映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

洋菓子店コアンドル

2011年02月26日 | 邦画(11年)
 『洋菓子店コアンドル』を渋谷シネクイントで見てきました。

(1)先だって『ちょんまげぷりん』のDVDを見たばかりで、またしても洋菓子を巡る映画とはゲップが出るかなとは思いましたが、このところ映画館で邦画をあまり見ていないこともあって、マアかまわないかと出かけてきたところです。
 ただ、平日の最終回でしたが、シネクイントは観客が10名足らずで、実に寂しい限りでした。

 さて、この映画では、『ちょんまげぷりん』と同じように映画の中で洋菓子が作られるところ、言うまでもありませんが、シチュエーションは両者でかなり違っています。
 まず、『ちょんまげぷりん』の方は、江戸時代の武士が現代にタイムスリップして、そこで身につけた洋菓子作りの腕前を、また戻った江戸時代で生かすというファンタジー物語ですが、こちらの『洋菓子店コアンドル』では、鹿児島出身の若い女性が、洋菓子店で働くうちに身につけた腕前にさらに磨きをかけるべくアメリカに赴くというストーリーです。
 ですから、前者では菓子作りの腕前はお遊び程度でも全くかまわないのに対して(江戸時代の人々は、洋菓子自体を知らなかったでしょうから。それでも、タイムスリップしてきた武士・木島安兵衛は、コンテストで優勝するのですが)、後者においては、登場人物は遥かに真剣に菓子作りに励みます。
 特に、『ちょんまげぷりん』では、木島安兵衛がレシピを見ながら作ったにすぎない洋菓子を、彼が居候しているともさかりえの家に来た主婦たちは、揃って美味しいと言って食べてしまうのに対して、この作品では、蒼井優(故郷では、父親の洋菓子店を手伝っていました)が自信を持って作ったものが、こんな菓子では売り物にならないから、早く田舎に帰った方がいいと戸田恵子に言われてしまうのです。
 それでも、生来の負けず嫌いの蒼井優は、なんとかパティスリー「コアンドル」の厨房に潜り込むことに成功して、次第に腕を上げていくのです。



 こう見てくると、『洋菓子店コアンドル』は、蒼井優の成長物語と考えることができるでしょう。

 ソウなると、主役の江口洋介はどうなってしまうのでしょうか?



 それがこの映画の問題点だと思えてきます。
 すなわち、クレジット・ロールの上からは、主役は江口洋介なのでしょうが、蒼井優の登場する時間の方がずっと長いように思えます。
 特に、映画では、蒼井優が菓子作りに懸命に努力しているポジティブな様子が何度も映し出されます。他方、江口洋介は、伝説のパティシエ、カリスマ・パティシエとはされていますが、娘を交通事故で失ったことから立ち直れずに、洋菓子店で菓子を作ることはせず、菓子評論家としてウジウジ生活をしているだけの存在、言ってみればネガティブな存在なのです。
 これでは、いくら主役とはいえ希薄な存在感しかなく、画面に出てこないはずです。

 それに、江口洋介は、娘を交通事故で失った際に妻と別れたはずですが、そのことが十分に映画では説明されません。妻の方だって、その影響は甚大なものがあったはずです。にもかかわらず、事故のあった当日、朝出かけるシーンが何度かフラッシュバックとして映し出されるだけで何も状況が明らかにされずに、ラストのシーンとなるのです。
 そのシーンでは、江口洋介がある人にケーキを届けます。これは、蒼井優がニューヨークに留学する際の条件として江口洋介に約束させたことですから、そんないい加減な場面ではないはずです(注1)。
 ですが、遠くから真横で映しているために、江口洋介が、持っているケーキの箱を手渡す人物が誰であるのか、察しの悪い観客にはよくわかりません(江口洋介は名前をインターホンで呼んでいるのですが、はて「マキ」とは誰だっけ?)。

 また、階段から落ちて骨折した戸田恵子は、入院当初様々な指示を出すのですが、結果的には何一つ守られてはいないようなのです。



 すなわち、ラストで晩餐会のシーンがあるところ、これはキャンセルの指示が戸田恵子から明確に出されたのではなかったかしら?
 たとえまだキャンセルされていなかったとしても、その準備に当たって相当の食材が必要と思えるにもかかわらず、厨房は、戸田恵子の指示で、すべて食材を処分した時のままなのではないかしら(注2)?

