映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

ゴーストライター

2011年09月24日 | 洋画(11年)
 『ゴーストライター』をヒューマントラストシネマ有楽町で見ました。

(1)この映画を制作したロマン・ポランスキー監督の作品は、『戦場のピアニスト』(2003年)に感動したこともあり〔その後の『オリバー・ツイスト』(2006年)はあまりいいとは思いませんでしたが〕、また久し振りの作品でもあり、映画館に行ってきました。

 物語は、元英国首相アダム・ラングピアース・ブロスナン)の自叙伝を、前任者が謎の死を遂げたため、引き継いで書き上げることになったゴーストライターユアン・マクレガー)が、ラングが滞在している米国の離島の別荘まで行って仕事をしつつ、あわせて前任者の死の真相の究明にも携わるうちに、重大な秘密にぶち当たり、そして……、というものです。

 主要な俳優が皆英国(あるいはアイルランド)出身で、撮影場所もヨーロッパ(映画ではアメリカとされていますが)、そして風雨が厳しい天候の時が選ばれたりしているので、全体はまるで英国の映画のような感じを受けてしまいます。
 その中で、ラングが、首相在任中テロ容疑者を不当に逮捕させたとして国際刑事裁判所に告訴されたというニュースが飛び込んできたり、別荘の外では東洋系の雇い人が、風が吹きすさぶなかを箒で落葉をかき集めるという無意味な仕事を熱心に行っていたり、その妻と思われる怪しげな女性が食べ物を突然運んできたりと、何とも不気味な雰囲気が画面を横溢しています。

 前任者の死の背後にはとてつもなく大きなものが隠れ潜んでいるのではないか、と見る者の期待をドンドン膨らませていきますが、各場面で発揮される監督の手腕はただ事ではない感じです。

 とはいえ、難点はいくつもあるでしょう。
 例えば、
a.前任者が使っていた車にセットされているNAVIにインプットされていた行き先までの経路情報が、前任者が死んだあともそのままになっていて、ユアン・マクレガーが、前任者が死の直前に向かった目的地まで容易に辿れるというのは、いくらなんでもという気がします。
 車は、前任者が死んだ時にフェリーに取り残されていたもので、パトカーが来て調べています。その際にはNAVIのことも調べるでしょうから、警察は、前任者と目的地の屋敷、そしてその所有者との関係も把握することでしょう。その段階で、何らかの組織的介入がなされて、NAVIにインプットされた情報は消去されてしまうのではないでしょうか?

b.前任者は、秘密の重大情報を、死の直前まで書いていた自叙伝の冒頭部分に書き込んでいますが、なぜそんな間怠っこしいことをしなくてはならないのか、よくわかりません。どうして、すぐに連絡を取り合っていた人物に、真相を伝えなかったのでしょうか(前任者は、その人物に対して、何かあった時はその部分を読んでくれというようなことを連絡しただけのようです)?自叙伝に書き込んで公表することにどんな意味があったのでしょうか?

 でも、ユアン・マクレガーは、作家であって探偵ではなく、前任者のことを調べたりはするものの、単なる好奇心のためのようでもあるために、元々この映画全体はそれほどサスペンス性が溢れるものとなっていません。
 ですから、種々難点があるにしても、映画の雰囲気自体を壊すわけでもないのではないか、という気がしてきます。

 主人公のユアン・マクレガーは、『ヤギと男と男と壁と』と同じように一種狂言回しの役割を本作で演じていますが、元首相の自叙伝を書くといってもそんなに気乗りもせず、前任者の死の真相を調査するにしてもそんなに身を入れるわけでもなく、それでも真相にドンドン近づいてしまい、ラストになると死神がとりついたような感じになってしまうという、はなはだ難しい役柄を、大層上手くこなしています。



