映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

外事警察

2012年07月05日 | 邦画(12年)
 『外事警察―その男に騙されるな』を渋谷TOEIで見ました。

(1)本作は、NHKTVドラマの劇場版であり、以前『セカンドバージン』で懲りていますから二の足を踏んでいたものの(なおかつ、TVドラマも見てはおりませんし)、評判がよさそうなので遅ればせながら見てきました。

 国際テロを未然に防ぐ目的で警視庁に作られたのが外事警察(公安部外事4課)。そこに所属する住本渡部篤郎)は、任務遂行のためには何でもやってしまうため「公安の魔物」と呼ばれています。



 その彼が、やり過ぎを恐れる警察から追放されていたところ、北朝鮮にあった濃縮ウランが行方不明になったという情報がもたらされたことから、呼び戻されます〔彼の下に、松沢尾野真千子)らの専従班が付きます(注1)〕。



 他方で、軍事機密のレーザー点火装置も、東北の大学から盗まれます(3.11の被災による混乱の中で)。
 これらを組み合わせると、広島・長崎に落とされたものを越える核爆弾が製造可能となり大規模なテロが引き起こされるおそれがあるということで、住本は韓国に渡り、その研究の第一人者である朝鮮人科学者・田中泯)の身柄を確保し日本に連れて帰ります(徐は、日本で研究活動に従事した後、祖国の北朝鮮に戻っていたところ、同じ時期に韓国に連れ去られていました)。
 盗まれたレーザー点火装置が韓国に運ばれたことがわかり、また身柄を確保していた徐も、再び何者かに韓国に連れ去られてしまいます。盗まれた濃縮ウランも韓国内にあるようですから、どうやら韓国のどこかでこれらの3つが一緒になるようです。なんとか核爆弾の製造を阻止しないと大変なことになります、いったい住本たちはどのような手を打つのでしょうか、……?

 米ソ対立が解消された後、シビアなスパイ物はなかなか成立し難かった感じですが(注2)、北朝鮮という国家の存在が、リアリティのあるスパイ物を日本で蘇らせたというのは随分と皮肉なことです(注3)。
 ただ、ノーテンキな日本vs北朝鮮ではまだ不十分だとして、間に韓国を介在させたことが〔韓国のNIS(国家情報院)の潜入捜査官安民鉄キム・ガンウ)が絡んできます〕、本作にかなりの迫真性をもたらしている理由なのかもしれません(注4)。

 「公安の魔物」とされる住本を演じる渡部篤郎が醸しだす非情さは随分と説得力があるところ、本作は、北朝鮮の工作員の妻を演じる真木よう子の存在感は目を見張らせるものがありました(注5)。




(2)核爆弾をテロに使うというと思い出されるのが、最近では『4デイズ』でしょう。そこでは、全米にいくつかの核爆弾を密かに設置して米国政府に強硬な要求を突きつけるテロリストと、それを阻止しようとするFBI捜査官らが描かれています。ただ、この作品では核爆弾自体はすでに完成していて、その後のことが中心的に描き出されます。

 核爆弾の製造自体を描いたものとしては、例えば、『太陽を盗んだ男』(長谷川和彦監督:1979年)が挙げられるでしょう。
 御存じの方が多いと思いますが、物語のあらましは次のようなものです。
 中学の理科教師・城戸沢田研二)が、茨城県東海村の原子力発電所から液体プルトニウムを略奪、アパートの自室で原爆を完成させて、日本政府を脅迫します。
 その際城戸は、バスジャック事件でその人柄を知った警部山下菅原文太)を交渉相手とし、「プロ野球のナイターを試合終了まで中継すること」、「ローリング・ストーンズの日本公演」さらには、「現金5億円」を要求します。
 はたしてこれらの要求は、実現されるのでしょうか、そして城戸の運命は、……?

 この映画は、原爆を使って政府を脅すという随分と重い題材を扱っていながらも、人を食った要求事項のみならず、随所に滑稽な場面が挿入されていたりして、決して一筋縄ではとらえきれない面白さがあります(注6)。
 ただ、本作との関係からすれば、原爆製造という点に興味が引かれます。
 というのも、『太陽を盗んだ男』においては、城戸がさかんに「プルトニウム239さえあれば、原爆など誰でも簡単に製造できる」と公言するのです。さらに彼は、東海村の原子力発電所に忍び込んでプルトニウム239を奪い取り、自宅で原爆を作ってしまうわけですが、仮にそんなに簡単に製造できるのであれば、本作のように大仰なこと(世界的権威の科学者・徐の誘拐など)にはならないのではと思われるところです。

