映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

春との旅

2010年06月24日 | 邦画(10年)
 『春との旅』を吉祥寺バウスシアターで見てきました。

 実は、公開直後に同じ映画館に出向いたのですが、同時に「爆音映画祭」を開催していて音漏れがありますなどと言われてしまったので、見るのを遅らせたものです。
 実際のところも、実に静かでしっとりとした作品ですから、音漏れのない環境で見ることができてよかったと思いました。

(1)さて、映画の方ですが、出演者には名だたる俳優が目白押しといった感じで、それだけでも十分に見ごたえがあります。主人公・忠男は仲代達也、その兄弟に大滝秀治と柄本明、姉に淡島千景、弟嫁に田中裕子、忠男の娘の元の夫が香川照之といった豪華メンバー(ほかにも、菅井きん、小林薫、美保純、戸田菜穂)。

 物語は、孫娘・春(徳永えり)と二人で暮らす老いた漁師の忠男が、春の勤め先がなくなってしまうのを機に、自分は身内の誰かに面倒を見てもらう一方で、孫娘は東京に出して独り立ちさせようと決め、二人で身内を訪ねる旅に出ます。
 ですが、どこでも色よい返事はもらえません(注)。
 とうとう娘の元の夫のところまで行きますが、そしてそこでは現在の嫁さん(戸田菜穂)から一緒に暮らしましょうとの申し出を受けるものの、いくらなんでもそれはできないと、また元の家に向かうのでした。ですが、……。

 妻に先立たれ孫娘と二人きりに取り残された老人が、蓄えもなしにこれからどうやって生きていくのか、身内に頼っても、特に今の不景気の時にはいい顔をしてくれず、かといって公的な機関は空きを待つ人が多数、ときたら、いったいどうしたらいいのか、と厳しい現実を突きつけられ暗い気分にさせられます。
 ですが、この映画は、老人をどんなことがあっても面倒を見ようと決意を固める孫娘を配することで、明るい春の希望の光が射してくるようで、実に感動的です。

 主演の仲代達也の演技はいうまでもなく立派なものですが(いつもそのオーバーな演技に辟易してしまうところ、この映画ではあまりそんな感じはしませんでした)、孫娘を演じる徳永えりも、豪華メンバーに押しつぶされることなく実によくやっていると思いました。特に、監督の注文のようですが、とても現代の19歳の女性とは思えないほど、歩き方などに田舎丸出しのダサイ感じを至極上手に出しているのには感心しました。

 勿論、問題がないわけではないでしょう。
 たとえば、旅の途中で、鳴子温泉とか仙台駅前が出てきて、彼ら2人が現在どこにいるのかが観客にようやく理解できるのですが、そこをそれだけ明確にするのであれば、彼らの出発点や途中の地点がどこなのかもはっきりさせるべきではなかったか、と思います。
 むろん、具体的な地名を明らかにしないで描いていく方法もあるでしょう。ただそうならば、仙台駅前のシーンなどない方がすっきりします。
 それに、忠男と春が暮らしてきた北海道の町の具体的な様子は、この物語にとってかなり重要ではないかと思えるにもかかわらず(忠男が元気なころはニシンが獲れたものの、今では小学校が廃校になるくらいに寂れてしまったようです)、ほとんど映画では描かれません。
 そして、その町を離れて二人は身内を訪ね歩きますが、いったいどういう経路でどのくらいの日数をかけて仙台に辿り着いたというのでしょうか?

 また、忠男は左足が悪いとされていて、時々転んだりするものの、その病名は明らかにされません。ただ、民宿で春のいない隙にカップ酒を貪るように飲む様子とか、弟(柄本明)と口論した際に、“足を切って頼ってくるなら面倒は見る”と弟に言われていること、などから糖尿病を患っていて歩行障害の症状が表れているのではと思えるところ、そうだとしたら実際にあれほど歩けるものなのか、特に我が家に帰還できる直前に死んでしまいますが、それほど病状が悪化していたのか、と不思議に思ってしまいます。

 とはいえ、何もかも映画で説明してもらう必要はないわけで(観客が自分で補えばいいのですから)、小林薫は、またずっと横顔しか映らないチョイ役にもかかわらず(クレジットで初めてわかります)、実にうまく演じていますし、さらに香川照之も、忠男の自殺した娘の元夫という難しい役どころをさすがの演技力でこなしているなど、見どころがあちこちに転がっていて、おすぎがいうように「秀作」といえるでしょう。


(注)こうした粗筋から、忠男とその身内との関係を父と3人の息子との関係に置き換えれば、シェイクスピアの『リア王』に基づいて制作された黒澤明監督の『』(1985年)と類似する構図に思い当たることでしょう。それも、『乱』の主役を演じているのが、他ならぬ仲代達也なのですから〔尤も、クマネズミは、映画『乱』が嫌いなのですが〕!

