映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

1911

2011年11月16日 | 洋画(11年)
 『1911』を渋谷TOEIで見ました。

(1)この映画は、『桜田門外ノ変』と類似の歴史物だから、きっと同じ感じになるのではないか、と見る前から危惧していたものです。ただ、大層面白かった『孫文の義士団』の流れがあることや(その映画のラストに、孫文が登場します)、ジャッキー・チェンの100本目記念作品ともPRされていて、それならばと行ってみたところです。

 ですが、事前に抱いた危惧の念は、残念ながら当たってしまいました。
 クマネズミには全然面白くないのです。
 冒頭、武田泰淳の本(注1)でも知られる女性革命家・秋瑾が処刑されるシーンがあって、これはと期待させましたが、『孫文の義士団』から受け継がれたはずの孫文ウィンストン・チャオ)は、本作での登場時間は長いものの、最初から最後まで建前的なことを喋るだけで(注2)、そんなことならわざわざ映画を見るまでもないのでは、と言いたくなってしまいます。



 注目のジャッキー・チェンは、革命軍の軍事的な中心となる黄興に扮し(注3)、広州蜂起など最初のうちは活躍します(注4)。



 ですが、後半になるとどこかに消えてしまい、それではあの戦闘の際に死んだのかと思っていると、後半、なぜか孫文の隣にいたりするのです。



 そして、彼もまた、単純そのものの動きしかしないのです。
 特に、孫文の女性関係は一切触れられず(注5)、ラブ・ロマンスとしては、黄興と徐宗漢リー・ビンビン)の物語があるだけですが、通り一遍の描き方に終始しています。



 こうした平板な感じになってしまうのも、歴史的な人物を描く場合には仕方がないとはいえ、本作の場合、孫文らの革命派の動きだけでなく、清朝の中枢部の動き、それに袁世凱の動きなどをも並行して追っているために、勢い各人物の掘り下げはおざなりになってしまい、建前的で、誰でもよく知っている動きしかしなくなっています。その結果、全体として、新鮮味に乏しく、面白味のないものとなってしまうのでしょう(注6)。

(2)本作のとりえの一つは、チュニジア、エジプト、リビアといった国々で、独裁者を追放して民主制を樹立するという中東革命の嵐があった時期に、こうした帝政を排して共和政を樹立しようとする映画(注7)を見ることは、もしかしたらそれなりの意味があるのでは、と思える点でしょうか?
 でも、革命軍の若者が、最初の広州蜂起に際して随分と死んでしまったことをジャッキー・チェンが悼み、彼らの死体が水中に浮かぶ様が何度も描き出されますが、自分たちの方から清国軍に武力攻撃を仕掛けておいて、とも言いたくなってしまいます(事前に相手側の防備体制と自分たちの武力とを詳細にチェックしたうえで、大丈夫だと判断した上でのことではないかと思えるのですが、にもかかわらず、思いもかけない犠牲が出てしまって黄興らはうろたえているようです。とすれば、自分たちの判断ミスではないでしょうか。まあ、だからこそ、慙愧の念に堪えないのかもしれませんが)。

 それに、孫文らは、革命を成就するにあたり、フランス革命とは違って、清朝の皇帝らを処刑することはないとして、現にラストエンペラーの宣統帝溥儀は、その後満州国皇帝に就いたりしています。
 とはいえ、革命がそんなに綺麗事に終わるはずもなく、どうしても流血は避けられないものと思われます(注8)。一方で、革命軍の方に多数の死者が出ますが、他方で革命軍だって相手側(清国軍だけでなく、アンチ革命軍の者)を多数殺しているに違いありません(具体的なデータを持っているわけではなく、あくまでも推測ですが)(注9)。
 本作が、その面を完全にオミットしてしまっているのも、厚みのない作品になってしまった要因ではないかと思われます。

(3)酷く詰らないことながら、見たのは「吹替え版」ではなく「字幕スーパー」のところ、冒頭、「19世紀末、清王朝は衰退の一途をたどり」云々という解説めいたことが日本語で語られるので、間違って「吹替え版」の方に入ってしまったのかな、と思ってしまいました。
 この解説は、実際のものでは中国語でなされているのでしょうか、それとも日本で上映されるにあたり付け加えられたものなのでしょうか?前者でしたらその「字幕」を流すべきでしょうし、後者でしたら、そんな金魚の糞みたいな無意味な解説など不要だと思われます。