 ただこの点を巡っては、Wikipediaの『太陽を盗んだ男』のに、次のような興味深い記述が見られます。
 「城戸の作った原爆は劇中の設計図や製造過程から爆縮式(インプロージョン式、長崎型)であることがわかるが、爆縮式原爆において極めて重要な部分である爆縮レンズの構造については触れられていない。形状、材質、細かな構造から見ても、全く同じ物を製造しても火薬の爆発の力がプルトニウム・コアに均等に伝わるとは考えにくい。したがってこの爆弾を作動させても核反応は起こらず、限られた狭い一定範囲にのみ火薬自体の爆発による破壊が起こるだけであろう。しかし、プルトニウムが爆発によって飛散することで、周囲のそれなりの範囲が放射能汚染されること(=汚い爆弾)は予想できる」。

 要するに、「爆縮レンズ」の構造が問題であり、『太陽を盗んだ男』で作られるものでは原爆として爆発せず、実際にそうしようとすれば、本作のように「レーザー点火装置」のような特殊な物が必要なのかもしれません(注7)。とすれば、その意味でも、本作は、かなりのリアリティを持っているのではと考えられるところです(注8)。

 とはいえ、本作において科学者の徐が作り上げる核爆弾はかなり大きな装置となっていて、テロリストがテロに使うには手に余ってしまい、とても実用的(?!)とは思えません(注9)。
 そういう点からすれば、『太陽を盗んだ男』が描くようなサッカーボールくらいの大きさで、ボーリングバッグに入れて持ち歩けるくらいの重量のものが仮にも製造可能であれば、人類にとって計り知れない脅威となることでしょう。

(3)渡まち子氏は、「物語はTVドラマがベースなだけあって、スピーディで飽きさせない。ドラマ未見の観客にも分かりやすく作ってある。善と悪の二面性を持つ主人公・住本のキャラクター造形も魅力的だ」などとして70点をつけています。




(注1)尾野真千子は、『トロッコ』が印象的なところ、本作では住本(渡部篤郎)の方針に反対する班員という役柄か、余りその良さが出ていないきらいがあるように思えました。
 なお、班員の中には、このところあちこちで見かける渋川清彦が入っています(本年6月13日のエントリの「注4」をも参照してください)。

(注2)むろん最近でも、『ミッション・インポッシブル』とか『ソルト』などがあるものの、なんだか米ソ対立時代の残り滓のような印象を受けてしまうところです。

(注3)日本を舞台にしたスパイ物としては『レイン・フォール 雨の牙』がありますが、単に舞台が日本というに過ぎず、それもCIA絡みですから、本作は純日本的な本格的スパイ物の成立をあるいは意味するのかもしれません〔尤も、市川雷蔵主演の『陸軍中野学校』(1966年)などがあるようですが、未見です〕。

(注4)軍事機密のレーザー点火装置盗難に絡んでいた会社社長(その妻・香織に扮するのが真木よう子)の右腕になっていたのが安民鉄で、住本が、香織を通じて、密かにレーザー点火装置に発信機を取り付けようとしたところ、すでに安民鉄は同装置を韓国に送り込んでしまっていました。
 実はその前に、安民鉄はすれ違いざまに住本の腹を刺して、自分たちの行動を妨げるようなことをするなという警告を外事警察に与えていたのです(「お前らが取り扱えるものじゃないんだ!」「お前らにできることは邪魔をしないことだ」と言った捨て台詞を安民鉄は住本に投げつけます)。

(注5)渡部篤郎については、『重力ピエロ』や『愛のむきだし』、『ゼブラーマン』くらいしか見ていませんが、本作の演技は圧倒的です。また、真木よう子は、最近では『源氏物語』とか『モテキ』を見ましたが、その演技の幅の広さにはつくづく感心させられます。

(注6)例えば、城戸が、東海村の原子力発電所に海の方から接近し、そればかりか貯蔵施設の中に入り込んで液体プルトニウムを抜き取り背負って逃げる姿は随分とおかしく、実際にはあり得ないことながら、まあいいかと許してしまいます。

(注7)『太陽を盗んだ男』では、液体プルトニウムから金属プルトニウムを作り出す過程がやたらと細かく描き出されている一方(その過程で、城戸はかなりの放射線を浴びることになります)、爆縮レンズに係るもの(爆弾の外壁とか点火装置など)は、その構造が大層複雑なものになるはずにもかかわらず、すでに出来上がっているとして描かれているにすぎません。

(注8)本作では、北朝鮮から持ち出されたのが「プルトニウム」ではなく「濃縮ウラン」とされていることからすると、核爆弾のもう一つの型(ガンバレル型←広島に投下された物)を作ろうとしているとも考えられますが、ラストに登場する核爆弾の形状からすれば、明らかにインプロージョン型だと思われます。

(注9)徐は、自分の目的(世の中をとにかく変えたい)を達成するために、注文主の要求を度外視してこんな装置を作ってしまったのではないでしょうか?
 ちなみに、『4デイズ』の場合は、運搬台車で運べるくらいの大きさです。




★★★☆☆





象のロケット:外事警察

コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ファウスト | トップ | ミッドナイト・イン・パリ »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コメントありがとうございました。 (Quest)
2012-07-06 19:45:25
こんばんは。TBさせて頂ければと思います。

