろコリン・クラークが主役のように思えるところがあって、アカデミー賞についてはメリル・ストリープの後塵を拝したのかもしれません。

 そのコリン・クラークを演じるエディ・レッドメインは、第3助監督ながらマリリンと恋に落ちてしまうという役柄を実に瑞々しく演じているなと思います(なお、『ブーリン家の姉妹』(2008年)に出演していたようですが、印象に残っていません)。



 その他には、出番は少ないながら、俳優シビル・ソーンダイクに扮するジュディ・デンチの存在感が際立っているように思いました。彼女は劇中映画『王子と踊り子』に皇太后役で出演するのですが、当初こそナンダこの若い女優はという態度を見せるものの(注11)、次第にオリヴィエとマリリンとの間に入って緊張緩和に努めるという難しい役を上手く演じています。




(2) この映画で興味を惹くのは、本作ではあまり明確に描かれていませんが、マリリンとオリヴィエの演技論の違いです(2人の間の確執は、どうやらそこに原因が求められます)。
 新潮文庫『マリリン・モンロー 7日間の恋』の亀井俊介氏の解説によれば、マリリン・モンローは、リー・ストラスバーグから「メソッド」という演技法を学び、それは「俳優は単に真似するだけでなく、自身の「感情の記憶」を呼び戻してその人物の真実(リアリティ)を再現するように努めること」であり、「つまり俳優とその演じる対象の人物との人格的な融合が求められる」というものだったようです(P.239)。
 そればかりか、この撮影にストラスバーグの妻ポーラゾー・ワナメイカー)が演技指導者として同伴し、撮影現場にも彼女は立ち会ったのです。



 これに対して、ローレンス・オリヴィエの方では、「演技とはある人物の外的な特質を集積して、その人物の人格を表現する入念な「技(テクニック)」にほかならな」いと考えていたようです(同)。



 つまり、「オリヴィエから見れば、「メソッド」なんてちゃんちゃらおかしい自己満足の方法にすぎなかった」わけで(P.240)、これでは撮影現場が混乱するのも当然でしょう(注12)。
 そこで、マリリンには、第3助監督のコリンが自分を助けてくれる“王子様”に見えたのかもしれません。
 また、本作のオリヴィエも、最後にラッシュを見ながら、「演技の勉強をしないでこれだけの演技をするのだから」と感嘆し、「だから不幸なのだ」と言う一方で、「彼女を変えようと試みた私が馬鹿だった」とも嘆きます。
 そして、オリヴィエは、映画監督に2度と携わることなく、演劇に専念するようになります。

 ところで、Wikipediaによれば、上記の「メソッド演技法」は、「アメリカ映画、演劇を担う演劇方法、理論としての役割を確立」する一方で、「イギリスの俳優陣」、すなわちローレンス・オリヴィエのみならず、ピーター・ユスティノフ、ヒュー・グラント、アンソニー・ホプキンスなども同演技法を批判しているようです。

 とすると、イギリス出身のサイモン・カーティス監督やイギリス出身の俳優ばかりの中で、アメリカ生まれのミシェル・ウィリアムズはどのように振る舞ったのでしょうか?
 劇場用パンフレットに掲載された彼女のインタビュー記事では、これまでの「31年間の経験をなんとか繋ぎ合わせて、自分なりの演技法というのを培ってきたのよ。だからそれをどんな手法と呼ぶのか分からないけど、俳優は自分に合ったものを見つけ出せばいいんじゃないかしら」などと述べていますが(注13)。
 そういえば、メリル・ストリープも、『マーガレット・サッチャー』の撮影においてミッシェル・ウィリアムズと同様の状況だったそうですが、彼女の演技法はどんなものなのでしょうか、興味のあるところです。