 後半は様々な場面でキツネにつままれたような感じを受けてしまいますが、まあこの作品は甘いスイーツを巡るお話なのですから甘く受け止め、深く詮索すべきではないのでしょう!

 実質的な主役の蒼井優については、これまでも『Flowers』とか『おとうと』、『百万円と苦虫女』、『フラガール』などを見、また最近も『変身』のDVDを見たばかりですが、なかなかこうととらえるのが難しい多面性を持った女優だな、との感を深くしました。

 江口洋介は、『パーマネント野ばら』で菅野美保の恋人の高校教師を演じていましたが、この映画でも評論家(実はカリスマ・パティシエ)の役であり、こうした知的な雰囲気の役柄に向いているのかもしれません。


(注1)江口洋介は、10年ほど前にパティシエを辞めたということになっていますが、そうだとすると辞める引き金になった事件がその頃に起き、妻と別れたのも同じ頃だと思われます。仮にそうだとすると、10年近くも別居状態が続いていることになり、常識的にはその間に離婚しているものと推測されます。
 ですが、江口洋介は、離婚しているのではと思われる女性の元にケーキを届けるのです。こんなことは余り考えられないのではないでしょうか? 
 また、蒼井優は、何のために江口洋介にそんなことをさせるのでしょうか(また元の鞘に収めようとして?それなら余計なことでは?)?

(注2)食材の粉の入った大きな袋を厨房から運び出すシーンが、映画の中では映し出されていました。


(2)映画の舞台となる洋菓子店(パティスリー)というと、車で井の頭通りを代々木上原から大原交差点の方を目指して進んでいった時に、左側に見える「ル・ポミエ」(Le Pommier:リンゴの木)がすぐに思い浮かびます(通りの向こう側には、北沢中学校があります)。
 シェフのフレデリック・マドレーヌ氏は、ノルマンディー出身、フランスの三ツ星レストランにてシェフパティシエを務めた経歴があり、この店は2005年にオープンし、2009年には麻布十番にも出店しています(奥様は日本人)。
 北沢店は、電車の駅からはやや離れてはいるものの、幹線道路の一つである井の頭通り沿いであり、また店の前には車が3~4台くらい入れる駐車場があって、車で比較的アクセスし易いのがいいと思います。
 この店については、たとえば、ブログ「加納忠幸のワインを飲もうよ」や「スイーツの夢」は高い評価を与えていますが、ブログ「絶え間なき渇望」はそれほど高い評価を与えてはいません。

(3)渡まち子氏は、「物語はいつしか、すれ違った男女のラブストーリーではなく、ケーキ作りの修行に励む若い女性の奮闘記になっていく。そこに、ある事情から“人を幸せにするケーキ”が作れなくなった元天才パティシエの再生物語や、経営危機に追い込まれたコアンドルの起死回生の勝負がからむ」が、「この物語の欠点は、主人公のなつめにケーキ作りの才能があるのかどうかがはっきりしないことと、なつめと、コアンドルの店主や十村との絆を描ききれてない点だ」として50点を与えています。



★★★☆☆




象のロケット:洋菓子店コアンドル
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
« 死なない子供、荒川修作 | トップ | 冷たい熱帯魚 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (maki)
2011-09-22 21:27:50
こんにちは♪

コメントありがとうございました
お察しのとおり、間違った記事からのトラックバック送信でした、誠にすみません
改めましてコアンドルからの記事送信をさせていただきましたので、先のものを削除していただけますでしょうか。

拙ながら…私はおそらく、離婚した妻にケーキを届けたのだと思っています
ケーキがまた作れるようになった=娘を思う彼の再起だといえるのではないかなと。(ただし、作品内では罵倒されて突如復帰というツッコミどころ満載な描かれ方をされてるのがおかしい所ですよね)
お礼 (クマネズミ)
2011-09-22 21:54:07
makiさん、つまらないコメントに早速回答していただき、誠にありがとうございました。
なお、江口洋介がケーキを届けた先が誰かという点については、makiさんがおっしゃるように「離婚した妻」だと考えるのが常識的でしょう。でも、そうだとしたらなんかおかしいところがあるのでは、と思ってエントリにあるようなことを書いてしまいました。重要なシーンなので、もう少し観客に分かるように描いてほしいところです。

