映画的・絵画的・音楽的

映画を見た後にネタバレOKで映画を、展覧会を見たら絵画を、など様々のことについて気楽に話しましょう。

クロッシング

2010年11月14日 | 洋画(10年)
 予告編でこれは優れた作品ではないかと思えたので、『クロッシング』をTOHOシネマズシャンテで見てきました。

(1)映画は、ニューヨ-ク市警に勤務する3人の警官の話です。と言っても、3人は、別々の部署に所属するために、邦題は“クロッシング”となっているものの、予想に反して最後まで密接に絡むことはありません(原題は「Brooklyn’s Finest(ブルックリンの警察官)」)。
 それでは、オムニバス形式の映画かというと、そうした構成にもなっておらず、ですが3人の警官の話が相互に巧みに綴り合わされて、全体として緊密なひとつ流れを形成しているように受け止めることが出来ます。
 それというのも、3人が立ち向かう地域が同一で、それもニューヨーク・ブルックリン地区の犯罪多発地域だからでしょう。そこは、罪のない住民が警察官によって射殺されたとして、警察に対するデモが頻繁に行われている地域でもあり、一人一人の警察官の対応がなかなか難しのです。
 この映画で描かれる犯罪は、大部分は黒人によって行われるものです(それも、麻薬にかかわっていますから、目を剥くような多額のお金が絡んできます)。
 そして登場するのが、あと7日で退職予定の警官エディ(リチャード・ギア)、麻薬捜査官サル(イーサン・ホーク)、潜入捜査官タンゴ(ドン・チードル)。
 黒人の犯罪者を取り締まるエディとサルは白人ながら、タンゴは黒人です。ただ、タンゴは、上司の白人の副所長らと鋭く意見対立しますから、映画全体としては白人と黒人の厳しい対立が見えてきます(何しろ、監督アントワン・フークアが黒人なのです)。
 また、それぞれが女性問題を抱えています(独身のエディは黒人娼婦に入れあげていますし、サルの妻は湿気の多い住まいのため喘息が悪化しており、タンゴの妻は離婚しようとしています)。ここには、男対女の現代的構図が見られるでしょう。
 こうした背景の中で、3人それぞれがそれぞれの事件とのっぴきならない関わり合いを持ち、犠牲者も出ることになります。

 各々の事件は、個別に取り出せばありきたりといえるでしょう。ですが、この作品のような描き方をして一続きで見ると、一段とリアリティが高まって見る者に衝撃を与えます。
 特に、サルと親しい同僚の麻薬捜査官が、潜入捜査官とは知らずにタンゴに発砲してしまったり、エディが踏み込んだビルの見張りをしていた男がサルを撃ってしまったりという“クロッシング”が起こるのですからなおさらです。

 出演する俳優が豪華なこととも相まって、警察物として近頃出色の映画と言えるのではないでしょうか。

 出演者の中では、麻薬捜査官サルを演じるイーサン・ホークが印象的です。



 彼については、『その土曜日、7時58分』(2007年)や『ニューヨーク、アイラブユー』を見ましたが、今回の映画では、喘息の妻のために新しい家に引っ越そうとして、捜査で踏み込んだ先に無造作に転がっている現金に手をつけようとしてしまう薄給の警察官の役を見事に演じています。
 普段は寡黙で大人しそうに見えながら、何かを思いつめると、それに向かってとんでもないことをしてしまうと言った役柄に、その風貌がよく似合っていると思いました。

 リチャード・ギアの作品はあまり見ていませんが、6人の俳優がそれぞれのボブ・ディランを演じている『アイム・ノット・ゼア』(2007年)に出演しているのを見て、こんな映画にも出演するのだな、と驚いたことがあります。ですから、今回のような酷く地味な映画に出演していても驚きませんが、ある事件の解決に功績があったにもかかわらず、とても浮かない顔をして引き揚げる様子に、彼の映画人生が凝縮されているような感じを受けました。



 もう一人のドン・チードルは、DVDで見た『ホテル・ルワンダ』が印象的で、この映画でも処遇が恵まれていないことを上司に訴える際の演技は優れていると思いましたが、潜入捜査官として日々危険な淵に立っている様子の方は、今一突っ込みに物足りなさが残りました。