 また、元英国首相に扮するピアース・ブロスナンは、『リメンバー・ミー』の時とは違って、実にのびのびと演技していて、この映画が面白くなる要因の一つとなっています。




(2)ユアン・マクレガーは、映画の中では「ゴースト」とだけ呼ばれて、その名前は最後まで明確に示されず、結局はゴーストそのものになって消えてしまう運命に初めから置かれていたと思われます。
 むろん、ユアン・マクレガーの前任者のマカラは、謎の死を遂げていますから、すでにゴーストです。そして、そのゴーストが、現役のゴーストを縦横に走らせたりするのです(抽斗の後ろに秘密に隠されていた資料をユアン・マクレガーが見つけることによって、事件が解明の方向に動きますが、前任者は発見を予期していたのかもしれません。また、前任者が自叙伝の原稿に書き込んだメッセージを現役のゴーストが読み解くことによって、秘密が明らかとなります)。

 さらに、彼がその自叙伝を書こうとしたラング元首相も、妻に操られるだけの実態のない「ゴースト」であって(だから、逆に、体力作りに精を出しているのでは?)、この映画はゴーストがゴーストについて書く話だと考えてみたら面白いのでは、と密かに思ったりしました(誰でも思いつくことでしょうが)。

 そのゴーストたる元首相のラングを空港で狙撃する者も、顔つきといい雰囲気といい、ゴーストそのものではないでしょうか(息子を殺されモヌケの殻状態ですから、ゾンビともいえるかもしれません!)。

 なお、ラング元首相のモデル探しをしたりする向きもあるようですが、そんなことはクマネズミにはあまり関心がありません。

(3)福本次郎氏は、「その幾重にも張り巡らされた伏線が国家的陰謀に結びついて行く過程は、派手なアクションに頼らず、登場人物の表情の些細な変化がヒントとなる。見る者に謎を解く時間を与えてくれる間の取り方はミステリーの王道だ」として80点をつけています。
 また、渡まち子氏も、「本作の主人公には名前がない。ゴーストは普遍的で、代わりはいくらでもいるのだ。大掛かりなCGや派手なアクションは何一つないが、小さな伏線が最後には見事に実を結ぶ、ミステリー映画の王道のような作品で、映画ファンにはたまらない」として70点をつけています。




★★★☆☆




象のロケット:ゴーストライター

コメント (9)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
« ミケランジェロの暗号 | トップ | 写真展「東京ポートレイト」 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
満足な作品 (iina)
2011-09-24 11:52:37
映画を観た者には、なるほどと思える指摘に唸ります。しかし、観てない方が読むと災難ですね。
もっとも、iinaの場合は観たい映画のストーリーを素通りします。
突然、映画館でこの作品を観ることにしたため予備知識は皆無でしたから、満足できた映画でした。
こんにちは (ナドレック)
2011-09-24 12:58:03
ゴーストライターとは、表には出ずに作品を著す者を指すので、ラング元首相の妻の方がゴーストかと思いました。
ネタバレについて (クマネズミ)
2011-09-25 06:59:43
「iina」さん、わざわざコメントをいただき、誠にありがとうございます。
さて、ご指摘のネタバレの件につきましては、本年1月4日のエントリの(3)に次のように書きましたが、その考え方は今でも変わりありません。

「この映画レビューは、基本的に、これから映画を見ようという人よりも、むしろ既に映画を見た人を対象に、見てきた映画について楽しく語りましょうというコンセプトで作成してきたつもりです(ブログのタイトルに、そのように書き込んでいます)。
  ですから、ある記事についてのコメントで、“ネタバレはしない方が良いのでは”などと言われて面食らってしまったことがあります。勿論、不必要にわざと ネタバレするつもりはありませんが、ネタバレになるかどうか頓着せずに書いているところであり、この姿勢は変えないつもりです」。