(2)この映画で大層驚いたことは、86歳の淡島千景のすこぶる元気な姿です。



 それも、昔のように背筋をきちんと伸ばし、弟役・仲代達也に向かって実にはっきりと喋るのです(あのようにズケズケ言われたら、誰だって頭が上がりません!)。むろん、昔のような独特の声ではなくなりましたが、旅館を一人で取り仕切っている女将の風情が十分にくみ取れる姿でした(79歳の八千草薫よりも溌剌としている感じでした!)。

 そんなことが気になったのも、逆に主演の仲代達也の方が、まだ78歳でこれからとも言えるにもかかわらず、『老化も進化』(講談社+α新書、2009.6)なる本を出して、「老化」とか「人生も終盤を迎え」などと姦しく、挙句は同書の最終章は「グランドフィナーレの幕が上がる」と銘打ってしまっているからです〔尤も、その言葉は、亡くなった仲代達也の夫人・宮崎恭子氏の手帳の最後のページに書かれていたフレーズに基づくものですが〕(注)。
なにより、この映画で兄・重男を演じている大滝秀治が85歳なのです!


(注)同書の第1章「妻に先立たれるということ」は、1996年に亡くなった仲代氏の夫人のことが綴られていますが、仲代氏の様に、夫が、自分より先に亡くなってしまった妻の思い出を書いたものとしては、最近では、評論家・川本三郎氏の『いまも、君を思う』(新潮社、2010.5)があります〔他にも、西部邁氏の『妻と僕』(飛鳥新社、2008)、古くは江藤淳氏の『妻と私』(文藝春秋、1999)〕。


(3)映画評論家の論評は少ないものの、渡まち子氏は、「家族、失業、高齢化社会。物語からはさまざまな問題が浮び上がるが、祖父と孫という大きな年齢差の二人がコンビを組むことで、どこかトボけた面白味も。自分の過去に向き合い、後悔してもそれを口に出して言えない男の旅は、観客に生きる難しさを教えるものだ。脇役まで実力派俳優が固めていて、決して華やかではないこの作品を陰からサポートしている」として60点をつけています。


★★★★☆



象のロケット:春との旅

コメント (1)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
« マイ・ブラザー | トップ | 書道ガールズ(上) »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (リバー)
2010-06-24 23:22:36
TB ありがとうございます。