(2)警察官を描く映画は随分とたくさん作られています。
 ここでは比較的最近の作品を取り上げてみましょう。
 アメリカのものでは、『バッド・ルーテナント』(2009年)をDVDで見ました。
 これは1992年のオリジナルのリメイク映画。舞台は、オリジナルのニューヨークからニュー・オーリンズへ移ります。主人公のテンレス・マクドノー(ニコラス・ケイジ)は、ドラッグやギャンブルに溺れ、拳銃を突きつけて売人からヤクを取り上げたりするフザケた悪徳警官ながら、アフリカからの不法移民の一家が殺害された事件の指揮をとったりして、最後は昇進して一応のハッピーエンドです。
 とはいえ、彼の愛人はドラッグを止める努力をしているものの、彼は相変わらずラリって捜査をしているのですから、しばらくしたらそのつけを払わずにはいられなくなるでしょう。
 このテンレス・マクドノーは、『クロッシング』における麻薬捜査官サルに近いところにいると言えるでしょうが、そのいい加減なところは、ひたむきなサルと比べると、南部器質丸出しと言えるのかもしれません。

 日本のものでは、何と言っても『踊る大捜査線』でしょうが、DVDで『笑う警官』(2009年)を見てみました。
 ただこの映画は、北海道警察の不正経理問題を背景としているものの、そのことで道議会の委員会に証人として出席をする警察官に対して、いきなり道警幹部から射殺命令が出されたり(いくらなんでも、そんなことまでするでしょうか?)、またその警察官を救おうとして同僚・有志の集まるバーBlackBirdのシーンが余りにも演劇の舞台然としていて見ている方がズッコケてしまったりと、かなりレベルの低い出来上がりになっているのでは、と思いました。
 とはいえ、実は、証人の警官(宮迫博之)と彼を救おうとする警官(大森南朋)は、かつて娼婦人身売買事件に関して潜入捜査をしたことのある仲だったというところから、『クロッシング』のタンゴ(ドン・チードル)とつながってくることはくるのですが。

(3)映画評論家の渡まち子氏は、「映画は、一人一人の正義を束ねることが出来なければ、どうなるのかを容赦のない筆致で描き切った。これが今のアメリカの閉塞感なのかと思うと陰鬱な気持ち になるが、徹底的に甘さを排除したアントワン・フークアの演出は、凄味がある。信仰心が厚いサルが言う「欲しいのは神の赦しじゃない。神の助けなんだ!」 という言葉は、彼らの人生の中での神の不在の証。目の前の現実と、己が信じる正義の間で揺れる警察官の苦悩が胸を打つ」として70点を与えています。
 また、評論家の粉川哲夫氏は、「3人の警官を描いた3本の映画を1本にまとめたようなところがあり、また、3人を並行的に描きながら、ときどき気になるすれちがい(「クロッシング」)を 見せ、最後に同じ場所に誘導する(しかし「グランドホテル」方式に出会わせるような野暮なことはしない)といった見る者の気をそそる作り方をしている」と述べていますが、凄く要領の良いまとめ方だと思います。
 ただ、「この映画は、マーティン・スコセッシの『タクシードライバー』のシーンの多くが、見方によっては、主人公トラヴィス・ビックルの「夢想」と「幻想」を描写したものである――という解釈が成り立つのと似たような意味で、リチャード・ギアが演じる老警官エディの「夢想」の映像化であるといえなくもないのである」と述べていますが、「「夢想」の映像化」と言ってみても、そう言ったことでこの映画に対する理解度が深まったりするのであれば別ですが、取り立てて何ももたらさないのであれば、そう言ってみるまでもないのではと思われるところです。


★★★★☆



象のロケット:クロッシング
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 七瀬ふたたび | トップ | マザーウォーター »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
夢精の映画化を希望 (ふじき78)
2010-11-14 07:41:24
プロポーズ断られる様子を夢想するって、病みすぎでしょう。