(3)渡まち子氏は、「ダンスシーンや「王子と踊り子」の演技などでは、マリリンそっくりの動きをみせはするが、ウィリアムズはあえてマリリンの“そっくりさん”になろうとせず、むしろ少女のように傷つきやすい繊細な内面からアプローチし、結果的に素晴らしいマリリンになった」として70点を付けています。
 また、前田有一氏も、「ミシェル・ウィリアムズが往年の大スター、マリリン・モンローを演じて高く評価されたこの映画は、しかしマリリン世代以外の若い人にとっても楽しめるユニークな恋愛ドラマである」などとして70点を付けています。





(注1)映画の原作本を翻訳した新潮文庫『マリリン・モンロー 7日間の恋』(務台夏子訳)に掲載されている亀井俊介氏の解説に従うと、映画『王子と踊り子』に関して、コリン・クラークは2冊の本を書いています。
 すなわち、一つが、1995年の『王子と踊り子と私』という日記(1956年6月3日~11月20日)ですが、「この日記は、9月9日から16日までの8日間が、何のことわりもなく欠落してい」て、その部分を埋めたのが二つ目の『マリリン・モンロー 7日間の恋』(2000年)とのこと(P.242)。
 そして、本作の脚本を書いたエイドリアン・ホッジスへのインタビュー記事も新潮文庫版に掲載されていて、「物語の背景、映画関係の多彩なエピソードは、『王子と踊り子と私』から採用しました。より深い部分、映画後半の核心を成す素材は、『マリリン・モンロー 7日間の恋』からもらっています。今度の映画はまさに、ふたつのアプローチをブレンドした作品なのです」と述べられています。

(注2)映画『脳内ニューヨーク』の序盤で、演出家ケイデン(フィリップ・シーモア・ホフマン)が手掛けたのがアーサー・ミラーの戯曲『セールスマンの死』でした。

(注3)マリリンが、「私をスパイしてるの?」とか「あなたは誰の見方なの?」と言うと、コリンは、「まさか、あなたの味方です」と答えます。

(注4)本作によれば、コリンがマリリンを恋するようになったのは、当初は、見当たらなくなってしまった台本を探しに行ってマリリンの部屋に入った際に、彼女のヌードを目にしたのが直接的なきっかけとなっているように思われます。

(注5)息子の方のハンス・ホルバイン(1497年/98年 - 1543年)は、「大使たち」などの絵画で知られるところ、このサイトによれば、その「サー・ヘンリー・ギルフォード」(1527年)や「サー・トマス・モア」(1526年-1527年)がロンドン・ウィンザー城の「Royal Collection」所蔵とされています。
 また、同サイトによれば、同コレクションには、ダ・ヴィンチの「レダの頭部」(1504年-1506年)などの素描も含まれています。

(注6)コリンは、8歳で寮に入れられたとマリリンに説明します。

(注7)2人が全裸で泳ぐ場所は映画では「池」のように見えましたが、原作では「川」とされています。イートン校は、テムズ川を挟んでウィンザー城の対岸にありますから、二人が飛び込んだのはテムズ川なのでしょう。

(注8)シェイクスピアの戯曲自体にはそうした指示はされていませんが、演出家によっては、ロミオがバルコニーのジュリエットと抱き合う演出も見かけるようです(特に、バレエの場合は、2人が手を携えて踊るパ・ド・ドゥになるようです)。

(注9)マリリンは、母親の写真を見るコリンに対して、「そのあと精神病院に入った」と言い、もう一方の写真を指して「これがリンカーン、本当の父親は分からないから」と言います。
 また、マリリンは、「アーサーは、私のことについて、酷いことを書いていた。私を愛してくれる人は、皆あたしから去っていく。愛しているのはマリリン・モンローとしてだけ。実際のあたしがそれと違うと分かると、去って行ってしまう」などと言います。
 そして、2人は重なったスプーンのようになって眠ってしまいます〔原作小説の解説者の亀井俊介氏も、ここら辺りが「ある意味で本書の山場」だと述べています(P.243)〕。