 関連で、本作では、著名人が登場するたびに、その名前や経歴が字幕で左側に映し出されます。それが漢字で示されるために、日本語字幕の一部かとツイツイ見てしまうと、暫くして右側に日本語訳が現れるものの、すぐに消えてしまうため見逃してしまうことになってしまいます。
 むろん、こんなことは観客側でうまく対応すれば済むことではありますが。

(4)渡まち子氏は、「ジャッキー得意のアクションは最小限に抑え、歴史大作にふさわしい重厚な物語に仕上がっている。ついに清朝最後の皇帝・溥儀を退位に追い込み、革命政府が樹立されるのだが、そこまでの道のりにあるのは、数え切れないほどの屍の山。ラストに革命に身を投じた若者たちの笑顔が登場するが、革命とは、多くの尊い命を犠牲にして成し得るものだということを痛切に思い知る」として60点をつけています。
 また、福本次郎氏も、「物語は時代の大きなうねりに呑み込まれた人々の濃厚なドラマにするために、戦場を駆け巡った黄興にスポットを当てる。革命の偉大な成果は、数え切れないほどの無名の兵士や市民の犠牲の上に成り立っていることをあらためて考えさせる作品だった」として60点をつけています。



(注1)『秋風秋雨人を愁殺す 秋瑾女士伝』(筑摩書房、1968年)

(注2)孫文は外国での講演において、「わが国では、人が家畜同様に扱われている。それだからこそ革命を起こさなくてはならない」などと演説をします。

(注3)黄興は、「孫文とともに民国革命の双璧」とされながらも、従来、余り注目されてこなかった人物で、本作がそんな彼に焦点を合わせている点は評価されます。とはいえ、軍事面を専ら担当したためでしょうか、具体的な事績については本作を見ても曖昧なままです。
 ただ、本作では、孫文が大総統の地位を袁世凱に譲ることについて、黄興が、「彼は皇帝になるかもしれない」として反対した場面が描かれています。実際、袁世凱は、1915年に帝政を敷いて中華帝国を宣し、中華帝国大皇帝となっていますから、その予言は当たりました(尤も、袁世凱が皇帝に就いていたのは83日間だけでしたが)。

(注4)黄興は、広州総督府攻撃に失敗した後、とうとう倉庫にまで追い詰められ、そこに清国軍から大砲を撃ち込まれますが、なぜか無事なのです。
 ちなみに、映画の説明によれば、広州蜂起について、一般に72名の犠牲者の遺体が引き取られたとされているところ、実際には86名だったとのこと。
 なお、広州蜂起時に孫文はサンフランシスコにいて、華僑に向かって革命の意義を説明し(「華僑の皆さんが屈辱を受けているのは、国が腐敗しているからだ」など)、募金活動を行っています。

(注5)20歳くらいで結婚して妻がいました(後に結婚する宋慶齢とは、辛亥革命の後に出会っています)。

(注6)本作では、ホーマーという米国人が孫文と親しくなって、金など要らないから革命に参加したいということで、革命軍の軍事顧問となりますが、さて彼がどんな活躍をしたのか何も描かれません。

(注7)本作において、孫文は、17省の代表者で構成される会議で選出されて「臨時大総統」になり、「長い中国の歴史において、初めて共和政が生まれた」などと感慨深げに語ります。
 確かに、それまでの長い中国の歴史において、元首はすべて君主でしたから、画期的なことではあるでしょう。
 とはいえ、孫文は、決して国民の投票によって「大総統」に選ばれているわけではありません。就任の経緯が明らかではなく、権限の明確ではない各省の「代表者」によって、選ばれたにすぎないわけで、はたしてそれで本来的な「共和政」が生まれたことになるのかどうか、疑問なしとしません。