ラストのリチャード・ギアの目が怖くて印象的でした。

コメントを投稿

関連するみんなの記事

28 トラックバック

《 クロッシング 》 (映画 - K'z films -)
「3人の刑事 1つの事件 それぞれの正義が交錯する__ 」 [Official] 『トレーニング デイ』のアントワン・フークア監督による重厚なサスペンスドラマ。リチャード・ギア、イーサン・ホーク、ドン・チードルといった豪華共演陣の熱演も光ります。それ故、それぞれの...
『クロッシング(米)』を新宿武蔵野館1で観て、特に文句がない男ふじき☆☆☆☆(ネタバレするぞ) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆☆。星三つと四つの中間くらい。オマケしたのは娼婦の姉ちゃんのSEXシーンがよかったから】       そうかあ、韓国映画の『クロッシング』ももうハリウッドでリメイクか。 このメンツだと、やっぱりお父さんはリチャード・ギアがやるんだろ...
クロッシング/リチャード・ギア、イーサン・ホーク (カノンな日々)
『エクスペンダブルズ』の顔ぶれもスゴイですけど、こちらも負けず劣らずで主役級の蒼々たる俳優陣が結集してのクライム・サスペンスな群像劇です。予告編の雰囲気の中ではリチャード・ギアがちょっと異色な感じがしますけど、そこがまた面白そう。ウェズリー・スナイプス...
クロッシング (とりあえず、コメントです)
「トレーニング デイ」のアントワーン・フークア監督の最新作です。 リチャード・ギア、イーサン・ホーク、ドン・チードルの登場する予告編を観て、 この3人でどんなサスペンスになるのだろうと期待していました。 期待通り胸にドーンと来る、見応えのある作品でした。
クロッシング(試写会) BROOKLYN'SFINEST (まてぃの徒然映画+雑記)
ニューヨークのブルックリンを舞台に、3人の警官が主役となって物語は進む。エディはあと7日で定年退職をする身分、厄介ごとには関わらず、平穏無事に退職日まで過ごそうと思ってい...
クロッシング /BROOKLYN'S FINEST (我想一個人映画美的女人blog)
この同じ時期に、韓国映画の同タイトルもあるようで紛らわしいけど、こちら 「トレーニングデイ」「ザ・シューター/極大射程」のアントワーン・フークア監督作、 イーサン・ホーク×ドン・チードル×リチャード・ギア×ウェズリ...
「クロッシング」 (古今東西座)
警察官はつらいよってタイトルにした方がピッタリしそうな映画(でも、しちゃダメよ)。犯罪多発地域であるニューヨークのブルックリンにある3人の警官の公私における苦悩を描いた硬派な作品になっている。エディ(リチャード・ギア)は目前で犯罪が起こっても管轄外であ...
『クロッシング』(2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:BROOKLYN'SFINEST監督:アントワン・フークア出演:リチャード・ギア、イーサン・ホーク、ドン・チードル、ウェズリー・スナイプス、ウィル・パットン、エレン・バーキン鑑賞劇場...
クロッシング (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】 こんなドン・チードル初めて見た!イメージ変わったわ。
クロッシング(2009)BROOKLYN'S FINEST (銅版画制作の日々)
3人の刑事。1つの事件。それぞれの正義が交錯する──。東宝シ...
映画:クロッシング BROOKLYN`S FINEST NY危険地帯で遭遇した3人の刑事の運命は。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
2008年の韓国映画とはまったく別物(笑)のNYを舞台とした刑事もの。 原題をみてもわかるとおり、ブルックリンが舞台。 なので、かなり生ナマしい展開になる。 犯罪多発地区ゆえに。。。 かつ、監督が「トレーニング デイ」のアントワン・フ...
クロッシング / Brooklyn's Finest (勝手に映画評)
舞台となるのは、ニューヨークのブルックリン。そこで活動するNYPDの3人の警官の姿を描いた作品。物語では、低所得者用公共住宅で黒人青年がNYPDの警官から射殺されたことにより、付近の治安の不安が高まると言う背景が描かれています。 NYPDを描いた映画という...
クロッシング(2010:米) (LOVE Cinemas 調布)
『トレーニング デイ』のアントワーン・フークア監督が送るクライムサスペンス。それぞれ立場は違えどもニューヨーク市警に籍を置く3人の警官たちそれぞれが抱える苦悩を描いている。主演は『HACHI 約束の犬』のリチャード・ギア、『デイブレイカー』のイーサン・ホー...
クロッシング (2010年アメリカ映画) (ダイターンクラッシュ!!)
2010年11月14日(日) 16:15~ TOHOシネマズシャンテ3 料金:0円(フリーパス) パンフレット:600円(買っていない) 『クロッシング』公式サイト フリーパス17本目。 リチャード・ギア、定年間際の警官。離婚しているようだ。 イーサン・ホーク、子沢山で、女房...
クロッシング (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