とはいえ、わざわざ上記のエントリを読んだりブログ・タイトルを見たりする方はほとんどいらっしゃらないのでは、とも思われますので、個々のエントリにおいては、不必要なネタバレはしないように努めているつもりです(筆が滑る場合も多々あるとはいえ)。
今回のエントリにおきましても、重要なネタであるオリヴィア・ウィリアムズやトム・ウィルキンソン、それにロバート・パフに係わる話には出来るだけ触れないようにし、またユアン・マクレガーやピアース・ブロスナンの運命についても示唆するに止めたつもりです(注)。
でも、あるいは、ユアン・マクレガーがゴーストライターの仕事を引き受ける映画の始まりの部分から、既に重要なネタといえるでしょう。
そうなれば、ナドレックさんが、ブログ「映画のブログ」の9月10日のエントリでこの映画についてお書きになっていますように、「この映画は面白い。あなた がまだ『ゴーストライター』を観ていないのなら、それだけ知れば充分だろう」でフルストップとすべきかもしれません(モット言えば、「この映画は面白い」という情報だって重大なネタなのかもしれませんが!)。
しかしながら、それでは非才のクマネズミには、ブログがほとんど書けなくなってしまいます。というのも、こうしたサスペンス物に限らず、ほとんどの映画は、ストーリーについて一切何も知らずに見た方が面白いに決まっていますから!それで、クマネズミは、上記の1月4日のエントリのように申し上げているわけで、また他の方のブログについても、映画を見終わってから眼を通すようにしています(ネタバレに関する注意書きがあってもなくても)。

「iina」さんが、今後とも「予備知識は皆無」の状態で映画をご覧になりたいと思っていらっしゃるのであれば、拙ブログの趣旨をご理解の上、これからは映画をご覧になってから拙ブログをお読みいただければ幸いです。

ただ、こんなに沢山の情報があちこち飛び交っているにもかかわらず、「予備知識は皆無」の状態でこの映画をご覧になられたとすると、「iina」さんは、 いったいどんな切っ掛けで映画館に足を向けられたのでしょうか(クマネズミの場合は、専ら予告編とか新聞広告によっていますが、それでも随分の情報に触れ ることになってしまいます)?


(注)例えば、前回の『ミケランジェロの暗号』についてのエントリでは、「ミケランジェロの素描」 について、その曰くに関し注で触れるに止め、それががどのような運命を辿るのかについては一切触れてはいませんし、『この愛のために撃て』についての8月 29日のエントリでも、ジェラール・ランヴァン関係の話は、「とんでもないことが起こ」ると言うに止め、努めてしないようにいたしました。
ゴーストばかり (クマネズミ)
2011-09-25 07:03:55
「ナドレック」さん、わざわざTB&コメントをいただき、誠にありがとうございます。
おっしゃるように、「表には出ずに」という観点からラング元首相の妻も「ゴースト」と言えるでしょう。
なお、オリヴィア・ウィリアムズについてエントリでほとんど何も触れなかったのは、上記の「iina」さんのコメントについてのコメントで申し上げましたように、できるだけネタバレをしないようにと思ったからです(なお、同コメントには、貴ブログの文章を引用させていただきました。悪しからずご了承下さい)。
こんにちは (iina)
2011-09-26 15:32:13
長い詳細なコメントを拝読しました。
最近では、ネタバレ・ブログに理解を抱いて接していますからご安心ください。

iinaは新聞等批評でこれはと思えたら、その先のコメントは薄目で斜めにながめることを
心がけています。予告編のCMが突如現れたら、耳をふさぎ 目をつむります。
ちなみに、この映画に着目したのは、ロマン・ポランスキー監督と新聞批評でした。
http://www.geocities.jp/ina570/cinema.html
Unknown (リバー)
2011-09-27 10:07:21
TB ありがとうございます。

私的にはかなり満足な作品でした
監督の職人技が光る ラストの展開、見せ方

音楽も良かったですね
コメントありがとうございました。 (小米花)
2011-10-07 21:53:01
いつもTBを送りっぱなしで失礼しています。

私は、、『リメンバー・ミー』は未見、
『ヤギと男と男と壁と』はDVDレンタルしたものの、合わず途中でejectしてしまいました。
なので、比べようがないのですが、
ユアン演ずるゴーストには感情移入してしまいました。
この映画、とても面白かったです!
こんばんはヾ(^∇^) (愛知女子)
2011-11-07 22:23:24
クマネズミさん、拙ブログにコメントとトラックバック賜りましてありがとうございます<(_ _)>

ところで、私はこの映画に出て来る主人公の携帯電話がちょっと古い感じがして気になりました。それに、映画の雰囲気が今より10年くらい古いように感じられました。
観ている時は必死で気が付かなかったのですが、クマネズミさんの幾つかの指摘を読んで監督の仕掛けたマジックに引っかかっていたのが分かり、なんとなくお可笑しくなって笑ってしまいました。
本当に面白い演出でした。
この映画は主人公役も元首相役もピッタリでしたね!