(注10)マリリンは、アーサーが米国からロンドンに戻ってくると、コリンに「今回の仕事が終わったら、アーサーのいい奥さんになる。私のことは忘れて」と言い、コリンが「こんな狂った世界を捨てるんだ、僕があなたを守る」と言うと、マリリンは、「私と結婚?そんなことはできない、私はこれでハッピー」と答えるのです。
 そして、最後に、「皆さん、私を許して、私は病気なの、でも努力したの」と言って立ち去ります(本作の最後に、マリリンはもう一度コリンのところに現れて、「お別れを言いに来たの、私を忘れないで」と言い、去っていきます)。
 コリンは、再度ルーシーのところに戻って土曜日の予定を尋ねますが、彼女は「心が傷ついたの?いい薬ね」と言い放ちます。果たして二人のヨリは戻るのでしょうか?

(注11)シビル・ソーンダイクは、台詞の言えないマリリンに対して、自分の家にきて一緒に練習をと声をかけるものの、マリリンは忘れてしまいます。でも、それで気を悪くせずに、なにかとマリリンを元気づけたりします。

(注12)マリリンが、場面の状況が理解出来ずに台詞に詰まってしまうと、オリヴィエは、「分かった振りをすればいいのだ」と言い、ポーラも「別のことを考えてみたら」とアドバイスしますが、マリリンは、「そんなことをしたらエルシー(映画『王子と踊り子』のヒロイン)が嘘っぽくなってしまう」と反論し、オリヴィエは怒ってしまいます。

(注13)ミシェル・ウイリアムズのインタビュー記事によれば、撮影に入る前に、彼女は、マリリン・モンローに関する資料を「山ほど」目を通したようです。あるいは、こうしたところが「メソッド演技法」の一つのやり方なのかもしれません。
 ただ、同インタビュー記事の中で、「私とマリリンとの共通点といえば、きちんとした演技の勉強をしてこなかったというところにあると思う」と述べているくだりがあるのはどうしたことでしょう。マリリン・モンローが「メソッド演技法」を勉強したことはよく知られている事実にもかかわらず。




★★★☆☆


追記〕ちょうど本日(4月10日)発売された『文藝春秋』5月号に、「没後50年 発見 M・モンローの未公開メモ」と題した作家・井上篤夫氏のエッセイが掲載され、それによれば彼女は、『王子と踊り子』の撮影のためにロンドンに滞在しているときには、例えば次のようなメモを便箋に残しています。
 「愛する人が私の横で寝ている。/薄暗い光のなか―/男らしい顎が見える/ふと少年時代そのままの/口元に戻っている/そのやわらかさは、/さらにやわらかくなって/その感じやすさがおののいている/……」(P.293)
 ここで言う「愛する人」は夫アーサー・ミラーなのでしょうが、あるいはもしかしたらコリン・クラークなのかも?
 なお、このメモは、アメリカで出版された『Fragments: Poems, Intimate Notes, Letters』(2010/10/12)に掲載されています。






象のロケット:マリリン 7日間の恋

コメント (4)   トラックバック (52)   この記事についてブログを書く
« 処刑山 デッド・スノウ | トップ | スーパー・チューズデー »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2012-04-11 01:08:36
個人的にはメリルも素晴らしいけれど、ミシェルかなと思っています。誰が演じようとも“違う”と言われること必至の役を非常に上手く演じていたと思うんですよね。天性の存在感という部分が良く出ていましたし。
実はこの作品の後、『王子と踊子』を含めて7本ほどマリリンの作品を観ました。面白いです。『王子と踊子』なんて普通にコメディで大爆笑しました。この裏側に本作のようなことがあったとは到底想像つきません。
マリリン・モンローはそのぐらい輝いていたし、愛らしかったです。ローレンス・オリヴィエが彼女に嫉妬するシーンがありましたが、なるほど作品を観るとそれも無理からぬと思えました。でもそれは多分技術論の問題ではないんですよね。もう存在そのものが女優というか。
モンローの映画 (クマネズミ)
2012-04-11 06:12:37
「KLY」さん、TB&コメントをありがとうございます。
「マリリンの作品」が「面白い」と、抜きんでた映画通でいらっしゃるKLYがおっしゃるのでしたら、キットそうなのでしょう、クマネズミも遅ればせながら後を追いかけようと思っているところです(あるいは「メソッド演技法」のなんたるかが分かるかもしれませんし)。
Unknown (Bianca)
2012-12-02 12:25:39
くまねずみさん、こんにちわ。
原作が二冊の本を総合したとのことで、違和感の原因がわかったような気がします。貴方も今までモンローファンでなかったそうですが、私情を挟まず公平に見ようという姿勢とか綿密なレビューに感心しました。
お礼 (クマネズミ)
2012-12-03 05:34:31
Biancaさん、TB&コメントをありがとうございます。
お褒めの言葉をいただき、毎回つまらないことしか書けない者としては汗顔の至りです。
これからもよろしくおつきあいをお願いいたします。