行き場のない苦悩を抱える3人の警官のストーリーが交錯するクライム・サスペンスの佳作。それぞれの正義の有り方から暗く重い現代アメリカの姿が浮き彫りになっていく。NYの犯罪多発地区ブルックリンに3人の警察官がいた。退職目前のベテラン警官エディは何の功績もな...
★クロッシング(2009)★ (CinemaCollection)
BROOKLYN'SFINEST3人の刑事。1つの事件。それぞれの正義が交錯する──。守るための正義か救うための正義か上映時間132分製作国アメリカ公開情報劇場公開(プレシディオ)初公開年月2010/10/3...
『クロッシング』 高架地下鉄と「プロジェクト」 (Days of Books, Films )
『クロッシング(原題:Brooklyn's Finest)』の全編を貫いているキ
クロッシング (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「シカゴ」のリチャード・ギア、「その土曜日、7時58分」のイーサン・ホーク、「ホテル・ルワンダ」のドン・チードル共演のクライムサスペンス。ニューヨークの犯罪多発地区で起きた一つの殺人事件をきっかけに、面識のない3人の警察官の運命が交錯してゆく。監督は「トレ...
『クロッシング』(米)は優しいエゴイストたちの空回りだよ。 (かろうじてインターネット)
 今週の『天装戦隊ゴセイジャー』は、祝!ブレドラン(ブレドRUN)様復活。  今週の怪人バクトフージERはビービを使ってふつうにテロ活動していたけれど、いつもそれやればいいのに。電車遅延させたり...
クロッシング (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞クロッシング/BROOKLYN'S FINEST 2009年/アメリカ/132分 監督: アントワーン・フークア 出演: リチャード・ギア/イーサン・ホーク/ドン・チードル/ウェズリー・スナイプス/ウィ...
クロッシング (心のままに映画の風景)
ニューヨーク、ブルックリンの低所得者層が暮らす犯罪多発地区。 1週間後に退職予定のベテラン警官エディ(リチャード・ギア)は、日々を無難にやり過ごすことで20年以上働いてきた。 麻薬捜査官のサル(...
3人の警官 (笑う学生の生活)
14日のことですが、映画「クロッシング」を鑑賞しました。 ブルックリンの警官3人の話 それぞれ苦悩を抱えていて・・・ 事なかれ主義の退職間近の警官、潜入捜査官、金に困る捜査官 リチャード・ギア、ドン・チードル、イーサン・ホーク...
クロッシング (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
3人の刑事。1つの事件。 それぞれの正義が交錯する──。 3人の刑事心の闇を描いたクライムサスペンス。 ニューヨークの犯罪多発地区ブルックリンで働く3人の刑事たち。1週間後に退職を...
クロッシング (だらだら無気力ブログ)
「トレーニング デイ」のアントワーン・フークア監督が、リチャード・ギア 、イーサン・ホーク、ドン・チードルの3人を主演に迎えて描く緊迫の刑事 ドラマ。ブルックリンの犯罪多発地区で危険と隣り合わせの過酷な日常を 送る3人の警官たちの三者三様の苦悩が、リアル...
クロッシング (Brooklyn's Finest) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 アントワーン・フークア 主演 リチャード・ギア 2009年 アメリカ映画 132分 ドラマ 採点★★★ 小学校の頃、道徳の時間に“嘘”についての授業があったんですが、子供心に「どうせ嘘はダメですよー」ってオチだろうと醒めながら聞いていたら、「嘘は基本的に...
クロッシング (こんな映画見ました~)
『クロッシング』---BROOKLYN'S FINEST---2009年(アメリカ)監督:アントワーン・フークア出演:リチャード・ギア、イーサン・ホーク、ドン・チードル、ウェズリー・スナイプス、ウィル・パットン「トレーニング デイ」のアントワーン・フークア監督が、リ....
映画『クロッシング』を観て (kintyre's Diary~Goo Version)
10-70.クロッシング■原題:Brooklyn's Finest■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:132分■字幕:川又勝利■鑑賞日:11月14日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■料金:1,000円『クロッシング』 予告編 スタッフ・キャスト(役名)□監督・...
【映画】クロッシング…北朝鮮の話とは違う方のクロッシングです (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
三連休も最終日に突入してしまいました 例によって、ほぼ寝てるだけの日々を過ごしております 一昨日2011年9月17日(土曜日)は、夕方近辺まで寝て食品の買い物に行っただけの一日。 昨日2011年9月18日(日曜日)は、午前中にレンタルしていた「エンジェル ウォーズ」を....