10年前に遡ると (クマネズミ)
2011-11-08 05:20:08
「愛知女子」さん、わざわざTB&コメントをありがとうございます。
「愛知女子」さんのブログには、携帯でブログを操作する時のトラブルに巻するエントリが随分掲載されていましたから(今ではPCをお使いになっているとのことですが)、携帯には随分とお詳しく、携帯の古さにもスグに気づかれたのでしょう!クマネズミはマッタク気付きませんでした。
そして、「映画の雰囲気が今より10年くらい古いように感じられ」たとのことであれば、ラング元首相のモデルとして挙げられている人物が首相として就任している期間に上手く合致しますから、ロマン・ポランスキー監督の細かな点までゆるがせにしない姿勢が、そういう方面でも伺われることになります。
貴重な情報をありがとうございました。

コメントを投稿

関連するみんなの記事

50 トラックバック

「ゴーストライター」 (prisoner's BLOG)
満席で前から二番目という結構すごい席で見る羽目になる。 冒頭ざあざあ降っている雨がその場の暗鬱な効果を出しているだけでなく、その後も雨が降り出すと不吉な予感をもたらしたり、前任者のゴーストライターの携帯やカーナビといったアイテムをたどっていくうちにその...
ゴーストライター (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Ghost Writer、英国ではThe Ghost。ロバート・ハリス原作、ロマン・ポランスキー監督、ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリヴィア・ ...
ゴーストライター/ユアン・マクレガー (カノンな日々)
巨匠ロマン・ポランスキー監督がロバート・ハリスの小説を映画化したサスペンス・ドラマ。予告編を何度も目にしましたし、大作風に感じたのでてっきり全国展開する作品とばかり思 ...
映画「ゴーストライター」 (After the Pleistocene)
 功成り名を遂げた政界や経済界の大物が自叙伝を書くとき、出版社はゴーストライターを貼り付ける。主人公(なんと最後まで役名がでない!ユアン・マクレガー)が元英国首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)のゴーストライターに選ばれた経緯は、前任者が不慮の死...
映画レビュー「ゴーストライター」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
The Ghost Writer◆プチレビュー◆重層的な仕掛けと丁寧な演技で魅せる政治ミステリー。主人公に名前がないのが象徴的だ。 【70点】 元英国首相アダム・ラングの自叙伝執筆を、破格 ...
ゴーストライター (LOVE Cinemas 調布)
『戦場のピアニスト』でアカデミー賞監督賞を受賞した巨匠ロマン・ポランスキー最新作。原作はロバート・ハリスの同名ベストセラー小説だ。元英国首相のゴーストライターとなった主人公が、思わぬことから重大な秘密にふれてしまい恐ろしい陰謀に巻き込まれてゆく姿を描...
ゴーストライター (to Heart)
知りすぎた、男(ゴースト)――。 原題 THE GHOST WRITER 製作年度 2010年 製作国・地域 フランス/ドイツ/イギリス 上映時間 128分 原作 ロバート・ハリス 『ゴーストライター』((講談社文庫刊) 脚本 ロバート・ハリス/ロマン・ポランスキー 監督 ロマン・ポラン...
『ゴーストライター』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
Ghost Writer [DVD] [Import]クリエーター情報なしSummit Entertainment 『ゴースト・ライター』2010年(英・仏・独)監督ロマン・ポランスキー ●ポランスキー流、迷宮的ミステリー  元英国首相ラングの自叙伝を無名で執筆するように依頼されたゴースト・ライター...
映画:ゴーストライター The Ghost Writer 濁流のような状況に一気に巻き込まれる男 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
巨匠かつ拘束されたことが有名な、ロマン・ポランスキーが監督。 このため、かっちりラストまでハラハラさせてくれる。 サスペンスものとしては上々か。 まんまとうまく騙されてしまった(笑) 前任の急死によって、突然巻き込まれる主人公(ユアン・マグレガー) スキ....
【TIFF 2010】『ゴーストライター』 (2010) / フランス・ドイツ・イギリス (Nice One!! @goo)