(注8)その後のロシア革命に際しても、時の国王・ニコライ2世らは、レーニンの命によって殺されています。

(注9)いわゆる「赤色テロル」については、本年5月1日の記事の「注4」、及び5月3日の記事の「注3」を参照してください。

★★☆☆☆





象のロケット:1911

コメント (4)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
« サウダーヂ | トップ | ゲーテの恋 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-11-17 11:35:32
こんにちは。コメントありがとうございます。
この作品はある意味とてもアジアらしいのかなと思います。結局の所、当時の先進列強の自国に対する侵略を防ぎたいという若者たちの想いがこうした革命に結びついていますが、それは明治維新と全く同じ構図ですよね。
ただ日本がその後列強の影響を完全排除するのではなく、彼らの良い所は取り入れる方向に進んだのに対して、中国は完全に反対方向へと進んでしまった。結果的にそれは失敗に終わるワケですが。
日本人の私が言うのもなんですが、ここまでして国を守ったのです、それは日本の中国侵略に怒りを覚えるのもむべなるかなと。しかも必死の思いで倒した清朝の宣統帝溥儀が再び皇帝に、それも日本の傀儡でとなれば、到底受け入れられるわけがないというのも解ります。もっともそれを持って未だにウダウダ難癖つけてくるのはただの政治利用でしかないと思いますが。
中国と日本 (クマネズミ)
2011-11-18 06:08:41
KLYさん、TB&コメントをありがとうございます。
歴史の動きをどのように把握するかはなかなか難しくて、簡単には言い切れない感じを持っています(むろん、歴史的事実についてのクマネズミの無知がしからしめるところが大きいでしょうが)。
例えば、清朝末期の中国と幕末の日本が、列強とどのように対応したのかについては、KLYさんのように、対照的に捉えることも出来るでしょうが、また同様に見ることも可能ではないでしょうか?すなわち、中国は、アヘン戦争等の後、対外的に決して強硬路線に突っ走ったわけではないのではないか、逆に日本も、開国した後も薩英戦争や下関戦争を引き起こしたりして、列強の影響を排除しようとしたのではないか、などなど。日本が、その後上手く対応でき、中国が列強の侵略を受け続けたように見えるのも、あるいはもしかしたら地政学的なそれぞれの位置づけによるところも大きいのではないか、などと考えたりしています。
それで、確かに、辛亥革命と明治維新とを、「当時の先進列強の自国に対する侵略を防ぎたいという若者たちの想い」という点から同列に把握することも可能だと思いますが、また単なる権力闘争の一つ(満人支配に対する漢人、徳川支配に対する薩長)とも見ることも出来るのではないでしょうか?
映画はそうした様々な見方を排して、革命を美化するだけなので、頗る平板・単調な仕上がりになってしまっているのではないか、と思いました。
Unknown (魚虎555)
2011-12-03 11:03:35
辛亥革命前後は着目している時代のひとつなので、新少林寺は観に行きました。この映画も気になってはいるものの、どうも評判がいまいちのようで。。
孫文は神格化されてますから下手に描けないのでしょう。神棚に祭り上げるしか手が無い。清朝打倒勢力では、国民党も共産党も、というよりみんな個人で動いたわけですから、蒋介石、孫文、毛沢東、謝恩らいなど最初は仲良かったけど、その後袂を分かつし。宋一族というずっと影響力を駆使した一族がいるし。米国が新中国を支え続けるし。入り組んだ時代ですよねえ。
でもだからこそ映画の題材としては面白い?時代が近いので生々しい?大河ドラマ向け?ひょっとして中華圏ではすでにドラマ化?
孔子は2000年たってようやく映画化しました(笑)。
歴史離れ (クマネズミ)
2011-12-04 07:36:00
「魚虎555」さん、わざわざコメントをありがとうございます。
この映画は、予告編から、ジャッキー・チェンが、辛亥革命に参加した一介の兵士を演じる悲劇が描かれるのかなとも思って見に行ったのですが、実際のところは、孫文に次ぐ黄興に扮しているのですから、全体が鯱ばった感じになってしまうのも仕方がないのでしょう。そこには、“歴史離れ”した斬新な視点の提供ということが感じられませんから、ジャッキー・チェンのファンでもなければ、わざわざ見なくともと思いました。それで、「魚虎555」さんがおっしゃるように、「評判がいまいち」なのかもしれません。
元々、前々世紀の幕末・明治維新の頃も、「入り組んだ時代」で、「映画の題材としては面白」く、何度も「大河ドラマ」になったりしていますが、それらでさえ、中心的な人物(坂本竜馬など)の描き方はどれでも型にはまっているような感じがして敬遠気味です。まして、前世紀の辛亥革命辺りでは、まだまだ面白い映画作りというわけにはいかないのかな、とも思ったりしております(それにしても、『孫文の義士団』は破天荒な映画でした!多分、孫文がホンの少ししか登場しないためなのでしょう。『新少林寺』はいかがでしたでしょうか?)。