コメントを投稿

関連するみんなの記事

52 トラックバック

マリリン 7日間の恋/My Week with Marilyn (LOVE Cinemas 調布)
現在に至るまでアメリカのセックスシンボル、永遠のアイドルとして輝くマリリン・モンローがイギリスに渡り、名優ローレンス・オリヴィエが監督・主演する映画『王子と踊り子』に出演した時の逸話を描いた作品。主演はミシェル・ウィリアムズ。共演にケネス・ブラナー、エ...
ミシェル・ウィリアムズ主演『マリリン 7日間の恋』(My Week with Marilyn) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。マリリン・モンローが「王子と踊り子」出演のためにイギリスに赴いた際のエピソードを同作のスタッフであったコリン・クラークの原作(books My Week with Mar
マリリン 7日間の恋 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【MY WEEK WITH MARILYN】 2012/03/24公開 イギリス/アメリカ 100分監督:サイモン・カーティス出演:ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、ドミニク・クーパー、ジュリア・オーモンド、ゾーイ・ワナメイカー、ダグレイ・スコット、エマ・...
マリリン 7日間の恋  監督/サイモン・カーティス (西京極 紫の館)
【出演】  ミシェル・ウィリアムズ  ケネス・ブラナー  エディ・レッドメイン 【ストーリー】 1956年、新作映画『王子と踊り子』の撮影のために、マリリン・モンローがイギリスにやってきた。監督&共演は名優ローレンス・オリヴィエ。撮影が始まるが、精神が不安定な...
マリリン 7日間の恋 (映画のメモ帳+α)
原題   MY WEEK WITH MARILYN 監督   サイモン・カーティス 原作   コリン・クラーク 脚色   エイドリアン・ホッジス 撮影   ベン・スミサード 音楽   コンラッド・ポープ 出演   ミシェル・ウィリアムズ ケネス・ブラナー       エデ...
『マリリン7日間の恋』 (ラムの大通り)
(英題:My Week with Marilyn) ----この映画って、 ミシェル・ウィリアムズがマリリン・モンローを演じているんだよね。 「うん。 それほど似ているとは思わなかったけど、 映画の中、つまり劇中劇での彼女は 本物そっくりの表情、しぐさ。 まあ、これで改めて確認した...
マリリン 7日間の恋 (佐藤秀の徒然幻視録)
自己撞着的マリリン・メソッド 公式サイト。原題:My Week with Marilyn。コリン・クラーク原作、サイモン・カーティス監督。ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エディ・レッド ...
マリリン 7日間の恋 (あーうぃ だにぇっと)
マリリン 7日間の恋@一ツ橋ホール
好きにならずにいられない~『マリリン 7日間の恋』 (真紅のthinkingdays)
 MY WEEK WITH MARILYN  1956年。ハリウッドで絶大な人気を博していたマリリン・モンロー(ミシェル・ ウィリアムズ)は、ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督する『王 子...
マリリン 7日間の恋(’11) (Something Impressive(KYOKO?))
先週7日(水)に、有楽町よみうりホールで今月24日公開の「マリリン 7日間の恋」試写会、都合も合ったので、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人(Yamato)さんとご一緒して見てきました。試写会は久方、一昨年夏頃の「借りぐらしのアリエッティ」以来。 ローレン...
マリリン 7日間の恋   MY WEEK WITH MARILYN (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
不世出のセクシー女優マリリン・モンローが1956年英国に渡り、名優ローレンス・オリヴィエと共演する「王子と踊り子」の撮影の裏話を基本にして新人助監督の男性との短い恋を描いた作品だ。コリン・クラークが経験した実話をもとに、マリリン・モンローの孤独感をミシェル...