原題:The Ghost Writer / The Ghost 監督/共同脚本/共同プロデューサー:ロマン・ポランスキー 主演:ユアン・マクレガー ピアース・ブロスナン キム・キャトラル オリヴィア・ウィリアムズ トム・ウィルキンソン ティモシー・ハットン ジョン・バ...
ゴーストライター (とりあえず、コメントです)
ロバート・ハリスの同名小説をロマン・ポランスキー監督が映画化した作品です。 昨年の東京国際映画祭でタイトルを観た時から、どんなサスペンスになるのだろうと楽しみにしていました。 展開というよりは題材がすごくて、ラストまでうわーと思いながら観ていました。
『ゴーストライター』 不安の感情 (Days of Books, Films )
The Ghost Writer(film review) 『ゴースタライター(
*ゴーストライター* (Cartouche)
  元英国首相ラングの自伝執筆のために出版社より選ばれたゴーストライターの“僕”は、ラングが滞在するアメリカ東海岸の孤島に向かう。その矢先、ラングがイスラム過激派の逮捕や拷問に加担した疑いがあるというニュースが流れる。このスキャンダルは国際刑...
『ゴーストライター』 事実は小説よりも奇なり (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  この映画は面白い。  あなたがまだ『ゴーストライター』を観ていないのなら、それだけ知れば充分だろう。  これは上質なサスペンスであり、芳醇なワインを味わうように渋みを楽し...
<ロマン・ポランスキーの新作、公開> (テアトル十瑠)
ツイッターに書きましたが、どちらかというとブログ向きの話題のような気がしたので、コチラにも載っけます。予告編動画付きです。
「ゴーストライター」 真相を知ってからのほうが楽しめる? (はらやんの映画徒然草)
元英国首相アダム・ラング(ピアース・プロスナン)の自叙伝を書いていた男が謎の死を
『ゴーストライター』 (ラムの大通り)
(原題:The Ghost Writer) ----これは、観たときから スゴク気にっていた映画だよね。 ロマン・ポランスキーだっけ? 「うん。 1960年代に大活躍していた監督たちは、 そのほとんどが鬼籍入りしちゃったけど、 彼は『水の中のナイフ』デビューしたのが20代。 というこ...
『ゴーストライター』 (beatitude)
元英国首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆を依頼されたゴーストライター(ユアン・マクレガー)に出版社が提示した条件は、米国で講演中のラングが滞在する島に今夜中に発ち、1ヶ月以内に原稿を仕上げるという厳しいもの。だがそのハードな仕事と引換に....
「ゴーストライター」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Ghost Writer」 2010 フランス/ドイツ/UK ゴーストに「ブローン・アパート/2008」のユアン・マクレガー。 アダム・ラングに「あぁ、結婚生活/2007」のピアース・ブロスナン。 アメリア・ブライに「セックス・アンド・ザ・シティ/2008」のキム・キャトラル...
ゴーストライター (こんな私でごめんあそばせ)
監督 ロマン・ポランスキー 出演 ユアン・マクレガー キム・キャトラル ピアーズ・ブロスナン ストーリー 元英国首相ラングの自伝執筆のために出版社より選ばれたゴーストライターの“僕”は、 ラングが滞在するアメリカ東海岸の孤島に向かう その矢先、ラ
「ゴーストライター」~格調高いポリティカルサスペンス (酔生夢死浪人日記)
 原発先進国を自任するフランスの核廃棄物処理工場で爆発が起き、死傷者が出た。「現時点で外部への放射能漏れはない」という原子力報道官のコメントにデジャヴを覚えた。  枝野氏は官房長官時代、放射能汚染について「直ちに影響はない」と虚偽の情報を垂れ流した。遠...
ゴーストライター・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
隠された陰謀を知った時、名も無き“幽霊”は、生き残れるのか? 「ローズマリーの赤ちゃん」「テス」「戦場のピアニスト」など、映画史を彩る数々の傑作を生み出してきた巨匠、ロマン・ポランスキー監督による...
ゴーストライター (風に吹かれて)
秘密は冒頭に公式サイト http://www.ghost-writer.jp同名小説(ロバート・ハリス著)の映画化監督: ロマン・ポランスキー  「チャイナタウン」 「戦場のピアニスト」元英国首相アダ
ゴーストライター (映画三昧、活字中毒)
■ ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞ゴーストライター/THE GHOST WRITER 2010年/フランス、ドイツ、イギリス/128分 監督: ロマン・ポランスキー 出演: ユアン・マクレガー/ピアース・ブロスナン...