コメントを投稿

関連するみんなの記事

32 トラックバック

1911 (LOVE Cinemas 調布)
辛亥革命100周年、そしてジャッキー・チェンの映画出演100本目となる記念作品。欧米列強に国を蝕まれることを憂えて立ち上がった孫文たち革命の闘士たちを描いた歴史大作だ。ジャッキー自身が総監督と共に孫文の右腕・黄興を演じる。共演にウィンストン・チャオ、ジ...
劇場鑑賞「1911」 (日々“是”精進! ver.A)
革命とは・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111050002/ 辛亥革命100年と日本 posted with amazlet at 11.11.02 早稲田出版 売り上げランキング: 343909 Amazon.co.jp で詳細を見る
2011年10月28日 『1911』 朝日ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
今日は、『1911』 を試写会で鑑賞です。 昼間の仕事がハードだったので行けないと思いましたが 何とか早く終わってくれたので、行けましたが・・・ やっぱり、疲れてましたね。 映画もつまらないし、眠かった しかし、朝日ホールは久しぶりな気がしたな・・・やっぱ...
『1911』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「1911」□総監督 ジャッキー・チェン □監督 チャン・リー □キャスト ジャッキー・チェン、ジャン・ウー、ウィンストン・チャオ、リン・ポン、フー・ゴー      ジェイシー・チェン、リー・ビンビン、ユィ・シャオチュン、ジ...
『1911』 (こねたみっくす)
革命、未だ成らず。 辛亥革命100周年に世界を見てきたジャッキー・チェン総監督の愛国心が中国の若者に語る、100年前の若者たちの熱き魂。 世界中の映画ファンよりも現代に生きる中 ...
1911/ジャッキー・チェン、リー・ビンビン (カノンな日々)
ジャッキー・チェンの映画出演100作記念として構想10年、総製作費30億円を投じられたという超大作映画です。中華民国建国のきっかけとなった1911年の辛亥革命前後を舞台に衰退する祖 ...
1911 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
時代のうねりの中で生き、散っていった男たちの物語「1911」。ジャッキー・チェンの記念すべき映画出演100作品目の超大作だ。1911年、中国。欧米列強の脅威にさらされ、清王朝は ...
1911 (花ごよみ)
ジャッキー・チェンの映画出演、 100本目の記念作品。 1911年の辛亥革命からも、 丁度今年で100年。 映画は1911年、辛亥革命を経て、 清王朝から中華民国へと 移行する時代を描いています。 孫文の参謀を務める黄興を、 ジャッキー・チェンが演じます。 ジャッキーの....
革命には尊敬されるリーダーが必要。『1911』 (水曜日のシネマ日記)
中華民国建国のきっかけとなった辛亥革命を描いた作品です。
1911 (だめ男のだめブログ)
「1911」 監督 チャン・リー 出演 ジャッキー・チェン(黄興) リー・ビンビン(徐宗漢) ウィンストン・チャオ(孫文) ジョアン・チェン(隆裕皇太后) ジェイシー・チェン(張振武) フー・ゴー(林覚民) ニン・チン...
1911(字幕版) (新・映画鑑賞★日記・・・)
【辛亥革命/1911】2011/11/05公開 中国 122分総監督:ジャッキー・チェン監督:チャン・リー出演:ジャッキー・チェン、リー・ビンビン、ウィンストン・チャオ、ジョアン・チェン、ジェイシー・チェン、フー・ゴー、ニン・チン、スン・チュン、ジャン・ウー、ユィ・シャ...
1911☆1911年10月10日、辛亥革命。 (☆お気楽♪電影生活☆)
   歴史に残らなかった「命」の物語。
「1911」みた。 (たいむのひとりごと)
1911年の「辛亥革命」前後の激動の中国を描いた映画であり、ジャッキー・チェン映画出演100本目となる映画。中国史として辛亥革命や孫文・袁世凱のところは学校の授業で一度は習っており、少しは知っているつ
『1911』 ('11初鑑賞154・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 11月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:35の回を鑑賞。
「1911」名もなき多くの犠牲の果てに中華民国を建国した辛亥革命の真実 (オールマイティにコメンテート)
「1911」は中国清王朝末期の中国を舞台に民衆を指揮する孫文の参謀である革命軍の黄興が植民地状態の中国を変えるべく打倒清王朝を掲げて中国に変革をもたらしていくストーリーであ ...
「1911」 ジャッキー・チェンの想い (はらやんの映画徒然草)