いつもながら、詳細な検証に基づいた素晴らしい考察ですね。様々なことに深い造詣がないとできないことだと思いますし、感服します。

<ノーテンキな日本vs北朝鮮では不十分で、間に韓国を介在させたことが、本作にかなりの迫真性をもたらしている

まさにその通りですよね。韓国の指揮系統に若干の疑問点がありましたが(潜入捜査のスパイが特殊部隊の指揮を取れるのか、任せられるのかという疑問)、そこは映画の愛嬌として目をつむるところかもしれません。

拙ブログにて、クマネズミさんがご指摘された箇所について私なりに感じたことを述べさせていただきましたので、お時間のある際にでもお立ち寄りいただければ幸いです。よろしくお願いします。

あと、もしご迷惑でなければ相互リンクをお願いできませんでしょうか?拙ブログでは勝手ながらクマネズミさんのブログのリンクを貼らせていただいております。よろしければお願いいたします。
お礼 (クマネズミ)
2012-07-07 18:37:34
Questさん、TB&コメントをありがとうございます。
その場しのぎの実に拙い冷や汗物のエントリをお読みいただき、心から感謝申し上げます。
相互リンクのお申し出、願ってもないことです。拙ブログのブックマーク欄に貴ブログを掲載させていただきます。
これからもよろしくお願いいたします。
魔物とは何だったのか (カササギ)
2012-07-16 23:18:52
  もうほとんど終わりかけた時期に、総じて評判がよいと聞いていたので、この『外事警察』を見に行ってきました。夜遅い開始で、終わりが翌日午前様という一日1本しかやっていませんでしたが、かなりの人数の観客がいたのには驚きました。
  たしかになかなか緊迫した形でストーリー展開がなされましたが、すこし冷静になって考え直してみると、物語展開の基礎には、日韓の警察当事者の無能ぶりが根っ子にあって、それ故、物語が出来上がっているという感じもします。
  すこし先輩には、警察庁の外事部責任者になった方もおられますし、また、麻薬捜査などでは法律により「Controled Derivery(いわゆる「おとり捜査」)」が許されているという事情もあって、多少感覚的に本件をとりまく状況が分かりそうですが、そうした目で見てみると、この映画では、おとり捜査をしているつもりで簡単に重要な爆発物をもちだされていたとか、重要人物の保護・警備を怠って、簡単に当該人物(肝腎の原子力学者や女の子)を2回も誘拐されてしまったり、主人公が不用心にも歩いていたときに腹をさされてしまったりで、この辺を見ると、なにが公安・外事警察の「魔物」なのか、と疑うほどです。渡部篤郎の非情さの雰囲気はなかなか良かったのに、これを脚本が消してしまったのではないかと感じます。
  私と同様な感じを持った方がyahoo!!映画にも見えて(例えば、usagon_hamhamさん)、「高評価に期待して見に行ったのだが・・・ダメだった。」「私が、この映画から受けた印象は、「外事部」は主人公と上司と部下だけの、基本的に3人だけのチンケな組織。「公安の魔物」有能なんだか無能なんだか、とりあえず運だけはよさそう。」「わざと「隙」を作って、それを「騙し」でひっくり返す、というのは、物語のありようとして、主客転倒としか思えない。無理やり「情」に訴える物語の収め方も、ハードボイルドに徹し切れていない。結果的に、「日韓諜報部の無能合戦」という悲惨な出来になっている。」などと、厳しく書かれています。総じて、こちらの立場に身を置くほうです。

  実際に、脚本家が警察等の厳しい現場に身を置いた経験がなければ、頭だけで物事を考え、物語が面白く展開するように構想するのだろうと思われます。ただ、映画を見ている間は、それなりに楽しめたことは確かですから、これは娯楽作品として軽く考えればよいのかもしれません。アメリカ映画には、いまでもロシアとかソ連とかいう仮想敵国の名が出てきますから、本作では「北朝鮮」という名を出さないことにどの程度、意味があるのか分かりません。ともあれ、わが国をめぐる国際状況にも厳しい一面が強まっていくのだろうと思いますから、もう少し現実味を持たせた内容でも良かったのではないかと感じます。ちなみに、NHKのドラマは、まったく見ておりません。
沢山の突っ込みどころにもかかわらず (クマネズミ)
2012-07-17 06:06:26
「カササギ」さん、丁寧なコメントをありがとうございます。
カササギさんが、「物語展開の基礎には、日韓の警察当事者の無能ぶりが根っ子にあって、それ故、物語が出来上がっている」とおっしゃって指摘されている点は、まさにその通りだと思います。
クマネズミは、さらに、「濃縮ウラン」(どうしてプルトニウムではないのでしょう?)の運搬の仕方とか、なんで「レーザー点火装置」が日本の大学で作られているのか、そしてこんなに簡単に核爆弾が作られるものだろうか、などといったことにも疑問を持ちました。
でも、日本で製作されたスパイ物としては、カササギさんと同様「それなりに楽しめ」ましたから、まずまずの「娯楽作品」ではないかと思っています。

コメントを投稿