『マリリン -7日間の恋-』 2012年2月20日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『マリリン -7日間の恋-』 を試写会で鑑賞しました。 色っぽいミシェル・ウィリアムズでしたが・・・ ブルーバレンタインで良い脱ぎっぷりしてたので、 そっちも期待してたりしたけど・・・残念 【ストーリー】  名優ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監...
マリリン 7日間の恋 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(P) マリリン・モンローの年齢を超えたときからファンになりました。
マリリン 7日間の恋/MY WEEK WITH MARILYN (いい加減社長の映画日記)
伝説の美女、マリリン・モンローのプライベートの恋・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1956年、新作映画『王子と踊り子』の撮影のために、マリリン・モンローがイギリスにやってきた。 監督&共演は名優ローレンス・オリヴィエ。 撮影が始まるが、精神が不....
「マリリン 7日間の恋」(Vol.1) (或る日の出来事)
ミシェル・ウィリアムズさんの演じるマリリン。 期待以上に、うまくスクリーンに「マリリン・モンロー」と「ノーマ・ジーン・ベイカー(マリリンの本名)」を刻みつけてくれました。
マリリン 7日間の恋 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
マリリン 7日間の恋(ミシェル・ウィリアムズ主演) [DVD]クチコミを見る世紀の大スター、マリリン・モンローの秘めた恋を描く「マリリン 7日間の恋」。無理にマリリンに似せようとし ...
「マリリン 7日間の恋」:ミシェルもいいけどエマもね (大江戸時夫の東京温度)
映画『マリリン 7日間の恋』に関して、他の方のブログなどを見てみると、みなさん「
マリリン 7日間の恋 (心のままに映画の風景)
1956年、マリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)は、ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督と主演を務める映画の撮影のためロンドンに降り立った。 本作に意欲を見せていたマリリンだ...
マリリン 7日間の恋 / My Week With Marilyn (2度鑑賞) (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click NYで観て来た映画つづき 2012年はマリリン没後50年 ミシェル・ウィリアムズがマリリンになり切った話題作で日本では2012/3月公開。 当時オリヴィエの監督助手を務めていたコリン・クラーク自身による...
*『マリリン 7日間の恋』* ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:イギリス+アメリカ合作映画、サイモン・カーティス監督、ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン出演。
マリリン 7日間の恋 (映画感想メモ)
魅力的過ぎるミシェル版マリリン。 いい加減あらすじ 映画業界に飛び込んだコリンは
映画:マリリン 7日間の恋 My Week with Marilyn これまた「映画愛」に溢れることに驚きつつ しみじみ。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
これまた「映画愛」に溢れている一作で、「アーティスト」「ヒューゴ」といい勝負(笑) 個人的総合評価では、「アーティスト」>「マリリン」>「ヒューゴ」と強力作に割って入る出来だった。 ただ、 「しみじみ度」でいうと、3つの中でトップかも! エンドロールの....
人気者はつらいよ。『マリリン 7日間の恋』 (水曜日のシネマ日記)
マリリン・モンローが『王子と踊子』出演のためにイギリスに赴いた際の知られざるエピソードを描いた作品です。
『マリリン 7日間の恋』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「マリリン 7日間の恋」□監督 サイモン・カーティス □脚本 エイドリアン・ホッジス□キャスト ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エディ・レッドメイン、ドミニク・クーパー、      ジュリア・オーモンド、ゾー・ワナ...