コメントを投稿

関連するみんなの記事

27 トラックバック

「洋菓子店コアンドル」 (元・副会長のCinema Days)
 主人公のキャラクター設定が出色だ。観る者にとって良くも悪くも“共感”できる人物像を創造しており、ここを押さえておけば映画も八割方は成功したようなものだ。多少ドラマ運びにモタつきがあってもほとんど気にならない。  本作のヒロインである臼場なつめは、ケ...
『洋菓子店コアンドル』 その配役は逆だろう! (映画のブログ)
 「今さぁ、あんな子がホントにいたら絶対嫌われるよね。」  ずいぶん前のことだが、数人の女性がアニメについて話していたときに、『アタックNo.1』が話題に上った。彼女たちは口々に、『アタックNo.1』...
洋菓子店コアンドル (LOVE Cinemas 調布)
『60歳のラブレター』、『白夜行』の深川栄洋監督が送るヒューマンドラマ。恋人を連れ戻しに鹿児島から上京したケーキ屋の娘・なつめが働くことになったのが洋菓子店コアンドル。そこで伝説のパティシエ十村と出会った彼女は、自分の夢を見つめなおして行く。主演にこれ...
*洋菓子店コアンドル* (Cartouche)
  東京で評判の洋菓子店“パティスリー・コアンドル”の厨房で働いているのは、オーナーでシェフパティシエの依子(戸田恵子)と夫ジュリアン(ネイサン・バーグ)、そしてマリコ(江口のりこ)。時折店を訪れる十村遼太郎(江口洋介)は、製菓専門学校の講師をしなが...
洋菓子店コアンドル (とりあえず、コメントです)
洋菓子店を舞台にした蒼井優さん&江口洋介さん主演のドラマです。 予告編を観た時から、この二人がどんなドラマを創り上げるのだろうと楽しみにしていました。 都会の片隅で起こる小さなドラマの数々が、登場人物たちの人生を感じさせてくれるような作品でした。
洋菓子店コアンドル/蒼井優、江口洋介 (カノンな日々)
先日鑑賞してきたばかりの『白夜行』でも監督を務めた深川栄洋監督がメガホンをとった作品です。恋人を追って上京してきた少女とかつて天才パティシエと呼ばれた男が織りなす自分 ...
『洋菓子店コアンドル』('11初鑑賞23・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆★-- (10段階評価で 5) 2月12日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ3にて 16:50の回を鑑賞。
洋菓子店コアンドル (シネマDVD・映画情報館)
洋菓子店コアンドル スタッフ 監督・脚本: 深川栄洋 キャスト 江口洋介 蒼井優 江口のりこ ネイサン・バーグ 嶋田久作 加賀まりこ 佐々木すみ江 戸田恵子 劇場公開日:2011-2-11
太平洋の奇跡/洋菓子店コアンドル (あーうぃ だにぇっと)
2月11日(金)公開の邦画2本。 “あしたのジョー” は残念ながらゲットできず。 年代的には、“あしたのジョー” 世代なのだが、漫画もテレビのアニメも私は観たことがない。 親に禁止されて見られなかったのだ。 今となっては考えられない? この前、実家でケー...
洋菓子店コアンドル (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
洋菓子店コアンドル オリジナルサウンドトラック芸術的なスイーツが並ぶ人気洋菓子店を舞台に、挫折を乗り越えて再生し、未来へ進む男女を応援するストーリー。繊細で寡黙なキャラ ...
「洋菓子店コアンドル」 直球な女 (はらやんの映画徒然草)
主人公なつめ(蒼井優さん)は思ったことをそのまま口に出し、そして思ったことにまっ
うざキャラ女が鼻に付く。『洋菓子店コアンドル』 (水曜日のシネマ日記)
東京の洋菓子店を舞台に描かれた人間模様です。
洋菓子店コアンドル (シネマ大好き)
 鹿児島からはるばる東京まで、恋人に会いに来たなつめ(蒼井優)。だが、たどり着いた洋菓子店コアンドルを彼はすでに辞めていて、彼女はそこで働きながら彼を探すことに。  一方、かつて世界大会に何度も優勝して名を馳せた十村(江口洋介)は、ある事故が原因で菓子...
「洋菓子店コアンドル」みた。 (たいむのひとりごと)