豪華キャスト ホント それだけで見ごたえありで
私的には また香川さんがいい役どころで 泣けました

たしかに秀作ですね

コメントを投稿

関連するみんなの記事

33 トラックバック

『春との旅』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督・原作・脚本:小林政広出演:仲代達矢、徳永えり、大滝秀治、菅井きん、小林薫、田中裕子、淡島千景、柄本明、美保純、戸田菜穂、香川照之鑑賞劇場 : CINECITTA公式サイトはこ...
「春との旅」 (しぇんて的風来坊ブログ)
予告編の印象で懸念した事が増幅されたような気分.いかにも感動させようという音楽の使い方があざとい。それで騙された気分になって逆に損してる。老人が足に障害があるのに歩く速度が速い。後の方に耳が悪い人も出てくるが、そんな、障害という要素まで必要以上に散らさ...
映画「春との旅」の小林政弘監督ティーチイン付き試写会に行ってきました♪ (モコモコ雲を探しに♪)
映画「春との旅」の小林政弘監督ティーチイン付き試写会に行ってきました♪ 【題名】      「春との旅」    【出演者】  忠男: 仲代達矢、春: 徳永えり、金本重男: 大滝秀治、金本恵子: 菅井きん、木下: 小林薫、清水愛子: 田中裕子、市...
「春との旅」(小林政広) (モコモコ雲を探しに♪)
{{{     春との旅          小林政広   毎日新聞社    }}} [http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=2592077&pid=878504931&vc_url=http%3A%2F%2Fwww.bk1.jp%2Fproduct%2F03256132 ★「春との旅」は、ビーケーワンで★] [[im...
春との旅 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。小林政広監督、仲代達矢、徳永えり、大滝秀治、淡島千景、柄本明、 香川照之、戸田菜穂、田中裕子、美保純、菅井きん、小林薫。タイトルは忠男(仲代達矢)の孫娘春(徳永えり)との旅であると同時に季節の春の旅がかけられていて、北国の遅咲きの桜も映っている...
『春との旅』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「春との旅」□監督・原作・脚本 小林政広 □キャスト 仲代達矢、徳永えり、大滝秀治、菅井きん、小林 薫、田中裕子、淡島千景、柄本 明、美保 純、戸田菜穂、香川照之■鑑賞日 5月29日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度...
「春との旅」 (prisoner's BLOG)
孫とここ五年間ずっと面倒みてもらっていた老人が、孫が給食係を勤めていた小学校が廃校になり職を失ったのをきっかけに、世話してもらえる相手を探して兄弟の間を渡り歩く。 「東京物語」か、その元ネタである「明日は来らず」を思わせるような話だが、子供の世代をあた...
「春との旅」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
原作、脚本、監督の三つの作業を手掛けた、小林政広監督へ終映後にティーチインの場を設けて頂いた今回の試写会、やはり、映画制作の中心に携わった方の話には、凄く説得力がありま...
春との旅 試写会にいく (なりゆき散策日記)
 メルマガで応募した「春との旅」に当選して銀座の東映本社の試写室にいきました。映画会社だけあって、エレベーター付近には自社作品のポスターなどいっぱい。 作品は仲代達矢氏...
春との旅(’10) (Something Impressive(KYOKO?))
一昨日、虎ノ門ニッショーホールでの「春との旅」試写会に、「いい加減な・・・」ブログのいい加減人さん(Yamatoさん)に誘って頂き、丁度都合も良く行ってきました。これまで小林政広監督作品は8作品見て、最新は昨年の「白夜」。これは、昨年中唯一感想を書き損...
春との旅 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.haru-tabi.com/ 孫娘と二人暮しの老人が、仕事のなくなった孫娘か...
【映画評】<!-- はるとのたび -->春との旅 (未完の映画評)
老いた元漁師が孫娘・春と共に人生最後の居場所を求めて親類縁者を訊ね巡る、人生を見つめる旅路。
『春との旅』 手帳の住所は正しいか? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  観客の年齢層は高かった。  老人が自分の居場所を探す『春との旅』について、読売新聞では「頑固老人と家族の絆」...
春との旅(ティーチ・イン付) (LOVE Cinemas 調布)
『白夜』、『ワカラナイ』の小林政広監督が自身で綴った原作を映画化。足の悪い元漁師の祖父と孫娘が疎遠となっていた祖父の兄弟を訪ね歩く旅を描いた人間ドラマだ。主演は、本作を過去5本の指に入る脚本だと絶賛したという仲代達也と『アキレスと亀』の徳永えり。共演に...
【映画】春との旅 (新!やさぐれ日記)
▼動機 キャストと予告編を見て ▼感想 今年になって初めて映画を観たと思った ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ 足の不自由な元漁師の忠男(仲代達矢)と仕事を失った18歳の孫娘・春(徳永えり)は、忠男の生活の面倒を見てもらおうと疎遠だった親...
春との旅 (to Heart)
ある日、突然── ひとりの老人が家を捨てた。 孫娘、春が あとを追った…。 製作年度 2009年 上映時間 134分 原作 脚本 小林政広 監督 小林政広 出演 仲代達矢/徳...
試写会「春との旅」 (流れ流れて八丈島)