マリリン 7日間の恋 (とりあえず、コメントです)
マリリン・モンローがイギリスで『王子と踊子』を撮影した時期のエピソードを 当時、第三助監督だったコリン・クラークの手記を基に映画化したラブストーリーです。 『王子と踊子』は未見なのですけど、ミシェル・ウィリアムズがマリリンになるってどうだろうなと 気にな...
本気と演技を行ったり来たり『マリリン 7日間の恋』 (Healing )
マリリン 7日間の恋 ★★★★ 今年、没後50年を迎えるマリリンが かつて、ある青年にだけ見せた本当の姿 ローレンス・オリヴィエが監督・主演する映画『王子と踊り子』の撮影のために イギリスを訪れたマリリン・モンロー。 慣れない異国の地での撮影、プレッシャー、 演...
「マリリン7日間の恋」ゆかりの地をたずねて (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
「試写会に行く前にこのDVDを見ておくといいよ」とmigちゃんに薦められて借りて見たのが、マリリンモンロー主演「王子と踊り子」。 そういえば、マリリン・モンローの映画を見たのは初めて☆
『マリリン 7日間の恋』 (My Week with Marilyn) (Mooovingな日々)
サイモンカーティス監督、ミシェルウィリアムズ、ケネスブラナー、エディレッドメイン、ジュリアオーモンド、ダグレイスコット、ドミニククーパー、エマワトソン、ジュディデンチ 1956年ハリウッドの大スターマリリンモンローは、イギリスでローレンスオリヴィエ...
映画 「マリリン 7日間の恋」 (ようこそMr.G)
映画 「マリリン 7日間の恋」
『マリリン 7日間の恋』 (こねたみっくす)
永遠のセックス・シンボル、マリリン・モンロー。その評価は演技下手な三流女優、天性の才能を持つ女優、頭の悪い見てくれだけの女、天真爛漫な笑顔が永遠に魅力的な女性と様々。 ...
マリリン 7日間の恋 (pure\'s movie review)
2011年 アメリカ/イギリス作品 100分 角川映画配給原題:MY WEEK WITH MARILYNSTAFF監督:サイモン・カーティス脚本:エイドリアン・ホッジス 原作:コリン・クラーク『マリリン・モンロー 7日間の恋』CASTミシェル・ウィリアムズ ケネス・ブラナー エディ・レッドメイ...
マリリン 7日間の恋 (to Heart)
メイクを落として、 ヒールを脱いで、 それから―― 秘密の恋におちた。 原題 MY WEEK WITH MARILYN 製作年度 2011年 製作国・地域 イギリス/アメリカ 上映時間 100分 原作 コリン・クラーク『マリリン・モンロー 7日間の恋』(新潮文庫刊) 監督 サイモン・カーティ...
マリリン 7日間の恋・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
伝説に恋した七日間。 今年は、ハリウッドが生んだ永遠のセックスシンボル、マリリン・モンローの没後50年にあたる。 これは、モンローが全盛期を迎えつつあった1956年に製作されたロマンチック・コメディ...
マリリン 7日間の恋 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】マリリンさんと若者が出会って、逃亡し
『マリリン 7日間の恋』 ('12・初鑑賞39・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 3月24日(土) 神戸国際松竹 スクリーン4 にて 16:50の回を鑑賞。
マリリン 7日間の恋 (悠雅的生活)
1956年、ロンドン。『王子と踊り子』
マリリン 7日間の恋(試写会) MY WEEK WITH MARILYN (まてぃの徒然映画+雑記)
アメリカで大ブレイクして、世界中の憧れの的となったマリリン・モンロー、演じるのはミシェル・ウィリアムズ。演劇の本場、イギリスの名優ローレンス・オリヴィエから「王子と踊子」の出演オファーを受けてやってくる。映画業界に入ったばかりのコリン(エディ・レッド....
マリリン 7日間の恋 (Memoirs_of_dai)
コリン 7日間の恋 【Story】 ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督・主演を務める『王子と踊子』の撮影で、ロンドンへと渡ったマリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)。スタッフ...