サスペンスのお手本のような (笑う学生の生活)
1日のことですが、映画「ゴーストライター」を鑑賞しました。 イギリス元首相の自伝依頼を受けた男 前任者の不可解な死、首相の過去に不審な点も見つかり・・・ 名匠、ロマン・ポランスキー監督作品 いやー、サスペンス ミステリーを堪能 まさに 監督の職人技、演出の...
ゴーストライター (映画の話でコーヒーブレイク)
ロマン・ポランスキーの最新監督作。 なんの前知識もなく見てきました。 2010年ベルリン映画祭で金熊賞は逃したものの、ポランスキーが銀熊賞(監督賞)を獲得した作品です。    **********************           ゴ ー ス ト ...
ゴーストライター (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(13) かなり地味だけど上質なミステリー映画に惹き込まれた。
ゴーストライター (心のままに映画の風景)
元イギリス首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆者が事故死してしまい、破格の報酬で後を引き受けたゴーストライター(ユアン・マクレガー)は、アメリカ東海岸の孤島へと向かう。 政...
ゴーストライター (こんな映画見ました~)
『ゴーストライター』---THE GHOST WRITER---2010年(フランス/ドイツ/イギリス )監督:ロマン・ポランスキー出演:ユアン・マクレガー 、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル 、オリヴィア・ウィリアムズ 、トム・ウィルキンソン、ティモシー・ハットン...
ゴーストライター (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  原作はロバート・ハリスの小説。監督はあの『戦場のピアニスト』のロマン・ポランスキー、主役のゴーストライターにユアン・マクレガーが扮している。格調高い大人向けのサスペンス映画である。  元英国首相アダム・ラングの自叙伝を、リライトするように頼ま...
冷たい雨が降っている…『ゴーストライター』ロマン・ポランスキー監督 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。ロバート・ハリスの同名小説『ゴーストライター』を「チャイナタウン」「フランティック」「赤い航路」のロマン・ポランスキー監督が映画化。元イギリス首相のゴーストライターとして雇われ
知り過ぎた男~『ゴーストライター』 (真紅のthinkingdays)
 THE GHOST WRITER  ロンドンでゴーストライターを生業とする男(ユアン・マクレガー)は、ある日 エージェントから元首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆 を打診さ...
知り過ぎた男~『ゴーストライター』 (真紅のthinkingdays)
 THE GHOST WRITER  ロンドンでゴーストライターを生業とする男(ユアン・マクレガー)は、ある日 エージェントから元首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆 を打診さ...
ゴーストライター 俳優陣がイメージぴったり! (愛知女子気侭日記)
すみません今回記事長いです(-ω-;)ヽ 《感想》 劇中流れる音楽が不穏な雰囲気を醸し出しています。音楽はアレクサンドル・デスプラ「クイーン」「ベンジャミン・バトン」「ファンタスティックMr.FOX」「英...
ゴーストライター (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ロバート・ハリスの同名小説を「戦場のピアニスト」のロマン・ポランスキー監督が映画化。元イギリス首相のゴーストライターとして雇われた男が、国家を揺るがすある秘密に触れて ...
映画『ゴーストライター』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-58.ゴーストライター■原題:The Ghost Writer■製作年・国:2011年、イギリス・ドイツ・フランス■上映時間:128分■鑑賞日:9月10日、ヒューマントラストシネマ渋谷(渋谷)■料金:1,800円□監督・脚本・製作:ロマン・ポランスキー□原作・脚本:ロ...
「ゴーストライター」 THE GHOST WRITER (俺の明日はどっちだ)
降りしきる雨の中、港にフェリーが近づき接岸し、やがて一台取り残されるBMW X4 。 そして波打ち際に打ち上げられる男の死体 ---- 。 まるで上質のミステリー小説を読んでいるがごとき不穏な雰囲気をたっぷり感じさせてくれる見事なオープニングからいきなり作品の....