スイーツ系の作品ではドラマにアニメに映画にもなった よしながふみ原作の『西洋骨董洋菓子店』がとても良く、江口洋介&蒼井優だし、画像のような美味しそうなスイーツを目当て(目の保養)に見ることにしたこの映
『洋菓子店コアンドル』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「洋菓子店コアンドル」□監督・脚本 深川栄洋 □脚本 いながききよたか、前田こうこ□キャスト 江口洋介、蒼井 優、江口のりこ、ネイサン・バーグ、嶋田久作、加賀まりこ、佐々木すみ江、戸田恵子■鑑賞日 2月12日(土)...
映画『洋菓子店コアンドル』劇場鑑賞。 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
私は、ひねくれ物だと痛感したのが『半分の月がのぼる空』 一緒に観た友だち共々、早々に監督の仕掛けに気づいてしまって 後半
江口洋介は… (美容師は見た…)
寡黙で魅せる役の方が好きだな~って、今回の映画を観ながら改めて感じてました。ドラマ『スクール』が始まったところなので、熱血校長先生役を思い出しながら。『ひとつ屋根の下』でも熱かった~!遠い昔まで蘇るわ。。。この映画、『洋菓子店コアンドル』のことは全く知...
洋菓子店コアンドル (うろうろ日記)
試写会で見ました。鹿児島から彼氏を追って東京に来た蒼井優ちゃんが、東京に居座り、
洋菓子店コアンドル☆独り言 (黒猫のうたた寝)
甘いもの好きなら、タイトルで反応しちゃいます(笑)江口洋介と蒼井優の出演に監督が深川栄洋・・・あ、反応指数が上がった^^;最近、ほんとに深川監督作品が公開されてますね。ちょっとうれしい気がします。(撮り方好きなんだもん)洋菓子店コアンドルにいきなりやって...
洋菓子店コアンドル (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
東京の洋菓子店を舞台に、スイーツを通して出会った人々の挫折と再生を描く物語。監督は「半分の月がのぼる空」の深川栄洋。出演は「パーマネント野ばら」の江口洋介、「雷桜」の ...
『洋菓子店コアンドル』 (Cinema + Sweets = ∞)
1/26に一ツ橋ホールで、江口洋介・蒼井優共演の『洋菓子店コアンドル』の試写会を観てきました。 スイーツが盛り込まれた映画ってことで、まさに自分向きw。 ******************** 東京の洋菓子店を舞台に、伝説のパティシエと上京したてのケーキ屋の娘が、人生の...
『洋菓子店コアンドル』舞台挨拶@新宿バルト9 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
基本、キャストを見られなきゃ映画を見ない人(爆)2/12、朝から雪の降りしきる中を出掛けた今回の舞台挨拶は、『洋菓子店コアンドル』。会場は新宿バルト9。エレベーターもラッピ ...
甘い美味しい洋菓子が食べたいのねん (bonzzのブログ)
今すぐ食べたい
洋菓子店コアンドル (いやいやえん)
江口洋介さん、蒼井優さん共演。嶋田久作さんがでてましたよーちらっと。 お菓子って美味しくて人を幸せにする力があるよね、絶対。そういう私は洋菓子じゃなくておせんべ食べながらこれを見てますが…コアンドルのそれぞれのケーキがまた実に美味しそう。 ズボンに...
白夜コアンドル (Akira's VOICE)
「白夜行」 「洋菓子店コアンドル」 
洋菓子店コアンドル(2011-012) (単館系)
『60歳のラブレター』、『白夜行』の深川栄洋監督が送るヒューマンドラマ。恋人を連れ戻しに鹿児島から上京したケーキ屋の娘・なつめが働くことになったのが洋菓子店コアンドル。そこで伝説のパティシエ十村...
洋菓子店 コアンドル : 美味しいケーキ食べると幸せになれるよね (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 今日のサッカー日本代表やってくれました。元祖もってる男本田圭佑、ハットトリックさすがです。では、本日紹介する作品はこちらになります。 【題名】 洋菓子店 コアンドル