新宿明治安田生命ホールで「春との旅」の試写会を観てきました“家族を見つめ、生きることの素晴らしさを探る人間賛歌の傑作”ということで、かなり大きな期待を持って観させてもら...
春との旅 (笑う学生の生活)
1日のことだが、映画「春との旅」を鑑賞しました。 老人とその孫とのロードムービー 足の不自由な忠男の面倒を見てもらうため 親族を訪ねていくのだが・・・ まさに こころにしみる作品 良い意味で 昔ながらの日本映画といった感じがでてて...
春との旅 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
海外の映画祭でも評価が高い小林政広監督の新作は、祖父と孫が一緒に旅をするロードムービーだ。北海道に住む、元漁師の忠男は、失業したため東京に働きに出ると言う18歳の孫娘・春と共に親族を訪ねる旅に出る。目的は忠男の生活の面倒を見てもらうこと。二人は今まで疎遠...
映画『春との旅』 (健康への長い道)
夜19:00、梅田ブルク7から帰ってきました。雨が激しく降っています。おかげで今日は洗濯できなかった・・・。 Story 北海道、4月。まだ寒さ厳しい中、元漁師の忠男(仲代達矢)は、18歳の孫・春(徳永えり)と共に気の乗らない東北への旅に出ることになる。2人が訪れ...
No560『春との旅』~旅の果てにたどりついた、大切なこと~ (パラパラ映画手帖)
小林政広監督の最新作。 あの仲代達矢がほれ込んだ脚本という。 北海道の漁師だった頑固な老人が、 孫娘の春の失業で、 「お前は東京へ行け、俺は誰か親類の世話になる」ってな感じで、 疎遠だった親類縁者達を順に訪ねていく。 足の不自由...
春との旅・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
頑固爺さんと孫娘の旅を描くロードムービー。 終の棲家を探す淡々とした描写の中に、人間たちの絆と、社会全体の老いという日本社会にのしか...
『春との旅』 (ラムの大通り)
----これって3年連続カンヌ国際映画祭の快挙を果たした 小林政広監督の大作だよね。 「そう。実はぼくは『殺し』がDVDリリースされるとき、 ライナーノーツを書いたことがあって、 そのときに、いろいろ調べたんだけど、 彼は、かつてフォーク歌手としてアルバムも出して...
「春との旅」:亀沢四丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}家庭センターかあ。一緒に暮らすことを兄弟に拒否された老人の相談にも乗ってくれるのかなあ。 {/hiyo_en2/}ここは、子どもに関する相談に乗るところみたいよ。 {/kaeru_en4/}じゃあ、「春との旅」に出てくるような老人は、身の振り方をどこに相談すればい...
春との旅 (試写会) (風に吹かれて)
老後の面倒は誰がみる公式サイト http://haru-tabi.com5月22日公開 原作・脚本・監督: 小林政広まだ寒い、北海道の四月。母の死後、春(徳永えり)は地元の小学校の給食係をして、元漁師
春との旅 (とりあえず、コメントです)
北海道から東北を舞台に、祖父と孫娘の居場所を探す旅を描いた作品です。 チラシの写真がとても印象的で、観てみたいなあと思っていました。 主人公の二人や彼らが訪ねる人々の人生がとても切なく感じる物語でした。
■映画『春との旅』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
仲代達矢、大滝秀治、淡島千景といった日本を代表する往年の名優たちが素晴らしい演技を見せる映画『春との旅』。 死ぬまでの人生を、誰と、どう生きるか…。 高齢化社会となるこれからの日本で、多くの人がこれから体験するであろう問題を、真っ向から描いた力作です...
春との旅 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  足の悪い元漁師の老人と失職した孫娘が、親族を頼って渡り歩く旅を描いたヒューマンドラマであり、まさに大人の味が一杯詰まった映画であった。 キャストは元漁師の老人に仲代達也、孫娘に徳永えり、その他大滝秀治、菅井きん、小林薫、田中裕子、淡島干景、...
春との旅(2009) (かこぶろ。)
試写会に誘っていただきました。 5月22日公開。 ■allcinema 「プレミア試写会プレゼント(監督、出演者による舞台挨拶を予定)」 29日〆切 監督、原作、脚本は小林政広。 EXILE眞木大輔、吉瀬美智子「白夜」、北村一輝、荻野目慶子「完全なる飼育 女理髪師の恋」など過...
春との旅 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
祖父(仲代達矢)と孫娘(徳永えり)が生活に困って北海道の海辺の小屋を捨てて、祖父の姉兄弟を頼って旅をする。孫娘は一人でも生きていけるのだが、祖父には無理だ。無鉄砲な生き方をしてきた祖父は、旅を続けるうちに人生を振り返り安息を得ることができた。ラストシー...
春と忠男と運転士 (Akira's VOICE)
「RAILWAYS(レイルウェイズ)」 「春との旅」 
mini review 11521「春との旅」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
足が不自由な元漁師の祖父と仕事を失った18歳の孫娘が、疎遠だった親族を訪ね歩く旅に出る姿を描いたヒューマンドラマ。『愛の予感』などで国際的にも高い評価を受ける小林政広監督の8年越しの企画となる作品で、高齢者問題を切り口に生きることの意味を問いかける。主演....
映画・春との旅 (読書と映画とガーデニング)
2010年 日本 北海道に暮らす元漁師の忠男(仲代達矢)足が悪く、孫娘の春(徳永エリ)の世話がなくてはならない生活を送っていますところが、春は勤務先の学校が廃校になり失業してしまいます東京へ働きに行く決心をした春と、兄弟の元に身を寄せるために親族を訪ね...