ゴーストライター (だらだら無気力ブログ!)
これは最後まで見応えあるサスペンス・ミステリーでした。
「ゴーストライター」The Ghost Writer (事務職員へのこの1冊)
冬の海。フェリーが接岸する。船員が車を誘導するが、一台のBMWだけが動かない。
ゴーストライター (A Day In The Life)
DVD観賞 解説 『戦場のピアニスト』などの巨匠ロマン・ポランスキー監督が、 ロバート・ハリスの小説を映画化したサスペンス。 元イギリス首相のゴーストライターとして雇われた平凡な男が、 ある秘密に吸い寄せられていくさまを鮮やかなタッチで描く。 主人...
ゴーストライター (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ゴーストライター '10:フランス=ドイツ=イギリス ◆原題:THE GHOST WRITER ◆監督:ロマン・ポランスキー「戦場のピアニスト」 ◆出演:ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリヴィア・ウィリアムズ、トム・ウィルキンソン ◆STORY◆...
ゴーストライター  THE GHOST WRITER (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
この映画は一見するとサスペンスなんだけど、トニー・ブレア元首相を皮肉ったブラックユーモアたっぷりの物語なのだ。元首相の自叙伝を執筆するゴーストライターとして雇われた主人公は、活字にするのは元首相の名前でないといけない。それが自分の筆で物事を書いたら、そ...
映画「ゴースト・ライター」批評  ラストに衝撃の真実が・・・((゜Д゜Uu))━━!!!!!! (ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て)
ゴースト・ライター観ましたよ~(◎´∀`)ノ ってか皆さんゴースト・ライターって
ゴーストライター (銀幕大帝α)
THE GHOST WRITER/10年/仏・独・英/128分/ミステリー・サスペンス/劇場公開 監督:ロマン・ポランスキー 過去監督作:『ローズマリーの赤ちゃん』 製作:ロマン・ポランスキー 原作:ロバート・ハリス『ゴーストライター』 脚本: ◆ロバート・ハリス ◆ロマン...
ゴーストライター (いやいやえん)
元英国首相の自叙伝を、前任者が謎の死を遂げたため、引き継いで書き上げることになった「ゴーストライター」が主人公です。 身の危険を感じながら、偶然(?)見つけた「疑惑」を調べ始めるというお話ですが、古典的なサスペンスの中に現代的な事件が絡む。テンポよ...
ゴーストライター (The Ghost Writer) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ロマン・ポランスキー 主演 ユアン・マクレガー 2010年 フランス/ドイツ/イギリス映画 128分 サスペンス 採点★★★★ 小学生の頃、県の読書感想文コンクールで入選した事がある私。うちの親なんかは未だにそのことに触れ、「昔は文才あったのに…」とか言...
ゴーストライター (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE GHOST WRITER】 2011/08/27公開 フランス/ドイツ/イギリス 128分監督:ロマン・ポランスキー出演:ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリヴィア・ウィリアムズ、トム・ウィルキンソン 知りすぎた、男(ゴースト)――。 英国の元...
『ミケランジェロの暗号』『ゴーストライター』をギンレイホールで観てなかなかウトウトふじき★★★★,★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
『ミケランジェロの暗号』 五つ星評価で【★★★★気が効いてる】 ナチ親衛隊とユダヤ囚人が飛行機撃ち落とされを契機に入れ替わる、 この辺の筋立てと駆け引きが見事だ。 ...
【映画】ゴーストライター…島で秘密とか調べると大体こういう目に遭います。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日2012年9月29日(土曜日)はレンジで焼き芋を作ろうとして、炭を作ってしまったピロEKです …ヤバかったなぁ 早速ですが、以下は映画観賞記録 もちろんヤッツケて書きました(ヤッツケ度★★☆☆☆) 今まで説明して無かったけど。★の数が私の記事書く上でのイ...
「ゴーストライター」 (或る日の出来事)
「ゴーストライダー」じゃないんだね。