マリリン 7日間の恋 (そーれりぽーと)
マリリン・モンローの秘められたスキャンダラスな1週間を想像して『マリリン 7日間の恋』を観てきました。 ★★★★ デイム役のデイム・ジュディ・デンチ、役者監督役の役者監督ケネス・ブラナー、超清純女子役のエマ・ワトソン、なんという適材適所な“まま配役”、良...
「マリリン 7日間の恋」 マリリンというキャラクター (はらやんの映画徒然草)
惜しくもオスカーを逃したミシェル・ウィリアムズがマリリン・モンローを演じる「マリ
マリリン 7日間の恋        評価★★★60点 (パピとママ映画のblog)
世界のセックスシンボル、マリリン・モンローが「王子と踊り子」出演のためにイギリスに赴いた際のエピソードを、同作のスタッフであったコリン・クラークの原作を基に映画化したラブロマンス。出演は「ブルーバレンタイン」のミシェル・ウィリアムズ、「パイレーツ・ロッ...
マリリン 7日間の恋 (食はすべての源なり。)
マリリン 7日間の恋 ★★★☆☆(★3つ) 7日間の恋って・・・、男側からみたらだよね。 目の前に全力投球な恋愛体質な人だと、こんな男日常茶飯事じゃなんじゃない?...
映画:マリリン 7日間の恋 My Week with Marilyn これまた「映画愛」に溢れることに驚きつつ しみじみ。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
これまた「映画愛」に溢れている一作で、「アーティスト」「ヒューゴ」といい勝負(笑) 個人的総合評価では、「アーティスト」>「マリリン」>「ヒューゴ」と強力作に割って入る出来だった。 ただ、 「しみじみ度」でいうと、3つの中でトップかも! エンドロールの....
「マリリン 7日間の恋」 (みんなシネマいいのに!)
 世の中には存在そのものがエロい困った女性がいる。 その代表はマリリン・モンロー
マリリン 7日間の恋 (Diarydiary! )
《マリリン 7日間の恋》 2011年 イギリス/アメリカ映画 - 原題 - MY
映画『マリリン 7日間の恋』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
   先月から見たいと思いつつ、なかなか予定が合なかった 『マリリン 7日間の恋』(公式サイト) やっと観る事が出来まし
マリリン 7日間の恋 (ここなつ映画レビュー)
稀代の名女優、20世紀のセックス・シンボル、マリリン・モンローの最盛期の頃のラブロマンスを描いた作品である。映画「王と踊り子」の撮影のためにハリウッドを旅立ち、ロンドンを訪れたマリリン・モンローの撮影時のエピソードを、当時のスタッフであったコリン・ク...
映画『マリリン 7日間の恋』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-34.マリリン 7日間の恋■原題:My Week With Marilyn■製作国・年:アメリカ・イギリス、2011年■上映時間:100分■字幕:戸田奈津子■観賞日:4月29日、角川シネマ有楽町(有楽町)□監督:サイモン・カーティス◆ミシェル・ウィリアムズ(マリリン・モンロ...
マリリン 七日間の恋 (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 1956年。ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)が監督と主演 を務める「王子と踊り子」の撮影で、ハリウッドからロンドンへと 渡ったマリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)。 スタッフから大歓迎を受ける彼女だったが、初の海外撮影による プレッ...
映画「マリリン 7日間の恋」 (しづのをだまき)
2011 英
マリリン 7日間の恋 (Akira's VOICE)
7日といわず永遠に。
映画・マリリン 7日間の恋 (読書と映画とガーデニング)
原題 My week with Marilyn2011年 イギリス、アメリカ 1956年ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)監督主演作品「王子と踊子」の撮影のためハリウッドからロンドンへやってきたマリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)大歓迎を受ける彼女でしたが、...