ジャッキー・チェンの映画出演100作目、かつ辛亥革命100周年を記念して作られた
1911 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
私利私欲のない孫文の言葉に嘘はなく、若者たちがついていく理由がはっきりと描かれている。革命から100年経過しても大陸中国では理想が現実になっていないと考えるのは、深読みしすぎだろうか。日本との関係を描かないで欧米だけとの関係しか登場しないのは、中国国内へ...
「1911」 (みんなシネマいいのに!)
 最初に言っておくと、ジョン・ベルーシが出演しているとか、スピルバーグの初黒星と
『1911』 (だらだら無気力ブログ!)
歴史物が好きな自分としては楽しめたけど・・・。
「1911」記念すべき100作目だけど (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
清朝末期の中国。 王制を倒し中華民国建国のきっかけとなった辛亥革命からちょうど100年。 ジャッキー・チェン100作品目として選んだにしては、ジャッキー自身が控えめで・・・・
1911 (とりあえず、コメントです)
100年前に起きた辛亥革命を描いたジャッキー・チェン100作目の作品です。 最近、この時代の中国を描いた作品が多いなと思って気になっていました。 スクリーンに映し出された戦場の惨さと共に、 私利私欲に走る諸外国や有力者の横顔に何とも言えない気持ちになりました。 ...
「1911」 ジャッキー・チェンの想い (はらやんの映画徒然草)
ジャッキー・チェンの映画出演100作目、かつ辛亥革命100周年を記念して作られた
1911 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
1911年の辛亥革命前後の中国を舞台に、孫文や黄興など革命を巡る人々の生き様を描く。ジャッキー・チェン(「新少林寺/SHAOLIN」)映画出演100作記念として構想10年、総製作費30億円を ...
1911 この映画を見てあらためてなぜ中国はあーなの?と素朴な疑問が・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=60 -10-】 前売り券を買っていたのに、先週は唯一の鑑賞のチャンスを強引に飲みに連れて行かれて潰してしまい、今週も観に行ける日がない、と困っていたが、昨日、波乗りから帰ってきた時間が、ちょうどTOHOシネマズ伊丹の上映時間とぴったんこかんかんっ! 初めてイ...
1911 辛亥革命 (まてぃの徒然映画+雑記)
辛亥革命をジャッキー・チェン成龍が総監督として描く近代史大作。共演は孫文俳優のウィンストン・チャオ趙文宣、リー・ビンビン李冰冰、ジェイシー・チャン房祖名、ユイ・シャオチュン余少群など。 孫文は、黄興(成龍)ら同盟会の仲間とともにマレーシア・ペナン島に....
1911 (そーれりぽーと)
ジャッキー・チェン出演作100作目の記念碑的な作品は、100年を記念して辛亥革命を真面目に描く渾身の一作。 ジャッキーの心が最大にこもった『1911』を観てきました。 ★★★★ 見所は皇太后の居る紫禁城から孫文が駆け回った諸外国まで激動の時代の中国を余すところ無く...
『1911』 世界同時公開にした裏事情? (映画のブログ)
 ジャッキー・チェンが13年ぶりに監督業に復帰してまでやりたかったことはなんだろう?  2011年は辛亥革命から100周年を記念する年である。  この年に、ジャッキー・チェンにとっても記念となる出演映...
1911(辛亥革命) (シネマクマヤコン)
ジャッキー・チェンの100本目の映画とのことです。事前にトレイラーを見て、ジャッ
[映画『1911』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆辛亥革命を『レッドクリフ』のノリで描いた作品である。  ・・・と、言いたいが、『レッドクリフ』には遠く及ばず、けれど、妥協なく作られていたので、部分的に光る箇所もあったかな。  ただ、刀剣から銃火器へ、覇道から政治思想へと映画的な装いが変わり、趣きが...
1911 (hikodj's blog)
1911という映画を観てきたのでその感想。しーんがーいないからねー。辛亥革命の映画でした。100周年記念映画という意味以上のことはなにもない映画でした。
1911 (いやいやえん)
ジャッキー・チェンが100作品目に選んだという事で、かなり気合が入っているように思えます。現在の中国は、少なくとも孫文の目指した中国とはちょっと違うものに思える。そう考えると彼の革命の意義や結果には感慨
1911 (銀幕大帝α)
辛亥革命 1911/11年/中国/122分/歴史劇ドラマ/劇場公開(2011/11/05) -総監督- ジャッキー・チェン -監督- チャン・リー -出演- *ジャッキー・チェン…黄興 過去出演作:『ラスト・ソルジャー』 *リー・ビンビン…徐宗漢 過去出演作:『ドラゴン・キ...